エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

<   2013年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

先日、京都・北山に行ってきました。

府立植物園のあじさいが見ごろです!
f0010195_172918.jpg

f0010195_183153.jpg

f0010195_185082.jpg


>>府立総合資料館
[PR]
by enokama | 2013-06-27 23:04 | 私の好きな京都 | Comments(0)
今年も宝塚記念となってきますが、馬券を買うって言うよりも「見るレース」になるかなと思ってました。
けれど「4強」ではなくなったのは少し残念ですね。。。 あとどうしても梅雨時期になってしまって
ライブで見に行くにも早めに並んで、空調の利く座席を確保しておかないと観戦環境も悪くなってきます。
(今年は行けませんが・・・) 
昔みたいにダービーの次週とかにならないのだろうか?中京と阪神の日程も元に戻りましたしね。
安田記念を今のNHKマイルの週にしたら(戻ることになるのかな)うまく収まると思うんだけど。
NHKマイルなんてダービーを頂点とするんだったら、トライアルにすぎないレベルだし
G1の格なんてないでしょう。
このレースから「超一流馬」って出てないし・・・
NHKが嫌がるんだったら、まだ「ダートのマイルG1」にした方がいいよな!

あとテレビで見るってことなんですけど
最近の関テレの競馬中継が見るに堪えないってのは僕だけでないと思います。
かつての「良心の関テレ」見る影もあらへん・・・
しょうもないタレントの素人予想を何人も出して「当たった、外れた」って全然、見てる方からして
関係あらへんやん・・・
それと本馬場入場・レース回顧の時に最近、画面隅に人の顔入れてくるよね。
あれ、ほんと邪魔です(普通のバラエティでもうざいのに)
競馬知らん奴が仕切ってるのと違うか。
しまいにレース画像にも顔乗せてくるかも(苦笑)
ちゃんと馬のことを伝えろって言うんだ!

>>以下は23日夜の追記
[PR]
by enokama | 2013-06-23 01:07 | 競馬 | Comments(0)

会津紀行2013~鶴ヶ城

最初に先週の大河ドラマの感想から・・・
(もう、僕の知ってる知識の範囲から外れて行ってるので、感想はさらっとで
もう毎回も書けませんと思うのでご了承ください)

頼母さんは、僕の乏しい知識ではありますが、今まではイメージ通りだし
西田さんもいい演技されてると思います。
でも会津贔屓の人からしたら、今までの頼母のイメージってのは悪く取ってる方も多いようにも思う。
もちろん評議には異論はあって当然だし「恭順」の選択肢もあって然るべしである。。。
それが「会津士道」の美学的な「最期まで戦う」ってことで多数派によって評価づけられて
埋もれてしまうようなこともあったんだろう。

春嶽が今さら(?)意味のないような出演をしてます。
たぶん、あまりにも悪い扱いだったから「汚名返上」的な意味で
平和的な「公議論」を持ち出してってことでしょうが、もうこの時点では旧幕側の抗戦派も
「徳川武士の本懐」って面もあるだろうし「理屈」では解決できない事態でもあったと思うんです。
ほんと今さら・・・

二本松の少年隊のシーンは、新政府軍側にも気遣ったような感じでした。
「少年だ、討つな」武士の情けがあるならば、実際にもあったでしょう。。。
それにしても覚馬の扱いがいつまでも酷いな・・・そこまでじゃなかったはずだけど。


今回はお城の紹介です。

北出丸から城内に入って行きます。。。
この屈曲した枡形は彦根城の雰囲気にも似ているような。
f0010195_22335987.jpg


今年は大河ドラマもあるし、ここの記事はたくさん書かれていると思うんで
ちょっと違った目線でレポしたいと思います。
(すみませんが西軍目線ですので、ご了承ください・・・)


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2013-06-22 22:25 | 幕府東国諸藩 | Comments(1)
それではボチボチ、会津のレポを始めたいと思います!

今回のツアー自体は、ほぼ若松市内だったので
せっかくだし、1日目午前中合流前の自由時間に磐梯山と猪苗代湖には、ぜひ行っておきたいなってことで
一旦、若松に入って荷物を預けてから数駅、郡山に戻る感じで電車で入りました。

会津鉄道のディーゼルカー
f0010195_231135.jpg

f0010195_23113555.jpg

磐越西線の電車
f0010195_2312580.jpg

f0010195_23123576.jpg

いずれも大河ドラマ仕様です!

駅からも磐梯山&雪山(朝日連峰?)が見える
f0010195_2313225.jpg

f0010195_23151898.jpg


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2013-06-21 23:50 | 幕府東国諸藩 | Comments(0)
今回はやっぱり世良の極悪ぶりでしょう。。。
殿様の前で酒飲みながら罵倒するって、そんなことありえないでしょう。
伊達の殿様は世良の態度にかなり立腹していたとも言われるけど。

小沢仁志は熱演でしたね。
あれだけ悪役っぷりが見事だったら、つい演出もオーバーにしてしまったのだろう。
妓楼で殺されたようになってたけど、実際は次の日の早朝に出立の予定があってぐっすり眠っていた。
そして、その宿・金沢屋も妓楼じゃなくって福島藩の手配だった普通の宿。

ドラマでは、おねーちゃんが刀隠してたし
刀がない小沢仁志がこぶしで立ち向かって行くのは迫力あったな・・・
まあ、これだけやったら「そんなやつおらんやろ」ってなるから
ドラマだと割り切ってほしいんだけど、どうだろうか。

広沢安任は西郷に対面を願うも拘束される。
これも手荒ですね。。。
こんな悪魔みたいな連中に新政府が作られたのかって、印象付けたいんだろうけど
お約束通りの展開ですよね・・・あくまでドラマですから。

但木土佐は一応の会津の謝罪を求めます。
朝敵となった長州の場合、世子は死罪だと言う声もあったそうだけど
三家老の首は出したよね。
それに照らし合わせたら、それぐらいはやらないとと思う。
こう言ったら「長州は御所に発砲したから朝敵になったんじゃないか」って言われそうで
やっぱり「理不尽」に尽きるんでしょうか?

白河の話もあったけど、世良が強烈すぎて感想はここまでで。
また世良のことは本も持ってるんで、改めて書くかもしれないです・・・
[PR]
by enokama | 2013-06-12 23:48 | ドラマ感想 | Comments(0)
土曜日は京都に行ってきました。
まずは京都文化博物館の「インカ帝国展」

ペルーからお宝がごそっと展示してありました!
金合金製の小型人物像ってのがあって(入場券にも写っているものです)
インカでは「二つで一つ」の考えってのがあり、これは男女ってことなんですが
ある意味リアル!なものでありました。
黄金の国ってことで、建築物や装飾品あたりでも「金」がふんだんに使われていたそうですが
スペインの征服者たちが、それら差し出された宝物類をことごとく溶かしてしまって
「金の延べ棒」にして本国に持ち帰ってしまい、かなり文化的な物も失われていったそうです。
ただスペインの影響下となっても、それまでのインカ貴族はある程度の身分保障もされて
インカ文明がある程度伝えられてきたと言う面もあります。。。
あと神様への生贄ってことで「一番大事な物」ってことで「子供」を差し出したり
亡くなった後にミイラとして葬る習慣もあって、ごっそりと後世に発掘されたミイラが展示されていました。
文字も鉄器もない文明ですが、各地を伝達する「チャスキ」と言う飛脚は、その領国支配に重要な役割を果たし
「キープ」はロープ状にしたものに、結び目によって意思伝達をするものでありました。
近世に至るまでの民族運動等のパネル展示もあって、充実したものでした。

6月23日まで→こちら

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2013-06-10 22:45 | 幕府東国諸藩 | Comments(0)
FBではたまに経過は書いてきたんですが
幕末の二人の丹後出身の蘭学者(むしろ英学者かな)について、ちょっと調べています。
中締めってとこで(あんまり思うように進まないけど・・・)まとめておきたいと思います

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2013-06-06 23:20 | 緒方洪庵と適塾 | Comments(0)
日曜日、適塾記念会で年に二回行われる会員向けの
適塾周辺ウォークと展示リニューアルなどについての見学会に行ってきました。

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2013-06-04 23:17 | 緒方洪庵と適塾 | Comments(0)
大山巌と乾退助が中山道を進軍することになりますが(尾張の動きとかは、さすがにスルーなんやね)
岩倉から「乾→板垣」の改名を勧められたってことは事実だったそうです。
それにしても、大山板垣コンビ(特に大山)も西郷大久保二人にも負けないぐらいに男前やね。。。

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2013-06-02 22:32 | ドラマ感想 | Comments(4)