エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

<   2009年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

f0010195_23165828.jpg
白洲家は元禄4年、四代藩主・九鬼副隆の儒官として白洲文蔵が召抱えられて以来
代々、藩校・造士館などで教鞭を取り儒学を教えた家柄。
幕末期に生きた当代・退蔵も大坂・篠崎小竹、江戸・古賀謹堂に学んだ。
また西洋兵書を訳し、海外事情にも感心を持っていた退蔵は江戸にいたころ、黒船来航を知り
藩命に従い浦賀に赴いて、船頭に成りすまして接近を試みている。
小藩ながらも危機感を持って、黒船に偵察を送る(黒船の中に入ったと言う話もある)のもある意味、凄い
ことです。
そういった経験から、西洋文明を知った退蔵は「開国論」となり、兵制も洋式に改めることを
藩主・隆義に建言し、やがて大参事まで勤め、財政再建や藩の近代化に努めた。
(→こちらが詳しい
退蔵自身も代々、朱子学を奉じていたのに時流を先取りし、維新後には「洋学校」の設立も図り
従来佐幕だった藩論も、一気に朝廷に接近して西軍に加わり
各藩で厄介者とされた「太政官札」も逆に集めたことにより(→福岡藩の失敗例)のちに信用が上がったこと
で大きな利益も上げてます。
そして、武家社会の終わりも悟り、廃藩置県に先立つ明治3年、岩倉具視に「一藩帰農」するとして
領地返上の奏請を行い(さすがに「時期尚早」と却下されたようですが)
廃藩後は旧藩主・九鬼隆義を中心とした藩士たちで(脱士帰商)神戸で「志摩三商会」を設立して成功。
神戸の政財界は旧三田藩士が中心となって発展した背景となりました。
このあたりの時流を読む見極めの早さや、黒船来航時の出来事でもあるように貪欲な情報収集による
判断の的確さ。その中心に退蔵はいました。
次郎にもそのDNAを十分感じますね!

息子、文平も神戸にあって綿貿易の「白洲商店」を興し莫大な富を築き
次男・次郎の伝説につながって行くわけです。。。

白洲家墓所>>
[PR]
by enokama | 2009-03-31 23:16 | 北摂丹波 | Comments(0)
城の南西、屋敷町の西・1キロのあたりに、三田藩・九鬼家の菩提寺・心月院があります。
元々西山と言う静かな里だったんですが、ベットタウン化が押し寄せて区画整理など環境・開発面での
対応に苦慮されているそうです。
入り口がわかりにくいですが、車で来れて駐車場も十分ありました。
f0010195_23231424.jpg


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2009-03-30 23:28 | 北摂丹波 | Comments(2)

三田藩~九鬼水軍の末裔

関東の方は「みた」と呼んでしまうかもしれませんが「さんだ」藩です。
宝塚から北へJR福知山線沿いに上がったところで、さらに青山家篠山藩、織田家柏原藩と続いています。
戦国時代、志摩半島で「九鬼水軍」と恐れられた九鬼氏は、江戸時代になって海のない内陸の2藩
(三田と丹波国綾部)に移封されてしまいます。
しかし、その進取性に富んだ藩風は3万6千石の小藩ながら代々伝えられ
幕末には川本幸民、白洲退蔵、小寺泰次郎と言った人材により、兵の洋式化・蘭学の振興が
図られて、維新後にも実業界に多くの人材を送り出しました。

城跡とありますが、本格的な城はなく陣屋でした。
f0010195_109487.jpg


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2009-03-29 10:11 | 北摂丹波 | Comments(4)
最近、すっかり更新が鈍ってしまってます・・・(苦笑)
今度の土日は史跡探訪するし、黒田清隆もちょっとメモったり「落日燃ゆ」や「長州ファイブ」ももう見ないと・・・
時間がもっとほしいな。

4月からの霊山歴史館の特別展の予定(こちら
見てたら、新撰組中心でしょうか(新作の土方歳三の電子紙芝居あり)
まあ、今年後半から来年にかけてはほぼ「龍馬」になるでしょうからね。
700円の特別料金なんで、他所からの展示品の借り入れもあるようです(榎本武揚の軍服・軍帽が出る
ようです。展示内容は4月4日に見てきます)
5月5日は木村先生と栗塚旭さんの対談もあるんですね!
ファンの方はぜひ行ってみてください(僕は仕事が入りますんで、行けませんが・・・)

5月30~31は研修旅行で行き先は長崎ですが、ほぼ龍馬一色の内容のようです(龍馬の銅像多すぎって 笑)
多分、来年の大河に向けて盛り上がっているんだろうな・・・
とりあえず、また僕は現地合流にしてもらって、下関・佐賀経由で入ろうかなと計画をしています!
また、ご新規さん歓迎ですんでお問い合わせくださいね!
[PR]
by enokama | 2009-03-27 23:20 | 歴史全般 | Comments(2)
今日あたりになると、多くのブロガーさんが3連休の旅行記の報告をされています。
僕はこの10何年、○連休って休みは無縁(去年9月の庄内行きは例外中の例外)で「仕事入りますから空
けておいて」ってなってくるのが当たり前になっています。
まあ連休でどうせ混むし、仕事で旅行行ってる方がいいかなと思うし、添乗の副収入でさらに個人的な
行動資金にできるし「趣味と実益を兼ねた仕事」(現実はそう甘くない)をできているのは恵まれている
かなと思います!

今回は久しぶりに温泉でも泊まりたいところですが、結局は日帰りが2本(泊まり旅行が減ってるんだな・・・)
どっちも朝7時出発(添乗員のスタンバイは6時半!)で同じ伊勢方面へ
f0010195_225463.jpg

やっぱり伊勢は「御福餅」でしょう(笑)

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2009-03-24 22:34 | 添乗報告書 | Comments(0)

先週の動きと今後の予定

しばらく家に帰る時間が遅かったせいもあって、更新が進みませんでした。
レスも遅れてすみません。。。

18日は久しぶりに「維新」のメンバーで集まって、相変わらず濃い会津や薩摩の話、恋バナ(!)も出たりして
とても楽しく過ごしました!
今月29日に泉布観見学、4月4日は京都・霊山での土曜トークと花見。
そして、4月18日に中岡慎太郎誕生日オフと決まりました。
また、楽しみにしております!

競馬観戦も予定したいところですが、ちょっと楽しみがなくなってしまったんで・・・
皐月賞、アントニオバローズも出ないし。
ダービーの日もちょうど、霊山の旅行と重なってしまいますので、春の東上はないと思います。
桜花賞も同じ様な騎手が同じような厩舎で代わり映えしないしな・・・

後は時間ができれば、大垣・岐阜あたりを訪れてみたいと思ってます。
大垣出身の所郁太郎、小原鉄心、梁川星巖。岐阜の信長公館跡と板垣退助の銅像・・・
見所は結構あるんです!
[PR]
by enokama | 2009-03-23 23:30 | 総合 | Comments(4)

第三回 山南忌

15日の日曜日は京都・壬生に出かけて、第三回を迎える山南忌に行ってきました。
去年の記事
今年は去年と比べて、扮装した方の各団体(?)や、隊士の子孫の方の参加が少なかったよう
で少し寂しい感もありましたが、相変わらずの新撰組・山南敬助人気で、たくさんの人が訪れていました。
今回は一番の目的だった歴史研究家・伊東成郎さんの講演が聞けましたので、その報告をメインで・・・
(僕は土佐勤王党について書かれた記事を読んだのが、わかりやすくて印象に残っています)
f0010195_0584480.jpg

まずは山南敬助についての資料が配られて「国立国会図書館で調べてきました」とのこと。
出身地の仙台藩についてでしたが、結構な数の貴重な資料が保管されているんですね。
僕も月2回ぐらい、国会図書館に1日缶詰になって研究に没頭できるような生活が、ちょっとした夢です(笑)・・・

去年の記事にも書きましたが山南と言う人は、はっきりとした経歴はわかっていなくて「出身は仙台らしい」
程度です。
この藩、外様でも名門ですが、そのかわり家臣の数もご多分に漏れず半端ではありません。
幕末期の但木土佐を中心とする藩政も、並大抵のことでは進みませんでした。
「諸士版籍」に載る1万1千人の直臣の中には「山南」の名はなく、その下の2万4千人の陪臣の一人では
なかっただろうかと言うことです。しかし、多すぎますね。

そして、代表的な剣術師範の名簿があって「北辰一刀流」に、桜田良佐(りょうすけ)・敬助(偶然同じ名前)
親子の名前があります。良佐は仙台藩「勤王派」の代表的な人物で、お聞きした所では清河八郎との
つながりが深かった人物であったそうです。
戊辰戦争の戦後処理で新政府に対し、首謀者として但木ら二名の首を差し出したのに留まらず
実権を握った勤王派は、さらに抗戦派の多くの人物を切腹に追い込みました。
その中に東北屈指の開明派で知られた玉虫左太夫もいました。むしろ抗戦派の彼らの方が洋行経験者
もいて、明治以後も活躍の場があっただろう人物がいました。
その桜田との関係が、山南と北辰一刀流にあったのではと言うことです。
やがて江戸に出、他流試合を経て知られた近藤勇らとの出会いに、つながって行くのです。

新撰組として関西に移ってからは、彼の功績が大坂に多く見られるので、大坂に詰めていた時期も
長かったのではと言うことです。
また、北新地での力士との斬り合いも知られた話ですが、この後「このような私闘の剣を使っていいものか」
と言う後悔の念もあった。それが後の悲劇につながって行くのでは・・・・

70分の時間でしたがあっと言う間の充実した時間でした。
他にもいろいろエピソードも聞きましたが、とりあえず印象的な部分を書きました。
資料も良いものですんで、もう少し読み込みたいと思います!

この後は知り合いの方とお話したりして、アルコール抜きで10時ぐらいまで京都にいました!
ちょっと最近、研究してる上でどうも納得できないことがあって、自分の解釈が悪いのかなと思ってたんですが
「そう主張している人たちにもおかしい点がある」とは皆さん言ってましたんで、ちょっとほっとしました。
榎本や黒田、大鳥のことをじっくり話せた時間は楽しかったです(笑)
お世話になった皆さん、ありがとうございました!
[PR]
by enokama | 2009-03-16 23:25 | 歴史全般 | Comments(6)

白洲次郎と会津の特集

NHK「白洲次郎」もう一度、録っていたのを見ました。
まあ、放映前に「史実と違う」と、例のごとく噛み付いていた雑誌があり
エンドロールは「事実に基づいたフィクション」と注釈してありますんで、僕なりの感想です!

まず、ドイツのレジスタンス(実際の言い方は違うかもしれないが、ヒトラー体制への反対組織)みたいに
吉田茂を中心とする政府に対する「反戦活動」って、実際に具体的に活動していたんだなってこと。
そして、活動が停滞気味になって、白洲は郊外に帰農するんですが「空襲」に備えた「疎開」って概念が
日本にはなかった(英国での空襲体験から学んだ。しかしそれを進言した東条英機からは「敗北主義」と言われた)
そして「腹減っては戦ができぬ」と吉田に自嘲気味に言うシーンがあって、軍人以外に農民も徴兵する姿勢
を皮肉るシーン(食糧を自給する方が大事)
このあたりをもっとわかっていた人がいたら、こんな戦争なかったし、早く止められたたんですがね。
そして、彼自身にも「赤紙」がくるんですが「40歳になった自分になぜくるのか。自分の体はこの戦争には
これっぽちも出せない」と敗戦を悟り、もみ消してもらう。
のちに占領軍から「従順ならざる唯一の日本人」って言われるようになるんですが
そのあたりの感覚は全然、普通の日本人とは違いますからね(吉田茂もそうかもしれない)
でも、こう言った国際感覚がある外交能力にも優れた人たちが、敗戦時にいたのは日本にとってよかった
でしょう(西側陣営に加わったのは独断気味にもなりますが)

印象的だったのが近衛文麿。白洲に「軍人を内部に入れて懐柔なんかできるんですか」って批判されながら
総理大臣になって、結果的にその暴走を止め切れなかった人物。
敗戦当初はマッカーサーから「憲法策定」を指示されるも、その人選(上記の経歴で)アメリカ世論から批判が起き
(「世論の怖さ」は白洲は知っていたが、日本ではあまり知られていなかった概念)
やがて外され、戦犯指名があり、のちに服毒自殺してしまいます。
「軟弱外交、和平運動家と軍に罵られた上で戦犯指名されるか・・・」
裁判にかかってたら、文民で唯一の死刑となった廣田弘毅ではなく、近衛だったとも聞いたことがあります。
このあたりの流れ「東京裁判」って、どうだったんでしょう・・・
また、明日に「落日燃ゆ」をしますんで、じっくり見てみたいです。

で、ほんとは今日が3回目だったようですが、諸事情で延期になるようです。。。
また、それまでの1、2回目の再放送があるかもしれません・・・


「日本史サスペンス劇場」最終回でした(会津戦争中心)
もう、僕は何回もこの番組は叩いているんで(苦笑)
どうだろって思ってたんですが、ちゃんとまともでした(言い方ちょっと変ですが 笑)
まあ、過去にこの局は「白虎隊」(20年ほど前ですが)をしっかりと作って流してますんで、考証はばっちり
だったのかな。
山本八重、凄いですね。板垣退助率いる、土佐迅衝隊びいきでもある僕にとっては(すんません、目線が違います)
小笠原唯八はこういうことで戦死したんだなと(映像的にも初めて見た)変に納得してしまいました。
小笠原は勤王党弾圧の「二十三士事件」の当事者でもあったんで、主力の郷士たちからの風当たりも
あっただろうし「死地を求めていた」と言っていたとも伝えられます。その上での陣頭指揮での戦死でした。
ほんとに堅城だったんですね。。。それは土佐軍兵士たちが知る由もありません。
また篭城戦で、うちこまれる砲弾に抱きついて、点火する前に消していたエピソードもびっくりでした!

で思ってたとおり最終回になりました。
出演者も多すぎるわ。
船越とビビルとアシスタントを女子アナにして、専門家入れて4人で十分(最後は専門家は馬鹿らしいのか消えてましたが)
一言二言しかしゃべらない連中を5人も6人も並べて(他の番組にも言えるけど・・東京キー局の作りもおかしすぎる)
ドラマ部分も金がかかりすぎるってことかもしれないけど、考証がほんまにひどい時があったから
根本的に問題があったと思う。
歴史ブームはまだ続いていると思うし、しっかりとした番組を作ったら、ちゃんと見る人はいると思うんだけど・・・
[PR]
by enokama | 2009-03-14 23:33 | 歴史全般 | Comments(2)

浪花の華・最終回

今日は久しぶりに家にいて部屋の片付けと、たまっていたDvDをやっとまとめて
見ていました。

ずっと書いてきた「浪花の華」の最終回・・・
だんだん話が面白くなってきただけに終了はちょっと残念です。。。
章君も「蘭学とは人を支配するためではなく、人を導き救うこと」と成長した姿を見せてくれました。
ロケ地の大覚寺と八幡堀、おそらく適塾でも、こんな授業だったんだろうなと感じる狭い塾舎での
蘭学解読の授業風景、じっくり楽しませてもらいました。
希望を言ったら、もっと長い時間で回数もやってほしかったな・・・

大坂で蘭学が発展した背景には、やはり成熟した商人文化があり、実学を重んじる背景があって
江戸の武士文化では、どうしても形式や家柄を重んじる面があり、大坂での研究や志を持った者を
受け入れる土壌があったこと。
ちょうど、章が江戸へ旅立つ天保1年(1830)初頭にはシーボルトの海外追放があったり
江戸、長崎と遊学を経て、大坂に戻り適塾を開く前年の天保8年(1837)には、大塩平八郎の乱。
10年(1839)には蛮社の獄と反動の動きも続きますが、文久2年(1862)に洪庵が江戸へ移る
まで約25年、適塾は開国の流れもあり各方面に有数の人材を輩出する一方、自身も天然痘・コレラの研究で
多くの人の命を救うべく成果を上げています。

またNHK大阪製作の時代劇は、来年の今の時期かと思いますが楽しみにしてます!

洪庵先生の東京の墓所
中天遊邸跡
[PR]
by enokama | 2009-03-13 23:30 | 緒方洪庵と適塾 | Comments(2)
岩倉具視宛書簡多数発見

大半は1868年~83年に、岩倉へあてた報告書などで、送り主は三条実美429通、大久保191通、木戸孝允75通、伊藤博文68通、西郷3通など。これまで、官軍と幕府軍が激突した戊辰戦争の鳥羽伏見の戦いで、幕府軍の荷物を差し押さえたことなどを記した西郷の報告書や、貨幣不足で追加鋳造を決めた政府文書などが確認された。
明治新政府の基本方針「五箇条の御誓文」の草稿とみられる文書もあり、確認中という。


すごいものが出てきました。
でも、質に流れていたのは、さみしい現実です・・・
それにしても三条さん、よくそんな数書けるもんだ(笑)

このメンバーを繋ぎ合わせたの(岩倉と三条・大久保・西郷・・・)は何を言おう、我らが中岡慎太郎ですよ。
石川清之助もしくは、横山勘蔵の書簡出てこないかな・・・


土佐・龍馬であい博 イメージキャラ決定

来年の大河ドラマにあわせて開催される博覧会のイメージキャラです!
慎太郎はこれでいいんやろか(苦笑)
ともあれ、もうメンバーに入ってますから、しっかり「龍馬伝」では慎太郎を描いてもらいたいもんです!
[PR]
by enokama | 2009-03-11 01:00 | 中岡慎太郎関連 | Comments(4)