エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

木曽三川公園のコスモスと薩摩義士の治水神社


先週10月6日の撮影ですので、今度の土日はちょうどいいころかもしれません。

木曽三川公園センター
f0010195_0495067.jpg




f0010195_1585451.jpg

f0010195_0481458.jpg

f0010195_0415340.jpg
f0010195_042814.jpg


治水神社(岐阜県海津市海津町油島)
f0010195_0423654.jpg

まだ幕威のあった宝暦年間。木曽三川の水害(輪中などの工夫にも見られる)に悩む濃尾平野の
「宝暦治水」工事の手伝い普請を薩摩藩は命じられる。
もちろん費用・人夫は藩の持ち出しである。その秩序を以て江戸時代は成り立っていたとも言える。
その長良川と揖斐川の分流工事の中心となった「千本松原」には、その苛酷な工事に臨んだ薩摩藩士らの
文字通り、命を懸けた戦いもあって、病死する者や幕府からの妨害行動、そしておびただしい自害者ら
多くの犠牲者を出して完了した。
f0010195_0425365.jpg

f0010195_23211249.jpg

遠く離れた地に島津の紋
f0010195_0434631.jpg

この工事の責任者だった平田靭負が祭神となっている。
そして犠牲となった人々の慰霊の場となっている。
f0010195_0435929.jpg

犠牲者の名が刻まれる
f0010195_044142.jpg

治水の碑
f0010195_23262925.jpg

この工事によって多くの犠牲者と何より多額の出費によって、薩摩の財政を大きく傾けてしまう。
一応の財政改革に成功した調所広郷の出現および、積極的な開国論による貿易等で
ようやく幕末「倒幕」の中心勢力として乗り出すことができたのである。

そして明治維新後、幕政下では伏せられていた、この工事の真実が地元住民によって明らかにされ
顕彰活動も始まる。
明治33年には、この油島の地に最初の「宝暦治水之碑」が当時の首相・山縣有朋列席の下で建立され
以降も東郷平八郎や、多くの地元実力者や歌人等によって顕彰碑が建てられている。
そして昭和13年になって「治水神社」が創建され、以来この当地の方と鹿児島との交流も続いている。
[PR]
by enokama | 2012-10-12 23:37 | 尾張三河美濃 | Comments(0)