エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

<   2014年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

文久3年5月10日の「攘夷期限」に先立つ、幕府の達しでは「襲来候節は掃攘致し候」と言う文言があり
その解釈は「外国船が攻撃してきた時に打ち払う」(襲来打払)と受け取られる。
一方で、朝廷からも「夷国船見掛かけしだい二念なく打ち払え」 と言う命も発せられていた。
(ただ朝廷側でも「一方的な打ち払い」と言う意味での解釈ではなかったと言う)
この文久初め一連の「攘夷論」を引っ張り、鷹司関白や三条実美と言った公家を動かし
上洛した将軍後見職の慶喜らに圧力をかけた中心は長州の久坂玄瑞らであった。
幕命は軽視し、勅命を重視するのは必然であり「見掛けしだい」との文言の面で単に航行する外国船に
関しても対象にするのか、久坂玄瑞らの判断は強硬論であった。

早速、関門海峡を航行する異国船に無差別に発砲した。
本来「幕府への大政委任」体制では幕命が絶対であるが、このころ朝廷が発言権を増す中で
「事柄によっては」諸藩へ直接の沙汰を下すとの勅書が、長州の息がかかる鷹司関白から
将軍・家茂に渡されていたと言う前提もあったが、この朝廷・幕府の命がこの後、統一されず各方面から
の圧力もあってバラバラに出される状況ともなり、どちらを重視していいのかいわゆる「政令二途」に至る
問題が小倉藩を苦しめ、のちの悲劇ともつながるのだ。

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2014-08-30 23:34 | 長府藩・小倉藩 | Comments(0)

山国護国神社と山国郷

京北町にある山国護国神社に行ってきました!
 
結構、京都市内からの周山街道では遠い感じがして
園部から裏の道を行きましたが、それでも遠い(45分ぐらい)

山国郷はこのあたりの木材が、平安京内裏造営に使われたことから以来、材木の供給地となり
天皇家と近く「勤王」の思いが強い地域でもありました。
幕末、山陽道鎮撫総督であった西園寺公望が各地で「農兵」の呼びかけをしたところ
この山国でも農兵隊が結成され(山国隊)慶応4年1月11日に山国神社に集結し、出発した。
f0010195_23322745.jpg

10月第二日曜日に行われる「還幸祭」には、山国隊鼓笛行進の奉納が行われる。
f0010195_23343523.jpg

山国鼓笛隊の軍楽は時代祭でも有名であります!

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2014-08-28 23:46 | 私の好きな京都 | Comments(0)
順不同になりますが、続いて佐川(読みは「さかわ」で濁らない)のレポです。
前回も記事を書いてますが、7年振りの訪問となります!
今回は1日目に北川村に行って、宿泊は高知市内だったので
朝8時過ぎのディーゼルカー(高知で「電車」は土電の路面電車のこと)で佐川に向かいます。

高知駅の中岡慎太郎像と後ろはアンパンマン列車
f0010195_23393683.jpg

駅に入ると人が多くって、17日だし「帰省Uターンラッシュかな?」とも思ったんだけど
ちょっと雰囲気が違ってて、土佐山田~阿波池田間が大雨で不通になっているから
人があふれていたと言うことでした。。。(昼からは動いていたので、高松方面に乗ることができた)

佐川までは550円(28キロ)ってことで40分ぐらいで着くのかなと思ったけど
駅が14もあって(高知市内と日高村がたくさんある)55分かかりました。
f0010195_23522025.jpg


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2014-08-23 20:31 | 土佐藩 | Comments(0)
お盆休みも終わりましたが、今年も丸々5日間休みとなって
京都に行ったり、後半の16~17日は高知から琴平へと回ってきました。
結構、収穫は多かったので順次、記事をアップして行きます。。。

こちらでもご案内しましたが
北川村にある中岡慎太郎館に久しぶりに行ってきました!
展示も「期待してください」ってことを聞いていたことと、学芸員さんの講演もあったので
16日朝にうまくバスが取ることができ、いい時期に行くことができました。
f0010195_618895.jpg


内容>>
[PR]
by enokama | 2014-08-20 23:04 | 中岡慎太郎関連 | Comments(0)
今日から、以前から実際に現地に赴いたりして調べていた「小倉藩」の連載を始めます。
よく「戦勝者史観」として、幕末では「薩長史観」と言って「勝者に都合のいい歴史」として
ムキになって否定する論者もいますが、僕は前から言っているように「否定するなら、その勝者の史観を
しっかりと知ってから言え」としております。
ただ、長州に関しては隣接した諸藩が「その主張を貫徹される」ことによって犠牲になった面が多々あることが
事実なんだけど、それらが「長州における美談や武勇伝」に隠れる形で知られていないことは
本当に不憫って言うか、報われていないようで残念であります。
あまり資料的にもないので限られた物になりますが、少しでも知っていただければと思います。


関ケ原の戦いののち、細川氏が丹後から豊前小倉と移り、小倉城築城と城下町の整備を行った。
肥後の加藤氏が改易となった後、細川氏は熊本へ移り、小倉城へは譜代の小笠原氏が入った。
むろん九州の玄関口である要地での、毛利・黒田・細川・島津と言った外様大名への押さえと言った
意味も強かったのだろう。
幕末まで移封はなかったが、この有力外様大藩に囲まれた立地が幕末動乱期における小倉藩の苦悩と
受難につながることとなる。

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2014-08-13 22:55 | 長府藩・小倉藩 | Comments(0)
FBで情報があったのですが、終戦記念日に真田山旧陸軍墓地で「万灯会」が行われます。
僕は知らなかったのですが、ここ最近は毎年行われているようです(→こちら

僕も何度か案内していただいたり、案内したりしている場所ですが
これを機会にぜひ、この場所の意味も知っていただきたいとおもいます。
(関連記事→こちらこちら
[PR]
by enokama | 2014-08-08 22:50 | 大坂発見 | Comments(0)

広島の原爆の日 2014

広島の原爆の日です。
現地に行ったら「やっぱり、戦争はだめだ」と誰でも思います。
思わない奴はどうかしていると思う
(以前書いた記事をご覧ください。今とは自分自身の考えもだいぶ変わってますが→こちら

黙って祈りを捧げて「世界平和」を願うのは は当然だけど
一部報道がこの日にかこつけて「集団的自衛権反対」「原子力反対」と
言う主張を前面に出していて(共同通信・毎日系のメディアなど)
「慰霊」や「なぜ原爆が落とされる事態になったのか」と言ったことがあまり見えてこず
本来のこの日の意味をはき違えているように思えて、残念でならない。
安倍首相が「戦争をしたくてたまらない」わけないでしょう。
賛成してる人間だからと言って、死ぬかもしれない戦争を望む人などまず日本にはほとんどいないでしょう。
冷静に考えると、また原爆を落とされることを防ぐためにはむしろ
「集団的自衛権」の適切な処置で、その根を立ちきれる可能性が高まるはずなんですが・・・

こんなことを今日書くことなど不適切ではありますが、冷静な視点を欠いている人が多いようなので。
また前も少し書きましたが、戦争体験者で(朝日新聞あたりの)メディアに登場する方はまず100%近く
「反戦主義」や「戦争反省」となりますが、僕の知っている戦争体験者では(もう大半は故人ですが)
「今の時代も徴兵制を取るべきだ」とか「先の大戦は正義だった」と言う人も少なからずいたんですよ
(うちの祖父などはそういう主張だった)
そういった考えの人が「敗戦後」もいたと言う面からも「先の大戦は何だったのか」
伝えられるべきことはまだまだあると思います。。。
[PR]
by enokama | 2014-08-06 21:30 | 総合 | Comments(0)
8月になりますが猛暑だったり、相変わらずの最近の異常気象での豪雨であったり
本当にお見舞い申し上げます。。。
そんな中ですが、各地でいろいろな興味深い展示があるようなのでチェックしておきたいと思います。


まずは北川村の中岡慎太郎館
開館20周年記念特別展「禁門の変-中岡慎太郎と二十三士の明暗を分けた事件-」
特別展の展示は京都大学や国会図書館からも借りられたと言う
慎太郎の貴重な遺墨が揃えられているそうで、足を運んでみる価値がありそうです。
新聞記事にもありましたが、曲直瀬道策の名が入った乾退助宛の書簡が初公開です→関連記事
(開催期間 7月26日(土)~8月25日(月) )
時間の都合がつけば僕も、久しぶりに北川村に行って見たいと思っています。。。
22日から24日のあたりで検討して、顕彰会事務所で先生ともお会いしたいものです。

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2014-08-03 23:40 | 中岡慎太郎関連 | Comments(0)
暑い中ですが、今日も京都霊山周辺に行って(歴史館の見学・墓所調査・霊明神社訪問)
色々と見て調べてきました!

歴史館の展示テーマは(最近の夏恒例?)新選組関連なので正直、僕自身の思い入れは低かったのですが
解散した養正社の史料(いい鉄扇や鷹司邸の井戸にあった鎖帷子のかけら等)や吉田稔麿の書状
箱館戦争関連の弁天台場や五稜郭の絵図、榎本総裁の指揮を描いた錦絵など
結構、楽しめてきました。
桂早之助の刀も今日は2本出ていました(僕自身の思い違いがなければ、初めて揃って見たような気がする)

墓所調査>>
[PR]
by enokama | 2014-08-02 23:47 | 私の好きな京都 | Comments(2)