エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

<   2013年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

「八重の桜」~西南戦争

最近の感想は、2回分をまとめてみたいになってますが(汗)
「熊本バンド」の話は、まあジョー先生の涙で語らせるのかってことはどうかなと思ったけど
まあ実際にあっただろうことだろうけど、あまりドラマ的には単調な話(率直に面白くないってこと)
にならざるを得ないんだろうね。数字的にはどうだったんでしょうか?
来週には小楠先生の子息も出てきますので、そちらの展開には期待もしてみたいと思います。

そして今回は「西南戦争」です。
会津ではほとんどセリフのなかった桐野利秋だけど、今回はよく目立ってましたね!
f0010195_21232384.jpg

「晋どん、もうここらでよか・・・」
f0010195_21254246.jpg



f0010195_21265668.jpg

(涙)

赤いマントは篠原かな?
佐川官兵衛と対決する「示現流」の薩摩兵士はあれでよかったのだろうか?
あと吉川晃司は昨日のテレビで見たけど、ガチで髪の毛白いです(あのモニカがね・・・)

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2013-09-27 23:15 | ドラマ感想 | Comments(0)
前回(→記事)も寄らせていただきましたが
今回は事前にアポを取って、荘内南洲会(→HP)の皆さんに実際にお話をお伺いして、展示物も見せていただきました。
f0010195_15171080.jpg


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2013-09-26 22:37 | 庄内藩 | Comments(0)
鶴岡の南郊に酒井の御殿様もよく訪れた「鶴岡の奥座敷」と呼ばれる湯田川温泉があります。
山間に30名程度が止まれる温泉宿が十軒ほど並ぶ静かな温泉郷です。。。

市街地から湯田川へ向かう途中の鶴岡高専近くには、古刹・井岡寺があります。
f0010195_1164766.jpg

郊外のこちらにも著名人のお墓があります。
菅実秀、白井矢太夫・重固兄弟の墓所(藩校致道館の創設。寛政~文化期、一連の藩政改革に実績)
でも、まったくわからなくって・・・お寺の方も不在で見つけられずに帰ってきました(泣)
特に白井矢太夫はゆかりの地を巡ってきただけに、ぜひ確認したかったのですが。。。

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2013-09-25 22:12 | 庄内藩 | Comments(0)
引き続き、お墓の写真が多いので隠します。

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2013-09-24 23:15 | 庄内藩 | Comments(0)
まずは鶴岡での石碑と墓所探しからの報告です。

本当は紹介させていただく以上の寺院を回ったのですが
雨中でもあってあまり画像がよくなく(泣)くぐっていただいたら、しっかりとしたサイトも多いので
こちらでは、あまり紹介されていない場所中心に記事にしたいと思います。。。

お墓の写真が多いです>>
[PR]
by enokama | 2013-09-21 19:43 | 庄内藩 | Comments(0)

庄内旅行2013

この前の3連休は台風となりました。
被害に遭われた方、お見舞い申し上げます。

僕は予定通り、台風は東へ抜けるんだろうと思いつつ庄内へ行ってきましたが
進路としては最悪になってしまいました。
地元でも少し水が出たようで、消防団の呼び出しも15日の夜中1時ごろに酒田のホテルで聞いて
(もちろん行けませんが)まだ大事には至りませんでしたが
よく行く京都や福知山の被害を見て(結構「まさか、うちがこんな被害に遭うなんて」って方も多かった)
やはり日頃の備えも大事だなと改めて思いました・・・

二つ前に少し携帯で記事を入れましたが
酒田は天気予報通り、15日12時前ぐらいから、ちょうどレンタカーを返すころに暴風雨になってきました
(傘バーンのパターンです)
飛行機の欠航(14:20発予定)は携帯メールで届きました。朝の便は飛んでいたようですが
しょうがないですね(ちなみに日本屈指の風の強い地域で冬の気候も厳しい庄内空港には、選りすぐりの
腕利きパイロットが集められていて、多少の悪天候でも受け入れ先さえOKだったら、たいがい飛ぶらしい)
それで台風だし、店とか中に入れるところは閉まりそうだし、ホテルチェックインの時間もまだまだだしと
いろいろ考えてたんですが、ちょうど酒田駅からの季節運転「いなほ」が予定通り出発するようだったので
とりあえず南へ行こうかと飛び乗りました。
ですが、途中で徐行したり停車したりで、終点・新潟には18時過ぎの到着となってしまいまして
(台風の一番強い時間に車内で雨風を凌げたのはよかった)
新潟でもう一泊して、翌日に日本海回りの在来線を乗り継いで7時間ほどかかけて大阪にたどり着きました。。。
まあ、なんとか慣れない道で車に乗ってましたんで、無事に帰れてなによりだったと思います!

それと遅れましたが、現地でご案内いただいた酒田の荘内南洲会の皆さん、遊佐のKさんには
悪天候の中でもありましたが、大変お世話になりました。
ありがとうございました!

それでは個別の記事は資料も確認しつつ、先になるので
今回で回ったコースの概略だけ、先に記しておきます。

今回の行程>>
[PR]
by enokama | 2013-09-18 23:26 | 庄内藩 | Comments(0)
関連記事→こちら

京都の薩摩藩邸は従来、錦小路にあった(現在の京都大丸近くに碑がある)
平和な時代だと京での買い物や朝廷・公卿との儀礼が主だったが、幕末の動乱期になると、新たに藩兵も
収容できるような大きな藩邸が必要となって、そこで今の同志社大学の敷地にもあたる、相国寺南西部の
土地を文久元年(1861)20年の契約で借りたのが、こちらの藩邸(薩摩二本松屋敷)の始まりである。
元々は塔頭の一つがあったものの、火災等が相次ぎ空き地のようになっていた場所であったと言う。

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2013-09-17 21:59 | 私の好きな京都 | Comments(0)

庄内にも台風接近

f0010195_12514212.jpg

庄内旅行、今日12時半に車返して、飛行機で帰るつもりでしたが、やはり欠航になってしまいました。もう一泊してもよかったんですが、チェックインまで、風雨を避ける場所も台風で閉まってなさそうなので、まだ停まっていないいなほに乗って取り敢えず新潟まで行って、台風が去るのを待ちたいと思います。画像は12時前の山居倉庫で、この後で急に風雨が強くなった!
[PR]
by enokama | 2013-09-16 12:51 | 庄内藩 | Comments(1)
まずは、今回の大河の感想です。

覚馬がいろいろと行いたい大規模な事業を説明してました。
「琵琶湖と京都」の疏水は、のち北垣国道の時代に実現するのですが
もう一つ「琵琶湖と敦賀」の運河計画もありました。
これは北前船の代替的な意味もあったもので、江戸時代に西廻り航路(日本海から関門海峡を経て
瀬戸内海から大坂へ)が整備されましたが、それ以前は敦賀から陸路で上方へってパターンもあって
距離的には短いものの、積み替えのロスや大量に物資を運べる船の方が距離を走っても効率がいいと
ぐるっと海岸線を回るルートとなりました。
ただやはり、この「最短距離」ってことの魅力はあって、列島の中心を「水路」でつなげてしまおうってのは
江戸時代の早くからあったと思います。
そして明治になって、具体化しつつあっても、やはり距離もあるし難工事になりますよね。
明治の中期あたりまでは、まだ物流は水運が主流で、北前船も明治時代が最も賑わっていました。
そうこうしているうちに「鉄道の時代」となって、川船も含む船運を次々と代替していき
計画は幻となったのです・・・

耶蘇に対する京都での予想以上の反発で、困難に直面しつつの「同志社」の開校となります。
あっさり、八重がクリスチャンになってしまう気持ちってのはどんなだったでしょう。
また結婚式で八重がドレスを着てましたが、まだそのころはスリムだったそうなので
シーン的には違和感はないはずです(笑)
下野した西郷さんが出て、篠原や桐野と私学校を作るってことは「教育」でのリンク的なシーンでしょうか。
来週は熊本から(徳富ら)横井小楠の流れを汲む弟子たちが合流します。
やはり出してきました・・・

本題>>
[PR]
by enokama | 2013-09-10 23:29 | 土佐藩 | Comments(0)
正直、あんまり興味はなかったんですよね。。。
やるんだったら、だまってても栄えてる東京よりも、もっと地方でやるべきかと。

前から候補に出てはいたようだけど、鳩山とか菅とかの時は熱意もないし
掛け声ばっかりじゃないかと・・・

でも、今回は招致委員会の戦略もかなり綿密だったようだし
最後に安倍さんがびっしっと、決めたことはよかったですね。
最近の民主党歴代総理や石原のバカぼんだったら、絶対に世界からもなめられて
本気とも取られなかっただろうし。
決まったら決まったで、なんか日本が世界から認められたようで、やっぱり嬉しいよね!

原発の不安とかで国内でも歓迎しない人は多いようだけど
逆に「安心だ」と言い切ったことで、国際公約になることで
復興に絶対、手を抜く事は許されないし、なおさら真摯に取り組まなければならない・・・

でも、ここ最近二回続けて原発関連の講演を聞く機会があったんだけど
一人は「汚染水は基準値内で、魚も全然大丈夫」って聞いて
もう一人は「魚を食べることなどもってのほか。東日本に住んでること自体危ないって・・・」
どっちやねん。。。
だから、子供のために東北から離れて暮らす選択をした人も
残って地域のために頑張ろうって方も、どっちがいいのかはわからないだろうし
はっきりとした現状や将来ってことも、早く開示されるべきだろうと思った。

新聞は休刊日で一日遅れだけど、まあ1面は形ばかりの祝賀ムードは書くけど
批判の記事の方が、やはり目立ってました。
あと「増税は既定路線」的なことだそうだし、朝日新聞はどさくさに紛れて「中韓と仲良く」みたいに
書いてたけど、もうしょうもない世論誘導には騙されません。


7年後は中期的には言い区切りだと思うし、そのころにはもっと安全で活気のある国となって
世界の人を迎えられたらいいと思う。
相変わらず、停滞気味が続いてきたけど、変化の兆しがここ最近、見えてきているだけでも
希望が見えてきますね!

二度目の五輪になる方は嬉しそうだし、僕らでも一生に一度のことだろうから
思いきり楽しめたらと思う。
[PR]
by enokama | 2013-09-09 19:21 | 総合 | Comments(0)