人気ブログランキング |

エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

(しばらくトップに固定します)

この時に書いてから二年以上たちましたが、大阪龍馬会の皆さんに校正や装丁をいただきまして(御礼申し上げます)

このほど完成いたしました!

f0010195_11161200.jpeg
中身は中岡慎太郎の生涯を追いながら、その行動に沿った幕末通史となっております。
日記も残り、陸援隊や三条・岩倉とのつながりの強い慶応期(目次の半分が慶応三年)が多くなっております。
以前に記事を上げた時よりも(以降のブログにも上げてません)慎太郎や陸援隊と縁のある水戸藩のことを追加取材して
陸援隊士の出身地が多い三河や岩倉具視の周辺、王政復古から鳥羽伏見の戦いにおける紀州藩の立場についても記しました。
校正もしていただいたので、かなり読みやすくなっています。

◇「中岡慎太郎の行動から見た幕末維新」発行のお知らせ◇

大阪龍馬会幹事:enokamaこと藤井一弘さんが長年書き綴った「中岡慎太郎」についての文章をまとめた「中岡慎太郎の行動からみた幕末維新」を発行しました。
中岡慎太郎についてはもちろん、混迷する幕末の政治情勢に加え、あまりスポットのあたらない筑前、芸州といった藩の動きも描かれています。
―――――――――――――――――――――――――――
・松門の双璧と慎太郎
・窮地に立った長州藩はなぜ復権できたのか
・誰もいなくなった筑前勤王党
・長州再征でなぜ幕府軍は敗れたのか
・大政奉還か挙兵か
・陸援隊士はどこからきたのか
・近江屋事件の俗説を否定する
・鳥羽伏見の戦いの勝敗を決めた要因

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆目 次☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1.生まれ故郷の北川村 
2.中岡慎太郎の行動から見た尊皇攘夷      
3.長州藩の再起と薩長盟約への道     
4.長州再征と高杉晋作           
5.最後の将軍・慶喜と薩土の接近
6.京都の慎太郎と四侯会議    
7.薩土盟約と容堂の決断
8.陸援隊を巡る人物たち
9.土佐藩の大政奉還論と薩摩藩の挙兵計画 
10.近江屋事件の背景          
11.薩長芸出兵と王政復古政変を巡る動き  
12.鳥羽伏見の戦い  
―――――――――――――――――――――――――――
発行日 2019年6月10日
A5版193頁 
価格1,000円 送料200円(部数にかかわらず)
ご希望の方は郵便局に備え付けの「郵便振替用紙」に書籍名「中岡慎太郎の行動から見た幕末維新」と記入いただき、部数と金額を記入して郵便局でご送金ください。振込確認後1週間以内に発送します。
郵便振替口座 00930-9-80625
口座名 大阪龍馬会
―――――――――――――――――――――――――――
問い合わせ先 osakaryomakai@gmail.com



再掲ですが紹介文です>>
# by enokama | 2019-06-30 11:07 | 中岡慎太郎関連 | Comments(0)

加茂港と加茂水族館

しばらく「庄内を応援する」キャンペーンとして記事を書きたいと思います!

大山から加茂へはトンネルを超える(こころ旅でも正平さんが走ってました→こちらこちら
北前船の寄港地であった加茂港は鶴岡城下から一番近い天然の良港として、荷揚げされた物資は「加茂坂」を超えて大山を経て城下に運ばれた。
しかし、この150mの峠越えは大変で、文化9年(1812年)に鉄門海上人によって改修され
明治に入って孫弟子である鉄龍海上人によって、当時珍しい地雷火(ダイナマイト)を使ってさらに改修された。
ちなみに両上人とも即身仏となっていて、加茂坂の各所に上人の石碑が残っている。
明治17年からは県令・三島通庸によってトンネル工事が始まり、明治24年(1891年)に(旧)トンネルが完成した。
今のトンネルは2003年に完成し、急坂を上ることなく幅広い道で大山から加茂へは難なくたどり着くことができる。

加茂は廻船問屋や酒造業者(大山の酒も出荷された)が立ち並び、酒田に次ぐ要衝だったが鉄道の開通によって繁栄は失われ
現在は漁港となっており、山形県水産試験場や山形県唯一の水産高校・加茂水産高校があり、海洋研究の拠点ともなっている。
f0010195_22564838.jpg
f0010195_22565887.jpg


水族館>>
# by enokama | 2019-06-22 23:05 | 庄内藩 | Comments(0)
一年前に大阪で地震があったのも記憶に新しく、ニュースなどでも振り返りがあるこの頃ですが、またまた震災がありました。

ちょうどNHKでクラゲで有名な「加茂水族館」の特集が24日にあって、ちょうどこの日は泊りで見られなくって録っていたものを翌日(25日)に見ていて、ちょうど終わったところに報道があって地上波各局も中断して速報を流していました。
やはり津波の恐怖ってのが・・・




もっと見る>>
# by enokama | 2019-06-21 18:15 | 庄内藩 | Comments(0)
まだ烏丸通沿いの今出川通から北西側のブログ記事は上げてませんでしたので、改めて書きたいと思います。

同志社大学に近い場所に古い石碑(→こちら
f0010195_17345042.jpg
f0010195_17345998.jpg
藤井右門は早くから尊王を唱えていた儒者であるが、1767年に処刑されている。
幕末に尊王論が盛んになると、その旧宅が志士たちの集う場所ともなったという。


もっと見る>>
# by enokama | 2019-06-03 18:49 | 私の好きな京都 | Comments(0)
昨年、短時間ですが福井に行ったときに
ずっと工事中だった御廊下橋周辺が渡れるようになっていて、きれいに整備(→こちら)されてました。

城址にすっぽりと現役の県庁があるのは如何なものか?
って言う議論も長年あるようですが、こういった整備は良いと思います。
郊外へ移転っていっても、福井県立図書館や石川県庁のように一概にいいことばっかりとも言えませんしね。
f0010195_16510795.jpg
f0010195_16512685.jpg


「福井」の発祥となった井戸も整備されていた
f0010195_16513368.jpg


More
# by enokama | 2019-06-02 16:49 | 福井藩 | Comments(0)

映画「居眠り磐音」

f0010195_11334302.jpeg
京都で撮られた時代劇映画はできるだけ見ておきたいと思って、映画館に足を運んでいるのですが
(ブログに上げている以上に見には行ってます)
なんか従来からイメージの時代劇からは、かけ離れた脚本で?な内容でした。

原作は評判良い(未読ですが)何作も出されている時代小説で、NHKでも何度かドラマ化されている。
監督は松竹の本木監督で、脚本はNHKの「ちかえもん」の方、主役は松坂李ですから揃ってはいるんですけどね。



注意 ネタバレが少しあります>>
# by enokama | 2019-05-27 11:22 | 書籍・ライブ・映画 | Comments(0)
なぜだかわからないけど、この百田尚樹の記事のアクセスが凄く多いです。
いろんな所で記事が貼られて「こいつは馬鹿」だとか批判されているのだろうか。
まあ前にも書いたことと重なるんですが、百田氏のツイッターには相変わらず「この本に感動しました」
「国民は必読すべき」「真実の歴史」と僕からしたら信者としか思えない人たちの絶賛の声であふれ
(「坂本龍馬暗殺の裏に西郷がいる」とか、この本に書かれていたらそれも信じてしまうんだろうな)
「左巻きのマスコミによって批判、妨害をされているが真実の歴史を書いているから売れている」と自画自賛のようになって、百田氏自身もそんなことを言っているから始末が悪い。
僕自身は考え方は左寄りより右であるし「ネトウヨ」と揶揄する連中は軽蔑するほうですが
この本に関して「左だ、右だ」だけで、批評がされているのではない。
なんぼ百田の考えに近いからと言って、書き手の思想だけで書評をされているのではなく、内容が大事なのである。

楽天のレビューでこんな感想が上がっていてうまく書かれています。全く同感ですね。
引用文献が一切なく、第三者が通史をかいつまんでまとめて、章ごとに著者が感想をちょろっと書いてるだけ。
歴史をそこそこかじってる人なら「なんじゃこら」ってレベルなんですが
その研究者さえ批判してしまい「俺の言ってることが正しい」って言ってしまってるから、なおさら始末が悪いです。

まあ作家本人や取り巻き・支持者が何を言おうと「内容が良ければ」僕は何にも文句は言わないです。
過去には(→永遠の0カエルの楽園)僕もこんな感想も書いています。

とりあえず、このネタについては今後一切書きません。
批判することは結構ですが、過去記事もしっかりと読んでからしてください!

# by enokama | 2019-05-22 19:20 | 総合 | Comments(0)
以前の板垣退助の記事(→こちら)にたくさんアクセスがありました。
自分でも録っていたので、遅れて見てみました。

正直・・・酷かった。なんで後藤象二郎や中岡慎太郎はスルーなの。

なんか乾(板垣)は生まれた時から「討幕派」だったみたいな印象だったし(攘夷論者で長州藩の攘夷行動に同調して、幕府の外交姿勢に批判を持っていた程度ではないか)
慶応三年に京都で自分自身で西郷に直談判して(実際は書簡も残っているように中岡のセッティングもあった→こちらこちら)「討幕の密約」を結んだみたいにしてたし。
大政奉還の実現に関しては奔走する後藤象二郎と乾との路線の対立こそ言われるべきなのに、大政奉還の寸前まで長崎から土佐にライフルを送り込んで戦争の準備もしていた坂本龍馬を「平和主義者」にしてライバル関係にして、近江屋事件も坂本を悲しむよりも「同志」だった中岡の死の方を悼むべきなのになんか不自然だった。
戊辰戦争も新選組との対決が主ですか。
専門の先生も出てたけど、いっぱいしゃべって「坂本龍馬」の部分だけコメントを残したんじゃないかな(板垣と坂本は会った記録がないってはっきり言ってたし)
土佐迅衝隊は軍規は厳しいものの、給金はしっかりと払うし医師もしっかり従軍させたことを言ってました。確かに適塾出身で華岡門下生の優秀な人物も会津まで行ってました。
維新後も駆け足でしたね。征韓論はスルーで西南戦争時は薩摩の西郷とは同調せず「言論で勝負」あとは岐阜事件から国会開設あたりで終わり。
消化不良な内容でしたね。
昔書いた童門程度の内容で昭和のまんまの史観ですね、残念。

あと板垣は小ネタも含めて結構書いてますんで、ごらんください(文言をクリックすると記事に飛びます)

# by enokama | 2019-05-15 22:18 | 土佐藩 | Comments(0)
著者の鵜飼氏が少し前にKBSの森谷アナの番組にゲストで出ていて紹介されて、本屋に行ったらストライクな内容だったので買いました。
京都出身の方で東京で記者を長年されてきて、今はフリーとなって著書や講演を行い
別の顔で現在は京都に戻ってきて実家の寺院の副住職をされているそうです。
この四月からは昼間の梶原アナ(篠山出身ってのを最近知った)の番組に週一で出ておられます。
コメンテーターとしては京都の地の話題もできるし、ジャーナリストだからうってつけの人材かもしれませんね。
お寺ってのもお墓を持たないし檀家も増えないっていう時代でもあり、僕も僧侶の知り合いもいますが「よっぽどの観光寺院」にでもならないとそれだけではやっていけない。
そのあたりを踏まえた著書も多いようです。

ちょうど水戸藩にここ数年興味を持ってるんで「廃仏毀釈」ってのは不可欠な問題なので
維新時に各藩がどのようにその影響を受けて、明治維新が成ってから過激な行動に出てしまったのか。
過激なタイトルですが、全国各地を実際に取材されてうまくまとめられたものになっております。

帯の写真は首を刎ねられた石像

f0010195_23441038.jpeg


もっと見る>>
# by enokama | 2019-05-09 23:43 | 歴史全般 | Comments(0)
ここ三日ほどでこの記事が伸びてます。
どこかのBSで番組があってツイッターで拡散されたみたいだけど、僕からしたらこんな程度で見られるものなのかな?と思ってしまいます。
逆に真相に近いようなことを書く者はいないものなのか?
記事自体もまだ「南紀徳川史」の細かいとこ読み切ってないのでまだ完全でもないんですけどね。
僕としてはこの記事あたりも、ぜひ拡散してほしいんだけど。
あと司馬遼太郎が描いた長崎の龍馬やこの時の長崎舞台ってのは、そのまんま五代友厚のやったことじゃないのかなと。
とにかくずっと推していた五代友厚が世に出たことはうれしかったですね。

ともかく坂本龍馬と織田信長あたりは通説的な評価を(研究が進んだことで)否定することは
バッシングみたいな拒否反応をされるイメージがあって(イメージどおりでないと成り立たない商売や作家もいるだろうしね)このブログで「龍馬の功績ではない」とか書いたら怒られたし
もう新選組に関しては散々やられたんで、もう書くこともしなくなりました。
まあ新選組に興味があるって言う人は一部は深くなって残るけど、数年もして他の興味ができたらいなくなるってのを何十人も見てきてるんで必死に書いても無駄なようにしますし。



もっと見る>>
# by enokama | 2019-04-30 18:54 | 歴史全般 | Comments(0)