エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

<   2011年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

寒いですね~
うちの今朝も尋常じゃないなって感じてたら、ー8℃でした(驚)

歴史書新刊本のチェックは日々してるんですが
赤松小三郎が出てたり(幕府海軍の大三郎ではなく、中村半次郎に暗殺された学者。なぜか
題名が「龍馬の影」になってますけど 苦笑)山田顕義の伝記が出てたり。
まあ書籍貧乏もしてますんで、全部が全部も買えないんですけどね(泣笑)
全体的には、さすがに龍馬本から、今の大河ドラマ「江」関連に切り替わって行ってますね。
でも、どっちの本にも絡んでいる作家さんもおられます・・・
まあ知った作家さんでも幕末(例えば龍馬)と戦国(例えば信長)と両方調べてる方も多いし
ずっと歴史はつながっていく事柄もあるんでわかる面もあるんですが
中には、ただ流行に便乗するだけって感じのひどいものも正直あります。
もう改めては言わないけど「浅く薄く」で本当に理解できるのかな?

その中でこんなのも
→土佐と会津をふくめた新生日本を模索し奔走する維新の革命児は、いつしか武力討幕を目論む
薩摩や長州の許されざる存在となった
信者の方も多いようなんで名は出しませんけど、本来は幕府方(ちょっと言い方は変だけど)の
作家だと思ったんですが、まさかの龍馬本でありました。
それで内容はこんなのなんですが、強引な結論の持って行き方や、引用も適当なようで
説得力も感じませんでした。
このことは僕もさんざん書いてきたことなんで、改めて言いませんが
原典や日記・手紙で地道に調べている研究家の方から見たら、本当に腹が立つ事だと思います。
それに根拠もないのに「本当の真実はこうだ」って内容で講演したりしてるとか(苦笑)
そして新年早々「江」も出版されてました・・・改めてびっくりです!

歴史作家・中村彰彦氏も、去年は某週刊誌で「反薩・反長」で思いっきり暴れておられましたが
(もちろん龍馬は薩摩が殺したと言われます)
対談記事なんて見ても、一方的にしゃべる押しの強い方のようです。
会えたとしたなら、一発かましてやりたい思いもあるんですが
僕も経験あるけど、この手の方は癖もあるし、頑とした思いもあるんで
議論してるようで一方的に押されてしまって、負かされてしまうんですよ。。。
一方の前記のような薄い作家は、突っ込まれるとするっと逃げる手を、ちゃんと心得ておられます。
(これも経験済です。まあ、ある程度の図太い面がないと作家もできないわな)
ただ、一つ一つの著書での細かい事項などの調査は奥深くって感心させられるし、
どんどん切り込む所や埋もれた人物を発掘する点は、その性格がいい方に出てるんでしょうね。
切り口はともかく、読み物としてはまず外れがない。
今日、紹介する本も「さすがにもう書いていたんだ」って改めて、感心させられました!
f0010195_07032.jpg


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2011-01-31 23:53 | 幕府東国諸藩 | Comments(2)
今年はそれにしても、しっかり寒いですね。。。
また雪は覚悟してたけど、今回はうちの周辺では意外に降りませんでした。
でも大雪で北国の方は、ほんと大変なようでお見舞い申し上げます。

大河「江」は4回目の放送でした。
トヨエツ信長は5回までの命ってことで、今日は例のごとく「本能寺の伏線」ってことで
市村光秀が追い込まれる場面が中心でありました。
「もう55歳だったら隠居せい」って迫られてましたでしょう。
これで年齢的なことでの市村氏起用は、わかった方も多いかと思います。
四国攻めのことや、中国の秀吉の応援のこと(黒田官兵衛が、あんな出方するとはね…)
光秀が家康に慰められていたり…
まあ本能寺の切り口はいろいろあるんですが、やはり無難なよく知られたような定説的な話
(豊臣史観にはなってくるんですが)今回はするんでしょうかね。
信長は「平和で安定した世にする」的なことを、保奈美さんに言って
ほろっとさせてましたけど、まあ今回は女性ターゲットですから
これでもいいのかも・・・
樹里ちゃんは今はこのキャラでいいでしょうけど、ここからどう変えて行くのかが
ポイントでしょうか。
去年は段々となんでもかんでも主人公が出しゃばって、鼻についてしまって
他の配役が「ただの脇役」にされて、他のキャラクター目的に逃げようとしてもできず
もうこんなの見られないってことになったんですけど
今回は戦国だし、それなりのビックネームはおざなりにできないし
話の流れもあると思うんで、まあ肩肘はらずに(一回ぐらい見逃しても、話には乗れるだろうし)
見ていきたいと思います!

土曜日は京都>>
[PR]
by enokama | 2011-01-30 23:14 | 歴史全般 | Comments(2)
日曜の帰り飲みに行って、歴史トークそっちのけでしゃべってたんですが(苦笑)
林家三平と国分佐智子が婚約→こちら
ショックですわ・・・国分さん、好きだったんですよ(あと好きな女優は佐藤仁美さんです)で
長く付き合ったとかじゃなくって、去年11月にあったばっかりでって…
あれだけの美人だったら、口説き落とすまでちょっとは苦労しろよ(ちょっと違う?笑)
40まで独身の男が「好きだ、好きだ…」で押して、どうにかなるもんなの?
「水戸黄門」の写真見てたら、ほんと惚れますよね・・・うらやましい!

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2011-01-24 23:56 | 競馬 | Comments(0)

安土城跡と草津宿散策

週末土曜日は、小倉開催のレースをじっくり買いたいなと思って
阪神競馬場のパークウインズに行ってました!
狙いは酒井学君ですが、ほんと神レベルだな(驚)
あとダートの小牧太も相変わらず、こちらも神ですわ。。。
こう書いたら思いっきり儲けたように見えるけど
なんか、セコイ枠連とか複勝しか取れないんだな。
勝負賭けた、ネコパンチとショウナンマイティ。。。(泣)

今日は滋賀の歴史好きの方と、安土を訪れる機会があって行ってきました。
去年春にも行ってるんですが(→こちら)、今回は専門の調査員の方の案内があって
より深く知ることができました!
f0010195_064016.jpg

今回は電車で、安土駅は昼間30分に1本で小さい駅でした!

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2011-01-23 23:39 | 近江の史蹟 | Comments(0)

寛平ちゃんのゴール!

相変わらず、ぼちぼちの更新となっております・・・
原稿が一区切り(とは言っても、まだほとんど序章段階だけど)ついたんですが
まだ、徳川家斉の時代で水野忠邦&鳥居耀蔵、矢野定謙&遠山影元
駆け出しの川路聖謨&阿部正弘と、文化文政・天保を遡っております!
幕威まだ盛んのようで、微妙に体制も揺らいできたようなこの時期
なかなか面白いもんです。
さて、どうまとめようかな?

さてさて、昨日は寛平ちゃんが帰ってきました→この記事HPとブログ

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2011-01-22 23:30 | 総合 | Comments(4)

原稿の追い込みにつき

少し更新が開きましたが、訳がありまして
今、二本分の原稿を2月までに書こうと執筆を始めております・・・

拙ブログの歴史記事「こんな程度か」って思われるかもしれませんが
書籍・資料の丸写しだったら、くぐってしまえば終いですんで
結構、裏を取ったり、複数の文献で比較したり(まったく解釈のちがうパターンがある)して
「本当はこうだった」と発見できるように、心がけているつもりです。
だから1本調べ始めたら、時間を費やすことも多いので
今の時期は原稿に集中しようと、しばらくは控えめになると思います!

先週の3連休は9日が新年会、昼&夜と二回。
10日は淀へ競馬観戦。
先入観を除いて、とにかく馬の気配で買ってみようとパドック重視で購入。
でも4着とかになってね。。。もうちょいってのが2回もあった!
自信は結構あったんで、入ってたら「地デジテレビ」って思ってたんですけどね(苦笑)
でも1日過ごせたと思ったら、許せる金額で収まったので、いいとする・・・
次回は京都記念と、阪神開催になるスプリンターSで現地参戦の予定でいる。

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2011-01-14 22:50 | 歴史全般 | Comments(0)

横井小楠の絶筆 発見

昼のNHKニュースで「しょうなん」「あんさつまえ」って聞こえたので
まさかな?と思ったら、横井小楠の話題でした!
NHKのサイト→ここ(生物っぽいので、早めに再生してくださいね)

詩の題名は元旦に思いついたという意味の「元旦偶作」で、京都の自宅で酒を飲んでいる
小楠が新年への希望を抱いて晴れ晴れとした心境でいるという内容です。
小楠は当時、明治政府の招きで京都にいたということで、詩の内容から明治2年の元旦に
書いたとみられています。小楠はその4日後に暗殺されており
この詩は小楠の「絶筆」である可能性が高いということです

去年の某ドラマで、むちゃくちゃひどい扱いだった小楠なんで
どんな人かは、ほとんど今回も知られることなく、新たに興味を持つ人もないだろうし
ニュース検索でも、こちらしか出てこなかったんですが
相変わらず龍馬にくっつけたような扱いは、小楠のスケールからしたら不満ですけど
よくぞ、全国ニュースに乗ったなって思いです!

新年を迎えて、これからの国家構想を新たに・・・
酒を飲みながらってのも、彼らしいですね。
小楠の思いはどうだったんだろう。
[PR]
by enokama | 2011-01-07 22:38 | 横井小楠の周辺 | Comments(4)

甲賀源吾伝と駒込の墓所

僕の歴史興味はそれなりに長いんですけど
ネットで幕末関連趣味の方と交流しだしたのは、ここ4年ほどだけなので
いろいろブログやHPにおじゃましてて「マツノ書店」(→ここ)の復刻本を買ったりする方が
多く見られて、ほんと本格的に研究してる人が、いらっしゃるんだなと感心してきました…

でも僕も、そこにやっと足を踏み入れることとなりました。
去年「戊辰荘内戦争録」「松陰先生と吉田稔麿」を相次いで購入して
定期的に、お知らせもいただくようになりました。。。
この2冊のように趣味的に、まったく違う書籍が揃うのも魅力ですよね!
しかし「あれもほしい。これもほしい」って所ですけど、ちょっとお高くついてしまいますし…
でも躊躇したら、復刻版の「中岡慎太郎」(尾崎卓爾編→こちら)300部限定のように
すぐに売り切れてしまうこともあるから(苦笑)思い切りも必要な所です!
(こう見たら中岡慎太郎好きは結構、いるんだな・・・)

そんなマツノ書店さんから年賀状が来まして
3~4月「回天艦長・甲賀源吾伝~復刊」のお知らせが載っておりました!
77年間未復刻とのことで、あの幕府海軍出身で榎本軍に加わり
回天艦長として「アボルタージュ」(宮古湾海戦)作戦の中心人物として
宮古湾で戦死した「甲賀源吾伝」が待望の復刊です。。。
大阪では、市立中央図書館に蔵書があるんで、一度読んだんですが「函館戦記付き」で
あの東郷平八郎の「甲賀評」も入っています。
さて、どうしよう・・・?

そんな甲賀さんゆかりの場所を、昨年暮れの上京時に行ってきました!

お墓の写真が多いです>>
[PR]
by enokama | 2011-01-05 00:02 | 江戸散歩 | Comments(4)

正月休みも終わり

お正月休みは今日で終わりです!
2、3日と日帰り仕事に行って、それ以外は読書やたまったDVDを見たりして
のんびりすごしておりました。。。

年末年始のテレビで見たのは、深夜に連日やっていた稲垣早希のブログ旅の総集編を
かなり見たし(僕としては旅行記として見てます!)
植村花菜も結構出てましたね。。。
紅白って言うか、去年のヒット曲ってこれぐらいしか思い浮かばないけど
ずっと、のちにも残る曲になったと思う。

仕事は、岐阜のお千代保稲荷とか長島方面へ(あ、それぞれ別の日帰りです)
お千代保稲荷(→ここ)ほぼ関西では知名度0だけど、名古屋では超有名な主に「商売繁盛」
で知られた神社なんですが
とにかく、車と人がすごいって言うか…
去年行った人が大変だったとは言ってたけど
田園地帯の中に狭い参道と境内があって、すごい人で渋滞してるし
中京圏は、ほとんど車だろう(電車やバスでは不便そうなところです)
駐車場もあるけど、そのへんの農道に路駐し放題だし
バスなんて専用駐車場もないし、指示も行き当たりばったりみたいで・・・
それでも見越して、民家の横の2台ほど縦長のスペースがあって
止めさせてくれる家があってね(しっかりお金は取るけど 笑)
でも観光バスでわざわざ、関西から行くもんかな(豊川稲荷や熱田神宮は従来からあるけど)
って思ってしまいました。企画者はどういう意図だったんだろう…
HPみたら、どじょうの店とか参道はおもしろそうなんですけどね。
今の時期にツアーは無理だと思う。

3日は「なばなの里」に行って来ました!
今年は「富士」がテーマのようですね。

ちょっと長くなったんで、とりあえずここまで・・・
[PR]
by enokama | 2011-01-04 22:17 | 総合 | Comments(2)
f0010195_113682.jpg

本年もよろしくお願いします!
写真は大津の三尾神社
[PR]
by enokama | 2011-01-02 11:36 | 散歩 | Comments(2)