エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

2018年 04月 19日 ( 1 )

偕楽園の梅と石碑

偕楽園は天保13年に徳川斉昭によって開かれた公園。
藩校の弘道館が「文武修業」の場であるのに対し、その付属施設として修業の余暇の場として設けられたのである。
ちょうど水戸中心市街地は那珂川と千波湖の間の台地を水戸駅から上っていくような地形なんだけど
その千波湖を臨む景勝地に庶民にも開放する目的も持って、地形を生かしたつくりがされている。
f0010195_11141444.jpg
f0010195_11150233.jpg


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2018-04-19 11:21 | 歴史連載 | Comments(0)