エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

<   2010年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

昨日の「龍馬伝」感想関連のブログや、掲示板をいろいろ見たんですが
「中岡慎太郎はどうした・・」って書き込みが意外に多くって(嬉)

勝海舟の談話(氷川精話)による
「あれ(薩長同盟)は坂本龍馬がいたからだよ」と言う談話から取った
「薩長同盟は坂本龍馬の奔走で実現した」の文言は、あらゆる書籍に引用され
その龍馬の「大政奉還の実現」と並ぶ代名詞として、長い間語られてきました・・・

しかしながら、この「薩長同盟」の実現には中岡慎太郎と言う人物がかなりの貢献をしたと
広めたのが、何を隠そう司馬遼太郎御大・・・
「龍馬がゆく」でも実はかなりのページをさいているし、僕のようにこの本から慎太郎ファンになった人も
意外に多いかもしれません。
そして大半の氏の書籍では「坂本と中岡の奔走で薩長同盟が実現した」と必ず連名になってるはずで
今でも「坂本龍馬が・・・」と単独で止まってしまう書籍が多い中で、重みのあることです!
また司馬先生の好き嫌いもわかりやすいんで
(井上馨の嫌いっぷりは徹底している 笑。 一方、黒田清隆を買っているのはさすがと思います)
入り口になりやすいんでしょうね・・・

だから今年多く出た「龍馬本」でもしっかり書かれた物では、慎太郎の存在や位置ってのが
はっきりわかりますんで、テレビに向かう前に予備知識は持っているんだと思います。
しかし、その高い意識の視聴者に付いて行けず、負けてしまっているのが今回の脚本であり
「龍馬至上主義」や、訳のわからない行動を(昨日の新撰組屯所に行こうとしたことなど)美化するから
評判は悪いし、数字も落ちてしまうんです。。。
まあ、僕としてはこれだけむちゃむちゃな話にしたら、本当に鵜呑みにして信じる人もいなくなるだろうし
ばか話(ありえない話)としたら見れなくもないと思う、今の心境でもあります(苦笑)

今日はこんな今回のスタッフがわかっていない人物評価を
中岡慎太郎がすでに幕末にしていたことについて・・・

慎太郎の時勢論>>
[PR]
by enokama | 2010-08-30 23:06 | 中岡慎太郎関連 | Comments(0)
24時間テレビエンディングと重なりましたが、今日はライブで見ました!
それにしても8時前の時点では、間に合うかなと思ってたんですが
しっかりゴールしてましたね。。。

さて、今日は視聴率どれぐらいになるんでしょうか?
今回と次回は三吉慎蔵がどれぐらい活躍するのかが、僕の見所です!

本編です>>
[PR]
by enokama | 2010-08-29 23:37 | ドラマ感想 | Comments(2)
久しぶりに西郷特集を見るような気がします(前はこんなのも→こちら
まあ、いつも思うんですが、1時間弱では終わらないぐらいにエピソードは多い人なんで
要所要所だけってのはしょうがない面でもあります・・・

続き>>
[PR]
by enokama | 2010-08-26 23:21 | 薩摩藩 | Comments(4)
本来なら佐川から津野へ抜けるのが、この本来の「脱藩の道」なんですが
今もこの間は細い道だそうなので
今回のバスは一旦、高速で須崎に出てから、高知県から愛媛県へ抜ける197号線を走って行きます!
そういえば、10数年前にバスガイドさんが「いくな(197)国道」って言ってたのを思い出します。
まだ3桁の国道では、道路整備されていないころの酷道ぶりを表現したものですが
今は快適そのもので、こうやって大型バスの団体でも行けるようになって有難いものですね!
津野あたりの沿線では棚田があったり、ニラの栽培が盛んだったりする山中を抜け
梼原に入ったところ「太郎川公園」でバスを降り散策スタートです!

続き>>
[PR]
by enokama | 2010-08-24 23:40 | 土佐藩 | Comments(2)
先週末は目一杯、東京から横須賀まで堪能してきました!
お話は庄内から長州まで!幅広く、お付き合いしていただいたみなさん
ありがとうございました・・・

ちょっと不慣れなため、電車の時間が読めず、道に迷ってしまうこともあり(苦笑)
集まりの時間が遅れ気味になってしまったこと、すみませんでした。。。(謝)
それにしても木金あたりは関西も大概、猛暑のピークで、天気予報だと関東の方が若干ましって
感じだったんですが、土日の暑さは結局半端なもんじゃなかったです;;

実際、久しぶりに散策して緑が思った以上に多いのと、お寺関係の規模も大きく
坂道の多さも感じました。
レポは長くなりそうなんでボチボチ行きます!

今回の感想>>
[PR]
by enokama | 2010-08-23 23:35 | ドラマ感想 | Comments(4)

ヨコスカレー

f0010195_23202642.jpg

久しぶりに東京に来てます!昨日今日と赤い電車で、京急沿線を回ってきました。
写真は横須賀の海軍カレー
具が大きくて懐かしい味で、牛乳が付いてきます!
明日は都内の史跡巡り、楽しみにしてます!
[PR]
by enokama | 2010-08-21 23:20 | 旅行 | Comments(0)
高知へは昨年の9月と今年5月末の霊山歴史館のツアーで各所回ってきました。。。
所々のレポは「龍馬伝」の感想に追加する形でいくつか書いてきましたが
今回は梼原の「龍馬脱藩の道」の紹介です!

大きめの地図

やはり結構遠いですね・・・

佐川から津野郷を経て梼原へ

従来、尊攘派に心を寄せ勤王党からも信頼を得ていた佐川・深尾鼎侯は
山内容堂の勤王党弾圧の方針を見て変心し、逆に謹慎等取り締まる行動に変わってしまう。
それに憤慨した佐川の志士の田中光顕・大橋慎三・古沢迂郎らの大量脱藩もあり
多くの志士を輩出している(→関連記事

津野は土佐四天王の一人・吉村虎太郎の生誕地。
国道からも吉村の大きな銅像(旧東津野村役場)を望むことができます!
長州・久坂玄瑞の「草莽崛起(くっき)論」に触発された彼は、文久2年3月7日に脱藩。
(セリフだけで「龍馬伝」には出てました 苦笑)
土佐の脱藩第一号となり、同じく久坂と会談した坂本龍馬も27日に続いて脱藩します・・・(→関連記事
多くの志士たちは長州(三田尻)に抜けるコースが多く、このルートは一番のメインとなって
そこから「脱藩の道」と言われ、伊予へ抜ける要地の梼原にはその脱藩に協力し
助けた志士たちも多くいて、地元で顕彰活動をされています(虎太郎の顕彰は津野でされています)
今回はその一部、梼原中心地あたりの区間を地元ガイドさん、霊山歴史館の学芸員さんのご案内で
歩いてきました。

続く・・・
[PR]
by enokama | 2010-08-18 23:43 | 土佐藩 | Comments(2)
日曜は月曜日も休みだったんで、飲みに行ってまして録画を見ました!。
正直最近はじっくり見るほど話も面白くないし、生だったらなんとか見てられるだろうけど
録ってたら、もうどうでもいいシーンはどんどん飛ばして行きます。。。(苦笑)
それでも見るのは、長州勢と近藤長次郎と来週出てきそうな三吉慎蔵がどんなんかな?ってとこぐらい。

オープニングは長州二傑のシーン。
もうこっちメーンの方が面白いのとちゃうの・・・
「薩摩名義で武器を買えます」との便りに、コゴローが聞多に「金用意しろ」(笑)
ちゃんと役割わかってるやん。。。

うーん、やっぱり龍馬は長崎に帰って陣頭指揮させな気が済まない・・・
相変わらずの脚本ですね(萎えるよ)
グラバーに対しての今回のドラマの龍馬は、相変わらずの土下座・肩たたき「日本」「日本人」の連発に
机叩きとソファーふんぞり座り・・・
武士じゃないんですかね?失礼やと思うし、このへんがうんざりなんや・・・
最後、金で転ぶのはそりゃ商売ですからね!

続きの交渉、今回はいつものように龍馬でみ~んなまとめるのではなく、珍しく他人に振ります。
まあ来週(?)の伏線のためだけでしょうが。
グラバー・長次郎らと聞多・俊輔のシーンは、キャスト発表からずっと楽しみだったからよかったです。
聞多は英語ほんまにバリバリやったんかな?(笑)
でも実際彼らに影響されて、長次郎が洋行に行きたかったのはあったでしょうね!
それにしても、どれだけ薩摩色を排除したいんだろう。。。

あとはまともに見られませんでした・・・視聴率13とか。。。
来週は三吉慎蔵をしっかり出してよね。
ノベライズで三吉君、ちょっと納得できない表現あったんだけど
おそらく指摘されて直ってる事を期待します!


下の隠し記事で長次郎をまとめてみました!
見るのは来週の放送後の方がいいかと思います・・・(笑)

近藤長次郎のまとめ>>
[PR]
by enokama | 2010-08-17 23:55 | ドラマ感想 | Comments(0)

終戦記念日と歴史認識

今年も終戦記念日がやってきました。
まだ歴史認識っていうか、論議がなぜ今になっても定まらずに、曖昧にしてしまうのか
疑問になります。
もう第二次大戦の最後の2年ぐらいは、国民の間でも「厭戦気分」は表立って出せないものの十分あった。
「本土決戦」って苦し紛れにもほどがあるよね。。。
それでこれを言ったら、袋叩きにされた人もいたけど「原爆が終戦の引き金」になったのは
確かにあったと思う。
しかし、その唯一の被爆国としてのアピールと、そこまで自分たちを追い込んでしまった(戦争を止められなかった)
反省ってのは、十分検討の価値はあると思う。
それが問題発言やら言って、一方的に言い放ってしまうから議論が尽くせないんだ。

それと今の首相と外務大臣は、はっきり言ってたけど
「A級戦犯合祀の靖国参拝は問題ある」
こんなこと、まともに言うって最低だろ。。。
A級戦犯のせいで、戦争になったって言ってることと同じでしょう?
戦争責任って、その時の当事者全員で受け止める事であって、なぜ彼らに押し付けるんだ。
その戦犯の線引きも、確かな物ではなかったでしょう・・・

少し意味合いは違うけど幕末の戊辰戦争で、よく会津寄り研究者(?)は最近でもあったけど
すべて「世良修蔵」のせいにするんやね。
今年は散々「坂本龍馬は平等だ、平和主義者だ」ってこの連中も乗ってるくせに
「周防大島の漁民の出で粗暴だった」って・・・身分のこと持ち出して、150年前からの話をずっと繰り返すだけ。
「会津は家訓の徳川尊幕を貫いた」でいいやん。筋が通ってるし、まっとうだ。
なんでこの人らの言う「世良ごとき」で戊辰戦争になったって、いつまでも責任を押し付けるわけ?
同じ兄弟でも尾張の徳川慶勝は「家訓が尊皇だった」はっきりしてるやん。
養子で入った彼らはその家に合わせた政権運営を行ったってことでしょう・・・
松平春嶽は一般的な坂本龍馬観と一緒です「日本を一つにして、皆で議論を尽くす政治をしたい」
そこにはそれまでの「徳川だけ」って考えはなかったんだ。。。

後「日韓併合」で、また謝ってたようですが・・・
まだ50年経っても、100年経ってもも謝り続けるんでしょうかね?
侵略がどうの、植民地がどうのってのは、第二次大戦前は世界中当たり前の考えですよ。
ロシア革命が起こったり、ナポレオンが出た時も国を平定して強い国家になったら
また周りの国家に侵出していくわけよ。信長や秀吉もそうでしょう・・・
それで伊藤博文を暗殺したのは、結局は逆に進んでしまった(伊藤は自治を限りなく認める方針だったが
山縣・桂太郎は強硬な手段になってしまった)面もある。
なんか中韓に押される、今の国力の勢いってのもわかるような気がする・・・
もっとちゃんと幅広い歴史観を持って、堂々と対抗してください!
[PR]
by enokama | 2010-08-15 23:55 | 歴史全般 | Comments(2)

お盆休み

またETCの兼ね合いで、過去最高の道路渋滞とか言ってまして
今週頭から休みの方も多いようですが
おかげさまで(?)僕の方は今、仕事がそれなりにあるんで、今日まで出勤してまして
お盆休みは月曜日までの3日間になります。

ちょっとさすがの僕も夏負け気味で、先週あたりは食欲もなく(ちょっときつかった 苦笑)
残業もしてたんで、ブログもなかなか更新できません・・・

あと来週は20~22日まで、久しぶりに東京へ行くんですが
その後は仕事に追われると思うんで、日曜日だけ休みってのが10月頭ぐらいまで続くようになりそうで
いろいろお誘いはいただいてるんですが、土曜や平日は難しくなると思うんで
あらかじめご了承くださいね!

続き>>
[PR]
by enokama | 2010-08-13 23:57 | 総合 | Comments(2)