エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

<   2009年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

薩摩名義で購入し亀山の社中の仲立によって、やがて長州に引き渡されることとなる「ユニオン号」は
イギリス製300トンの木造蒸気船。
この取引の中心となった近藤長次郎(上杉栄次郎)は薩長の毛利公・敬親に拝謁
島津公・久光には通商・攘夷論等、幅広い思い切った意見を出し、その上書も残されている。

「ユニオン号」は当面○に十の薩摩の旗章を付け、乗組員は菅野覚兵衛・石田英吉ら社中のメンバーで
平時は社中の通商航海に従事するが、有事の際は直ちに薩長両藩に組して武装し軍艦として運用する。
基本、資金は長州から出されその指示に従うが、運用に空きができた時は社中での運用(商売も)や
薩摩の用向きにも使うことができる。
薩摩船名での「桜島丸条約」と言われるもので近藤、長州の井上聞多・伊藤俊輔と言った面々での密約
だったが、長崎では早くから長州が一枚かんでいる噂は立っていたと言う。
長州名は「乙丑丸」艦長は長州海軍局の中島四郎と言う人物が勤めることとなっていた。 
ここに変則ながらも念願だった社中で運用できる船の獲得となった。
ただこのややこしい受け渡し・契約は秘密裏での工作でのことの産物でもあるだろうが、のちには正式な
長州完全移管・社中での運用権の問題も発生し、ほぼ交渉を一手に握っていた近藤の悲劇的な死は
その事も一因であったとされる。

その後運用権を正式に長州に渡し、再び船を無くすこととなった社中は慶応2年3月、薩摩の援助を得て
帆船・ワイルウェフを購入する。
そして試験航行を終え、5月いよいよ下関からの糧米を長崎経由で鹿児島に送る目的で本格航海に出るが
五島列島沖にて遭難してしまう不運に見舞われる。

ようやく手に入れた自由に使える船を失い、池内蔵太ら12名の優秀な乗組員が死んでしまった・・・
一方6月、乙丑丸は条約にもあった軍艦としての運用として、あの高杉晋作の活躍でも知られた
四境戦争の開門海峡での戦いに加わる。
ここで見られた社中乗組員の操船技術の高さは語り草になったと言う。
しかし、この戦いを最後に乙丑丸は彼らの手を離れた。

龍馬、下関へ>>
[PR]
by enokama | 2009-08-29 23:35 | 長州藩 | Comments(2)

携帯倉出。高知画像

もうそろそろ携帯も変えたいので・・・
(撮影 2007年8月)
才谷です。。。わかるひとはわかる?
f0010195_1953466.jpg


五台山の東。武市半平太生誕地(高知市吹井)
f0010195_1953423.jpg
f0010195_1953463.jpg

f0010195_1953450.jpg

f0010195_1953452.jpg

社と一族の墓。みんな「半」の名前が付くのが印象的。
生家も残っています(少し事情あって、行って必ず見られるとは限らないけど・・・)
[PR]
by enokama | 2009-08-27 19:05 | 土佐藩 | Comments(0)
四年前の今頃、僕は出張でトルコにいた。
(まだブログはやっていなかったので、記事にはしてません)
トルコの鉄道(国鉄)はあまり発達していなくって、世界有数のバス大国でもあるのだが
馬鹿でかいイスタンブールのバスターミナルから、ベンツのがっしりしたバスに揺られて四時間ほど
走っていったのはマルマラ海を挟んで、山間に入ったブルサと言う町。
人口100万ほどで温泉(蒸し風呂中心)とレジャーの町(スキーのメッカ)、1ヶ月ほど滞在した。

1ヶ月もいたら出張を越えて「生活してる」って感覚にもなってくる。
食事はケバブ。店先に燻した羊肉の塊が釣ってあり、それを刀で削ぎ落とした肉片を料理してくれる。
このブルサではヨーグルトを添えた「イスケンダル・ケバブ」が名物で、毎日のように食べていた。
昼は機械の据付先の食堂でパンを主食に、ご飯をおかずに食べていた。
飲み物はコーラとなってくるので、仕事はそこそこ体使うのにも関わらず5キロほど太って帰ってきた(苦笑)

トルコは敬虔なイスラム国家で、週ごとに(金曜日の昼1時間ほど、抜けたりする)お祈りに行く人が
ほとんどで、古いモスクが数多くある。
日本から持っていったラーメンは、現地の人は絶対食べない。豚は口にしないからだ。
人種的にはヨーロッパ系とアラブ系の顔立ちの人はちょうど半々ぐらい。
西部のこのあたりは問題ないが、東部はイラクやシリアって国と境界を接していて、紛争もまれにあるらしい。

テレビはスポーツはサッカー(フットボール)、ミリオネアのトルコ版もあったし
日曜はアンカラやイスタンブールの競馬中継もやっていた。
6頭立てぐらいで多くても10頭まで、凄くきれいな広い馬場でヨーロッパらしい洋芝と言うんだろう。
まあもっぱら見るのはCNNだったのだが、ちょうどハリケーン「カトリーナ」のころで毎日、あのとんでも
ない雲の塊を眺めていた。かなり空前の被害と感じたが今は復旧できたのだろうか・・・
そして、ちょうど日本は前の衆議院選挙のころで「小泉さん」が連日話題になっていた。
(だから、結局僕は選挙に行けなかったわけだが 泣)
帰る3日前に「KOIZUMI  VICTORY」と項目が出て勝ったのを知った。

飛行機待ちで、イスタンブールに2日滞在することとなった。
せっかくだからと観光する。
日本人観光客も多く、片言の英語でも値切ろうとしたら値切れる(笑)
この時買った財布(6000円ぐらいだった)は大当たりで、まだ擦り切れも破れもせず使い続けている。
最後の日の夕方、旧市街を走るトラム(路面電車)に乗り、1875年に作られた地下ケーブルカー
「チュネル」(パリ地下鉄の詩作路線とも言われる)に乗り換え、丘の上に立つトンガリ帽子の形をした
14世紀に建てられたと言う「ガラタの塔」に登った。
そこで京都から来たと言う、ある日本人のカップルに会ったのだが、その男性は「もう公務員でなくなるけど
郵便局に勤めてる。有給は基本的に使い切ることになっているんで、年1回まとまった休みを取って
海外旅行に行ってる」とのこと。時期的にもちろん「期日前投票」はしてきたのだろう。
彼らは今、民間会社となった「郵政会社」でどう勤めているのだろうか・・・

帰ってから>>
[PR]
by enokama | 2009-08-26 23:47 | 総合 | Comments(0)
長州の家紋は意外でした
f0010195_23135456.jpg

階段です!
f0010195_23135588.jpg

f0010195_23135534.jpg

沖田。いいよね~
f0010195_23135574.jpg


ほとんどなんにも知らずに予約していたので、大階段に登らない地下部屋(鴨川に抜けられるとか?笑)
に通されました・・・
知ってる人は「2階(3階もある。1階は入口だけっぽい)に通してください」って指定する人もいてるようです。
意匠は「東映」がバックアップと言うことで、細部も凝った作りで昔の新撰組映画のポスターもあったりしました!

料理は海鮮ですが、まああんなもんかもしれません(上品な量でしたが)
僕らはゆず酎があったら、大概頼むのですが(北川産ならとてもうれしい!)
ここの味も香りもなかった・・・残念。。。


お会いしたみなさん、ありがとうございました!
[PR]
by enokama | 2009-08-23 23:49 | 私の好きな京都 | Comments(4)
京都から中岡慎太郎と共に下関に入り、大宰府に向かった田中顕助だったが五卿との面会は叶わなかった。
聞くと幕吏が入っていて、また五卿の召還を蒸し返していると言うのだ。
「五卿動座」の中心的な行動を取った福岡藩も、俗論派が勤王党の逮捕に踏み切っている
(のちほとんどが斬刑される)
そこで顕助は長州に取って返し報告、慎太郎は西郷ら薩摩勢に協力を願うべく急遽、桂小五郎
(高杉晋作かも?)に旅費を借りて単身上洛した。実にこの年4回目のことである。
この件に関しては桂あて8月11日に「谷君(高杉の変名)江相願候路用拝借仕難有奉存候」との記が残っている。

事実かいあって、翌年(慶応2年)3月の幕府側の召還にむけた実力行使には黒田嘉右衛門、大山格之助
らが威嚇してこれを阻止している。

翌年1月、京都の薩長同盟締結の場には腹心の顕助を送って、慎太郎は大宰府の五卿付の任務に
ついている。
そして2月には山口で締結の様子と龍馬の寺田屋での遭難の報を聞き、上洛をしている。
ここで龍馬の見舞いと、おりょうとの結婚の立会い(西郷隆盛説あり)をしたとされる。
3月5日には薩摩の蒸気船・三邦丸で下関に戻ってきたが、この船には薩摩の西郷・小松帯刀・吉井幸輔
龍馬と結婚したばかりのおりょう(薩摩への新婚旅行)もいて、み~んな一緒だった。
実に楽しい船中だったでしょうね(笑)
そして龍馬に付いて上洛し締結を見届け、寺田屋では龍馬と共に戦った長府藩士・三吉慎蔵と一緒に
下船することとなる。

実は今回、お世話になった長府博物館には三吉家ゆかりの寄贈品もあって、三吉家にも多数の龍馬
から慎蔵への手紙が残されているんですが、慎太郎からの手紙も残されているんです。
(時期的にはこの3~5月の物が3通)
龍馬からの手紙はこの年の7月から翌年にかけて硬軟織り交ぜた物が多数あり
「馬関商社構想」や伊藤助太夫邸「自然堂」での生活もあって、交流も深くなり慎蔵に対する信頼や
友情も感じるものです。
今日は数は少ないですが、慎太郎の手紙が中々面白いんで紹介します!

慎太郎の手紙と三吉慎蔵墓所>>
[PR]
by enokama | 2009-08-22 11:39 | 長州藩 | Comments(0)

長府を訪ねる~長府藩士

慶応元年閏5月29日、西郷・桂の巨頭会談の流れたあと
「良馬(龍馬)・誠之助(石川清之助)上京之節、蒸気船買求之儀談判に及び候・・・」
(中略 蒸気船買い入れにつき名を借り候・・)桂小五郎の手紙に残されている
薩摩名義(名を借り候・・)での銃器購入を図り、来るべき幕府による長州再征に備えるべく方針を確認した
中岡慎太郎は坂本龍馬と共に三たび上洛を果たしている。
概ねの龍馬の伝記では、龍馬の構想を慎太郎が助けたとあるが
同じ思想・方向を持って一緒に行動したのは唯一この時だけだったとも言える。
脱藩の経緯から討幕論まで対照的で、両人は本来別々の動きだったのだ。
だから暗殺が一緒だったと言うのが一番の謎とされる所以なのである・・・
京都では文面にあるとおり、薩摩との折衝に動いたのだと思われる。

一方長州内訌戦が終わり、政権を取り戻した(4月)高杉晋作は洋行帰りでもある伊藤俊輔の手配で
長崎に赴き、英国商人グラバーと対談している。むろん、両人とも単純な攘夷論は捨て去っている。
ここで高杉は「下関開港」を決意し帰藩後、藩庁に説得にかかる。
しかしもともと長州は「攘夷の大本山」でもあり、開港によって領地を召し上げられる方針が示されると
下関を有する長府・清末の支藩も当然のごとく反発する。
そして、暗殺団も結成されるに至り、高杉・伊藤・井上聞多の開港派は逃亡を余儀なくされる。
井上聞多は九州・別府にて博徒の子分となり、伊藤は対馬から朝鮮へ走ろうとした。
高杉の愛人おうのを伴っての讃岐への逃亡劇はよく知られた話である。
この時の様子をこう中岡慎太郎は記している(八月十一日 木戸孝允宛て書簡)
「長清御末え有志者将に襲 高・伊・井え三兄と計ラントスルノ色有り 其論え発スル所ハ馬関開港え
一義より起れり 故に僕憂えて井・伊を語ル 両兄僕二答ル至明白公大 更二一点ノ疑う可ナシ」  
7月16日、京都を発ち長州入りした慎太郎は大宰府の五卿への報告を田中顕助に託し
「下関開港問題」に悩む桂小五郎と山口で面会している。

三人はすでに藩に戻り、聞多・俊輔は長崎へ銃器・軍艦の調達と言う重要な使命を持って
出発している。
慎太郎はこんな状況の中で長府・清末藩士へは本藩支藩の結束や海軍の重要性を持っての
説得もしている。
その長府藩きっての剣客として知られた泉十郎(旧名・野々村勘九郎)は高杉らの暗殺
を図る中心人物だったとされる。暗殺に走るころ、ちょうど但馬から帰国した桂小五郎は同門の先輩
とあって諭され、思いとどまることとなる。
ただ、この問題には桂も頭を悩ませ一旦は山口から萩への隠退も考えたほどだった。
泉は五卿の長府・功山寺入りには応接使となり、正義派の中心人物として報国隊の都督となるが
やはり長府にも俗論派がいて、その4月にあった保守派要人の暗殺の嫌疑をかけられ
一身に責任を受けてこの年の11月に切腹をしている。
かつて奈良・五條で「天誅組の乱」の首領として担がれ、瓦解後に長府領に身を寄せていた
公卿・中山忠光の暗殺(前年、元治元年11月)にも関与したとも言われるが、本来尊攘派である彼らが
手を下せる状況にあったのだろうか?(また、時間あったら調べてみたいです)
複雑な各派乱れる情勢の中での死であった。墓所は功山寺にある。

[PR]
by enokama | 2009-08-21 23:16 | 長州藩 | Comments(0)

ETCウザー

f0010195_23503885.jpg

米子17時半に出て到着、今… 帰るのいつでもいい人はいいけど、こっちは終電、気にせなあかんねん!! お客さんはなんとか全員帰れるみたいやけど、俺の電車はなくなってもた(泣)
[PR]
by enokama | 2009-08-14 23:50 | 旅行 | Comments(2)

境港

f0010195_14333932.jpg

f0010195_14333991.jpg

f0010195_14333974.jpg

f0010195_14333943.jpg

f0010195_14333919.jpg

暑い〜これはいい町おこしですよ!
[PR]
by enokama | 2009-08-14 14:33 | 旅行 | Comments(2)
昨日はむっちゃ暑かったのに、今日はまた雨で・・・
なんかお腹がずっと痛いし調子悪いです(泣)

久しぶりになんか色々立て込んで、ここ二週続けて土曜出勤やら行事があって
メールの返事やこちらのレスも、なかなか返せなくってすみません・・・
ぼちぼち、予定も詰めて考えてますんでちょっとお待ちくださいね!

それと、ひとつお知らせ・・・
こちらはミクシィで立てたんですが
日時 8月22日(土) 18時半~20時半(2時間限定)
会費 4500円
※店での長居はできないので二次会も考えてます。

今回は話題の復活・池田屋でオフ会をやります。
暑い時期となりますが、奮ってご参加お待ちしております!
※予約の兼ね合いもあるので「8月18日」で受付締め切ります。

ミクシィのコミュのメンバー優先ですが、まだ人数が若干行けるかもしれませんので
こういう予定もあるってことで告知させていただきます(池田屋のレポ書いて「教えてくれたらよかったのに」
って方も出てくるかもしれないので 笑)

(8月11日 追記)
あと、先日9月の5連休の北川村のイベント(詳細はこちら)について記事にしたのですが
問い合わせもいただいているので、先日の記事を見てもし行きたいなと思った方いらっしゃいましたら
一緒に行ければとも考えています(生家の幕末体験は5名以上になりますし)

また希望の方はコメントください!
(メールファーム、鍵付きコメントでいただいても結構です)
詳細連絡します。

私事ですが13、14日と旅行の仕事が入りましたので
記事の更新、レスは15日以降となりますのでご了承ください!
[PR]
by enokama | 2009-08-11 18:46 | お知らせ | Comments(0)
日曜日にちょこちょこっと用事があって京都に行ってきました!
合間に捜していた中沼了三塾の跡地も確認できたりして、寄り道もしたり(そのうちアップします)
夕方には霊山歴史館(HP)の展示を見てきました(今の時期は開館時期が長いので行きやすいです。
今日は疲れてさすがに、あの坂道の元気がなく・・タクシーで登りました 苦笑)
その報告です。

今回の特別展示は

・近藤勇の古写真に写る刀掛け 【初公開】  京都新選組同好会蔵
・旧前川邸 刀傷の残る格子  田野十二雄氏蔵
・近藤勇落書きの雨戸  田野十二雄氏蔵
・伝 近藤勇筆 贈与状 【初公開】 京都新選組同好会蔵
・鳥羽伏見戦争之図 【初公開】 京都新選組同好会蔵
・中島登筆 戦友姿絵(複製)  市立函館博物館蔵
・中島登 所用煙管  市立函館博物館蔵
・伊庭八郎 迷子札  市立函館博物館蔵
・伊庭八郎 所用鍔 市立函館博物館蔵

田野さん所蔵の雨戸・格子は基本未公開ですので、今回はご覧になれるいいチャンスと思います。
(ここまで運ぶのが大変だったかもしれません)
京都新選組同好会の三点は当初の案内にはなかったんでうれしい誤算でしたが、ほんと今までよくあった
なと思える貴重な物です。
楽しみにしていた「伊庭八郎 迷子札」は思ったより小さかったですが(まあ子供の時の物ですしね)
じっくり見入ってしまいました・・・
中島登さんの姿絵も僕は大好きなんですが、今回は新撰組隊士中心で榎本総裁や中島三郎助父子
甲賀さんあたりもあったらうれしいなと思ってたんですが・・・まあ、新撰組の展示ですしね。
4月から展示されていた「矢嶋戦争図」は今回は外されています(館で購入された物なので
また展示されると思います)
他は館蔵の新撰組関連の主だった物が多めに展示してありますし(隊士名簿や鎖帷子なども)
上記の特別展示も含めると常設展の料金で、新撰組好きな人でも十分見応えあるものに
なっています。
今回は見てのお楽しみってことで、感想コメント控えめにしました・・・ 8月30日まで
[PR]
by enokama | 2009-08-10 23:38 | 歴史全般 | Comments(2)