エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

<   2015年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

昨年暮れに行った場所です。

大久保利通が暗殺された(明治11年・紀尾井坂の変)場所あたりを回ってきました。


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2015-01-31 21:01 | 江戸散歩 | Comments(0)
雑誌「歴史人」のネタは何度か書いてきたけど
ライターによっては間違いがあって、突っ込んだ記事も書いてきたわけですが
今回の2月号もまたまた出ていたので、書かずにはいられずになったので
買うつもりはなかったんだけど、結局買ってしまいました・・・

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2015-01-29 20:48 | 中岡慎太郎関連 | Comments(0)

映画「KANO」

「KANO」とは第二次大戦前、日本統治下の台湾にあった「嘉義農林」と言う学校。
学校の名を聞いたら、オールドファンの方なら「呉昌征」と言う野球殿堂入りもした日本プロ野球創生期の
名選手の出身校でも知られている。

アジアで日本絡みの歴史映画と言ったら、例のあの国とあの国あたりだったら「日本人は野蛮な残忍な民族」
とされることも多いようだけども、さすがに親日の台湾映画なので賞賛されている部分が多いんですよね。
まあ、これも「日本を悪く書いたら観客が入る」のと「日本をよく書いたら観客が入る」その国の体質の違い。
日本の某A新聞だったら、かつては「大政翼賛」で、現代ではその時代の日本(自分たちの主張していたこと)
を散々こき下ろして、否定批判した上ででの「平和主義」でも、不祥事があってもそれなりに読者は残っている。
一方で「嫌韓・嫌中本」が出される風潮はよくないとされることも、ネット上でもよく聞かれることだが
「売れなかったら出しませんがな」・・・それだけのこと。
「読まれなかったら、聞かれなかったら」意味がないものだし、言論・出版の自由があることは結構なこと
ではないか。
ただ歴史を研究するものからすれば、その出版物等が売れてるからと言って「正しい史実を伝えている」
とは言えず、歴史の再検証をしようとすれば「歴史修正主義」と批判する人物の歴史観が合っているとは
決して限らないから、なかなか難しいものであります。

てなわけで台湾では大ヒットしたものの、台湾の「親中派」と言われる勢力からは苦い顔をされたと言うし
日本でも「第二次大戦前の日本国家を美化する」ことに否定的な勢力がいるので(噂だけど?)
この「KANO」も、おおよそ一つのスクリーンで「1週間」だけの上映予定の所が多いと言う。
だから平日の昼でも思ったより、観客は多かったです。。。

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2015-01-27 23:50 | 書籍・ライブ・映画 | Comments(0)
この一件を受け、長州藩では桂譲助と言う藩士が従士十人余りと長州候使節として、薩摩に向かった。
阿久根で応対したのは、海江田武次(信義)と本田彌右衛門(親雄)で
桂は「外国船と誤認して貴藩の船舶を砲撃してしまった。斬鬼の至りに堪へず、藩主父子も厚く謝意を
示している」と伝えるが、海江田らは「軽微な事件ではなく、我らが専決することはできない」として
鹿児島に復命し、藩主・忠義らに伝えた。
激高し「砲撃者の首級を出せ」と言う者もいたが、すでに公武(朝廷及び幕府)へ報告済みのことで
上京中の久光とも熟議の上で判断するとのことで、桂らは帰藩した。
京都では一橋(徳川)慶喜に申告し、薩摩藩は長州に奈良原喜左衛門・高崎左太郎(正風)を糾問史として
向かわせようとしたが、幕府より「公武において長州の処置を議して裁決するので、薩摩よりの直接談判は
猶予してほしい」とし、派遣は中止された。

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2015-01-26 22:17 | 薩摩藩 | Comments(2)
関門海峡においての長州藩による「攘夷砲撃」は一旦、外国船の報復攻撃や
八一八の政変で一旦は収まったように見えていたが(→こちらこちら
この文久三年の暮れにも事件が起きている。

もっと見る>
[PR]
by enokama | 2015-01-25 22:33 | 薩摩藩 | Comments(0)
3回目ですが、なんか「ホームドラマ」?の感を出したいのかもしれないけど
せっかく吉田松陰を出しているのだから、その生涯ってのもしっかり書いてほしいんだけどね。
(某週刊誌によるとやはり「歴史の立役者」よりも、その裏側の人たちに迫るとか・・・)

「ペリーの艦船への乗りこみ」の前には、その前兆とも言える行動に兄・梅太郎が止めろ
って阻止するシーン?が長くあったけど、これって必要あるのだろうか?
むしろ煽った佐久間象山の方をじっくり出して「なぜ密航しようとしたのか」って描くべきではないか。
「八重の桜」の方が心情が伝わっていたと思うけど、何を狙ってるのかな?よくわからない。。。

ついてない男>>
[PR]
by enokama | 2015-01-20 23:30 | ドラマ感想 | Comments(0)

「花燃ゆ」第二回

第一回目の視聴率が悪かったとか言いますが、「真面目に作ってる」なとは共感したので
まだまだ、これからだなと期待したいものです。

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2015-01-17 22:50 | ドラマ感想 | Comments(0)

近況続き・・・

おかげさまで母の方は手術して1週間で退院いたしました。
いろいろとメッセージをいただいた皆さん、ありがとうございました!

一方で私の方ですが、仕事では積極的に覚えたいと頑張っているつもりですが
どこまでの事が求められているのか?狭い事務所ですが上の管理者と下で働く熟練した作業者の
意思疎通もないように見え(まあ現場の実情を知らない人が、他の部署から「飛ばされてきて?」管理者
となっているので、的確な指示はできようもない)上の言うことも聞かない人もいるわけなんです。
まあ、現場を知ってる人じゃないと対応できないので勝手にやってしまうのですが・・・

「針のむしろ」です。今の職場は僕にとって・・・
食欲もないし、胃もずっと痛い。たぶん10キロぐらい簡単に痩せそうな気がする・・・
逐一行動も丸わかりの環境なので「息も抜けない」し
「覚えろ、覚えろ」って、いろんなことバラバラに言われて、どうすればいいって言うのか?

いろんな人に相談しても「そんな簡単な仕事はない」って言われるだけだし
自分が甘いだけなのか?
「倒れてしまう」ぐらいの姿勢でも見せないとわかってもらえないのだろうか。
正直、苦しい状況です。。。

おまけに通い始めた道でスピード違反とか捕まるし(やっぱり府県が違うと情報が・・・)
50キロ制限を覆面が付いてきて、40キロ制限に入って、スピード緩めなかったとこを捕まってしまった。
(21キロオーバー)これも「辞めろ」って言うことか(苦笑)
[PR]
by enokama | 2015-01-16 22:09 | 総合 | Comments(0)

近況

新しい仕事に通いだして1週間となりますが
やはり慣れないことでクタクタになっておりまして、PCもまともに開けない状態で
PCそのものの調子も悪く更新もできずにいました。。。

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2015-01-12 01:57 | 総合 | Comments(0)

「花燃ゆ」 第一回

年始の恒例の仕事が終わって(ちょっと雪で振り舞わされたけど)
明日から、いよいよ初出勤で京都市内まで通います。。。
だいぶ生活のリズムが乱れてきているので、しっかり起きて慣れるようにして行きたいです!


今日から「長州大河」が始まったので、例によって感想をできるだけ回毎にまとめて行こうと思っています。
現代はツイッター全盛の時代で「感想はリアルタイムのつぶやき」ってことの方が楽なんだろうけど
古臭く10年経っても「アーカイブ」で残るように、しっかりとブログに書いて行きます!
あえて「キャスト等の事前知識」はあまり入れないでおこうと思ってるので
「足らない点」はご容赦いただきたいです。

まずナレーターが「池田秀一」
声優やんね、シャアの声じゃないの?・・・って思ってたらやっぱりそうだった(渋い声ではあるよね)

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2015-01-04 21:48 | ドラマ感想 | Comments(0)