エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

西郷さんのおすすめの本は?

昨日は地区の行事があって、朝から昼過ぎまで外にいたら真っ赤かになって
今日はひりひり顔が痛いです・・・
昔の夏ってこんなにきつかったかな。ほんまヤケドと一緒の症状です!
今、サミットやってるけど、氷のない草原を歩いてる白熊とか痛いたしい画像も
あります。ほんと実のある会議にしてほしいですね!

今日は「篤姫」の話題。
自分自身は休日は出払っていることが多いし、見たいテレビを録画したとしてても
(いつでも見られると思って)結果見ないパターンが多くなって、リアルタイムで見られる
時だけ見ている感じです(歴史ファンとしてはダメですね・・・)
オープニングの登場人物で松平慶永(安政の大獄の後、春嶽を名乗るようになる)
橋本左内の福井藩コンビが・・・左内も大河でじっくり語られるのかと期待したんですが
島津斉彬の密書を西郷が慶永に届けに行くシーンに、同席している左内がいただけで
台詞もなし(泣)
実際は「家来同様に使ってくれ」と西郷を慶永の元に送った斉彬。慶喜擁立の運動を
左内と西郷は共に手を携えて、江戸・京と走りまわっています。

今回の一橋派か紀州派の決断、けっこうすんなりきれいに収まったように描かれてましたが
(今回の全体的な脚本ではOKなのかな)実際は複雑な問題だったのです。
慶永主導の政治が実現していたならば「大政奉還」は程なく実現、能力主義で門閥
にこだわらずに人材は活用され、国会も早くにできていたかもしれない。
それだけの人物だったんですがね慶永と左内は。
今回の流れから、おそらく次回になる「安政の大獄」って、どうつながっていくのだろう。
どうしてもドロドロにならざるを得ないのですがね。
あと井伊役の中村梅雀さん(時代劇には欠かせないですね)期待します!


最近特に思えてきたんですが、やっぱり幕末って西郷さんを知らなければ。
この左内との関係や、薩会や薩長同盟。征長の経緯、赤報隊や庄内・函館の戦後処理。
幕末を紹介する本なんかはよく表紙に坂本龍馬と並べて載ってたりするけど
何枚も役者が上ですよ。
「これが西郷の心情だ」とよく描いてある本をお持ちの方は教えてください!
宜しくお願いします。。。
[PR]
Commented by ゆずぽん at 2008-07-08 22:50 x
こんばんは!
橋本左内の扱いは軽かったですねーーー!ほんと。
出てきたときには「おっ!」と目を見張りましたが・・・。残念。
だって、西郷さんより若年だったにもかかわらず
とても信頼していて、左内からもらった文を
とっても大切にしていたんですからねぇ~。相当の秀才・人物だったんですよ。
え~っと西郷さんの本に関しては
私も まだなにも読めてないのですが・・・
立雲頭山満先生講評「大西郷遺訓」
神渡 良平 著 「西郷隆盛 人間学」などを読みたいです。
Commented by enokama at 2008-07-09 23:10
> ゆずぽん さん
ほんとにがっかりでした(苦笑)
頭山満の「大西郷遺訓」ですか・・・興味深々です。
by enokama | 2008-07-07 21:54 | 薩摩藩 | Comments(2)