エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

<   2008年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

この1週間ほどで先週の五條行きや、不思議と田中顕助の話をいろいろ見聞きすること
があったので、少し調べて見ました。

田中顕助(維新後は光顕。旧称は浜田辰弥)は、土佐深尾氏一万石領・佐川の生まれで
(勤王の風が強かったようで土佐勤王党名簿には、まとまった数の深尾家家来の加盟がある)
伯父が天誅組挙兵で斃れた那須信吾(参政・吉田東洋を暗殺した人物)で、その義父・俊平も
高齢でありながらも風雲に身を投じ、長州に走り「禁門の変」で京都で戦死している。

田中顕助も元治元年(1864年)8月、このころの土佐浪士に洩れず、いてもたってもいられなかったのだろう。
土佐本藩の勤王党弾圧も始まり、佐川深尾氏も対処をせまられていた。
そして禁門の変後の長州に向け、佐川の同志・井原応輔、橋本鉄猪(のちの大橋慎三)ら
総勢5人で赤土峠を越え
三田尻へ脱藩、招賢閣に入った。この時22歳。

この地ですでに高名だった志士・高杉晋作に会い心酔し、即座に弟子となっている。
この際、お礼にと愛刀の安芸国友安を晋作に送ったが、その刀を晋作がたいそう気にいった(土佐流で長刀だった。晋作が刀を欲しがって、見返りに顕助が無理やり弟子になった説も)
長崎で撮ったざんぎり頭での一番有名な写真は、この刀を付けている。
また、この縁は維新後、むしろ長州閥寄りとして明治を泳ぎきり、栄達した子爵・光顕の拠り所
ともなっていた(「東行遺稿」として、晋作の書を刊行したりもした)

しかし、このころ長州は「下関攘夷戦」でも破れ、恭順派が主導権を握りつつなるころで
その挽回とも思ったのだろうが、顕助らは途方もない計画を立てるのだ!
[PR]
by enokama | 2008-08-30 23:33 | 土佐藩 | Comments(2)
乾十郎宅跡(櫻井寺南)
f0010195_0102039.jpg

櫻井寺南の国道24号線を挟んだ一つ目の通りに碑があるが、当時の寺域はかなり現在より
大きくて、門前にあたる場所に住んでいた。

天誅組の地元・五条出身者の中に乾十郎がいる。
司馬遼太郎の短編にもなっているが奇人だったらしく、早くから代官所を襲う思いがあったとかないとか・・・
梅田雲浜にも学んだ憂国の士で(神戸にいたころの勝海舟や坂本龍馬との因縁もあったらしい)
地元を流れる吉野川の分水路計画を立てたり、吉野の木材運搬にかけられる税金問題など
領民側に立った行動もあり、このこともあって反幕尊王の意を強くしていったのかもしれない。

天誅組の結末>>
[PR]
by enokama | 2008-08-27 00:10 | 歴史連載 | Comments(0)
文久3年。朝廷における長州勢力と結び付く三条実実を中心とする尊王攘夷派は
主導権を握りつつあった公武合体派に対抗すべく、孝明天皇の奈良・春日大社及び
神武稜・伊勢神宮における攘夷祈願(大和行幸)を企て、反幕・攘夷の態度を鮮明にしようとした
(→関連記事


この機を見た各藩脱藩浪士らを中心とする勢力は挙兵し、討幕の魁と成らんとした。
天皇より大和行幸の詔は8月13日に出、土佐脱藩・吉村虎太郎を中心とし結成された
天誅組は19歳の青年公卿・中山忠光を立て行動に出る。

8月17日、彼らは五條代官所を襲う。五條は幕府直轄の天領で代々、代官が置かれていた。
しかし泰平の世が続き、警備はないと言っても過言でもなく、数人の役人が詰めているだけの
状態で、その地は討幕の狼煙を上げる格好の標的だった。

五條代官所跡(現・五條市役所)
f0010195_22521679.jpg


天誅組の挙兵>>
[PR]
by enokama | 2008-08-26 22:52 | 歴史連載 | Comments(0)

天誅組と五條

先週土曜日夜も「維新」で飲んで、幕末話を熱く語ってきました!
初めてお会いした方もおられまして、このブログをご覧になったら「ほんまは、どこに興味
あるねん?」と言われそうなんですが、世界史から戦国まで幅広く好きなんですって
言っときます(笑)

どうも興味が薄いのは、どこの博物館に行っても展示してある、どれもおんなじ様に見える
土器とか石器。全然面白みを感じないんです。。。
それ以外はほぼ興味を持ちますんで、また何なりとよろしくお願いします!


この日は家へは帰らず、そのまま大阪で泊まったので動き易いかなと思って
以前から行きたかった奈良県の五條に行ってきました!

難波から南海高野線50分ほどで橋本まで、JR和歌山線で10分ほどで(電車が無茶苦茶
ぼろいのには閉口しましたが・・・)五條。乗り換え含めたら1時間20分ぐらいでしょうか。。。

電車の本数はこんなもの(大和二見駅)
f0010195_23422149.jpg

ちなみに五條の駅前は寂れてて「柿の葉すし」の売り場と、タクシーの乗り場ぐらい。
案内地図も、観光案内所もありません。
f0010195_23355864.jpg

上の案内図は帰りに乗った「大和二見駅」のもので、市の中心部は2つの駅の間
が市街地となっています。
案内地図は上図の「SLのある史跡公園」に行けばあります。
(こちらは代官所の長屋門を移設した資料館となっていて、市内の史跡の説明があり
ボランティアガイドも頼めるそうです)
市役所のある場所が「五條代官所跡」で、櫻井寺に「天誅組本陣」がありました。
レンタサイクルはないようでしたが、散策は徒歩でも十分でした!
また、市役所のすぐ横が図書館で史料の下調べをしてから散策するのもいいです。

つづく・・・
[PR]
by enokama | 2008-08-25 23:44 | 歴史連載 | Comments(0)

夏の京都~伏見2

伏見奉行所跡
f0010195_1322672.jpg

ごのあたりで激戦があった!

伏見を歩く>>
[PR]
by enokama | 2008-08-23 01:32 | 私の好きな京都 | Comments(2)

夏の京都~伏見

国立を後にして、七条京阪から電車で丹波橋まで。
展示にもあった御香宮(ごこうのみや)へ・・・

表門(伏見城大手門を移築 重文)
f0010195_175946.jpg

f0010195_1142874.jpg

安産の神様として古くから信仰があったところ。
徳川の代になって本殿等も再建されたので、この移築もなるほどと思う。

写真あります>>
[PR]
by enokama | 2008-08-23 01:16 | 私の好きな京都 | Comments(0)

夏の京都~国立博物館

五条坂から国立博物館まで歩けないこともないのだが、この日はやや風が吹いて
いたとしても、やはり京都は暑い・・・
お盆で「五条坂」のバス停が移動している時期だったのだが、そう混むこともなく
国立博物館にバスで移動。
特集陳列「坂本龍馬」。館蔵の展示がほとんどで通常の入場料で入ることができるのだが、
それだけでも、ほぼ有名な龍馬のエピソードを知ることができると言う貴重なものである。

2フロアあって、一室は「鳥羽伏見の戦い」関連の資料が展示。
「小枝橋」での戦いの緒端の様子(いわゆる押し問答)や、淀や伏見を川も含めた地形で
描いた合戦絵巻の数々。
「誠」の旗印で伏見奉行所の前にいざ出撃しようとする新撰組の面々の様子、色鮮やかな
薩摩の軍旗など・・・
伏見・御香宮に納められている「東軍戦死者名簿」には幕臣や会桑勢などの名・年齢と
戦死場所が克明に記されていて、会津兵が特に若いのが印象に残った。
名の知られたところでは新撰組の井上源三郎・山崎蒸(名簿では進)の名もあった。


もう1フロアは主に龍馬の有名どころの手紙が中心に展示。
中岡慎太郎と共に襲撃された近江屋の屏風絵(猫の所に血痕)や、おりょうとの霧島
登山の絵地図付の手紙は特に有名だが、去年に高知で「三館合同展」が行われた時に
大多数の史料が国立及び霊山歴史館より持って行ってあって
すごい力入ってるなと感心したもんです! だからそれ以来の拝見となります。。。

桂小五郎が「木圭」と名乗った龍馬宛。長州で高杉らの戦線視察をした地形図付きの
海戦図。後藤象二郎や中岡慎太郎の人物評価(石川は私同様の人・・・)
改めて手紙をみてみると龍馬は「自由人」って感じがよくわかってくる。
まあ、実家あてのものが多いのもあるけど、その一つ一つが彼の行動を克明に記してあって
よく残してあったんだなと思うし、いろんな方が話を書く材料にも事欠かないでしょうね。
ただし、西郷隆盛や中岡慎太郎宛といった頻繁にやりとりがあったと思われる書簡は
まったく残っていないとのことです。また、発見されたとしたら見たいものです!

慎太郎の手紙と言ったら国許の乾退助や、勤王党同志の大石弥太郎あたりに送る
「檄文」ってイメージってあって、いかにも対照的な感じがする。
ただし、実家の生活を心配する手紙はたくさん送っているはずなのだが、維新後東京に
移った中岡家だったが、戦災でそれらが焼けてしまったとの話を聞いたような気がする。
また、あの西郷を「後免の要石・・・」って例えた久坂や高杉らの人物評価をした手紙も
あるのだがそれはどこに行ったら見られるのだろう?

後はこれも新公開のもので、よく姪っ子の「春猪」にはからかい半分の言動や国を出てから
もいろいろ、その類の手紙を送ったりしているのだが、この文はそれにしても悪口の度が
過ぎているってもの(解説では薩長同盟の締結ぎりぎりの時期で、不安定な心境だったとも)
千葉さな子について、その人となりをほめちぎって送った手紙。
「かほたち 平井より少しよし」どんな手紙なんや(笑)
ちなみに平井は龍馬の初恋の人とされる、土佐勤王党の切れ者で平井収二郎の妹・加尾
のことか?(「竜馬がゆく」のお田鶴さんのモデルとされる)

なお、この2通は函館に新設予定の「北海道・坂本龍馬記念館」に収蔵されるとのこと。
なんで、函館にって思うんだけど龍馬自身が北海道開拓に興味を持っていたことと
坂本家の子孫も維新後に北海道に渡った経緯からだそうで、函館山麓の十字街に場所
を確保したと書いてあった。
でもこの時勢に新しく資料館作ってもうまく行くのかなって思う。よっぽど目玉がないと・・・
正直、今世紀になってからの施設はきれいはきれいだけど、もうそれまでにしっかりとした
研究の場や資料館は十分あるんで、史料的には全然もの足らないです(もうバラマキの
国家政策は崩壊しつつあるので、もう増えないだろうけど)
収蔵するものを集めるにしても、既存の施設は龍馬の史料なんて目玉になるし
手放すはずないし。函館と龍馬ってピンとこないですし(歳三啄木資料館なる?な場所
はありますが・・・)
HP見たら(黒田清隆は同志?)募金もしているそうだけど、僕はそのあたりが気がかりで
ちょっとね・・・
北海道だったら、もっとゆかりのある人(黒田や榎本とか)の顕彰もあると思うんですが
島義勇や北垣国道って人はいろんな貢献をしてますよ。そっちの方が大事と思う。
また、どんな施設になるのかご存知の方は教えてください!


今回は特別展ってことではないんで、逆に混雑も少なくじっくり見学することができました。
龍馬の人をひきつける魅力・人気を改めて感じました。。。
また、再来年は特別展やるでしょうね!
[PR]
by enokama | 2008-08-22 22:58 | 歴史全般 | Comments(3)
8月17日。
久しぶりに1人で京都へ・・・
気になっていた所にできるだけ行ってみようと思う。

霊山歴史館は夏休みで「新撰組と池田屋事件」の展示がしてあった。
通常展なので、ほぼ館蔵の展示ばかりだったが(一部が三縁寺蔵)
久しぶりに北添佶摩の手紙が見られてよかった。
古高俊太郎の潜んでいた地下室の写真や池田屋古写真など襲撃された側と
新撰組の資料が半分ずつぐらい。
電子紙芝居も多くの人が見てました!ほんとにこれはいいです。。。

城山で西郷さんを介錯した別府晋介の刀と、龍馬を斬ったとされる桂早之助の刀
は常時展示のようになっている。昔はなかったような?またどうやって手に入れたのか
聞いて見たいと思う!

受付で顔見知りのKさんとお話。売店で幕末志士のトランプ(ポーカーのようなもの)
が1500円で売ってあって(後で行く国立博物館でも売ってあった。橋本左内もいた!)
面白い物だそうです。
Kさんも歴史好きで、今の国立博物館の展示が面白いとのこと。
時間はあるので、またこの後行くこととする。

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2008-08-21 01:24 | 歴史全般 | Comments(2)

お盆休み

久しぶりに普通に更新します(笑)

お盆休み。
13~14日は富山の黒部峡谷のトロッコ列車とアルペンルートの添乗。
立山黒部アルペンルートは、いろんな乗り物を乗り継いでの山岳横断ルートで
この時期で旅慣れないお客さんと、10年近く行っていない添乗員ってことで大変でした・・・
途中で迷う人がいたり、電車の座席の取り方も5両ぐらいに分かれて「案内が足らん」
って怒られたり(49名もいたし)そんで、弁当の注文もOPで数取って配らないとあかんし
車販も売れって。。。いらん仕事ばっかりで人数も多いから、案内がどうしても行き届かない
ことになってしまいます。
あんまりこの時期のツアーはおすすめできませんね。
トロッコ列車は満員で詰込みだったから、そんな涼しく感じないし
アルペンルートはごっつい雷で停電したりしてました・・・
よく無事で帰ってこれました!

16日にデジカメやら、いろいろ久しぶりに買い物してきまして
写真を撮りがてら、久しぶりに京都に行ってきました!

つづく
[PR]
by enokama | 2008-08-20 23:46 | 総合 | Comments(0)

デジカメ買ったぞ!

f0010195_973435.jpg

結局新しいのを買いました! 予備SDやケース入れても4万切りました…
安くなったもんです。
これで、もう少しましな写真を撮ります!!
[PR]
by enokama | 2008-08-17 09:07 | 総合 | Comments(8)