エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

祇園寺と諸生党慰霊碑

前回は行けなかったんですが、城の北西方向に「ロマンチックゾーン」と呼ばれる史跡がまとまってある地域があります。
f0010195_02011595.jpg




祇園寺は曹洞宗の大寺で開山にはあの「義公」徳川光圀が関わっている
f0010195_02015217.jpg
f0010195_02064638.jpg

こちらには諸生党の市川氏・朝比奈氏の墓所があることから、慰霊碑も建てられています
f0010195_02071374.jpg
詳しい由来碑も建っています
f0010195_02072389.jpg
弘道館戦争後、水戸を追われた諸生党は玉造から霞ケ浦を渡り、銚子近くの松岸に上陸。
ここで行動を共にしてきた旧幕兵や越後長岡藩兵が高崎藩兵に降伏。
残った諸生党の約百名はさらに八日市場まで逃れるが水戸藩追撃隊との松山での戦いで壊滅となり、ようやく長く続いた水戸藩の内乱が終結した。
庶民も含めて幾人の血が流れたことだろう・・・
f0010195_02073647.jpg
首領の市川三左衛門は明治二年二月に捕縛され、四月には水戸で逆磔の極刑となる。
墓所は祇園寺にあるが、かなり広大なので位置までは確認しておりません。

[PR]
by enokama | 2018-05-01 18:09 | 歴史連載 | Comments(0)