エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

<   2008年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

(2009年5月17日再訪。加筆訂正)

10時半に名鉄名古屋駅にて集合。
今日は総勢6名で、名鉄本線・準急にて乗り換えなしで、今日のウォークの出発地の有松駅に
10時55分に到着(ウォーク途中、古戦場公園までコンビニで借りる以外トイレがないので
改札を出る前に済ませておいてください)
f0010195_2392835.jpg

ここで今日のガイドをお願いした「桶狭間の戦いを学ぶ会」の梶野久康さんと合流する。
(ガイドさんの問い合わせは有松・鳴海絞会館へ)
2年前と違う点は、前回は豊明市域にある「桶狭間古戦場伝説地」を訪れたわけだが
今回は「名古屋市緑区有松町桶狭間~」と呼ばれる一帯を散策することとなります。
これには訳がいろいろありまして・・・

ウォーク開始>>
[PR]
by enokama | 2008-04-29 23:32 | 戦国ネタ | Comments(2)

桶狭間を歩く~再訪

f0010195_13171460.jpg

有松宿及び戦国時代、今川義元と織田信長の決戦の場となった桶狭間古戦場
には2006年5月に、この時はあくまで中京競馬場へ行ったついでと言った感じ
で訪れました。
しかし、調べて見るとなかなか見るべき史跡が点在していて、中々奥が深そう
だと思い再訪を検討していました。

今回はブログつながりで名古屋方面の方の知り合いも増え、また名古屋市緑区
有松・桶狭間地区にボランティアガイドもおられ、実際現地を歩いてガイドしていただ
けることもわかりましたので、気候のいい今日この時期に「桶狭間ウォーク」をして
きました。
結構、距離は歩いたかもしれませんが見所も多く、歩かないとわからない実際の
地形の複雑さもわかり、とてもいい体験をしてきました。
ガイドの梶野さん、また参加者の皆さんには大変お世話になりました。
ありがとうございました!

このウォークの内容は何回かに分けてアップしていきます・・・
[PR]
by enokama | 2008-04-28 00:45 | 戦国ネタ | Comments(4)
f0010195_940985.jpg

名古屋到着。いい天気!
ここに行かないと名古屋に来た気がしない(笑)
[PR]
by enokama | 2008-04-27 09:40 | 歴史全般 | Comments(0)

造幣局の通り抜け

4月20日 17時すぎに撮影。
写真を撮れる余裕はあるぐらいの混み具合!
f0010195_625943.jpg

発案はあの「長州ファイブ」で、日本での造幣の基礎を作った遠藤謹助!
留学中(と言っても密航でしたが)のイギリスで、公園でくつろぐ市民の
姿を見てきて思いついたと言う。
海外経験のあった彼だからこそできたんでしょうね!

桜>>
[PR]
by enokama | 2008-04-24 06:25 | 大坂発見 | Comments(2)
f0010195_23291043.jpg

市内を散策した後、法円坂の難波京跡に隣接した「大阪歴史博物館
に「天璋院篤姫展」を見てきました。
何で大阪でやるのか、ゆかりって特にないのにと思ったんですが、NHKの大阪放
送局(BK)と隣接している関係でしょうか?
霊山会員は割引が効くって聞いてたのでしたが「団体料金適用」でした。
この団体料金は正規の60円引き。こんなしょっぱい割引、聞いたことない(笑)

通常展は大阪の過去から未来への展示。
特に難波京跡の資料は目を見張るものがあり、そちらの多大な発掘物の展示
が第一のこちらの建築理由だったようです(実際この施設の地下に「遺構」が保存
されていて、申し込めば案内してくれます!)
通常展だけでも、十分な広さがあるので1時間は必要です・・・


「天璋院篤姫展」の展示品の提供先は主に、鹿児島・尚古集成館(磯庭園・・・結構
いろんなものが出てたんで、現地の展示は大丈夫なんかなと思った)
と徳川記念財団(たぶん、維新時に江戸城にあった宝物を管理している団体)

尚古集成館で作られたガラスやレンガ・薩摩切子・薩摩焼、篤姫が江戸に上る際に
持って行った思い出の桜島の絵。島津斉彬の多数の書簡(以上、薩摩関連)
江戸からは、篤姫の本当に多数の書簡(特にいよいよ、新政府軍が江戸に攻めると
言った時期の嘆願書は貴重)
膨大なお手持ちの品(化粧道具や器、帯類。雛道具と呼ばれるいろんな乗り物や
将棋盤と言ったミニチュアが面白い)
他に勝海舟の明治期に書かれたおそらく一番有名な肖像画。
島津斉彬から松平春嶽へ、慶喜擁立運動時の「西郷を家来と思って使ってくれ」と
記された記録。

なかなか充実した内容でした。
また、お時間ある人はぜひ行ってください!
[PR]
by enokama | 2008-04-23 00:11 | 薩摩藩 | Comments(2)

北浜~堺筋界隈 その2

コニシ旧社屋(現在、ボンドで有名なコニシ株式会社)
f0010195_21544010.jpg

堺筋沿いに異彩を放つ和風建築。

隣接してこちらも戦前の由緒ある建築「三越大阪店」があったが
阪神大震災でダメージを受け閉店・解体。
今はその跡地に超高層マンションが建築中・・・時代を感じます。

御堂筋の開通前は一つ東の筋・堺筋が大阪のメインストリートで
百貨店もいくつかあった(三越だけ唯一、戦後長く残った・・・)
しかし、往時を偲ぶ貫禄ある戦前の洋風建築が戦災をくぐりぬけ
いくつか残っています・・・
ただし、ここ10年ほどの間でもそう言った建築は急速に姿を消しているようです。
少し寂しいですね。。。

堺筋の洋風建築>>
[PR]
by enokama | 2008-04-22 22:02 | 大坂発見 | Comments(2)

北浜~堺筋界隈

天気に誘われて、休日の大阪中心部で写真を撮ってきました !
(4月20日撮影)

北浜・適塾南側の「緒方ビル」、前から気になってたが
やはり、洪庵先生と関係あるよう。
f0010195_062730.jpg

除痘館跡
f0010195_0121453.jpg

緒方洪庵の「適塾」での人材教育と並んで
生涯をかけた種痘事業、その拠点となった場所。

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2008-04-21 00:13 | 大坂発見 | Comments(2)

丹波ブランド

先日、うちの取っているローカル紙に「丹波栗、産地偽装」ってことで
丹波産の栗の中に輸入物が混ざっていたってことが載っていた。
丹波って言えば「栗、山の芋、松茸・・・」って感じで有名なので、これは一大事!
かと思ったら、なんの「丹波市」で作ってる(JA)製品でのこと。
だから、兵庫県内のほんの小さい範囲でのローカルニュースみたいで
多分、他の地域の人には伝わっていない・・・

でいわゆる「丹波」ってどこやねんて言ったら、明智光秀ゆかりの福知山や
グンゼの本拠地・綾部、丹波亀山(維新後、亀岡と改名)、篠山や柏原
(かいばら)と言った諸藩と幅広い範囲に及ぶ。
維新後に摂津国同様に2つの府県に分けられたため(京都・兵庫)それぞれ
まったく違う文化や流動となってきている。
だから篠山に住んでたとしたら、何か用事があったら神戸に行っていたわけ。
今、僕なんかは京都に行きつけていてほんと1時間ちょいで着くけど、神戸なん
て2時間かかる。それでも京都に用事に行くって概念はずっとなかったて言うか
想像もしなかった感もあった。

感覚的には例えば、秋の紅葉の時に東福寺で「丹波産」とかかれた野菜売りは
一般的に「京都丹波」だろうし、神戸の市場だったら「兵庫丹波」
大阪だったら農産物のイメージは「京都丹波」って認識みたいだけど、丹波=
篠山って印象も意外に強いので(飛騨高山的。ただし大阪以南で「ささやま」
だけ言うと「さやま」(大阪狭山市。北条の小藩があった)と聞き間違えられる)
一概に言えないかもしれない。
ただし、黒豆だけは篠山独自でしかできない面もあって(篠山の中でもほんの狭い
範囲でうまいものができる地域が限られてくる)しっかりと基本的には「篠山市○○
産」と表示されている。

一応、そんなくくりのイメージだった「丹波」も「丹波市」ってなんとも曖昧な安直
な地名によって崩れかけている。
ここは柏原町を中心圏の「氷上郡」(ひかみぐん。かなり古くからの由緒ある名前
だった)で例の強引な合併ムードの時に、住民アンケートでは「氷上市」だったのが
なぜか「丹波市」とひっくり返ったと言う。
理由はブランドの優先権や独占を狙ってのことだろう。「丹波市」って名乗ってる
から当然と主張できる。
例えば去年、恐竜の骨が大規模に見つかった(歴史好きな僕だが、このあたり
の時代はなぜか興味が湧かない)それですぐに「丹波竜」って名乗ることに。
「丹波」でも一番イメージの薄かった感のある地域で、このあたりは改名の効果か
もしれない。でも全国的には「どこの丹波」って言われかねないだろうか?

この前、丹波市の人が普通に「丹波」から来たって言っていた。
でも「どこの丹波」って聞いてしまった(笑)
「丹波」って言ったら「篠山」ってイメージで聞き返す人もいるし、京都にも「丹波町」
って古くからあった(「丹波市」に遠慮して今は「京丹波町」になっている。でも
イメージ的にはそれのほうが、よかったかもしれない)定着ってしているのだろうか?
僕には「旧氷上郡の丹波」って言ってもらわないとわからない。

大型合併の時期があって全国に「旧国名」を使った自治体が増えた。
個性豊かな自治体が一緒になったのに、安直としかいいようのない「伊豆市」
と「伊豆の国市」(苦笑)
福井県の「越前市」(武生っていい地名と思うんだけど。。越前町って前からあるし)
すこし違うが高知の中村って、伝統ある地名をなんで変えてしまったのだろう
(「四万十市」ここも別に四万十町がある)

今は合併の経緯を知っていて、それまでに定着した地名との併用もあると思う
が、今から生まれる子供の世代には、そう言った昔からの意味のある地名は
徐々に葬り去られてしまうのかもしれない。
付けた人たちの考えもあってのことだろうけど、そんな地名には文化のかけら
も感じられないし、寂しい気がする・・・
[PR]
by enokama | 2008-04-18 03:36 | 北摂丹波 | Comments(4)

中岡慎太郎の誕生日2008

ミクシィのコミュで、2月に中岡慎太郎のファンの方で集まったんですが
次回は「4月13日」の慎太郎の誕生日ってことで話していて
今日は愛知からの参加3名を含め10名の方で霊山を中心に、僕自身は連日と
なりますが京都市内を回ってきました!

祇園のウインズ経由で(桜花賞荒れすぎ・・・)霊山護国神社に1時過ぎに
到着。早速、龍馬・慎太郎のお墓に参ります(田野のお酒ごちそうさまでした!)
このブログでも紹介してますが、最近は頻繁に訪れることが多くなって
福岡(平野国臣らの墓標は縦長でなくなぜか、自然石風?の丸い墓標)熊本、
水戸、長州、土佐、池田屋殉難者、天誅組志士・・・
検証しながら、改めて維新の大業に斃れた志士たちに手を合わせます。

この後は霊山歴史館に行き(会員になってるんで、何度行ってもタダです!)
先月とは、がらっと変わって薩摩中心の展示となっている特別展を見学。
徳川斉昭の「攘夷用軍艦雛形乃図」や、慶喜の天保山乗船図はなかなかいい!
あと2階の奥に映像ルームが新設されてましたんで、さらにじっくり幕末史を知る
ことができると思います。

円山公園銅像→祇園で買い物→慎太郎寓居跡(あぶらとり紙屋さん)
最近はよくこのコースを通ることが多いんですが、やっぱり買い物してしまう(笑)
f0010195_234113.jpg


京阪四条から電車で大阪・北浜まで。
大阪証券取引所前の結構大きな五代友厚像は知りませんでした
(平成16年建立)
f0010195_285459.jpg


適塾、愛珠幼稚園と戦災でも奇跡的に残った幕末~明治の遺構を巡って
いつもお世話になっている「維新」へ。
今日は「軍鶏鍋」をいただきました(いつもよく考えておられます!)

今日も楽しい時間でした。
赤根武人や芹沢鴨で普通に盛り上がる飲み会は最高です(笑)
また、よろしくお願いします!
[PR]
by enokama | 2008-04-14 02:15 | 中岡慎太郎関連 | Comments(8)
銀閣あたり
f0010195_131010.jpg

f0010195_192268.jpg

f0010195_1102627.jpg

北山・半井の道(紅枝垂桜)
f0010195_151781.jpg
f0010195_161370.jpg

[PR]
by enokama | 2008-04-13 01:08 | 私の好きな京都 | Comments(0)