エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

<   2013年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

まず今週の大河ドラマの感想から。。。

って言ってもあまり書くこともないんですが(同志社だけじゃなくって、京都のこともやってほしい)
明石博高が久しぶりに出てきて、槙村知事の退任とともに京都府を辞めた後は不遇ってイメージなんだけど
医者としては活動できていたのかな(相変わらず、明石の検索でのブログ来訪者な方が多いのですが)
大隈重信がジョーに実業家を紹介したシーンは、その名前を見て「むっちゃ凄いやん・・・」って、思ってしまいました(大隈は大物やな・・・)
井上馨に渋沢栄一、岩崎弥之助、益田孝、大倉喜八郎・・・これは凄すぎるじゃないの。
ちなみに原六郎は北垣国道と同郷で行動を共にした(生野の変でも)時期もあって、このころは横浜正金銀行の頭取でありました。
(渋沢と同じ6000円の最高額の寄付をしてました)
まあ、それらの実業家の行動を「動機が不純」的なことで、ドラマでは勝海舟に言わせてましたが
(横井小楠の名も出たから「伊勢時雄」の父ってことにも触れるのかと期待したんだが)
江戸時代でもそうだけど「成功者で財を成した」人物って、当時はしっかり社会に還元していたんじゃないのかと感じます。
今の時代でそんな金持ちっていてる? 税金が日本では高いからって海外に出て行ってしまったり
己の欲だけで使ってしまってない? 銅像の出来るような人物って、だんだん少なくなってしまうでしょう。
まあ、それ以前に「出る杭」はマスコミで叩いてしまう時代で
金持ちは尊敬される部分(成功談)もあるだろうに、たいがい批判の対象にしてしまいますからね。
自分の金儲けに成功した人こそ、政治家になってもらって「国を豊かにできる」と思うんですけどね。

先週日曜日は、添乗で亀岡からトロッコ列車に乗ったんですが
ここに田中源太郎の肖像画があるとは知りませんでした(→楽々荘HP
f0010195_23192329.jpg

この方も明治の京都の政財界で活躍した偉人なんですが(山本覚馬の弟子でもある)
実は山陰線の保津峡付近の旧線(現在のトロッコ路線。僕の子供の頃の山陰線・福知山線の客車列車はまだ手動ドアで走行中にも開いたのです)で客車から、保津峡へ転落死しているんです。
いろいろと怪死説もあったようですけど、この方も知っていてほしい偉人です!

11月17日のこと>>
[PR]
by enokama | 2013-11-28 23:17 | 私の好きな京都 | Comments(0)
少し日は経ちましたが、昨年に続いて11月9日に明治維新史学会に行ってきました。
レジュメも資料編も含めて、たくさんあったので概略だけ少し書きます。

まず会場にあったチラシからの展示案内

鳥取藩の幕末
f0010195_0325570.jpg

井上馨候(静岡県)
f0010195_0332975.jpg


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2013-11-24 22:47 | 歴史全般 | Comments(0)
今日は3回分、まとめて感想です(だんだん手抜きになってくる・・・苦笑)

まず覚馬は商工会議所の会頭となって、北垣新知事の下で進められる「琵琶湖疏水」の実現に傾注。
アメリカからの資金提供がピンチとなり、同志社女学校の存続も危うくなるも
大垣屋さんの協力で授業参加?を経て、資産家らの寄付も集まる。
番組の最後の紹介では「同志社への寄付名簿」ってのがあって、トップに北垣国道って書いてあるやん。
しかも娘も同志社女学校に入れてるし、かなり行政の後押しがされるようになってるんだよね。
それが、なぜ明治を代表する名知事・北垣国道を出さないのだ!

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2013-11-18 23:17 | ドラマ感想 | Comments(0)
か今年も11月15日となりましたので、この話です。。。

まずは歴史に無知な作家(研究者じゃない)連中が知ったかぶりしている記事から
(中村=中村彰彦・半藤=半藤一利)
f0010195_123727.jpg

中村の言う「西郷は恐ろしい」ってことだけど
孝明天皇も赤松小三郎も坂本龍馬も暗殺にはみんな絡んでいて、江戸では強盗強姦の凶悪事件で
恐怖に陥れて幕府を挑発させたってことで「暴力革命」って言ってること(→関連記事
あんたの気に食わない「豪放磊落な人物として定着」はもうしてないよ。
赤報隊の一件も含めて「陰謀にまみれた真っ黒な人物」って、僕の周りも定着している(苦笑)
それらを実証する史料も見たことないし、作家のネタにすぎないと思うけど
何人も何度も繰り返して「キャンペーン」貼られると「本当」のようになってしまうから恐ろしいもんです。
あと「薩長の流れ」と言うけど、薩摩でも「慶喜を加えた新政権」を構想していた人もいます(→こちら

磯田氏の「龍馬史」は叩きたい人が多いようですね。
それで半藤が「鞍替え」って、あんたの言う「歴史探偵」ってそんな程度か・・・ってあきれてしまう。
(以前、11月15日に薩摩から入京した大久保が「間に合う」とか言って「龍馬暗殺の黒幕」ってした
この人の珍説もあった 苦笑)
そんなもので歴史を語られるのもどうだろうか?
f0010195_1232430.jpg

それで半藤が「論破してください」って言っても、いつもと同じ「歌会ネタ」ですわ。
そんなもんでどうやって、論破できるかって言うねん。
研究者に対して失礼すぎるだろ・・・
中岡慎太郎については「時勢論」を読みなさい(後述)

加治将一の本「龍馬の黒幕」>>
[PR]
by enokama | 2013-11-15 23:19 | 中岡慎太郎関連 | Comments(0)
遊佐の放映がありました(遊佐町HPでもしっかり募集していたようです→こちら
行先は吹浦の釜磯海水浴場でした。。。
(一昔前は海水浴シーズンの吹浦駅は大変、にぎわったそうであります!)

それにしてもいい景色だな~鳥海山
f0010195_21104187.jpg


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2013-11-10 23:21 | 庄内藩 | Comments(0)
五條から30分ほど走ったあたり、賀名生(あのう)の里です。
f0010195_082568.jpg


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2013-11-09 23:07 | 歴史連載 | Comments(0)
今日の記事は情報のみですが、まず庄内関連の番組が二つあります。

BSフジ 今晩22:00 「鳥海山」→こちら
BSNHKプレミアム 土曜日朝11:00から 「こころ旅」  →こちらこちら
 平日版は見落としてしまったんですが、週末版でぜひご覧ください!
 酒田から遊佐・吹浦まで火野正平さんが走ったようです。。。
 僕の行った時はまったく鳥海山が見られなかったので画像が皆無なのですが(泣)
 じっくり見てみたいです。楽しみです!

11月15日と17日>>
[PR]
by enokama | 2013-11-08 20:53 | 中岡慎太郎関連 | Comments(0)
井上院・乾十郎墓
f0010195_021415.jpg


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2013-11-07 23:46 | 歴史連載 | Comments(0)

天誅組と五條2012~その1

少し前になりますが、昨年秋に大阪龍馬会の「五條探訪」に参加させていただいた時の
レポをします (関連記事・五條2008→その1その2その3

風の森
f0010195_23372430.jpg

f0010195_23374225.jpg

御所から五條に行く途中にある峠で、天誅組や五條を訪れたこともある吉田松陰が通った道です。
何か独特の風景と空気が流れる場所でもありました

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2013-11-05 23:23 | 歴史連載 | Comments(1)

名塩と紙漉きと岩倉具視

名塩を歩きます。

まずは教行寺で別名・名塩御坊と言う通り、本願寺派・蓮如上人の留錫の際にできた
道場が始まりで、その実子・蓮芸が僧侶として入ってから教行寺となったものです。
実は蓮如なので北陸とのつながりも強いのですが、その際に越前より「和紙」の製法が伝わったと言い
江戸時代の最盛期には「名塩千軒」と呼ばれるほど(実際にはそんなになかったそうだが)繁栄し
この地は天領(尼崎藩預みたいな時期もあったそう)となって、自治も行われていたのです。
f0010195_10164725.jpg

また江戸時代の住職・安養院摂観が公卿・岩倉具選の孫であって、明治維新時には本願寺の最高職として
宗主を支え、西本願寺から朝廷への財政的援助と皇居の護衛にもあたり
あの岩倉具視も、この名塩の地を訪れ(京を逃れ、隠れていたような時期もあったそう)ています。
f0010195_10222216.jpg


紙漉き>>
[PR]
by enokama | 2013-11-01 22:56 | 緒方洪庵と適塾 | Comments(0)