エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

<   2009年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

北川村過去記事
2006年7月
(2007年9月 その1その2

9月22日(祝)
高知駅を8時30分発のごめんなはり線(→HP)直通快速に乗って北川村の玄関口である終着駅・
奈半利駅に9時40分着。
起点から終点まで乗るので「全線フリー券」が得かなと思って車掌さんに聞いたんですが、残念ながら
線内は1日用のみで2日用がない(今日は奈半利に泊まるので)との事。
この線に乗って北川行って、室戸を回って、帰りに安芸に寄るような方には2日用(5000円・奈半利から先のバス
も一部可)もあるようですが、今回のプランには合いませんでした・・・

奈半利駅からは連絡の北川村営バスに乗り換えて、北川村の誇る名所の一つ・モネの庭(→HP)に到着しました。
今日はここから、中岡慎太郎が幼少から青年期にかけて、学校に通った山越えの道「向学の道」を歩きます!

慎太郎の師・島村策吾の碑(モネの庭から歩いて5分ほど)
f0010195_6403236.jpg

f0010195_6471132.jpg

大庄屋の跡取りとして生まれた慎太郎(幼名・福五郎もしくは福太郎)は、この北川郷を治めるに
ふさわしい人間になってもらう事を願って、父・小伝次の方針もあり幼少のころから学問に励みました。
4歳になったころから、地元の菩提寺・松林寺の禅定和尚に手習いを受け
7歳の頃からは途中に山越えもある約3キロの道を歩き、奈半利郷・野友(現在は北川村に編入し
役場所在地で中心の集落)の漢方医・島村策吾塾に四書を使った儒学を学びます。
授業は午前8時から午後2時で(早めに始まり、終わるのは家に帰ってからの仕事もあるからのよう)
慎太郎の足でも1時間強はかかっただろうし、冬はまだ薄暗い時間から歩いてたのでしょう。
14歳の頃には師匠に代わって、代講も務めたと言われます。

野友の塾があったあたり(奥さんの兼も、野友の庄屋・利岡家の娘だった)
f0010195_733635.jpg

17歳のころからは田野(奈半利川河口の西側の町)までさらに足を伸ばし
このころ藩によって設立された田野学館(現・中芸高校敷地)に通うようになります。
ここで学問の師・間崎哲馬(滄浪)や剣術の師・武市半平太(瑞山)に出会い、彼に大いに影響を与え
のちに高知市内・江ノ口の間崎の私塾へ、また武市道場に寄宿するようになり
彼らが中心となって結成された「土佐勤王党」には、他の武市門下生と共に加盟し
幕末の志士への道へとつながって行きます・・・

つづく
[PR]
by enokama | 2009-09-30 23:26 | 中岡慎太郎関連 | Comments(4)

はばたけ弥太郎!~安芸

過去記事(2006年7月) (2007年8月

f0010195_0214517.jpg

順不同ですが先に岩崎弥太郎の出身地・安芸のレポを。
過去記事も合わせてごらんください!

「龍馬伝」って弥太郎主役じゃなかったのかな・・・
ほんまに「はばたいてよ」 弥太郎!

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2009-09-27 23:21 | 土佐藩 | Comments(4)
この5連休は1日目(19日・土曜日)が、高松(屋島あたり)への日帰り添乗。
またメタ混みかなと思ったけど、意外と土曜出勤の所も多いようで道は流れていました。

そして21日からは2泊3日で高知へ行ってきました!
もう道路渋滞はこりごりなので、JRとごめん・なはり線を使って移動。新幹線~土讃線経由で高知までは
片道1万ほど・・・今の時代、ちょっとした贅沢かもしれません。
21日は高知市内史跡めぐりで市内泊。
22日~23日は以前、記事にもした(→こちら)中岡慎太郎の出身地・北川村で行われる
各行事に参加してきました。

元来龍馬ファンの方ですが、今回はマイナーな土佐藩士のゆかりの地にも訪ねる旅に同行いただいた
マイミクのTさん(二人の弥太郎はちょっとややこしかったですね 笑)
高知市内のマニアックな歴史スポットを案内していただいた、いつもお世話になっているji5islさん。
今回のプランを立てていただいた北川村・中岡慎太郎先生顕彰会の皆さん。
中岡慎太郎館の学芸員・豊田さん、「書道教室」の知原さん。
一緒に「烏ヶ森」を越えた、向学の道ウォークに参加の皆さん。
「慎太郎教室」でご一緒した神戸のMさん・・・
ほんとにお世話になり、楽しい時間を過ごせました。ありがとうございました!

盛りだくさんの内容でしたのでレポはどれぐらいかかるか、わかりませんが頑張って
11月~そして来年に向けて、慎太郎が盛り上げるよう記事にして行きたいと思います。


今日は慎太郎のキャラクター商品が少ないと、日頃お嘆きの皆さんへ
やはり、地元にはあるんです!
f0010195_21543536.jpg

一番左の缶はゆずサイダー。慎太郎&龍馬缶です(売ってる場所によりパッケージが違う場合があります)
サイダー、よもぎようかんと柚子ポン酢は北川産です。
ゆず酎「陸援隊」は地元・安田の土佐鶴の焼酎で、関西で置いている店もあるようです。
一番右の手提げパックは安芸名産の「あずきせんべい」です(このパッケージで「芋けんぴ」もありました)
お求めは慎太郎館前名産売店。奈半利・田野・安芸等のごめんなはり線駅併設の道の駅で・・・

ごめんなはり線のキャラクター車両>>
[PR]
by enokama | 2009-09-25 21:07 | 土佐藩 | Comments(7)
佐賀城・西の濠
f0010195_20372352.jpg

天守台など一部を除いて土塁作りで、全体に平坦な作りの城郭。
その代わり四方(東の濠は埋め立てられた)の濠は幅広く広い池のようだ。

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2009-09-24 23:27 | 歴史連載 | Comments(0)

安芸より

f0010195_17265098.jpg

田野のアイス屋さんで作ってます! 3日間満喫してきました。今から帰ります。。
[PR]
by enokama | 2009-09-23 17:26 | 旅行 | Comments(7)

高知2日目

板垣退助先生です!
(岐阜の銅像はこちら
f0010195_7564986.jpg

いまから北川へ向かいます!
[PR]
by enokama | 2009-09-22 07:56 | 旅行 | Comments(0)

岡山

f0010195_10544036.jpg

f0010195_1054401.jpg


f0010195_10544091.jpg

今から高知へ向かいます!
[PR]
by enokama | 2009-09-21 10:54 | 旅行 | Comments(1)
幕末佐賀藩の明君で知られる鍋島直正(閑叟)は十七歳で家督を継ぎ、藩主になるために
初めての国入りの途上、一時その藩への借金返済の催促を求める商人らによって行列が止められたと
言う逸話があるほど藩財政は危機に陥っていた。

以降、衝撃を受けた閑叟は藩政改革を行い役人を五分の一に削減、農民の保護育成、陶器・茶・石炭
などの産業育成・交易に力を注ぎ藩財政を、一代にして立て直した。
一方地理的に長崎に近いため、従来より幕府から福岡藩と1年交代での長崎警備を命ぜられていたが
フェートン号事件(→こちら)等もあって外様ながらも外国警備を名目に、長崎での海外情報や技術の習得に
努めて、藩内でアームストロング砲に代表される近代兵器を作れるほどの技術力を持つようになって
軍事力の増強を図り、のちの討幕戦~戊辰戦争にもその動向で、かなり局面を左右するほどの影響を持った。
その財源は地の利を生かした長崎からの輸出貿易によって、もたらされた物も多かったと言う。
一般に開国により景気が悪化したと言う世論の多い頃(だから攘夷論も高まった)に実際に開国による
産業振興・貿易にて、その効用を実践した優れた先進性を持っていた。
このあたりは同じように開国政策で財政を立て直した福井藩にも通ずる所もある。
藩は精錬方という科学技術の研究機関を創設し、鉄鋼・加工技術、大砲、蒸気機関などの研究開発を行い
幕末期における最も近代化された藩の一つとなった。

その精錬方跡地(城の城西・長瀬町。築地反射炉が復元されている)
f0010195_0464730.jpg


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2009-09-20 23:37 | 緒方洪庵と適塾 | Comments(0)

新内閣・閣僚会見を見て

ヒストリア(勝海舟の回)を見ようと、9時過ぎからNHKニュースにチャンネルを合わせてたんですが
10時になっても始まらずウトウトしてました・・・
目が覚めたのが12時過ぎで、ちょうど「新閣僚記者会見」が始まっていたんですが
中々聞き応えもあって思わず、ぱっちり目覚めて見入ってしまいました!

今までこう言った会見は、内閣が変わるごとにやっていたのかはわからないんですが
選ばれた各大臣が(ベテランも多くって実務を知っているからでしょうか)
コメント丸読みでなく、自分達の担当内容をしっかり自分の言葉で、全体の内閣内での役割分担
も明瞭だったんで好感を持ちました。今の所は「選挙に行っておいてよかった」と感じています(笑)


印象的だったのが藤井財務大臣の会見。
この人は大蔵官僚出身で、政治家になってからは小沢一郎さんと行動を共にしてきた方。
官僚主導から政治主導への転換について聞かれて、自身の経験を踏まえ「先輩からは技術屋になれと
言われ、政治には関わるなと教えてこられた。今の次官らはそれをわかっていない」
財政と経済のことについては「財政だけの再建じゃだめだ。当然、経済を立て直した上での財政再建。
これは高橋是清(→こちら)さんもしたことだ。それを学びたい」
是清さんが出てくるんですね(仙台藩出身で洋行・実務の豊富な経験を生かし、昭和初期の経済名蔵相と
呼ばれた)
多分、記者会見の若僧の記者とかは是清さんを知らないのもいるだろうけど、この人なら任せていいと
マジで思いました。

ミスター年金の長妻さんも頑張ってほしいし、亀井さんがまた表舞台に立ってきたのは嬉しく思う。
郵政民営化って僕は賛成だったけど、今の郵政って貯金の流出や運用とか正直信用もなくなって
きている面も思うので、しっかりした改革をしてほしいです。
法務大臣は、やはり死刑の質問があったけど、この方は廃止論寄りのようですね。内閣に亀井さんが
いるからおそらく執行も止まるでしょう。
最近ある通り魔的な事件では「死刑になりたいからやった」って犯人もいるし、裁判員制度もできたことだし
もうこの問題を大臣がかわるごとに方針を変えるのは止めて、しっかりとした議論をしてほしいです。

後、外交面ではアメリカに対しても物申すようだし、オバマ政権にもなったし「核の傘」ではなく
「非核の傘」の考えも合わせて議論したらいい。
その方が財政面にもいいしね。中国のODAとかもいい加減止めたらいいねん・・・
北方領土は鈴木宗男さんが最後の政治生命を懸けてやりたいそうだし、いい人材はこの与党にはいますよ。

この記者会見、司会の巻きがうざかったけど(苦笑)
延々と流してくれるNHKはいいですね。
民放でニュースになって流される映像は、自分らが突っ込めるように都合よく編集されるんで
前後の全体の流れがわからないと、話している各人のほんとの考えが伝わってこないと思うんだ。


後、自民党は総裁が誰になるかだけど、今度こそ谷垣さんの出番だろうか(→記事
具体的な政策も持ってなくって人気だけでなった安倍じゃなく、あの時に谷垣さんを持って来ていたら
もっと好転していたと思う。
谷垣さんになったら、今の政権とそう施策が変わってこないんで協調する面も出てくるのかな。
今はほんと失業率を見てもかなりやばい状態なのは確かなんで、足の引っ張り合いのないような
広い議論のできるような政治運営にしてもらいたいです。
[PR]
by enokama | 2009-09-17 02:30 | 総合 | Comments(0)
五月の各地の史跡めぐり、あと1シリーズお付き合いください!
(前回の下関編、全体に加筆しましたので再度ご覧いただけたらうれしいです)

この佐賀散策は行程の都合上、1時間40分ほどでレンタサイクルで回ってきました。。。
佐賀城本丸歴史館や大隈重信記念館なども、じっくり見学したかったんですが
今回は石碑や町並みと言った城下町の散策を中心に行ってきました!
説明はまだ佐賀は勉強不足なんで(苦笑)画像の看板の説明書きも合わせてごらんください!

神野公園(市街地の西北。歩いたら佐賀駅から30分ぐらいかかりそうで、バスも不便)
f0010195_2325355.jpg

f0010195_23262333.jpg


江藤新平のゆかりの地と墓所>>
[PR]
by enokama | 2009-09-15 23:42 | 歴史連載 | Comments(0)