エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

葵の残葉

今はインターネットで「rajiko」に入ったら全国のラジオが聞けるんだけど、関西で面白いラジオがないので(聞くのは羽川秀樹ぐらい)
前は大沢悠里さんや蝮さんを聞いたりしてたけど終わってしまったので、泊り明けなんかに午前中は名古屋のCBCでつボイノリオを聞いて
昼からは例の事件で終わってしまったけど、東海ラジオの「みやーち」聞くと言うサイクルだったりするのです。
今は結構、関西出身のアナウンサーあたりは名古屋等(RCCにもいる)そのまま各地方で関西弁で通してたりしてて
三重とか大垣あたりも関西アクセントに近いので、結構馴染みやすかったりするんですよね。

ラジオなんて関西は毎日・朝日だし、名古屋も中日新聞なのでラジオを聞く世代もあって「安倍批判」「自民党批判」ばかりのワンパターンなんだけど(だから若い世代はラジオなんて聞かないんだ)
つボイノリオの番組はいっぱい投書を読むので、一応は両方向の意見を流してくれるので政治ネタもまだ公平に流してくれているように聞けるのです。

その番組で11時台にゲストが入ることがあるんだけど、作者の奥山景布子さんが来られていて(名古屋在住の方)紹介されていて興味を以て、丸善の京都店に在庫があったので購入して来ました。
f0010195_01182921.jpeg


もっと見る>>
[PR]
# by enokama | 2018-07-14 15:18 | 尾張三河美濃 | Comments(0)

西日本で豪雨被害

少し落ち着いてきたので今回の災害について書きます。
被災に会われた方にはお見舞い申し上げます。
自衛隊や救援の方も体に気を付けて作業してください!

7月5日は休みだったんですが、夕暮れごろから予報通りに豪雨になってきました。
普通の日勤の仕事であれば出勤に支障や危険が伴うとなると「無理することはない」と僕は考える方ですが
今の仕事は公的な機関で休みになることはないし、出勤できないとなると(二日分)代わりの人間が入らないと行けないのでこれはやばいかな。明日の朝の出勤時間が怖いし長く降り続くようだし、今の間に移動しておくのも手かなと思っていたら
明日の電車運休の情報が拾えたので、すぐに京都市内でホテルを取って前泊のことは事後承諾にして(運よくいい場所で取れた)ともかく急いで段取りして最寄り駅まで車を走らせました。
道中はどんどん雨降ってくるし、冠水しかけていたとこはマジで怖かったけど、なんとか到着。
駐車場に止めてたら、ひょっとしたらしばらく止めっぱなしだったら車が浸かってしまわないかなと思ったけど、水はけはいいようで溜まる感じもなかったので電車に急いで乗り込みました。
電車はこの1時間後に運行見合わせとなって、結局は翌日と翌々日の午前中まで動きませんでした。


もっとみる>>
[PR]
# by enokama | 2018-07-11 19:38 | 総合 | Comments(0)

BSで橋本左内の番組

「西郷どん」ですが、個人的にはあまり馴染みのない(正直知らないだけだけど・・・)斉彬の時代が長くって、見逃しても見逃したままって感じでしたが
やっと寺田屋騒動あたりから、自分のかじってきた時代になってきてテンポもよくなってきたので見やすくなってきました。

しかし薩英戦争ぐらいはしっかりと尺はとってほしかったし、松木&五代の蒸気船の話(自発的捕虜)、中山中左衛門は「側近四人衆」(小松、大久保、堀次郎、中山)できっちりと出してきたんだし(薩英戦争以後に失脚してしまうので)そのあたりの背景もないと、おそらく知らん間に消えているってことになってしまいそうで、ちょっと残念であります。
信吾を含めた寺田屋の二階組の復権(スイカ売り決死隊)も伝聞だけでした。
まだ「篤姫」の時は戦闘シーンはあったし「飛ぶが如く」ではスイカ売りシーンもあったと思うので、西郷メインの話だとこうなってしまうのでしょうかね。

沖永良部での川口雪蓬や土持とのシーンはよかったし、愛加那との再会はドラマにはうってつけの史実でもあるので、鹿児島での戦争を聞いて土持に頼んで船を作って鹿児島に行こうとした話は実話だそうだし描き方はよかったと思います。
疑似大砲?の話やナポレオンを語るシーンもヒントになる実際のエピソードはあったんでしょうかね。


本題に入りますが橋本左内の話であります。
いかにも今回の大河では「ドラマ」だなって描き方がされていたんですが、その代わりにBSの特集で番組がされておりました。
今回も出演された三谷博氏の話も以前に聞きましたので、それも含めて書いてみたいと思います。


もっと見る>>
[PR]
# by enokama | 2018-07-08 14:14 | 福井藩 | Comments(0)

近畿地方に強い地震

(地震当日のFBから転記)
JRから二条で乗り換えて地下鉄にほんと乗り込む時に警報がきました。たぶんJRの電車に乗るのが1本遅くなってたら、その中で缶詰になっていたと思います。瞬間ですが停車中の電車の揺れが元々あったので、あまり地震の実感がなかったです。
2分ほど止まりましたがすぐに徐行運転で動いて、ダイヤも10時過ぎには戻ってました。その時間で他に動いてたのは嵐電ぐらいで、近鉄の再開も早かったですね。やはり地震には地下鉄強いんだなと再確認しました。
地上の状況はわからないのですが、被害にあわれた方にはお見舞い申し上げます。
あとJRの再開が遅く、僕の利用路線は今日中の再開はないそうです。明日は亀岡から来る人と交替なので、彼が来られず僕が帰れない状況になったら引き続き勤務に入る流れになると思います。
これ以上、さらなる余震等起こらないように祈るばかりです。




もっと見る>>
[PR]
# by enokama | 2018-06-20 18:26 | 総合 | Comments(0)

「西郷どん」なかなか日曜日に見る時間がなく、録っていたのも四週分見てなかったのですが、今日は久しぶりに丸々休みだったので(昼まで寝てたけど)三時間ほどかけて、いっぺんに見ました。
ほぼ早送りすることもなく奄美の回の尺もこれぐらいでよかったと思うし(ロケはきれいですね。大久保が奄美まで行って愛加那と会った設定も悪くなかった)大久保と久光の回も一回ほぼ丸々でテンポもよかったので(お由羅の犬のエピソードは何かヒントがあったのかな。正助から一蔵の改名の経緯も知らなかった)西郷不在の間の薩摩藩情の流れもうまくまとめられていたと思います。

昨日の回は有馬や従道の心情も伝わったし(どうも家族絡みはくどい感も出てしまうので、今回はそういう点でも嫌味がなかった)奄美から帰ってからの西郷の行動も(下関での滞在も含めて)丁寧だったし、京都で西郷と有馬は実際に会っていなかったと思うのですが、長い説得のシーンも良かったと思います。西郷従道は本来なら総理大臣になっていたぐらいの器で(兄が賊であるとし、明治政府では辞退し続けた)実際になっていたら、また評価は変わっていたのでしょうがね。
「地ごろ」を西郷から言ったのではなく、久光から言わせたのもありかな。
それにしてもここで一気にいろんな志士を出してきましたね。平野・小河、久坂・吉村虎太郎・・・吉村なんて土佐の大河でも出てこなかったのに意外でした。平野も例の入水のシーンから出していたらよかったのにね。
久光側近の中山あたりも名前の字幕は出なかったけど、セリフも比較的多かったですね。なかなか楽しめた回でした。
次は「寺田屋騒動」で伏線も今回の西郷が帰還した所からあったので、特に大山格之助あたりをどう描くかが楽しみであります!


[PR]
# by enokama | 2018-06-11 21:06 | ドラマ感想 | Comments(0)
赤池から鳥羽街道を下がると古い町並みが残っている
f0010195_21104434.jpg
f0010195_21101335.jpg
f0010195_21173275.jpg
f0010195_21165741.jpg
小枝橋から敗走した旧幕軍は退き、淀にも近い富ノ森で俵台場を築いて夜を過ごすこととなる。



もっと見る>>
[PR]
# by enokama | 2018-06-08 17:58 | 私の好きな京都 | Comments(0)
情報をいただきまして、京都ホテルオークラの御池通から見て裏側に創業者の前田又吉と伊藤博文の胸像ができて
除幕式があるということで行ってきました!
f0010195_23382498.jpeg
f0010195_23393623.jpeg
村上宮司が祝詞を上げられていましたが、ほんとに特に前田の生涯を丁寧に述べられていて素晴らしかったです!
また山口県人会の方が若き日の伊藤が天下を目指した気概を持った(日本第一の政治家を志した)唄を吟じられました。
f0010195_23401404.jpeg
この地の石碑は100周年の時に神戸から移されたものです(経緯はこちら
そして、この胸像は(今年)130周年として建てられたものであります(かつて神戸には前田又吉の銅像もあったので「再建」となります)
正直ずっと、この京都ホテルの後ろの石碑って何なんだろうって思ってきて案内板もなかったこともあって(伊藤絡みってことぐらいしかわからない)前田のことも最近まで知らなかったのですが(なんか前田正名あたりと混同してしまって・・・)
これを契機に、さらに前田の生涯についても知ってもらいたいものですね。


阿弥陀寺へ>>
[PR]
# by enokama | 2018-06-02 23:35 | 私の好きな京都 | Comments(0)
話題になっている新書を読みました。
なかなか爽快に斬ってくれて、わかりやすい内容でした。
f0010195_19000145.jpeg


もっとみる>>
[PR]
# by enokama | 2018-05-28 18:59 | 歴史全般 | Comments(0)

歴史新書「村田新八」

f0010195_12094093.jpeg
村田新八のことはエピソードがそれなりにあって仲間内でもよく話はするんだけども、ただ従来から史料が少ないとされ、本格的な評伝は初めてなんだそうです。
知り合いの方が共著されていて、普段からしっかりとした文章で発信されてきたみなさんなので、さすがにしっかりとした裏付けを取った内容であって、新八自身の今までのイメージや定説の真相ってのが具体的に明らかになって、初めて知ることができました。


もっと見る>>
[PR]
# by enokama | 2018-05-14 12:04 | 薩摩藩 | Comments(2)
久しぶりに感想を書いてみるっていうか、どうも書く気にもなれなかったのが続いたのが実情でありますけどね。。。

前回の月照との入水のシーンは見なかったし、再放送も撮り忘れたんですが
今回のオープニングで流れると思って見てたけど、やっぱりそんな程度なのかなと落胆してしまった。
まあ原作に沿ったとするのならば・・・ですが。
せっかくの西郷主演なんだから、平野国臣あたりを出して(まあずっとドラマごとに同じ様なことを言ってるような気がするが)ほしいし
なんで「正助どんが助けた」になってしまって身内だけであっという間に奄美にバタバタと、なんかこのあたりの描写が雑すぎるのが気になった。




奄美本編>>
[PR]
# by enokama | 2018-05-13 23:43 | ドラマ感想 | Comments(0)