エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

<   2010年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ダービー 2010

楽しみにしていたダービーですが・・・終わりました;;
せっかくいいコンディションでも、あんなレースはないわ(怒)
2400も走って、上り32秒台って異常!
それと馬主やら厩舎にはいいんだろうけど、ファンから見たら、もうG1に簡単に外人騎手乗せて
ほしいとは思わないでしょう。
松岡君やら川田君あたりの若手が勝ったら、「ほんとによかったな」素直に喜べるけど
なめっきた表情で勝つ顔なんか見たくない。
それで勝たない時は、こんなクソレ-スを演出する・・・

飯田君はね。力は及ばないことわかってるんだから、そんな沈滞ムードをぶち壊すような
(向こう正面で先頭に立つとか)思い切ったレ-スでもよかったんじゃないでしょうか・・・

馬券は皐月賞上位組でも、唯一今回振るわなかった馬から買ってました(泣)
次の安田記念は素直にショウワモダンから・・・
[PR]
by enokama | 2010-05-30 21:28 | 競馬 | Comments(0)

今日まで高知

高知市・帯屋町(5月28日夜撮影)
f0010195_81512.jpg

29日は檮原に泊まってました!
また高知市内に戻ります。
[PR]
by enokama | 2010-05-30 08:01 | 旅行 | Comments(0)

抽選突破。

明日28日から四国に行ってきます・・・
28日は霊山の常連さんたちと松山へ。
29~30日は高知で、恒例の霊山歴史館の研修ツアーに参加してきます!
今回は梼原(泊まりもこちら)ってことで、高知県西部を楽しんできます。

更新は余裕があれば携帯からします!


それともう一つ
今週はダービーウイークです!
我が贔屓(最近はそれほどでもないが 苦笑)
飯田祐史、ダービー初騎乗です。
3分の1の抽選を突破いたしました(嬉)
ほんとクジ運は元来悪かったんだけど、よかったですね!

15 メイショウウズシオ  飯田 明弘(栗東) 牡3/黒鹿 57.0kg 飯田 祐史
(戦績)
3.27 中京 フリージア賞 500下  勝利

ご覧の通り、完全に裏路線です。
(ただし、タムロスカイやダノンスパシーバの出てた骨っぽいメンバーだった)
プリンシバルSが例年通りに2着まで出られていたなら、不可能だったかもしれません・・・

現役中、乗ることが叶うこともひょっとしてもう無いかもしれません(騎手の面子見てもそうでしょう・・・)
悔いのないよう思い切ったレースをしてほしいです!
左回りの方がまだいいみたいだし、テレビ馬でいいから逃げて目立ってほしいとも思います(笑)

僕個人の狙いはペルーサとヒルノダムールで。
今週こそ天気になってほしい!
[PR]
by enokama | 2010-05-27 00:51 | 競馬 | Comments(2)

近江ツアー~彦根城

今回の行程はこちら

宿泊は彦根キャッスルホテルに泊まりました。
お城が目の前なんですよ~
f0010195_0194575.jpg

夢京橋の通りに飲みに行って、ホテルでも2時ころまで話してました(笑)
歴史仲間で行く旅行の夜は、ナンボでもネタがあって話しは尽きません・・・

朝はホテルを8時20分発。
車はホテル(土産屋を兼ねてる)にそのまま置いて観光してきていいですってことで
気分的にも楽でした。。。
部屋もきれいだったし、フロントも丁寧に観光案内してくれたし、いいホテルでしたよ!

この時間に出たのは、天守閣が8時30分から開いてるので。
実は僕もよく仕事で来るんですが、どうしても大阪からだったら日帰りになるんで
彦根に着くのは10時半とかになるんだけど、よく1時間待ちとかなってしまんだよね・・・
だから観光2時間取っても、ぎりぎりって感じで共通券で行ける彦根城博物館・玄宮園で過ごす
人も多いんで(当然、僕は見られません)朝一に行っておきたいなと思ってたんです!

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2010-05-26 23:17 | 近江の史蹟 | Comments(2)

「龍馬伝」第二十一回

今日はいよいよ八・一八の政変。
主導的な立場として、薩摩の高崎正風(猪太郎)を登場させてました。
ちょうど西郷さんは島流しのころですし「寺田屋騒動」後の薩摩は
藩父・島津久光の意もあって「公武合体論」を取っていました。
でも高崎って人はもっと冷静沈着で策士だったと思うんですが
やべっち久坂との対峙は中途半端に太った(実際はどうだったんだろう?)キャラだし
子供のけんかみたいな場面、なんか劇画ちっくで重みも感じませんでした。。。
まあ、わかりやすかった絵ではありましたけど・・・
三条さんはあの優雅な雰囲気で、うろたえる表情(目が泳いでる)がなんとも味がありました。
長州に落ちて行き、やがて大宰府で中岡慎太郎のボスとなります。

八・一八と言えば計画されていた大和行幸に合わせて、吉村虎太郎らが大和・五条にて挙兵(天誅組)
するんですが(→関連記事はここここここ)当たり前のようにスルーされてました。
もう出る機会はなくなってしまいました(泣)
土佐舞台なのに「四天王」の一人を完全無視するのか(怒)

続き>>
[PR]
by enokama | 2010-05-23 22:39 | ドラマ感想 | Comments(6)
今朝は五時ぐらいに、凄い風の音で目覚めるほどの天候でした!
今日はオークスの日ですが、東京もやはり雨。。。
せっかくのクラシックは、いい天気でやってほしいもんだけれど
コンディション悪いながらも、いいレースを見せてもらいました。
ただしこの条件でのきついレースは、ダメージが残るだろうから
しっかりケアして、次走(秋にも)に備えてほしいですね!

混戦模様で、かなり僕も悩みました(メンバー的にはなかなかのレベルですね)
桜花賞直後はアパパネだろうと決めてたのが、少しぐらつくし(折り合いや距離も言ってたし)
オークス男の福永もいるし、四位を乗せてきた小島太厩舎のマンカフェ産駒も気になるし・・・
結局は、雨模様なんで軸は8枠の二頭(フローラS組は強いレースの印象があったので)
1枠のこっそり追っかけ馬コスモと、内枠の雨中逃げ善臣。7枠の福永と府中が合いそうなアニメイト。

で苦心した買い目がこれ
f0010195_2126015.jpg

なんか、しっかりした買い方しろってお叱り受けそうですが(苦笑)
取り合えず買い目は、みんな当たってるんで上出来です!
まさかG1で同着があるとは夢にも思わなかったです(単の配当は半分になるのかな?)

うん、来週のダービーもしっかり買えます(笑)
取り合えずはノリノリの典から、オークス・ダービーを両方取れるってなかなかないことだぞ!
(S49年の菅原泰夫さんは、カブラヤオーとテスコガビーで空前絶後の四冠を達成したことがありました)

(追記)
本田優厩舎のルーキー・川須騎手が、デビュー3ヶ月にして初勝利です!
ほんとつきがなかったり、彼のミスも多々あったりして、思いの他苦労はありましたが
なにはともあれ一安心です。
一つ勝ったら、また次のレースも勝って1日2勝してました。こんなもんなんですね(笑)
ちなみに本田さんは、師匠だった星川師と同様に騎乗指示ってのは出さないそうなんです。
自分でレースの流れを読んで、考えて乗れと・・・
確かに今は「折り合い」とかやたら言って、結果的に前残りになってしまうようなレースも多いですよね。。。
足らん馬だったら、それをどうやって力を出させるか考える。
それは本田さんの場合は、前に前にって言う意識がはっきりしてたんで馬券買ってても気持ちよかった。
(結構、おいしい馬券も取らせてもらいました 笑)
「思い切って乗って来い」本田厩舎の馬でG1を駆ける日を楽しみにしています!
[PR]
by enokama | 2010-05-23 21:34 | 競馬 | Comments(2)
ほんとは日曜日、高野山にお参りの仕事が入ってたんですが
参加人数が少なくって、取り消しになってしまいました。
朱印があるので二人添乗のサブだし、スーツ着なくていいし
今どきまずないチップももらえるし、調子悪い時に直前の峠道で酔ってしまう以外は
おいしい事ずくめなんですが・・・
お客さんも四国八十八ヶ所を満願した後の高野山へのお礼参りなので(弘法大師・空海ですね!)
話もするのも面白いんですがね。。。残念

そこで土曜日の夜に、前から行きたかった大阪龍馬会の長谷さんの講演に行ってきました。
長谷さんの「大阪学」は、ほんとに聞き応えがあるんですよね!

18時からとなるので、その前に大阪城に行ってきました。
f0010195_11122952.jpg


講演>>
[PR]
by enokama | 2010-05-22 23:14 | 大坂発見 | Comments(0)
今回の行程はこちら

湖西から琵琶湖大橋を渡って、湖東に出ます!
僕自身、それこそ前に安土城跡に行って以来7年振りぐらいで
その時にもあったかもしれないけど、車線に「琵琶湖周航」の歌の音符が掘られていて
車が走ると音を奏でる仕掛けになっていて、ちょっとびっくりしました!

橋を渡って湖岸道路を通り、安土城跡へは坂本から40分ぐらいで、着いたのが4時過ぎ。
実は前行った時は、ほんと城跡だけで柵もなんにもなく自由に出入りすることができた。
しかし今は入山(?)料を取られて、時間制限もあるらしい。。。
それと今、安土町は隣の近江八幡市と合併したばかりで、町のHPも訳わかんなくなってるし(どこで聞けば?)
いつまで開いているのかも、資料がまちまちでわからない。
取り合えず、5時に閉まるのを想定して道順的には近江八幡を先に行きたかったけど
安土に行ってみた。
ここの合併もいろいろ問題が起きて、ひと悶着あったらしい・・・
やっぱり安土と言う地名に誇りもあるだろうし、吸収されるような感情もあると思う。
僕の住んでいるところもかなり合併を繰り返してるけど正直、行政サービスは低下するし
例えば広報紙も一本化されるし、取り残されたような感じがするんやね。
ちなみにこの周りは虫食いみたいに合併していて、永源寺も八日市も能登川もみんな「東近江市」
それに方向看板もみんな律儀に、一つ一つ「東近江」に直してある。
俺が行きたいのは能登川だ、八日市だって言っても「東近江」としか書かないから、わからんの。
それに単純な国名だし、合併でひらがなにするところもあって馬鹿にしてるように思える。
伝統ある地名から学ぶって言う教育もあるでしょうに・・・
こんなことマスコミも新聞も、今や御用聞きになってるから(批判は世論調査の数字でごまかす)
書かないことだろうけど、おかしいよね。

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2010-05-21 23:22 | 近江の史蹟 | Comments(0)
今回の行程はこちら

日吉大社
f0010195_2373214.jpg

延暦寺へ続く参道
f0010195_2383815.jpg


いろんな方の墓所です>>
[PR]
by enokama | 2010-05-20 23:56 | 近江の史蹟 | Comments(2)

近江ツアー~坂本門前町

今回の行程はこちら

盛安寺(せいあんじ)
f0010195_22104887.jpg

f0010195_22111510.jpg

このあたりは坂本大字「穴太」(あのう)と言う地で、古くから「穴太衆」と言われる石工たちが住んでおり
「穴太衆積み」は石を加工・切断することなく、そのまま自然の形を生かした「野面積み」が特徴で
坂本門前町一帯、神社仏閣の独特の景観を作り出しており
その技術は織田信長の安土城で注目され、その後の多くの築城技術に生かされ
現在もしっかり伝統的技術継承がされているそうです!

伏見桃山城移築とされる客殿(重要文化財)
f0010195_22222737.jpg

こちらも明智光秀の保護があり、所縁が伝えられているそうです。
また、本尊の十一面観音立像(平安時代作)が有名で定期的(要確認)に公開されているそうです。
(当面、土曜日の公開だそう)

坂本門前町>>
[PR]
by enokama | 2010-05-20 22:52 | 近江の史蹟 | Comments(0)