エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

<   2018年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

話題になっている新書を読みました。
なかなか爽快に斬ってくれて、わかりやすい内容でした。
f0010195_19000145.jpeg


もっとみる>>
[PR]
by enokama | 2018-05-28 18:59 | 歴史全般 | Comments(0)

歴史新書「村田新八」

f0010195_12094093.jpeg
村田新八のことはエピソードがそれなりにあって仲間内でもよく話はするんだけども、ただ従来から史料が少ないとされ、本格的な評伝は初めてなんだそうです。
知り合いの方が共著されていて、普段からしっかりとした文章で発信されてきたみなさんなので、さすがにしっかりとした裏付けを取った内容であって、新八自身の今までのイメージや定説の真相ってのが具体的に明らかになって、初めて知ることができました。


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2018-05-14 12:04 | 薩摩藩 | Comments(2)
久しぶりに感想を書いてみるっていうか、どうも書く気にもなれなかったのが続いたのが実情でありますけどね。。。

前回の月照との入水のシーンは見なかったし、再放送も撮り忘れたんですが
今回のオープニングで流れると思って見てたけど、やっぱりそんな程度なのかなと落胆してしまった。
まあ原作に沿ったとするのならば・・・ですが。
せっかくの西郷主演なんだから、平野国臣あたりを出して(まあずっとドラマごとに同じ様なことを言ってるような気がするが)ほしいし
なんで「正助どんが助けた」になってしまって身内だけであっという間に奄美にバタバタと、なんかこのあたりの描写が雑すぎるのが気になった。




奄美本編>>
[PR]
by enokama | 2018-05-13 23:43 | ドラマ感想 | Comments(0)

追悼 古川薫氏

古川薫氏が亡くなられました、92歳でした。

今までもブログでは書いてきたので(→こちらこちら)改めて詳しくは書きませんが
僕の幕末趣味と言うのが深まったのは土佐なら平尾道雄氏で、長州なら古川薫氏と言っても過言ではありません。
平尾氏は脚色を交えた小説じゃなくって「実証」の歴史家と言えますが
古川氏は小説家と言った面と下に挙げた新書のように引用できる書も書く歴史家と言った側面の両方があったし
直木賞作品のような別路線の作品と幅広いものでありました。

よく歴史仲間と久坂玄瑞や高杉晋作、山田顕義と言った人物の作品では話ししたし
どこぞの作家のように一方的に悪役を徹底的に罵るような作品が知る限りないので
長州を知る入口として安心して勧められるし、長府あたりに行ったらご本人の人柄を聞くことも多かったし
実際にお会いした時(→こちら)も言葉に深みがあったことが印象に残っています。

本当に山口に古川薫先生がいてよかったです。
安らかにお眠りください。。。



f0010195_23261662.jpeg

[PR]
by enokama | 2018-05-07 23:26 | 長府藩・小倉藩 | Comments(0)

回天神社と常盤共有墓地

回天神社は幕末維新で多くの血を流した水戸藩の殉難志士が祀られている
f0010195_22185461.jpg


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2018-05-03 17:09 | 歴史連載 | Comments(0)

保和苑と附家老中山氏

二十三夜尊桂岸寺(仁王門)
f0010195_17372933.jpg
この寺は水戸藩附家老だった中山信正の供養のためにこの地に建立されたもの。
徳川光圀の命によって「保和院」と称する。
縁結び・金運・合格祈願とあって、結構賑やかな場所でありました。


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2018-05-02 17:58 | 歴史連載 | Comments(0)

祇園寺と諸生党慰霊碑

前回は行けなかったんですが、城の北西方向に「ロマンチックゾーン」と呼ばれる史跡がまとまってある地域があります。
f0010195_02011595.jpg


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2018-05-01 18:09 | 歴史連載 | Comments(0)