エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

<   2012年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

租税を薄くして民を裕(ゆたか)にするには、即ち国力を養成する也。
故に国家多端にして財用の足らざるを苦しむとも、租税の定制を確守し、上を損じて下を虐げるもの也。
能き古今の事跡を見よ。道の明らかざる世にして、財政の不足を苦しむ時は、必ず曲知小蕙の俗吏を
使い巧みに聚斂して一時の欠乏に給するを、理財に長ぜる良臣となし、手段を以て苛酷に民を虐げるゆえ
人民は苦悩に堪え兼ね、聚斂を逃れんと、自然きっさ狡猾に趣き、上下互に欺き、官民敵讐と成り
終に分崩離析にあらずや。


今は増税の論議がありますが、果たして増税したから、税収がしっかり増えるとは僕は考えられません。
ちょっと違うけど、たばこを1000円にしたとする・・・まあ、大概の人は確実に辞めるわな。
だからその税金は確実に減るし、結構な国内での産業でもある、たばこ農家は死活問題になってしまうわけです。
今ほんとうに国力をもう一度立て直すべきだし、そういう時期には税金を上げるなど愚策なのです。
国力を上げて、経済を回せば自然増収になる・・・これは横井小楠も言っていることで
幕末の福井藩や柳川藩では実践されたこと、明治初期の肥後藩政でも行われたことなんです。
開発したい土地を入植したものには、当分の間の税を免除する。
これもすでに各所で行われていたことです・・・
取りやすい税金を一律にあげる、こんなの素人でも考えられること。
他の施策ってのも見えないから、税金を納める側からしても信用ならないのだ。

江戸時代の後半は、かなりの藩が年貢を「定免」にしていたことでしょうが
不作の年であっても、しっかり取り立てる役人は、表面上で上司の勘定方には当然受けはいい。
ただ民には死活問題であって、それが続くと下手したら逃散や餓死に至ることとなる
結果的には税収も減ってしまうこととなります。
またそこには「一揆」が起こったり、幕府巡検史なりへの直訴も伴う。
ここで咎めを受けるとなると、お家の存亡の危機ともなるので
自浄作用ともなって藩には自然と自制が求められる。

いい役人と言うのは苦しい時でも、用水の整備や不作に強い作物等の栽培などの指導の下に
農民の生活を成りたてていくように尽力することで、その姿勢を見ると納める農民側の信頼も得ることで
上下一致して国力を高めることとなるのです。
その他商工業の発展を促し、年貢に依存しない体質を作ることや、幕末の開国後は
商品開発を伴った海外への輸出につなげた藩もありました。

今は増税となると、出る側(支出)のチェックが国民からは当然求められる。
例えば人口の減って行く一方の地域に新幹線を今更、こんな時期に作るって狂ってるとしか思えない。
本当に人の姿がなく、立派なコンクリート建築が遺跡のように残ってるような光景にならないだろうか?

後、江戸時代の藩政改革は財政難となって、やむを得ず年貢を増やすとすると、
例外なく必ず家臣らの給料カットが行われました。
そうしないと、領民の支持は得られません。
だから、目いっぱいぎりぎりの食い扶持まで下げられた、下級武士の内職は本当に当たり前でした。
今は公務員は副業禁止となってますが、給料を減らす代わりに副業解禁してみてはどうでしょうか?
そしたら、お金を儲けることの大変さがわかって、普段の仕事にも反映されないでしょうか・・・
暴論ですかね(苦笑)



常備の兵数も、亦会計の制限による、決して無根の虚勢を張るべからず。兵気を鼓舞して
精兵を仕立てなば、兵数は寡く(すくなく)とも、折衝禦侮共に事欠く間敷也。


国防を増強し、兵の人数を増やして世界に強国として見せようとするよりも
それはあくまで予算の範囲内で行うべきであり、その兵が少なくなったとしても
選ばれた精兵として鍛えれば、外国からの侮りを受けることはないだろう。

過度の軍事優先の財政を戒めています。
あくまで国力に乗っ取った上での行動を求めています。
今も国民を満足に食わせられないのに、軍事優先で虚勢を張っている国がありますよね・・・
あんなの国家とは言えないのだ。



道は天地自然の物にして、人はこれを行うものなれば、天を敬するを目的とす。
天は人も我も同一に愛し給うゆえ、我を愛する心を以て人を愛する也。

いわゆる「敬天愛人」です。
道と言うのは天地に自然と引かれるものであるから、まず天を敬い
天は他人も自分も同じように愛するので、自分を愛することをもって人を愛するのだ。
[PR]
by enokama | 2012-07-23 23:48 | 薩摩藩 | Comments(0)
教育テレビで「さかのぼり日本史」と言う番組をやってるんですが
今月が「幕末独立を守った現実外交」ってことで、今回は岩瀬忠震を取り上げていました。
(第二回は見逃したんで、薩摩の五代も絡んでくるだろうからオンデマンドで見よう!)
前にBS歴史館の記事を書いたので、そちらにアクセスがたくさん付いていましたが
まだ勉強中で完全なものじゃないんで申し訳ありません。。。
番組的には前回の凝縮版って感じ(入門にはいい)で、井上清直さんは名前だけですけど今回は紹介
されていました。

そして翌日のBSTBSの「ナンバー2」が、その上司だった老中首座・堀田正睦だったんですが
解説は井沢さんでいいんだけど、ハリスや井伊や阿部正弘・水戸の斉昭あたりがなんか仇役って言うか
無能のようにされているようで極端でね。。。
佐倉に研究者もいらっしゃるだろうに、人形劇の冗長なセリフ回しでの紹介ばかりで
1時間の尺がせっかくあるのに生かされず、堀田がどんな人でなぜ「蘭癖」と呼ばれるような
人物になって行ったのかの背景あたりが、もう一つ足らなくって残念でした。
阿部正弘も守旧派のようになってたし、海防掛(これは阿部が作ったものだしし、別名「阿部チルドレン」と
いう開明派官僚がいた)も堀田の足を引っ張っていたようになってましたが
その中には岩瀬のような超開国派もいたんだし、実際に堀田ー岩瀬のラインで
どんどん押して行った面もあったはずなんですけど、まったくそのあたりが触れられてませんでした。

朝廷への勅許問題(失敗)はしっかりやってましたけどね。
いろいろ評論家でもこのことで、堀田を批判する人もいますけど(幕威が衰える原因になったと)
策を尽くした上でのことなので、結果論にすぎないと思います。
確かに孝明天皇が目覚めてしまった面は否めませんけどね。。。
この後については、横浜の井伊の馬鹿でかい銅像はちょっとな(結果、この人が開国の人とされるんだ)
岩瀬って人がもっと広められて行ってほしいと思います!(関連記事→こちらこちら

大塩の番組>>
[PR]
by enokama | 2012-07-21 17:13 | 幕府東国諸藩 | Comments(0)
昔から寒いのはなんぼかまでも構わないんだけど
暑さはどうしても耐えられないエノカマです(苦笑)

仕事で1時間ほどでも力仕事したら、もうくたばってしまって
家に帰ったら余力が残ってない。。。
本はいろいろ読んでいるんで、ブログで早くまとめてしまいたいんですが・・・


話変わって来年の大河のキャストがだいぶ出揃ったようです。
正直、今まで出た会津のキャスト見ても、名前は知ってても何をした人かは
ほとんど存じ上げないんで、コメントしようがありませんでした。
中に入り込む前に「春嶽が嫌いだ、西郷は卑劣だ、板垣ほど戦下手はいない、世良は問題外」
って言う洗礼を浴びると、どうしても入り込めないもので、歴史ブログをやってるのに
ほとんど会津は知らないのです。
だから歴史の集まりに行って話を振られても、全く答えられませんので申し訳ないです・・・

春嶽(慶永)村上弘明。岩倉が小堺一機。板垣が加藤雅也。
村上さんだったら、そんな酷いキャラにはしなさそうな感じだけどどうでしょうか?
って言うかなんで、こんな早い時期からキャスティングされるような存在なんでしょうか?
板垣の人もいい役者さんですね。
せっかくだから、鶴ヶ城に陣頭指揮で入って八重に討たれてしまうってことで
土佐の小笠原唯八を一瞬でいいから、出してほしいもんです(もちろんキャストには名前入りで)

最後に西郷さんですが、吉川晃司ってあんまりイメージがわきませんよね。
この人、たまに役者もしてるのかな?
吉川って言えば、征長参謀の西郷さんに「三家老の首を取ってくるから、これで兵を引いてください」
って言う岩国の殿様でつながるんだけど・・・
ちょっと謎だし、ほんとイメージわかない!

(追記)
吉川晃司自身も「無茶振り」って言って、西郷役に戸惑っているようですね(苦笑)
小泉孝太郎の徳川慶喜は結構、顔つきといい雰囲気は出るかもしれませんね・・・

あと、突っ込みたいのが
f0010195_23105633.jpg

新聞に載っていた相関図ですが、こんな無茶苦茶なの見たことない。
ド素人にもほどがある・・・
会津作家が盛んに主張する孝明天皇を暗殺したと言う岩倉をひとくくりにする?
そして下の対立軸も変よね。。。
板垣と大山は会津戦争限定でしょう(大山はもう少し後にも出るでしょうが)それまでの政争には関係ないし
将軍や殿様に対抗できるわけがない!
せめて板垣が後藤になってるんなら、まだいいけど。
こんなのでいいの?
[PR]
by enokama | 2012-07-19 23:50 | 歴史全般 | Comments(0)
一般的に呼ばれる長州(萩藩)には支藩とされる4つの藩があります。
長府五万石・徳山四万石・清末一万石、そして正式な大名ではない岩国領として六万石。

この中でも、西の馬関(下関)港の大部分を領有し関門海峡に面した要地を治めた・長府と
東の押さえの岩国は、その成り立ちの因縁と幕末における立場は
決して良好とは言えない萩藩宗家との関係に関わらず、その動乱の時代の矢面に立ち
(四境戦争では、最前線の地となる)困難を極めますが
結果的に萩藩を救う形となって、山口出身者が中心となる明治新政府樹立に大きく貢献します。

ただこれらの幕末での動き・歴史では「長州藩」と言う、一括りにされがちで
例えば三吉慎蔵の仕える藩や、功山寺の一連の出来事、中山忠光の暗殺などは
くぐって見てもそうですが「長府」ではなくって「長州」と一緒にされてしまうことがほとんどなんですよね。

支藩ってのは筑前黒田家の秋月や、庄内酒井家の松山あたりでも
独自の動きってのがあるんですが、どうしても埋もれがちになってしまうんですよね。
また「長州」って一括りにされない幕末史ってのも知ってほしいものです。
(特に盲目的に「長州嫌い」って言う人たちに知ってほしい)
f0010195_23432546.jpg


長府の平四郎さんの著書の紹介>>
[PR]
by enokama | 2012-07-16 20:00 | 長府藩・小倉藩 | Comments(0)
上町台地の北端に位置した大坂城(元々は石山本願寺)は
天然の要害として三辺の守りは堅いものの、南端からの攻撃に弱点を抱えていました。
そこで台地を切り開き、城南部に空堀を築き、防禦としたもので遺構がわずかながら見られる地点もあり
このあたりの地名も「空堀」として残っています。

赤い地点が松屋町筋と長堀通(大阪は南北が筋で東西が通)の交わる松屋町駅で
このあたりから北方面を見るとウネウネとした高低差が感じられるところです。
f0010195_23262726.jpg

元々は上町台地から西へ下ったあたりは海だったところで、上町台地の東側の現在の東大阪市域は
大和川の流れがあり(江戸時代に堺方面へ西へ直進し、付け替えられた。旧大和川流域は鴻池らの大商人
資本が入って綿花栽培が始まり、商品作物の生産が盛んとなった)
生駒山地との間が盆地の形状となっており、さらに昔は海であって、上町台地は半島のような地形だった
と言います。
さらに江戸時代、このあたりでは土を採取し、瓦の生産が盛んでもありました。
その採取跡地が窪んだような形となって、元々の複雑な地形がさらに複雑になっていったわけなのです。

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2012-07-11 23:58 | 大坂発見 | Comments(0)
今年の3月に行ったコースの紹介です。
映画「プリンセストヨトミ」の舞台を巡るツアー(趣味人倶楽部で募集されています)で
いつもお世話になっている大阪龍馬会の長谷さんの案内で行ってきました。

集合は玉造駅で、やはりこの小説には欠かせない
真田幸村ゆかりの地に、まず行きます。
f0010195_22264928.jpg

真田山関連記事→こちら

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2012-07-08 14:20 | 大坂発見 | Comments(2)
昨年の大河ドラマの舞台の一つとなった所。
北ノ庄城跡は町の真ん中にあります・・・
f0010195_10523816.jpg


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2012-07-07 11:01 | 歴史全般 | Comments(0)

福井幕末史跡~2011訪問

画像を整理していて、まだ記事にしていなかったので紹介しておきます。

福井市街地の南・足羽川を渡る橋は、半石半木の奇橋で古くから知られた北国街道上の九十九橋
(柴田勝家によってその形状で架けられたと言う)が有名ですが
幕末藩政改革での産業振興策の一環として、その東に新たに架けられたのが幸橋(さいわいばし)でした。
そして明治以降は電車の通る道ともなって、メインルートとなっていったのです。
長らくこの橋は架け替え工事で仮橋になっていたのですが
昨年11月に訪れた時には工事が終了し、電車も元のように道路の中央を走るようになっていました

f0010195_8593090.jpg


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2012-07-07 08:45 | 福井藩 | Comments(0)
福知山は戦国時代に丹波を平定した明智光秀の居城があったことで有名ですが
江戸期の藩政は前半が目まぐるしく変わり
後半約200年は一貫して朽木氏によって治められていました。
f0010195_73267.jpg

こちらは平成になるころに天守閣が復元されて資料館となっています。
目玉は福知山に残る明智光秀書状でしょう(後述・御霊神社蔵の複製)
f0010195_73394.jpg

f0010195_724029.jpg


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2012-07-06 23:55 | 北摂丹波 | Comments(0)

土佐街道から大和郡山城

高取城から大手道や七曲りとも言われる登山道は一直線に
今の高取町の中心地・土佐につながります。
この地名はその通りで昔、土佐出身の人たちが住み着いたことから始まります。
当時の風情が十分に残っています!

当時の筆頭家老屋敷(高取藩2万5千石・植村家長屋門)
f0010195_6242164.jpg

土佐街道の通り
f0010195_6332776.jpg


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2012-07-05 23:17 | 大和の史蹟 | Comments(0)