エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

<   2015年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

隠れ里・菅浦

少し前に歴史仲間の方と行った場所です。

現在は余呉も木之本も西浅井も今は合併で消滅していて、すべて長浜市に吸収ってのもどうかなと
思うんですが・・・

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2015-09-23 20:01 | 近江の史蹟 | Comments(0)
つづら折りと呼ばれる坂道はきついけど、ゆっくり歩いても30分かからないぐらいで
本堂に着く。
f0010195_17263899.jpg

f0010195_17265974.jpg


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2015-09-22 17:24 | 私の好きな京都 | Comments(0)
先日(9月15日)パワースポットで有名でもある鞍馬寺で「義経祭」があり、例のごとく
泊まり明けで行ってきました。
アクセスは京阪で出町柳に出て、叡山電車に乗り換え。
岩倉へはたびたび、行ってたのだけど久しぶりに乗った!
f0010195_1724175.jpg


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2015-09-20 16:58 | 私の好きな京都 | Comments(0)
今回の安保法案で「日米接近」したら、米軍基地のある沖縄が攻撃目標になって戦場になって
しまうから反対ってのがあった。
とにかく「アメリカは信用ならんから近づくな。中国とは敵対するな」っていう人も多いんだろうね。
今回は「問題提起」で国民が安全保障について、50年前とは違った国際環境において再考する
いい機会だっただろうに、敗戦のどさくさで知らない間にできていた日本国憲法は相変わらず聖域で
意味をなさない「徴兵制への危惧」とか、なんか変な方向にいってしまったから
国会の論議も肝心なことができなかったのじゃないかな。
審議時間は十分すぎるほどあったけど、国会中継を聞いてても「馬鹿らしいやりとり」も多くて
聞くに耐えず、内容のない面も多かったことは残念だなと思う。
「議論が足らない」って批判するよりも、まともな議論をする気が野党に無く
方向違いの批判や行動を煽った責任も多いかと思う。

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2015-09-19 18:04 | 総合 | Comments(0)
元治元年6月の禁門の変での長州藩敗北後、この地に逃れてきた桂小五郎。
いろんな理由もあるんだろうけど「逃げた」で正解だろうし
長州に戻ってむざむざと殺される可能性もあった中で、長州再征の動きとともに
薩摩との協調路線を取ることができ「反幕」で割拠の体制が確立した藩政に実にいいタイミングで
迎えられることができた彼にとっては「好機をつかむ」幸運を掴んだ地とも言えるだろう。

代表的な潜伏地(荒物屋・広江屋跡)
f0010195_1242772.jpg


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2015-09-10 17:09 | 歴史連載 | Comments(0)
(2015年9月4日・訪問 関連記事→その1その2その3
再度、泊まり明けに一乗寺に行ってきました!
f0010195_9331972.jpg

一乗寺・修学院の地はいわゆる鬼門の方向にあたり、都の喧騒や圧迫から逃れてきた人たちの
隠棲の地でもあった(新撰組と幕末の京都 ユニプラン)
詩仙堂を造営した石川丈山や金福寺の尼僧となった村山たか、今回訪れた梅田雲浜もそうである。
そういった背景もあって「反骨の風土」が一乗寺にあるそうだが(それが関係あるかはわからないが)
歩いてみて、京都でも「これだけあるの」ってぐらいに異常なぐらい某政党のポスターが
多いのには閉口した。
剥がしながら行ってやろうかと一瞬(あの人たちの言うことが理解できず大っ嫌いなので)思ったけど
犯罪になるよな・・・(苦笑)

一乗寺跡
f0010195_948150.jpg

平安~南北朝時代にかけて天台宗の「一乗寺」と言う寺院があったが廃寺となり
このあたりに地名だけが残った。

行ってみたらびっくり>>
[PR]
by enokama | 2015-09-08 21:30 | 私の好きな京都 | Comments(0)
いつも使うJRの駅に「戦争法案」って叫ぶ連中がいてね。
うっとしいのなんの・・・
避けたら通れない場所だから、通らないと電車乗れないし。
もうしょうがないから、絡まずにはいられないでしょう。
どこと戦争するんや、なんで徴兵制になるのか根拠しめせよとか。
まあ、相変わらず不明瞭な返答しかないですが・・・

この方は関西出身の共産党代議士でしたが
引退後にメディアに登場しだすと、防衛費を軍事費と言い表すような、まったく「どこを切っても
同じ」と言われる共産主義者ではなく保守寄りの論客となり、国防・外交についても現実的な
意見に変化している!興味を持っていました。
この本を買った時は「三刷」となっていたので、よく売れているようです。
内容は第二次大戦後の日本共産党の行動と中韓との関係を軸にした「近現代史」である。
f0010195_21172777.jpg


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2015-09-06 21:10 | 書籍・ライブ・映画 | Comments(0)

出石探訪2015~永楽館

FBでは画像だけ載せたんですが、霊山歴史館のツアーで五月に行った出石のレポです。
仕事では何度も行っているんだけど、普通に史跡巡りで行くのは初めてです。

こちらは市街地の西側の旧出石川(谷山川)にあるおりゅう灯篭
f0010195_55115100.jpg

f0010195_5513486.jpg

昔の大量輸送流通の中心は水運で、当時の船着き場の跡で当時の川幅は今の三倍あった。
その目印でもあった灯篭が残っています。

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2015-09-02 20:43 | 歴史連載 | Comments(0)