エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

<   2011年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

競馬はしばらく、小倉開催も延ばして(でも観客が少なすぎ…)
関西に関東の厩舎スタッフが出張しての開催が続きます。
本当に関東馬は輸送やアウェィのハンデもあるし「西高東低」の勢力図が言われて久しいですが
なんのその、関東馬の善戦も予想以上だし、レース自体も最近は騎手がエージェントによって騎乗が
割り振られて、同じメンツばかりのたるいペースが相変わらずだったのが
いろんな騎手が集まっているので、多くが先行できる馬はしっかり行って
レースの形ができて、見ていて見応えがありますね。。。

そんな中、ドバイワールドカップは日本馬のワンツー(→ここ)で見事に決まりました!
藤田伸二が独壇場の札幌で打つような逃げが、よく世界の場ではまったな…
とも話していたんですが(笑)
二頭とも、本当に日本のレベルの高さを知らしめてくれたなと思います。。。
世界に向けてもいいアピールになったと思います!

また先週は、阪神競馬場で行われた「高松宮杯」に行ってきました。
f0010195_13261.jpg


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2011-03-29 23:10 | 競馬 | Comments(0)
先週金曜日は有給休暇の消化で(何日か、4月で放ってしまうから)
仕事が落ち着いた時期でもあって、兵庫県但馬地方の幕末史跡めぐりをしてきました。。。

生野銀山やら平野国臣、桂小五郎ゆかりの地など収穫はあったんですけど
まあド平日でもあるけど、とにかく観光客がいないなって感じで…
ETC休日1000円になってから(この北近畿あたりは高速も無料になっている)
いつも散々混雑で苦労しているポイントや、ドライブインもガラガラ。
ホテルや旅館、飲み屋に至るまで、この震災の影響での自粛やらもあるけど
西日本でも人出が減っていて、サービス業も苦境に立たされているって言います。

それと、このあたりは車で行かないと回れないんだけど
3000円分入れて、この日は約200キロ(ハイオク18リットルぐらい)の走行。
結構、今は高くつくんでスタンドも選んで入れてます。

それと一方、電車に乗ったら乗ったでこんな事態に
f0010195_712447.jpg

影響はここまで来てます(→記事

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2011-03-27 07:12 | 総合 | Comments(0)
いろいろくぐって見てたら、去年あたりは京都でたくさん幕末の石碑が立っているみたいです。
まあ、大河ドラマに便乗したような石碑が多いので(そう言ったきっかけがないと自治体
あたりだと予算が出ないこともあるけど)僕としてはどうでもいいわけだけど
ただ単に一過性の観光客集めの建立よりも、本当の顕彰って言う意味での実際に歴史を動かした
ような場所に、まだ立っていない所があるんと思うんです。

一冊の資料が手元にあるので、紹介したいと思います
霊山歴史館紀要 第16号「幕末の石碑を訪ねて」石田孝喜氏 より

参考→こちら(いしぶみデータベース)  

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2011-03-22 21:45 | 私の好きな京都 | Comments(0)
先週日曜日は京都に行っていたんですが、新装なった霊山歴史館(→HP
に行ってきました!
現在「幕末外交展」をやっていまして、フランスの文書などの外交資料
久里浜のペリー開国交渉の絵図、「矢嶋戦争図」なども久しぶりに出されていました。
印象的だったのはHPにもあるように、3Dのシアターで「ペリーの生涯」「幕末の外交交渉」
それぞれ10分ほどだったんですが、この内容が非常にわかりやすくって出来がよかったです。
今、あの童門氏のよく書いている歴史月刊誌が今回「勝海舟特集」なんですが
「幕府は時代遅れ、守旧」みたいな論調が全体的にされていて、非常に憤慨していたのですが
このシアターでは、幕府や対立関係にあった薩摩と長州なども同じ目線で
それまでどんな鎖国だったのかや、開国への取り組み方も、偏りなく作られていて感心しました!
4月3日(日)までで、2日(土)の講演はまだ受付が行けます!

中岡慎太郎館(→HP)から案内がきました。
6月12日(日)まで「中岡慎太郎と陸援隊」展が行われます(4月以降は毎週火曜休館になります)
陸援隊資料は寄贈で増えているそうで、佐川町の青山文庫からも慎太郎や大橋慎三の手紙が
借りられています(慎太郎から本山只一郎への手紙はいくつかありますが、一番緊迫した内容に見えます)

また関西では、4月に私も企画(→こちら)もしていますのでよろしくお願いします!

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2011-03-19 09:37 | 庄内藩 | Comments(0)

開催と自粛の行事

僕らの住んでいる地域にも、今回の震災の影響が出始めています。

まず工場操業停止の影響で、ラインがストップした事業所もありますし
今、家を建てようとしている方は資材の供給ストップで延期
車を買う予定の方は、北関東にも自動車工場が多いので納車も延びていってます。

今日から3連休でもあるんですが、近くの山登りやウォーキングの行事などまでことこどく
中止になっています。
前の記事の銅像も延期です(→ここ)去年の熱気の冷めないうちというなら
効果は薄まってしまいますね。。。
最近の各誌のコラムや、ラジオなどでのメッセージなどでも「過度な自粛はよくない」と言われますし
日常生活が普通に生活できる場所だったら、今以上に生産活動やサービス業も成り立たせないと
経済は回りませんし、復興の原資にも回りません。
東北の復興がなって「温泉にも来てください」ってなっても、肝心の旅行会社が
ヘタってしまってたら、元もこうもないですからね。

競馬は関西だけの開催ですが、関東の厩舎スタッフ・騎手が大挙して遠征してきています。
やはり競馬は「走らせてナンボ」ですし、開催できる環境があるんだったら
今回は「復興支援」の目的ですし、やったらいいと思う。
ちなみに今週の電話投票はPCのみで、携帯からはできません。
また、みずほ銀行の口座の方は今、システム障害が起こっているので投票できません。
僕もその一人なんですが、今週は影響で予定がなくなってしまったこともあるので、
3日間開催の1日でも現場に行けたらと思っています。

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2011-03-18 23:46 | 総合 | Comments(0)

あの銅像騒動のその後

地震の後、土曜日は梅田に
日曜日は京都にいました。。。

もちろん地震の話はしますが、まったく普段通りで
「阪神・淡路大震災」の時も、ほんと目と鼻の先の出来事だったのに
変わらない生活がありました。

今週の仕事も表向きは影響なし。
でも車関連では、打撃を受けています。
株安はもちろん、さらなる円高ともなり(ちょっと、なぜだかわからないけど)
容赦ありません…
もうほどなく影響も、こうむるでしょう。。。

関東の方、交通混乱の中の通勤も大変でしょうが
経済活動もがんばって行かないと、復興も進みません。
我々は日々の生活を必死になって、頑張るしかないんです!

電気復旧の東北電力・東京電力を始め、インフラ復旧工事に携わる方
「72時間」に迫るなかの救助活動、ボランティアの方・・・
本当に寒い中でしょうけどお疲れ様です。
東京電力に対する批判は容赦ないし、企業体質まで叩く内容も見られます。
神戸の時もそうでしたが「関電」の方は、不眠不休に近い仕事をしていました。
「東電」も現在、多くの人が復旧に携わっています。
そのことも知ってください!

テレビはもうそろそろ、定時放送に戻っていくようです。
後付けの結果論だけの地震評論家や、原子炉についてのよくわからない解説
被災者の方への容赦ないレポになっていますので、もういいのかもしれません。
報道ヘリについても、枝野さんが言ってくれたようで、ちょっとは収まっているようです。
まあ、普段に戻った放送が、くだらないものばかりなのはしょうがないですけど(苦笑)

「原子力」をこの後に及んで、叩いている人は
それがなくなってしまえば「輪番停電」以上のことになるのは、わからないんでしょうか?
「電気使わない」って言うなら別ですけどね。
本当に未曾有の災害なんです。
くだらない揚げ足は取ってる場合じゃない。
復旧に協力して、これからの行く先を、頭出し合って考える状態ですよ。。。
結果的に「命がけ」の作業になってしまった自衛隊員の方のご無事を。
そして救出活動で、一人でも多くの命が救われるように祈っています!

高知のこと>>
[PR]
by enokama | 2011-03-15 22:09 | 土佐藩 | Comments(0)
僕の努めている所(北摂)では、ほとんど感じなかったんですが
大阪の事務所では、それなりの揺れだったと言うのが第一報でした。

それにしても規模が大きすぎるし、神戸・淡路の時は重点的に救助・補給に向かえたけど
ほんと何百年に一度のことだと思うし、どこからどうしたらってこともあるでしょう。
僕らにとりあえずできるのは、義援金ぐらいでしょうけど
一人でも多くの人命が救われるのを祈っています!

あと少し落ち着いていた時に、こんな記事(→ここ)が出るんですよね。
正直、政治家が早く視察に来たって、何の役にも立たないし無駄で足を引っ張るだけなんです。
今までもそうだったでしょう。。。その費用は救助活動に少しでも回されるべし。
でも、しなかったらしなかったで(肝心な時にゴルフをしてたとか)
マスゴミも批判するから、しないとしょうがないんでしょうね。。。

それと(→ここ
確かに大臣も寝てないだろうし、揺れでウトウトもあったのかもしれない
けど、被災された方にはどうでもいいこと。。。
記事にするってことは「今の内閣には危機管理がなっていない」って、批判したいのですね。
そんな議論する場合じゃないでしょうが。。。

あと日テレ系で報道ヘリが、志津川病院のぎりぎりまで迫ってレポしてました。
正直、阪神淡路大震災の時も尼崎の脱線事故の時も、音にしろ救援にほんと邪魔だったんです。
自衛隊に報道を代表して、ヘリを集約してできないんでしょうか。
「危機管理」批判する前に、自分たちの行動も考えるべきだと思います!
[PR]
by enokama | 2011-03-13 10:47 | 総合 | Comments(2)
今年も恒例の「中岡慎太郎誕生日オフ」として、イベントを開催します。。。
関西の「中岡慎太郎郎先生顕彰会」メンバーの方には、メール連絡にて詳細をご案内させていただこうと
思っていたんですが、去年のパソコン更新時に一部、アドレスが消えてしまいまして
こちらでの連絡に変えさせていただきます。
ご了承ください・・・

京阪出町柳駅10:00集合++(叡電・260円)++岩倉駅10:30・・・
岩倉具視幽棲旧宅(10:45~11:10)@300・・・岩倉実相院(11:00~11:30)@500
==(京都バス・170円)==国際会館駅+++(地下鉄烏丸線)+++今出川駅12:00ごろ 
(どこかで食事。人数によって考えます~12:40)・・・
同志社・薩摩藩邸跡・・・京都御所を散策(近衛邸跡・猿ヶ辻・蛤御門・鷹司邸跡・堺町御門など)
・・・中沼塾跡(中岡慎太郎・桐野利秋・松田重助らが学んだ)・・・梅田雲浜寓居跡・・・
地下鉄烏丸御池駅15:00ごろ解散。
(この後、行かれる方は霊山で慎太郎の墓参)

所縁の深い岩倉、御所での禁門の変の足跡、慎太郎の学んだ場所を巡ります
(資料代@100頂きます)
途中参加・離団も考慮いたしますので
お気軽にお問い合わせください!

ちなみに今回は「岩倉具視幽棲旧宅」の修復工事完成(3月末終了予定)もあり企画しましたが
現地に電話をしたところ、工事が遅れ気味だそうで
4月の早めに上げたいが、連休前にずれ込むかもと、ちょっと期日がはっきりしませんでした。
ですので、万が一工事が終了していなければ、代替案も検討します
(この場合は、御所北部の史跡めぐり)
[PR]
by enokama | 2011-03-10 23:48 | 中岡慎太郎関連 | Comments(0)
「中岡慎太郎全集」(宮地佐一郎編)と言う、慎太郎の日記や手紙を完全網羅し
現存する手紙はほぼ複写し、各研究者の論文が入った資料集があります。
以前にも少し触れましたが、もう絶版状態であって、中古の値段も跳ね上がっている貴重本で
僕はもっぱら、大きい図書館で必要部分をコピーして、持っているのですが

その中でいくつか「京都大学附属図書館所蔵」の資料があって
どんな状態で保管されているんだろうと調べてたら
こんなデータベースが出てきました→こちら

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2011-03-09 23:31 | 長州藩 | Comments(0)
僕は別に前原さんが辞任する必要はなかったと思います。

坂本龍馬が好きで、ここ数年は毎年命日近くに霊山に墓参りに来られてました。。。
でも「龍馬が好き」って言う人は、どの部分を見て、そう思うんだろうって
僕は疑問もあるんだけど
一般的には「戦争をせずに、平和革命で日本を変えようとした」って言うのかな?
いえ違うでしょう、薩と長・薩と土を結集させて討幕に向かわせる時に
まず、中岡慎太郎が議論で説得しました…そこに龍馬が「武器、斡旋するよ」でまとまったよね!
この龍馬の実利を伴った、割り切り方は僕も好きだな(笑)
今の日中やら日露関係もそうですよ。
まともに話し合っても、わかりっこないですよ。。。


幕末の外交は川路聖謨や岩瀬忠震、中島三郎助、小栗忠順もそう
長らく「鎖国」してた国とは思えないぐらい、堂々と諸外国に臆することなく対応してたし
地方の志士たちも吉田松陰や橋本左内の意識なんて、すごく危機感を持って
多くの人たちに知られることになったことで、独立を保った維新になったんです。。。

しかしながら、外国との「不平等条約」が維新後も残ってしまったのは
優れた外交官や交渉人物はいたんだけど、肝心の政権がころころと変わってしまって・・・
大老・井伊直弼の時に「日米修好通商条約」を結んで、まあこの時はこの時でしょうがない面も
あったんだけど、これで「開国」したらいっぺんに、日本は不景気になってしまった。
そこで「攘夷」だと叫んぶ志士が暴れだしたころは、外交の当事者だった川路・岩瀬を罷免してしまった
井伊が暗殺されて、野党だった一橋慶喜や松平春嶽の政権だったんだけど
そこに長州の連中が、わっと行って「不平等な条約を破棄しろ」って迫るわけ。
でも「日本側の都合で、ころころと態度を変えるのも国際関係上よくない」ってことで躊躇してたら
またごちゃごちゃして、政権も長く続かずに幕府自体も終わってしまった。。。
維新後の不平等条約改正交渉も長くかかったからね。

ようするに「外交」は政権の安定と、継続性が必要なんですよ。
明治政府の「千島樺太交換条約」も、台湾問題も使命を帯びた人物がみっちりと交渉した結果で
榎本さんも長くロシアに行って頑張ったんですよ・・・
それが今、日本に欠けてるから「なめられるし」国際的な信用のなさが
競争力の低下になってるんです。

「20万円」でしょう。それで「竹島売る」とか言うんか?
辞める必要などない。
今必要なのは「国益」「国際信用」
また選挙して政権変わって、大臣の膿探してね・・・
いい加減に新聞も「日本の国際競争力の強化」について考えろよ。
「やめろ、やめろ」なんて馬鹿でも言えるわ!

よっぽど経済通の独裁者でも出ないと(もちろん報道統制もして)この国はよくならないんじゃないかな?
あんな、ひどい言われようのカダフィが続く理由わかる?
前の阿久根市長さん、選挙で惜敗だったんだよ。
これで新聞の世論誘導がわかるよね。

志半ばで前原さんも残念だと思います。
今思えば、尖閣で思いっきりやってほしかったな・・・
もしくは国交大臣を続けて、あの高速道路の愚策をとっとと止めて
瀕死の状態の、各地方鉄道や船舶も守ってほしかったです。

また、この辞任で今後の自身の身の振り方を考えて(あまり深い傷になる前に辞めることで)の
行動ともする報道がありましたが
また総理候補になりたいとのうんぬんよりも、今の時点での外交政策について
穴を開けてしまった責任を、これから自覚しての行動も求められると思います!
[PR]
by enokama | 2011-03-06 23:39 | 総合 | Comments(2)