エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

庄内へ行ってきました~庄内戦後処理と松ヶ岡

松ヶ岡遠景
f0010195_23283088.jpg

西郷隆盛は言った・・・
「庄内藩には王政復古が通じない為に、本当の朝廷の御趣旨のあるところが達していな
かったのである。このことは深く察してやるべき事である。敵となり見方となる。これは皆
運命と申す他ない。今彼らが順逆を知って一と帰順した以上は兄弟も同然ではないか。
自分はどうして自らを偉ぶって彼らを敵視することができるだろう。」



特に「藩主は城外に出てお許し苦しからず」
降伏後も庄内に留まることを許し(鶴岡市内・禅竜寺)その警護も庄内藩士に任せた。
まだ、軍備も充実し士気も旺盛である。さすがの黒田清隆もその時は不安がったと言う。
しかし、その意を承知した黒田は、仙台・但木土佐や盛岡・楢山佐渡と言った、その時の東北
諸藩代表者がことごとく処刑されたのに対し、庄内では協議の上で新潟戦線にて戦死した
石原倉右衛門を代表者とし、一人の血も流さずに戦後処理を終えた。
この事は東北戦線における長州代表者の一人で、決して薩人へのいい感情は持っていなかった
前原一誠(長州閥の中で唯一に近い寛大論を望んだ人物。のちの「奇兵隊の反乱」で大勢の処刑者
を出した際も木戸孝允と対立し、新政府を去る。そして、萩の乱を起こし斬首となる)も
「西郷先生はどの位大きいか底が知れぬ」と驚嘆したという。

引き続き、黒田は函館戦争の処理に回る。ここでも長州勢の榎本武揚らの極刑を望む声を
抑え、寛大な処置を取って名を上げる。
この時も西郷は援軍として駆けつけていたが、すでに黒田の腹は決まっており、安心しきって
ほとんど口を出すことなく帰国している。
薩長同盟の際、薩摩の正式な代表として長州に赴き藩主の謁見を受け、一気に締結を
進める大役を担って以来、西郷の教えも請いながら成長していた黒田が、薩閥代表者たる
政治家として確固たる地位を占めた時でもある。
そして、西郷の元を独立した格好で新政府での独自の位置を持ち、西南戦争でも西郷ら
とは同調せずに政府に残り、のちに総理大臣も務めた。
西郷門下で、一番の功績を残した人物とも言えるだろう。


さて、その後の庄内。まずは会津(!!)への移封を命じられる。
東北諸藩を刺激して、泥沼の展開に追い込んだ張本人とされる大村益次郎らしい(榎本の
極刑も叫んでいたとか)いやらしい当てつけである。
(こう書きましたが大村は決して大嫌いな人物ではないですがね)
さすがにこれには風当たりが強く、磐城平(いわきたいら・今のいわき市あたり)へと変更され
一部の藩士たちも移動を始めていた。
一方で移封を阻止する運動も、菅実秀や松本十郎らによって展開されていた。
このあたりは「三方国替え阻止」の実績もあり、運動面でも長けた面があったのだろう。
農民や庄屋豪商を含め、この時も再度国を挙げてのものとなった。
そして今回も安堵されたのだ・・・

ただし、これには政府の方針転換もあった。今度は庄内の金に目を付けたのだ(苦笑)
七十万両の大金を献金・・・大村はこの金で兵学校を建てるつもりだったと言う。
そして、半分の三十五万両は一旦支払われた(明治2年10月ごろ)
しかし、その大村は暗殺されて、他藩との兼ね合いもあったのだろう「残りの献納は及ばず」
となり、先の三十五万両も藩に返還されたともいう(やはり西郷の影響もあるとか)
そして、この返還された献金は農民らに帰ることはなく、この士族救済のための「松ヶ岡開墾」
を始めとする事業に回されたとの風聞もあって、のちの「ワッパ騒動」と言われる一揆の遠因
になったともされる。

このあたりは士族に立った側、農民運動に立った側のそれぞれの書物によって
書き方・評価が変わってくるので、まだはっきりとは真相はわかりません。
ただ言えることは一連の「移封阻止運動」等、幕末期の藩政の実質的な権力を握っていた
「本間家」が明治以降、表だって庄内の顔となり(戦後の農地解放で影響力がなくなった)
士族が起こした「山居倉庫」「松ヶ岡養蚕事業」が、農民運動の延長上での「農業倉庫」や
各種農業経営者との対立の構図を生み、昭和の始めまで続きます。
「三方国替え」「大山庄太夫事件」「ワッパ騒動」一連の事件は士族出身者・酒田商人・農民
それぞれで捉え方が大きく変わってくるようです。

[PR]
by enokama | 2008-10-19 23:17 | 庄内藩 | Comments(0)