エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

2018年 01月 27日 ( 1 )

「西郷どん」~第三回

オープニングの熊吉のシーンは微笑ましくって・・・
今回は斉興の悪政を指摘して、新たに世子の斉彬擁立に動く西郷らの動きが中心でした。
それに対して斉彬が一方的に善政だったという比較も実際にはどうだったかなってことらしいですが
農民も苦しい、武士も苦しい・・・そして商人が金を持っていて、土下座してまで借金をしなければならない。
前回の感想でも書いたけど、生活苦による逃散、脱藩、各地でもあったと伝わります。

当時は子供が生まれても、今みたいに確実にしっかりと成人まで育つってことは難しかったことで、何十人と産んでも半分ぐらいしか子供が残らなかった。
斉彬の子も娘何人かだけが成長したのみで、お由羅の「呪詛」ではないかと呪い人形まで細かいシーンがありました。
半次郎が思ったより早く出てきましたね。まだ可愛らしい表情の子でしたが、奇声や剣はよく出来てましたね。

斉彬が阿部に密貿易を告白したことで、調所が窮地に「許せ」とケン斉彬は「日本国」と言う言葉で諭します。
このあたりの雪の降る背景で竜雷太さんとのやり取りも重厚感ありました。
「死なせとうなかった」藩主の関与を否定し、すべては自分の一存。
立派な武士らしい最後だったと言えるかもしれません。

最後のゆかりの地紹介で、異国との密貿易の場所が山川だったことは知りませんでした。
調所の銅像も天保山公園にあるんですね。

[PR]
by enokama | 2018-01-27 00:11 | ドラマ感想 | Comments(0)