エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

<   2010年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ブエナビスタが降着したり
(豊ジョッキーよかったね・・・かな?)
「龍馬伝」の最終回が、字幕テロで話題になったりしてますが
(軽々しく「受信料返せ」って言わんといてほしいけど)
昨日今日と、またまたアクセスがとんでもないことになっています!
上川さんはすごいな。。。ほんと慎太郎をやってくれてよかった(笑)

そんでもって、普段こういう区切りはあまりしないんですが
今日でこのブログも5周年となりました!
最初は僕の好きな競馬ライターの芦谷有香さんが、エキサイトのブロガーさんだったんで
そちらから入っていったのが始まりでした。
もちろん、競馬ネタと仕事を含めた旅の記録を残そうってことからの
スタートだったんですが、全然違う路線になるとは思ってもいませんでした・・・

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2010-11-29 22:33 | 総合 | Comments(2)
焼き飯…やっぱり出なかったな~
暗殺のシーンは、唐突であっさりにも感じてしまいましたが
実際に短時間であっただろうし、リアリティーはあったと思います。
近江屋のセットも最後の最後で、なおさら気合入った作りでしたね!
しかし前後の二人の会話は、それほど感情移入できませんって言うか
このCP&脚本の史観は最後まで、僕には理解不能でした!

あと、せめて要澤村君の切腹ぐらいはやって欲しかった。
龍馬と一緒に脱藩した同志だし、幕府が無くなって役人が逃げ出した後の長崎奉行所を
押さえに行った混乱の際のドサクサで、誤って薩摩藩士を撃ち殺してしまった責任を取った。
難しい話じゃないでしょう、二行で終わるがな・・・

1週間振りの更新となります。
じっくりPCに向かう時間がなかったのですが、アクセスはたくさんいただいております!
書くことは結構あるので、ぼちぼち再開して行きますね。

久しぶりにドラマの感想を!
ずっと見てなかった5回分ほど、やっと見ましたんでまとめ気味ですが…

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2010-11-28 23:17 | ドラマ感想 | Comments(4)

土佐の博物館めぐり 2010

今日は、淀競馬場のマイルCSには目もくれず
ちょうど対岸の天王山に登ってきました(笑)
300円の参加費で4時間ほど、みっちり現地学習でお話を聞いて来ました!
非常によかったので、のちほどじっくり記事にしたいと思います。。。

そういえば「龍馬伝」もあと二回なんですね。
こんなに最終回に向けて、盛り下がってくるのも(苦笑)
一応、録ってはいるけど「いろは丸」の回以降は、なんかきっかけないと
見る気がしないんですよね…ま、どうでもいいけど。
まだ、裏の「イモト」の方がためになるし面白い!

あと来週は添乗が2日入ってるんで、更新は飛び飛びになってくると思います。
どうせ道も混むだろうから、まともな時間にも帰れないかな・・・
紅葉もぐっと色づいてきましたし。

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2010-11-21 23:03 | 土佐藩 | Comments(3)
16日のトークショーの後は、一旦ホテルに車を置いて
奈半利駅近くの寿司屋で食事して、8時すぎの列車で今夜の夜行バスで帰る
才谷さんを送って来ました。。。
少し前までこのあたりは鉄道がなく、それ以前にあった電車は安芸止まりだったので
アプローチはかなり良くなったし、このように北川に夜行日帰りも可能なんですよ!
(ちなみに高知駅まで1300円。時間は1時間20分ほど→ごめんなはり線HP
ホテルでは風呂に入って(ホテル奈半利は、大浴場と露天風呂があります)
10時には寝ていました。。。

朝6時半には目が覚め「めざましテレビ」を最後までのんびり見て
(いつも朝のバタバタしている時に見てるから、すごい優越感があるんだ 笑)
モーニングを食べて、8時半に出発しました!
そしてズンズンと奈半利川の上流を目指します。。。
途中は川に急峻な山が迫る狭い道で、平日でもあって
木材を満載したトラックや、今の時期らしく収穫した柚子を下流の集荷場に運ぶ軽トラと
何度もすれ違いながら30分ほど・・・

北川村小島(こしま)
f0010195_230830.jpg

泉質の良さで知られるゆずの宿・北川村温泉。
一度、泊まってみたいのですが、シーズンは早く予約で埋まってしまうんです!
この玄関先に、明治44年(1911)に立てられた「中岡慎太郎先生徳碑」があります。
もうこのころから、いろんな伝説が伝わっていたようです。。。

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2010-11-19 23:40 | 中岡慎太郎関連 | Comments(4)
あ、さすがにアクセス数がとんでもないことになってる・・・(笑)
注目していただいてる間に、どんどん記事書いて行きますんで
よろしくお願いします!

それではもう一回、じっくり見直した昨日のヒストリアの感想を。

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2010-11-18 23:58 | 中岡慎太郎関連 | Comments(4)
16日のトークショーは、北川村の中心地・野友にある村民会館で。
定員は350名でしたが、さすがにいっぱいになってました!
前の記事でも書きましたが、圧倒的に女性が多かったです。。。

それとたぶん、舞台中心だったころからの上川さんのファンも多いのかな
登場時に黄色い声が出ることもなく、本当に暖かく迎えるって雰囲気でした!
f0010195_23565283.jpg

f0010195_23571635.jpg

緞帳は慎太郎生家です。
トーク中の写真はもちろん不可ですが
舞台には柚子がいっぱい並べられて、各出演の方の前にある机は
本職が大工の顕彰会会長さんの手作り力作でした!

しばらく時間があったので付近を散歩。。。柚子の集荷場があった。
今は最盛期ですよね
f0010195_054268.jpg

祭りも毎年10月末にあります!
f0010195_06648.jpg


内容>>
[PR]
by enokama | 2010-11-18 23:47 | 中岡慎太郎関連 | Comments(4)
先ほど戻って来ました!
今回は往復バス(行き夜行・帰り夜便)だったんだけど、やっぱり相変わらず眠れないんです…
値段安いし、時間も有効活用できるから夜行をもっと使えたらいいんだけど
なんかいい方法ないかな・・・
家までの電車では、爆睡できるんだけどね。
明日に疲れが出そうで怖い(苦笑)

上川さん、北川に16日トークショー&17日墓前祭と2日間来られました(北川村温泉に泊まられました)
さすが、絵になる役者さんでしたね。
やはり女性ファン(年齢層は幅広く)が多かったです。。。
また詳細は順次、上げて行きますね!

1日目は名古屋の才谷さんとご一緒して
現地のブロガーさん、顕彰会の方、そして中岡慎太郎館の館長さんと学芸員さんと
久しぶりにお話してきました!
まあ、こう言った行事は今回の大河ドラマのおかげだけだとしても
今回の作品内容としては、誰一人として満足してませんね・・・
ほんと上川さんと言ういい役者さんが演じているのに、勿体ない話です。

正直「中岡慎太郎」と言う人物がどんな人なのか、見てる人にはわからないし
せっかくのメッタとないだろう映像化なのに・・・
去年の今頃は「今度こそ世に出る」って、すごく期待してたんですけど
それどころか、世間では「龍馬暗殺」の黒幕選択肢の一つに当然のように
されてしまってるじゃないですか…
なんで、こんなになってしまったんだろう(泣)
またこれからも、地道にアピールして行くしかないですね!

まあ、それでもおかげ様で今年は盛り上がってよかったです。
スタッフの皆さんも15日の京都・霊山と、北川での16・17日の行事に分かれて
例年以上の大変さだったでしょうが、無事に終えられて本当にお疲れ様でした。
そして楽しませていただきました!
ありがとうございました。。。


また命日の今日、NHKの慎太郎主役「ヒストリア」放映されました。
帰りの電車待ちの時にワンセグで見てたんですが
早川さんが出てきて、ちょっとびっくりしました。。。
そして帰ってから、とりあえず早まわしで見たんですが
まあ、うまくまとまってましたと思います。時間がもっとあればってのは
どうしても、思ってしまいますがね。。。
解説の先生にちょっと興味あったんですが、やはり出演なし(まあ浮かんできませんが)
あと協力で長府博物館が出てたんだけど、何が出てたんでしょう?
またのちほど、じっくり見直して記事にしてみます!
[PR]
by enokama | 2010-11-17 00:37 | 中岡慎太郎関連 | Comments(2)

夜行高知行き

f0010195_23154115.jpg

もうすぐ出発!
[PR]
by enokama | 2010-11-15 23:15 | 旅行 | Comments(0)
この日が近づいてくると、今年ももうすぐ終わるんだな~
って思ってしまいます…

例年通り15日に祭事が行われますので(去年のレポ→こちら
もし今年の大河ドラマで坂本竜馬に、新たに興味を持たれた方は
ぜひ足をお運びください!
平日ですが、今年は人出が予想されますし
今日あたりは例のごとく、秋の京都市内は渋滞でマヒしていたようなんで
公共交通機関で時間に余裕を持っておこしくださいね!

霊山歴史館では、木村先生と中岡慎太郎館の豊田さんの講演があります(詳細→こちら
残念ながら、今年の大河ドラマでは「中岡慎太郎はどんな人」ってのが
ほとんど描かれてませんでしたので、講演を聞かれて疑問がありましたら
どんどん先生に質問して、知っていただきたいと思います!
先着順ですので、お早めに・・・

私は今年は北川村の慎太郎墓前祭に行ってきます(17日)ので行きませんが
15日は北川村のテントも出ていると思うんで、ぜひ立ち寄ってください!
[PR]
by enokama | 2010-11-14 22:21 | 私の好きな京都 | Comments(2)
例の「東大教授・山内昌之」のコラムです。
相変わらず前半は民主党批判で、後半は今の政治家と照らし合わせて
幕末の人物を通した現在の指針を説きます!

まあ、今の政治家と幕末当時の文字通り「命をかけて、国を思い憂いた志士や人物」との対比は
悪いけど先人に失礼なレベルですよね。そんな大物はおらん・・・
このコラムの人物論は普通に人気のある人は持ち上げ、人気のない人はとことん貶めます。。。
まあ、そう言った構成がクレームもないだろうし、無難なんでしょうけど。

でも、そんな固定観念に捉われたとしたら「歴史の再評価」ってものには何もつながりません。
僕もちょっと偉そうに言わせていただくと「悪いと思われている人のいい所を見つける」
「本当のその事項について貢献した人物を発掘したい」
ってことを知りたいと思い、いろいろ調べているのです!

こう言った新聞に連載され、ブログにもよく「いい話だ」として引用されることは
いつまでたっても「悪い奴」は「悪い」として、ずっと伝えられて行くことになるのです。
本当に悪い人で伝えられてきて、実は誤解だったと言う例は結構あるし
それが従来の史観に捉われることで、公にされないこともあります・・・
だから僕は敢えて、逆の方向で引用するんです(前回の批評→こちら

春嶽や福井藩については15年ほど前から、興味持って知っています。
この山内(中村彰彦)ラインの会津史観については、わずか3年ほど前からしか調べていません。
それを知った順番が逆だったとしたら、多くの人と同じような思いを持ったかもしれません。
それを理解していただきたいと思います!

物は言いよう>>
[PR]
by enokama | 2010-11-13 22:46 | 福井藩 | Comments(0)