エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

<   2012年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

僕はテレビの報道番組や新聞ってのは、伝えるべきことが伝わらず
まったく信用してないので、ほとんど見ない。

原発再稼働反対のデモが国会を囲むぐらいになっているそうだけど、報道ってまったくないから
ネットなどしない人に取っては知らないことになりますよね。
(僕自身は「モノつくり」の現場にいるので、安全で動かせる所から稼働して行って、安定供給をお願い
したい気持ちなのですが)

なんかマスコミの報道が「小沢叩き」ばっかりで目立ってる間に、増税法案が衆議院を通過して行きました。
首相は「腹を切る覚悟」だと語ったそうです。経済がさらに悪くなったら実際にそうしろって言いたいし
今回、賛成した議員らも一緒です。
(ちなみに例の小沢夫人の手記一件の真相→こちら
ちゃんと増税に対する議論をお互い国民に向かってすべきなのに
反対派の個人攻撃でかわそうとしていたとすると(それもでっちあげの可能性がある)非道な話です。

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2012-06-29 23:19 | 総合 | Comments(0)

宝塚記念 2012

今年初めてのG1観戦です。
最近はいつも7時45分着で、余裕で席が取れてたんだけど
今年は異常に多かった(駅からの橋の半分ぐらい)ので、8時を待たずして開門してました。
なんとか4コーナーぎりぎりで座って見ることができましたけどね。
観客は6万超だったそうで、1レースから観声が大きかったですよ!

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2012-06-25 23:39 | 競馬 | Comments(2)

陽だまりの樹 最終回

いよいよ最終回となりました!

適塾絡みってことで見だしたわけですが、あまり評判のよくない歴史考証家は問題なく
原作の完成度の高さを、限られた時間でしたが、表現されていたと思います。
しっかり最後まで飽きもせず、文句を言うこともなく、気持ちいい感想で終われるのは初めてかも・・・

もう原作のないような脚本では、最近の大河ドラマの出来など見ても
戦争を体験した世代の方も少なくなっているだろうし、中途半端な現代の平和主義の押しつけで
結果論ばかりの無難な作品になって、将来的にも期待できないしれませんが
またしっかりとした原作を取り上げて、数少ない時代劇の伝承を今後も期待したいと思います!

スタッフブログ→こちら

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2012-06-23 23:48 | ドラマ感想 | Comments(2)
虎以下の構想をふまえての「中之島図書館の廃止」方針が決まったようです。

大阪府と大阪市が観光振興を検討するために専門家を集めた「都市魅力戦略会議」
(座長・橋爪紳也府立大教授)は同市役所がある中之島エリアを美術館や博物館が集中する
観光拠点とする「中之島ミュージアムアイランド構想」をまとめた。
国立国際美術館に隣接する市有地(1・6ヘクタール)に新たな美術館やコンサートホールを建設して
拠点とするほか、小規模な美術館を10館程度集めて「美術館村」の形成も検討する。
13日公表する文化・観光戦略に関する報告書案に盛り込み、19日の府市統合本部会議で正式決定する。

市有地は、市が建設を予定していた市立近代美術館の建設予定地だったが、橋下徹市長が計画の
見直しを表明。
今回の報告書案では、今年度中に利用方法を検討し、来年度に基本計画の策定に着手する。

また、ギリシャ神殿を模した外観で知られる国の重要文化財・府立中之島図書館に、カフェやレストラン
などの集客施設を誘致し、同構想のもう一つの拠点施設とする。緒方洪庵が開いた「適塾」など
周辺の観光施設と合わせてPRする。

松井一郎知事は、府庁本館を近代美術館に転用する構想を打ち出しているが、府庁舎の全面移転の
見通しが立っていないため、報告書案では触れていない。

(2012年6月13日 読売新聞)

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2012-06-21 00:40 | 大坂発見 | Comments(0)
適塾の家屋に入って、この建物についての説明を受けました。

ごく普通の町屋で表が商家、渡り廊下と中庭でつながる後部が居宅となっていて
昭和の解体工事での調査で礎石に火災の形跡があり、寛政5年(1792)の大火後に建てられたと推測され
この地に適塾が移転した時には、すでに築50年ほどとなっていました。

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2012-06-20 23:43 | 緒方洪庵と適塾 | Comments(0)
6月10日の緒方洪庵先生の命日(洪庵忌)に合わせて
この時期には毎年、適塾で特別展示が行われ
最近になって「適塾記念会」会員向けの見学会も行われるようになりました。

今回(6月3日)は阪大の村田路人教授の案内で
以前から適塾で直接、お話を伺う機会があればと(講演は何度か行ってます)思っていまして
非常に楽しみにしてました。
いろいろと疑問点は持っていたんですが、わかりやすくお話・説明いただいて
非常に有意義な時間となりました。

このカテゴリでも書いてますが、来阪された方を適塾周辺を含めて、僕がわかる範囲で案内したりも
度々させていただいてるんですが、さらに深く知ることができましたので
また紹介していければと思ってます。

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2012-06-19 00:10 | 緒方洪庵と適塾 | Comments(0)
二日目は何とか雨は止んで・・・


観音岩(赤印)
f0010195_2232026.jpg

この先の柏島で折り返して

竜串(青印)
f0010195_2233483.jpg

海底塔であります(→詳しく
自然界に泳いでいる魚の海の中に突き出した建物です(水族館の逆の発想ですな)
この日は海が台風の影響で視界が1mしかなく、入場料は半額になってました!
でその視界でどうやって見るかって言うと、エサを塔の周りに撒いて
見学のぞき窓のギリギリに泳がせるってことなんです。
半額だって思うと、それなりに群れをなして泳ぐ様は、迫力あって十分満足できるものでした。
またグラスボートと言う、海底がガラス張りの船での遊覧もできます!
こちらの昼食のかつおタタキは、昨日のこともあってすごくおいしく感じられました!

弘法大師ゆかり。四国らしい
f0010195_2246431.jpg


この後は四万十川下りをして、帰路につきました!
[PR]
by enokama | 2012-06-18 22:27 | 旅行 | Comments(0)
中浜万次郎像
f0010195_19551560.jpg

なんとかたどり着いた足摺岬。
来るのは10年ぶりぐらいです!

追記です>>
[PR]
by enokama | 2012-06-16 19:55 | 旅行 | Comments(0)

雨の高知なう~桂浜

f0010195_14195064.jpg

仕事中。すごい雨であります!

(追記)
なんでか知らないけど、年配でかなり昔にここへ来たってお客さんが
「龍馬像ってこんな高台でなく、砂浜に近かったはず。移ったのかな?」とバスガイドさんにしきりに
質問されてました(それも複数の方)
「場所は移ってないはずだけど、周りの風景が変わった(竜馬人気でいろいろできたので)から
そう感じるのでは。」とガイドさんは答えてました。

なるほどね・・・たとえば寺田屋あたりも、建物は明治当時と変わってないけど
周りが変わったから、僕も二十年前ぐらい前に行った時と今は全然印象は違ってるからね。
(僕自身は「おりょうの風呂」があった?当時の記憶がまったくない・・・なんでだろ)


この日は、土佐佐賀付近を土佐くろしお鉄道中村線に乗って
海を眺めると言う行程だったんですが、大雨で普通~ダイヤ乱れで乗れず・・・残念!
道路も久礼坂(久礼から窪川へ上る難所の峠)が心配だったんだけど、無事にたどりつけてよかった!
[PR]
by enokama | 2012-06-16 14:19 | 旅行 | Comments(0)

歴史人~真説 坂本龍馬

題名は「真説 坂本龍馬」となってますが
取り立てて目新しいことは、なかったです。

元々が新撰組関連の執筆から出てきたようなお抱えライターも多かったので
薩摩の大久保・西郷や岩倉具視、徳川慶喜の真意ってのは、しっかり調べられていないのでしょう。
「薩摩が悪い」「武力討幕派が悪い」と言ったような、一方向からの見方に過ぎないので
従来からの「平和主義者・龍馬」ってイメージで、無難に収められているように思いました。
まあ、そういう書き方しかしようもないかもしれませんが。

(追記→以前の記事
この時もよく似た執筆陣だったようですが、僕自身は褒めていますよね。
今回は、この内容以上の上積みや新たな発見って言うのが感じられないのです。
僕自身の認識もこの時よりも、西郷や大久保あたりの本や書簡を読み漁りましたので
変化しています(慶喜も理解できる部分も出てきたかと・・・)

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2012-06-13 21:57 | 土佐藩 | Comments(0)