エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

<   2018年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

こちらにも書きましたが、桑名藩は本国では恭順と決したが
藩主の松平定敬は飛び地の柏崎領へ行き、徹底抗戦派の藩士と共に会津に赴いた。
しかし会津戦争では新政府軍の猛攻に対し、鶴ヶ城籠城戦と決した容保から定敬は米沢を目指して再起を図れと会津を離れたのが八月二十三日。
その報を聞いた桑名兵らも藩主の後を追うが、すでに定敬は仙台に向かったと告げられた上で(榎本艦隊に加わり蝦夷地箱館へ向かう)早い時期に降伏へと傾く米沢藩への入国も拒否された。

多くの東北諸藩も劣勢であり恭順との流れが強くなっていく中で、庄内藩は豊富な資金力を生かした充実した武器を用いた戦力と士気が高く戦術に優れた兵は各戦線でまだまだ新政府に伍して戦っていて、新徴組の江戸での功で庄内藩は幕府から与えられた最上川流域の元天領だった寒河江・柴橋を依然として確保していた情勢であった。
そこで桑名兵は庄内兵と合流することとし福島から白石を経て笹谷峠経由で山形へと入ったのが九月十六日。
この合流に関しては「奥羽列藩コトゴトク西軍二降ル。独リ荘内ノミ屹然不屈、我(桑名兵)二国(庄内)二就キ力ヲ合センコトヲ請フ。我マタ荘内ノ為スアルベキヲ知ル」
として最後に戦う地として庄内へと向かうのだった。
そして寒河江に庄桑400の兵が滞在していた九月二十日の早朝の濃霧の中、米沢藩を先導として薩摩兵2500に急襲される。
いわゆる「長岡山の戦い」で桑名兵19名、薩摩兵10名の死者を出した。

そして約300名とされる桑名兵と他の戦線同様に藩への帰還を命じられた庄内兵は庄内本国へと向かい、九月二十五日に鶴ヶ岡城下に入る。
しかしすでに二十三日に庄内藩は降伏しており、桑名兵は謹慎の地大山へと移された。


謹慎をした大山>>
[PR]
by enokama | 2018-10-30 20:33 | 庄内藩 | Comments(0)
慶応四年八月十九日。
徳川宗家の駿府藩七十石への移封と慶喜の謹慎していた水戸からの移動を見届けた後
旧幕府海軍を率いる榎本武揚は江戸近海を脱出し、その艦隊は東北へと向かった。
戊辰戦争で新政府軍との戦いを続ける奥羽越諸藩との連携と、旧幕臣の新天地としての蝦夷地の可能性を求めてのものである。

しかし折しも台風シーズンであって艦隊のうち、暴風雨にあって流された「咸臨」は駿河の清水で拿捕され「美賀保」も銚子沖で座礁した。
残った艦船も損傷を受けながら松島湾の各所に着船し、榎本らは降伏に傾く仙台藩との協議を経て一定の支援(仙台藩にあった艦船二隻の合流や兵糧の提供等)と士気ある兵の収容を得て蝦夷地に向かうこととなるが、そのうちの二隻「長崎二番」(長崎丸二番)「千代田形」は庄内へと向かっていた。
まだ抗戦を続けていた庄内戦線での海上からの支援と洋式歩兵戦術の専門家で庄内藩での指導に入っていた沼間守一の救出が目的である。

(以下は坂本守正「七星旗の征くころ」 元の引用は阿部正己「庄内藩軍艦」より)
慶応四年になって幕府が瓦解した後に旧幕府海軍の艦船は東北諸藩に貸与等の形で運用される動きがあって、仙台や北越の戦線でも輸送船として使われることもあった。
庄内藩は三月(庄内着)の江戸在住の新徴組隊士も含めた藩士の総引き上げのさいに「奇捷」を手に入れていた。
藩では本格的な海軍創設を決め、人事も行われて運用を始めていたが、七月の新潟寺泊沖での海戦で新政府軍の艦隊の襲来で旧幕府勢力の艦船が沈没させられる事態が起き、この海域での制海権を握られることとなり、庄内藩単独で一隻所有するだけでは効果的ではないとの判断で
主な旧幕府勢力と取引きして知られた武器商人スネルから融資を受けて差し迫った必要のあった洋銃弾薬の購入を優先し、その担保として「奇捷」を担保に出すこととなり手放しており、庄内藩自前の海軍力はなかったのである。

奇捷(きしょう 鉄製蒸気内輪)
 1864イギリス(グラスゴー)・タバンニョ―号(査収・慶応二年八月)横浜 十万元 150馬力 517屯
  慶応三年に庄内藩が譲り受け

その二隻の酒田港への到着は十月七日となったが、終始藩外へ展開した戦いが中心で一時期は新政府軍を圧する勢いだった庄内兵だったが、周辺諸藩の相次ぐ降伏もあって藩内防備へと撤退し、すでに九月二十三日に参謀・黒田清隆に降伏嘆願書を提出して、降伏したあとであった。


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2018-10-26 22:34 | 庄内藩 | Comments(0)
(しばらく、この記事はトップに固定します)
今年も収穫の秋となりました。
例年通り、こちらで告知させていただきます。。。

(10月18日追記)
今年は豆自体は例年通り大きく実ってるんですが、天候不順もあって量が取れず不作気味となっています。周辺農家もほぼ今週で枝豆としての作業を終えるところも多いようです。私のところも今週土曜日の注文をめどに終了して、最終の発送は22日月曜日にする予定です。従ってご希望の方は今週土曜日までにご連絡ください!

黒枝豆送らせていただきます。
ここ数年、相場が上がってまして今年は(キロ800円+送料)でとなります。
こんな感じで送ります!
f0010195_9525653.jpg
f0010195_07302425.jpeg
今週から来週中ごろあたりにお届けする形になります。
例によって希望の方は注文数・配達時間を明記の上で ご連絡ください!
(→関連記事

右記のメールフォームか、FACEBOOK・ツイッターで連絡お願いします!
f0010195_06084049.jpg

[PR]
by enokama | 2018-10-18 20:29 | 北摂丹波 | Comments(0)
振り返ったら何回か今回の大河ドラマ感想はこのブログでも触れていたようですが
なんか最近の幕末大河が主人公の幼少期や青年期に三分の一ぐらいさいて、親や家族との女性目線での関わりってので重視しているようで
も一つ元治~慶応あたりの幕末での一番大事な肝心な出来事がサブストーリーにしか取り上げられないし、まあSNSや掲示板では「史実史実ばっかりうるさいんだよ」っていう人たちもいるけど、こんなのが求められている時代になってきているのかなとも思ったりしてしまいます。

でも大河の舞台になりそうな場所なら、その関わりをアピールして博物館なり講演なりと言ったものも通じて観光客を呼び込もうとするからどうしても期待するだろうし
ほんとにドラマになって再現してほしいエピソードがあったりするから、取り上げてほしいもんですが
どうも脚本の流れに沿ったフィクションの部分や解釈ってのがつまらないし、まず当時の時代背景からあり得ないことが多すぎるし、武士の世の中なんだから武士道的な意地ってのは入れるのが当たり前だと(藤沢周平や葉室麟あたりの原作映画ではしっかりと入れるよね)思うけど、そんな要素はなく現代の考えと同じような感情の人間をそのまま、その時代に再現するだけであって
今の時代の大河ドラマに求めるのがいい加減、間違いなんだと気付かないとだめなのかなと。

まあ世代交代はNHKはしっかりとしているだろうから、時代劇は20年前にはほとんど衰退してしまってるから「まったく知らない」スタッフも多いだろうし
脚本家も民放の時代劇が皆無になって久しいから、どんなものかわからんのでしょう。
現代劇の人気ドラマを担当していたと言っても、その手法を違う時代背景に合わせた物に合わせることは無理で不自然ななことであって、結局は見るに堪えるのが見る・読む人によっては物議を醸しだす「司馬遼太郎原作」であって
それを超える作品はなかなか現れないのが現状なのかともしれません。

時代考証も自身が専門で本職が忙しかったら受けられるはずがなく、例えばワイドショーの専門家顔するコメンテーターなんて、時間の余裕があるだけでその業界のトップでは決してなく実力も無いような者でも通用するものである。
あれ間違ってるやないかって言われても影響がない、未だに何の資料提供なのかわからんけど名前が残ってる山村竜也にみたいにや研究や論文に関係のない、作家と言う都合のいい肩書きでろくに説得力もない文章も書けないけど、その程度の人物ならしょうがないで済まされてやってるってしか見えない訳なんです。
原口泉さんは某番組でさも細かく今回の脚本に指示出してるように紹介されてたけど、あそこまて見せてよかったのかなって心配になってきます。あくまでドラマですって逃げられないやんか。
まあ、あまりハードルを上げる必要がない人が時代考証の適任かも知れませんがね。


南洲神社にて>>
[PR]
by enokama | 2018-10-17 05:21 | ドラマ感想 | Comments(0)
こちらからの続きであります

松原神社から道路を挟んだ場所に武田耕雲斎らの墳墓がある
f0010195_15282022.jpg
松林に囲まれている
f0010195_15284706.jpg
来迎寺野と呼ばれたこの地で天狗党352人が処刑された(松原神社の411柱は戦死者と病死者を含めた数)


もっとみる>>
[PR]
by enokama | 2018-10-10 20:30 | 歴史連載 | Comments(0)
敦賀で水戸天狗党の展示があるということで10月9日に行ってきました!
会期があと十日ほどとなっているので、撮って出しで書きたいと思います。

下のポスターは敦賀市内のいたるところに貼ってありました
f0010195_10400814.jpg
できれば講演会や展示解説のある日に行きたかったんですがスケジュールが合わず(画像にある10月13日と10月20日にもあります)
三連休明けですが開館日となっていたので、仕事明けに京都から新快速を1時間20分ほどかけて敦賀に行きました。
本来は休日明けが閉館日となるのが、開いていた理由はこの後にわかります。

敦賀駅からは結構長いアーケード街が続いていて、かつては大きな街だったんだなってことがわかります。
(商店街は地方のどこも寂れてしまってますからね・・・)
第二次大戦で空襲を受けているので、市街地の道はかなり広くなっています。
昔の街並みは敦賀市立博物館周辺と松原地区に風情が残っているようでした。
少し気比神宮あたりのからの観光スポットは駅から遠いので「ぐるっと敦賀周遊バス」で移動します。
(一回乗車200円。一般の路線バスも敦賀市内はどこでも200円均一で行けるようだ)
まずは周遊バスで一番遠い場所にある松原海岸に行きます。。。


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2018-10-09 23:12 | 歴史連載 | Comments(0)
(鶴岡公園周辺に関してはこちらでも追記しています→致道館致道博物館鶴ヶ岡城址
今年は明治150年と言うことで庄内でもいろんな特別展が行われております。

f0010195_23342554.jpeg
残念ながら鶴ヶ岡城の建物は明治9年にすべて破却されたのですが、そのあとの明治10年になって荘内神社は本丸御殿跡に建てられた神社であり、酒井家の歴代藩主が祭神であります。

400年にもぜひ来たいもんです
f0010195_23434377.jpg


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2018-10-07 23:33 | 庄内藩 | Comments(0)
今回、庄内に行った理由の最大の理由は酒田市立資料館で展示中の「幕末酒田の異才 本間郡兵衛」でした。
f0010195_01173660.jpeg
f0010195_21405542.jpg



もっとみる>>
[PR]
by enokama | 2018-10-03 21:15 | 庄内藩 | Comments(0)