人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ
サッカーの日本代表が決勝トーナメントに進んだわけですが
日本代表メンバーのほとんどが海外クラブに在籍していることもあって、確かに世界レベルの実力を持つようになっていて、それをうまく森保監督が信頼して使っていて、交代のタイミングもそれぞれ納得して結果を出してここまで来たんだなと思いました。
コスタリカ戦は(消極過ぎて点取られて)思わずぼやいてしまったけど?何だったんだろう。

今回のクロアチア戦は23時過ぎまで起きてたけど、しばらくスケジュール的に寝てなかったこともあって、ラジオだけつけて寝てしまってました・・・
でも先制点を取った時に目が覚めて、次に3時すぎに目が覚めたら残念な敗戦として結果を知りました。

大舞台を何度も体験してきて、勝ちきるまでは無理だったけど、その相手に互角に戦ったのだから大したもんだし、PKもそのキーパーの大舞台での差が出たんじゃないかな。
ブラジルとも戦ってほしかったけど、また四年後ですね。

# by enokama | 2022-12-06 23:41 | スポーツ | Comments(0)
こちら→)

滋野井卿を擁した隊は関ヶ原から大垣、長島を経て桑名へ入った。

しかし東海道鎮撫総督府が大村藩・備前藩・佐土原・彦根兵を先鋒に二十二日に四日市に着陣していて
「諸侯を欺き、庶民を恐喝し、金穀を劫掠するもの」として滋野井隊の捕縛処断命令がすでに出されていたのだ。
罪科は近江にいた東本願寺門主光勝が援兵及び糧食を強請されたと訴え、行路にあった長島藩主からも同様な訴えがあったのだ。
出立してからの具体的な記録は当事者の幹部たちが亡くなってしまったことから、わからないが
滋野井隊は関ヶ原を出るころには170名ほどに増え、この多くが浮浪の徒や博徒といった人物だったとされ
このような草莽隊は藩の後盾がなければ基本的に自弁となり、素行の悪さとそれだけの人数を支えるための強請ぶりが訴えられたこともあって
偽官軍であり、公卿も偽物だとして処断されたのである。

二十六日に滋野井卿は四日市に出頭し、桑名の青雲寺にいた隊士らも引き出され
滋野井卿は京都へ召還され、隊士らも捕縛された。
幹部クラスは直ちに斬首されて、その他の者は追放となった。


もっと見る>>
# by enokama | 2022-11-26 04:54 | 歴史連載 | Comments(0)

本圀寺党関連を調べていたら
四日市に赤報隊に在籍した水戸脱藩士の墓が残されているということを知り、行ってきました。
なぜ四日市なのかは?この地で悲劇があったからなのです・・・

高架駅の近鉄四日市で電車を降りると、南側の道路に面した高架下にかつての軽便鉄道規格(ナローゲージ線路幅762ミリ)の小さな電車が走っています。
途中駅で路線はさらに二方面(西日野行き)に分かれていて、電車は内部行きに乗ります(30分おきに走っている)
四日市にある水戸藩士の墓~赤報隊と滋野井卿_f0010195_17104295.jpeg

泊駅で降ります。
小さな電車ですが駅には自動券売機があって、ICOCAも使えます。
四日市にある水戸藩士の墓~赤報隊と滋野井卿_f0010195_17121117.jpeg
夕方だったので高校生がそれなりに乗ってました。
なぜこんなナローゲージの鉄道が残っているのかというと、沿線に高校がいくつもあって双方向に流れがあることと(海星高校もこの沿線)
周辺は住宅地で少し道が狭く渋滞が多そうで、時間が計算できる電車の需要があるんじゃないかなと感じました。


もっと見る>>
# by enokama | 2022-11-21 17:04 | 歴史連載 | Comments(0)

新選組展2022 京都

京都で新選組展が行われているので、連休等の時期をずらした平日に行ってきました。
じっくり見られて一時間半ほど滞在してました。
新選組展2022 京都_f0010195_23301644.jpeg


もっと見る>>
# by enokama | 2022-11-09 23:30 | 歴史全般 | Comments(0)
超豪華なメンバーとなった秋の天皇賞、結局は一番人気が勝ちましたね。
実はメイン前のレースで、久しぶりに酒井神絡みのほぼ万馬券ってのが取れて今日のプラスは十分確定してたんで
思い切って、②カラテ軸で内枠馬中心に①③④⑤⑦⑨と三連複を流してたんですよ。
どうしてもルメールがあっさり勝つレースってのが面白くないもんでね。
ジオグリフは少し足らないし、シャフリアールは距離不足で切ってました。
上がりがもう少しかかってればってのと、①と②は岩田に不利受けたのが痛かったけど
カラテはこのメンバーで六着ですからね。
パンサラッサは一番の適距離で大逃げの良いレースができたし、それぞれ実力馬が力出し切っていたので良いレースでしたね。



もっと見る>>
# by enokama | 2022-10-30 23:45 | 総合 | Comments(0)