エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

「靖国」を見て

昨日、土曜は仕事が休みになったんで、久しぶりに四条烏丸の京都シネマ
に映画を見に行ってきた。
「靖国」の上映が近畿圏では2箇所のみで、こちらでは朝一(10時)と19時すぎの2回
となっていて、話題作なので余裕をもって9時20分ごろから並んだ。
すでに10人ほどいて、上映時は100人ちょっとのキャパに7割ぐらいの入りとなっていた。

映画は日中韓の合作で監督が韓国の人のようで、靖国に関わる人たちへのインタビュー
と靖国神社周辺でカメラを回して、それぞれの意見の立場からのあくまで客観的に
まとめられたドキュメンタリー。
当初、右翼が妨害したと言うが、そんなに偏ったような編集はされてなくて
その妨害した連中が納得するには、100%彼らの言い分で成り立つような内容で
なければならないだろう。

靖国に祀られている英霊の遺族たちにもいろんな感情があるようだ。
もちろん「靖国で会おう」と言って死地に赴いた兵士たちの慰霊はもちろんだが
また、この戦争で何も残したものがなく、その戦争を起こした国家そのものに
批判的な方は祀ってもらわなくていいと「分祀」してほしいと願う人たち。
(この中には朝鮮や台湾の人たちもいる)
このあたりはいわゆる「戦犯の合祀」に見られるように、国家的には無条件にここに
祀られるといった融通の利かない点も言われるところ。
そもそも、大村益次郎が明治維新時に靖国を始めとする護国神社を作った時の
「官軍の慰霊」(会津や旧幕軍等は含まれない。もちろん、西郷隆盛も)の「官軍」
の定義からしても、国家の事を考えていたのは敵見方それぞれあった訳で、その流れ
の上で賊軍とされ祀られなかった例もおかしいものがある。

一方、中韓の批判の対象とする「戦犯の合祀」の定義も怪しいものがある。
先の戦争の原因がこの戦犯たちの責任だけで押し付けていいのだろうか。
責任はそれぞれ多くの要因もあるわけであって、この合祀の前には追及はなかった
点も何か腑の落ちないものがある。
ほんとに小泉さんも言っていたが「政争の道具」のような位置付けにされてるのは
おかしい。日本人の戦争に対する反省の意と、止むを得ず戦争に巻き込まれて命を
失った兵士たちの慰霊の意味もあるのに。
だからもっと物を言うべき「日本遺族会」の会長が(嫌われてる政治家のトップクラス
の人物だが)中国に土産と頭を下げに行くような態度は馬鹿なだけだ。

また、以前に昭和天皇が靖国に参拝しないのは「戦犯が合祀されたからだ」と記事に
されていたが、明治憲法の「統帥権」(天皇にある)に巻き込まれたこともあるしょうが
ない点もあるが、ほんとにそう思っておられたのだろうか。
もしそういう思いがあったとしても公にするのはいけないことだし「天皇陛下万歳」
と言って死んでいった若者達の気持ちも悼まれない。
記事にしたのは失礼に当たることだと思う。


内容的には一応外国作品なんだけど、逆に日本で作るとなると今の中国等に何も
言えないマスコミや、個人情報でプライバシーをがんじがらめにするような点で制約
もあっただろうけど、そのあたりまったくモザイクもなしで、ありのままに紹介されていた
のに好感が持てました。
結論付けってのは特になかったですが、もう少し議論は必要な問題なんでしょう。

最後の方で「靖国神社に参拝する会」(石原慎太郎が中心)に乱入した若者が出てきた。
(ボコボコにされていたのがそのまま撮られていた)
言い分は「アジアでたくさんの人を殺したのに靖国に参るのはおかしい」と。
そんな一方的で単純なものではないですよ。
加害者にもなり被害者にもなるのが戦争で、日本人も血をいっぱい流してるんだ・・・
そのあたりの歴史認識をもっと知らないとダメだし、教育も必要かなと思います。
[PR]
Commented by ゆずぽん at 2008-07-08 23:25 x
京都でやっていたんですね~。見たかった。
この監督は、靖国神社や刀匠の意図とは反する
違った表現、もしくは伝え方をしていたようで・・・
また、撮影許可をしていないところも無許可でバンバン撮っていたらしく
両者はかなり抗議したが、製作者サイドには無視されて
名誉毀損と語っていましたね~。
・・・・・文化庁もこの制作費に税金3000万円を投入するし・・・。
どうも かなり怪しいような・・・。
ただ、この映画をきっかけに「靖国問題」について
議論するようになれば いいかな。
だいたい「靖国」自体 を外交カードの切り札としてきたのは
ほん近年の事。
戦後数十年 問題にもされていなかったのに。
>加害者にもなり被害者にも・・・
同感。戦後のアメリカによる洗脳教育が
現在の日本国の弱体化につながっていると言えるのでは?
Commented by enokama at 2008-07-09 23:14
やっぱりそんなことあったんですね~
ここまで映していいんかなって見てましたもん。
>税金3000万円投入
ってそんなにかかってないんじゃないですかね。
カメラ回してインタビューだけやったのに・・・
by enokama | 2008-07-06 23:47 | 書籍・ライブ・映画 | Comments(2)