エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

別府温泉と井上馨

今回は久しぶりにフェリーで大分から九州に上陸しました。
フェリーさんふらわあの旧ダイヤモンドフェリー便(神戸~大分)なので、大分港に着くのは初めて。

「さんふらわあごーるど」と言うまだ新しい船。1万3千円ほどで結構、快適
f0010195_09532023.jpg
f0010195_09535243.jpg
f0010195_09535799.jpg
f0010195_09584577.jpg

西大分駅からのアプローチでしたが、歩いて10分ほどで一瞬貨物駅と見間違えるような風情の西大分駅
f0010195_09581386.jpg




駅間距離の長いところを、電車はぶっとばして10分ほどで別府駅
f0010195_10001542.jpg

駅の東、歩いて10分ほど。
この建物も立派な別府市中央公会堂ですが、この前にある偉人の足跡があります
f0010195_10040093.jpg
千辛万苦の場(せんしんばんくのば)
f0010195_10041951.jpg
f0010195_10042549.jpg
相変わらずでかい石碑ですが
f0010195_10075730.jpg
f0010195_10065166.jpg
この案内は少し端折っております(井上が別府へ逃れたいきさつ→こちら
まだ、病み上がりだったし温泉だったのもわかるような気がします。
井上自身が明治となって出世してからは、自らのゆかりの地に石碑を立てたり保存したりして、今に伝えられているものも多いです。
 
療養していた楠温泉は歴史のあるものでしたが、湯量の減少が原因で数年前に取り壊されております
f0010195_10044039.jpg
f0010195_10044464.jpg
ただし、至近距離には寿温泉が今もあります(営業はお昼から)
f0010195_10044787.jpg
せっかくなので、営業している温泉に入ってきました。
砂湯も有名な竹瓦温泉、昔からの建物。
f0010195_10045526.jpg
汗を流してさっぱりしたいものだが、酷暑なのですぐに汗だくに。

もう一軒、不老泉
f0010195_10050218.jpg
近い場所ですが、微妙に泉質は異なります。

最後に別府駅の熊八さんの像
f0010195_10050676.jpg




[PR]
by enokama | 2016-08-14 10:00 | 歴史全般 | Comments(0)