エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

関門海峡を歩いて渡る

またまた、GWは仕事で泊まりの山口・広島と鳥取に行ってきました!

5日の帰りの中国道は酷かった。。。渋滞30kmってあんなになるのか。
加西7時で、梅田は10時半になってしまいました。
終着の天王寺は11時過ぎ・・・久々に終電間に合わずで
急遽、新阪急アネックス5300円で泊まり。
事後申告だけど、異常事態なんで認めてくれそう。

それにしてもいつも閑古鳥の施設や、田舎の一本道でも車・人で一杯だったから
そのへんの車が集中したらこうなるわな・・・
僕はもう十何年、この時期は仕事してるけど
こんな連休に行っても、楽しめるんやろか?
いつも「また、すいてる時期にゆったりおこしください」って言ってる気がする。
休みをずらすのも、節電につながらないのかな・・・

そんなこんなで、4日ほど家に帰れなかったんですが
「陸援隊」一発で変換できないのに、相変わらずアクセス多いです。
なぜあの会社は、こう名付けたのでしょうか?
慎太郎が好きってことは、ないだろうな。
それにしても、こんだけワイドショー・ニュースで報道されるけど
ほんまに、それだけわかってるんやったら「起こる前にやれ」って言いたいよね。



山口は泊まりで行ってきました! 
なんでか知らないけど、このコースも泊まりなのに、バスガイドさんが付いてなかった・・・
ドライバーさんワンマンだったら、バスの安全確認もしないと行けないし
バス内の清掃も、一人と二人では大違いなんよ。
負担が増える。そしたら疲労感も絶対に上る・・・そしたらやっぱり安全がね。
ほんまわかってないわ!!

「今回はガイドさんがついてません。案内はできませんが、このあたりの土地勘と歴史には詳しいので
その話に限って私がさせていただきます」ってやったった。
津和野では西周の話をして、下関では伊藤博文の「春帆楼とふぐ」「亀山八幡宮と下関の芸妓(最初の嫁さん
のこと)」 みもすそ川の大砲は、元々は外国船を狙ってのもの。
赤間神宮は元々「阿弥陀寺」で、高杉晋作の「奇兵隊」が本拠にしたことがあったこと。
そして食事が門司区大里(だいり。今のJR門司駅付近)だったので、このあたりにも砲台があったこと
(長州が占領して勝手に作ったみたいだけど)などなどを説明してきました。
それなりに好評だったみたい(笑)

あと表題ですが、ネタばれは有名です・・・
久しぶりに和布刈神社から「関門人道トンネル」をくぐってきました。
f0010195_23462423.jpg

自転車や原チャも通れます(確か20円いる)
f0010195_23463617.jpg

山口と福岡の境。
f0010195_23464866.jpg

両側にはエレベーターがあって海底下に降ります。
大阪にも渡しの代わりにこんなトンネルもあるけど、やっぱり規模が違います。
[PR]
by enokama | 2012-05-06 23:49 | 旅行 | Comments(0)