エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

<   2007年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

高杉晋作が福岡・平尾山荘での滞在を経て「帰国しての挙兵」を決断するころ
その時の奇兵隊総督・赤祢武人は別の動きを見せていた。

赤祢は周防・岩国のはるか沖合の小島・柱島の出身(医者の子)で
周防大島の対岸(本州側)大畠にあった妙円寺の僧で、勤王僧とも海防僧
(徹底討幕論者で海防の重要性を唱えた)とも呼ばれた月性が開いていた清狂草堂に学んだ。
同門には世良修蔵・大楽源太郎(いずれも後に非業の死を遂げる)らがいる。
のち吉田松陰(月性との交流があった)の門下に入り、京に上って大儒の梅田雲浜にも学んでいる。

第一次征長後の俗論派の握る藩政下で高杉不在時、いわゆる奇兵隊を始めとする「諸隊」は
長府・功山寺に移ってきた五卿警護の名分のもと、この地に集結していた(長府藩独自の判断)
近辺の寺院に駐屯した、その諸隊の数は2000を超えたと言う。
そして、赤根らは打開を図るべく萩の俗論派との交渉に入り、諸隊の慰撫をもって
獄中にいる正義派の要人たちの生命の保証を取り付けていた。
(人質とも言え、高杉の挙兵後に彼らは処刑される運命となる)
当時の状況では現実的で妥当な判断だっただろう。

当然、高杉の挙兵計画を聞き、赤祢は反対する。赤祢の論に対し「一農民の言うことではないか。
毛利三百年来の家臣である予が、この挙を起こす決意をしているのではないか」と
罵った有名な話も残っている。
現実この挙兵は無謀と見え、大いなる賭けだったかも知れない(実は計算はされていた可能性もある)
そして奇跡的に勝利し、その中心となった諸隊は次の征長戦にも勝利する。

赤祢はこの後、五卿動座の地・大宰府にいた。
長州の強硬論を抑えての福岡藩の五卿動座・征長軍の解兵への働きと成果だったがここに至り
この処置を喜ばぬ幕府より「江戸への五卿護送」を求められる。
当然、決死の覚悟で実現したことでもあり、圧力に屈することは許されない。
ここで西郷隆盛の働きかけもあって、福岡藩より早川勇・筑紫衛を京に派遣し、情勢を探らせることとなる。
この2人の上京を聞き、赤祢(他1人)も次の自らの居場所を求め同行を願う。
早川は西郷とも話し合い「使えることもあろう」と許可する。
3月6日、福岡を発った。
また、このころ西郷・早川らの間では、この次のステップとして「薩長肥同盟」と
「五卿帰洛・復官」の案が出されていて、赤祢らも当然知ることとなる。
しかし、これが裏目に出た。赤祢らは大坂にて幕吏に拘束されてしまう。
そして、この秘事も福岡藩「筑紫、早川」との名前も出てしまったため、構想は流れてしまったとも伝わる。

このことが元来強かった、福岡藩佐幕派に口実を与えてしまうこととなる。
第二次征長が現実を帯び「長州の次は筑前」と言った流言が聞かれるようになる。
そして4月の末、早川らは帰国を命じられる。
この時点で筑前勤王党の活動は完全に終わり、この年の2月の人事でいわゆる「勤王派内閣」となり
西郷からも期待された政権の中心、家老・加藤司書も5月に罷免される。
そして、勤王党の一斉検挙へと続いて行く。

赤祢はこの後入獄し、新撰組の伊東甲子太郎・幕臣永井尚志と言った面々に建言が採用され
出獄が許され、近づくこととなる。そして、その文言に基づき第二次征長直前、自ら周旋しようと
再度、長州に入るが理解されることはなく拘束され、裏切り者として処刑される。
彼は有能で、時期が時期なら十分な仕事もできたのではないだろうか。
高杉の活躍の裏で、時代に翻弄された一人でもあった。

また、彼の事を快く思わない長州人は当然多く、誤解を受けなかなか復権が許さ
れなかった。しかし、国を憂う気持ちは月性の教えもあり人一倍であった。
ぼちぼち、山口では彼の正当な評価を問う声も出てきて、書物も出版されて
いる。僕ももう少し、調べてみたい人物です・・・
[PR]
by enokama | 2007-11-30 22:02 | 福岡藩 | Comments(0)

携帯電話の罠

最近、このごろ会ってないなって友人から、久しぶりメールがよく入ってくる。
「携帯、ドコモからソフトバンクに変えました。番号そのまま・・・」

僕は地方だしほんと「ドコモじゃないと話にならん」状態だったし、仲間うちも
ドコモが多かったんで何の問題もなかった。
でも、昼間のソフトバンク同士の通話料がいらんとかってるし(大丈夫なんか?)
やっぱり魅力なんだろうか・・・
ここは街角で袋配ってた時から胡散くさい感じだったし、いつのまに「ソフトバンク」
になったんか。球団名も今だに言いにくいし(もう日本も企業名べったりのユニフォ
ームは辞めたらいいのに) 

僕は携帯を5月に変えた。
2年ごとぐらいに充電がへたるタイミングなので予定通り。
いつも同じメーカーにして、基本的な操作は一緒なので問題はなかった。
でも今回は後継機種がないってことで、用途を考えて「ハイスピード」の機種
にした。
確かにちょっとは早い、でも電池の減り方には閉口した(今はこんなもんだと言わ
れた) 山とか行くのに困るやん。デコメール・お財布携帯・録画?・・・いらんて
分厚い取説も読みきれんてnnn  メール一文字打ったら、なんか4文字ぐらい
余分に出てくるし、今までの倍ぐらい打つのに時間かかってるような(苦笑)

でもたまりきってたポイントほとんどはたいたし、慣れかなって思ってるし
料金もパケ放題にして、今の「いきなり半額」ってのにしたから(まあ、これも
裏があるわけだけど)しばらくはドコモでいると思うけど(エリアの関係もあるし)
前より不便に感じてしょうがない。

とりあえず、僕の求める条件はエリアが広くて、メールが打ちやすく、画像がきれ
いで音質が良く、電池寿命が長い。あとの機能はいらん!
そんな携帯はあるのかな?
[PR]
by enokama | 2007-11-29 01:00 | 総合 | Comments(0)
このブログでも再三、取り上げてますが、今週は大阪・適塾を開いた
医者、緒方洪庵です。
人材育成はもちろんですが、有能な医者でもありました。
当時の天然痘対策にかけた洪庵の姿が(除痘館を設けた)今回のテーマ
必見です!
[PR]
by enokama | 2007-11-27 01:28 | 歴史全般 | Comments(5)

長府 功山寺

レス更新、滞ってましてすみません!
23、24日と宮島~下関(泊)あたりを添乗で行ってきました。
連休中で、行程も新幹線等の時間手配が悪く、余裕なくバタバタしてたので
ほんと行ってきただけの感じです・・・

今日は長州の支藩・長府の紹介です。
現在は市街地や唐戸・壇ノ浦の南に位置するこの地も下関市に含まれて
います(あまり時間の余裕もなくて、うまく撮れてないですが・・・)

高杉晋作挙兵の像(功山寺境内)
f0010195_22592156.jpg

1864(元治元)年。
第一次征長後、恭順の姿勢を見せる長州の動きの中で
高杉晋作は一時期・福岡藩の野村望東尼の元に滞在していた(11月)
その間、長州では恭順のため、主戦派だった3家老の首級を幕府に差しだし
藩政は俗論派の握ることとなる。
その事態に高杉は急ぎ帰国。正義派の勢力を回復すべく、やがてここ長府・功山寺
にて挙兵、翌年1月には内紅戦に勝利をもたらすこととなる。

功山寺境内>>
[PR]
by enokama | 2007-11-26 23:03 | 長府藩・小倉藩 | Comments(2)
円山公園の両雄の像
f0010195_337287.jpg

四条京阪まで電車。
龍馬扮装で京の街に出没する「たびざむらい」さんと、霊山に参拝するため
円山公園で待ち合わせをいたしました!

龍馬さんと合流>>
[PR]
by enokama | 2007-11-21 03:41 | 私の好きな京都 | Comments(7)

改めて霊山へ~岩倉

予告どうり、今日も京都に行ってきました(笑)
今日は中岡慎太郎の命日。
その慎太郎との縁も深い、旧500円札の肖像にもなった明治の立役者・岩倉具視
のゆかりの地・岩倉を訪ねました。

岩倉へはいろいろ考えて、二条から地下鉄(私は山陰線なので)烏丸御池乗り換え
で国際会館下車。そこから「岩倉実相院」行きのバスで向かいました。
バスは20分ごとにあって、渋滞はなし。スムーズに着きました。

岩倉実相院
f0010195_2341358.jpg

由緒ある元天台宗の寺院。元々は御所の近くで古く、応仁の乱の戦乱を避ける
ためにこの地に移された。その後、皇孫の門跡が続いた名刹で古きよき宮廷文
化を伝えている。

床もみじ~岩倉具視幽棲旧宅>>
[PR]
by enokama | 2007-11-18 23:44 | 私の好きな京都 | Comments(6)

2007 霊山墓前祭

霊山護国神社
f0010195_22111192.jpg

てな訳で今年も行って参りました!

今回はこの夏の尾張への霊山歴史館のツアーがきっかけで、知り合った
名古屋で坂本龍馬や新鮮組・幕末の珠玉の一言等の卓上カレンダーや
歴史好きの間で最近、話題になっている「龍馬検定」などの歴史関連グッズを
企画製作されているコミュニティネットの冨永さんとお会いしました。

とくに待ち合わせとかは決めてなかったんですが、10時40分ぐらいにJR京都駅
に着いて電話をしたら、ちょうど冨永さんも着かれたとこで!
霊山に着いたら、ちょっと昼を食べに行きにくいんで(坂の上ですし)
早めの昼食を取って、いろいろ自己紹介・ビジネスの事などお話ししました。
やはり歴史好き同士ですんで、話も弾みます。

12時から冨永さんは、霊山の木村学芸課長と打ち合わせされるということで
再度、霊山で合流しようとお話して、私は京都国立博物館の「狩野永徳展」
を見に行こうとしましたが・・・

六波羅~清水寺>>
[PR]
by enokama | 2007-11-15 22:15 | 私の好きな京都 | Comments(4)
今週15日は幕末土佐の両雄、坂本龍馬・中岡慎太郎が謎の多い暗殺
によって天に召された日 「墓前祭」が京都・霊山護国神社で行われます。

15日は私、参加いたします。
また、17日は中岡慎太郎の命日となり(龍馬は即死。慎太郎はまだ息が
ありました)改めて有志の方と霊山に参拝いたします。

主に17日のこととなりますが、それぞれ予定を持って、京都に来られますんで
時間のすりあわせが、未定になっております。
(私は特に時間の縛りはありません。電車+徒歩です)
現在、それぞれ各自同士の連絡でしていただいていて、ちょっと当日の全体の流れ
が見えてこない状況となっておりますんで、今からこの記事のコメント欄を利用して
掲示板としてごらんいただこうと思っています。
連絡先等が含まれる場合は非公開コメントも使ってください。

それでは当日楽しくすごしましょう!
[PR]
by enokama | 2007-11-12 22:16 | お知らせ | Comments(7)

2007 エリザベス女王杯

今年も行ってきました!
朝8時40分に淀に着いたんですが、あちらこちらのテレビに
「ウォッカ出走取り消し」・・・一瞬冗談か思ったけど
その文字はパドックの掲示板から、一瞬たりとも消えることはありませんでした。
もう楽しみは半減です。
友人も早くわかってたらこなかったて、俺も同じ気持ち。
レースはやはりローズSからまったく変わらない展開で・・・

馬券はウォッカのファンたるもの出走しなくとも、とてもじゃないが天敵の馬券
なぞ買えるもんじゃありません。そんな考えなんでだめなんだろうか?
いや、それで10数年やってきたんだが・・・
もちろん「スイープ単」 来週は連闘するんだろうか? もう覇気がなくなってる
ようにも見えたが。

白馬の誘導馬
f0010195_22453822.jpg


そういや、去年の9R「黄菊賞」はウォッカが2着だったんだ・・・
この時は2着に負けたけど馬体・雰囲気に惚れた。それがダービー馬になった!
今日の2歳戦、素質馬・評判馬はいたようだが結果出ず。
新馬戦、ダイシンプランの末脚は良かった。

今日の勝負は僕の好きなコンビ、10R・角田@西浦のマイネルポライト!
オープン入りをこの目で見届けたい。
相手関係、今日の気配を見ても負けるわけないと思っていたけど・・・
f0010195_2311060.jpg

1800はマイルより、ちょっと分が悪いか。
折り合いつきすぎで、位置取りが悪かったのか。

来週はマイルCS、密かに好きなレースで10年ほど続けて行ってるけど
もう行きません。
見たい馬がいないですし・・・2歳馬もこれっての見つからないし。
それでお金も消えて行く一方ですんで、もう当分競馬はしません。
競馬ネタも封印します。
なんかいい馬、出てきたらいいんですがね!
[PR]
by enokama | 2007-11-11 23:10 | 競馬 | Comments(0)

適塾~大阪・北浜

今日の撮って出しです!
適塾は過去に何度か取り上げましたが、今日は画像付きで紹介します。

江戸時代・幕末期~明治にかけて、最も各分野で活躍した人物
を輩出したと言っても過言でない学塾。
元来、医者であった開設者・緒方洪庵だが優れた蘭学者でもあり
全国から有能な若者が集まった。
福井藩・橋本左内、長州藩・大村益次郎らも医者の倅だったが
違うフィールドで活躍したことを見ても、幅広い教育を行っていたこと
が伺いしれる。

ビジネス街の真ん中に現れる異空間
f0010195_20512731.jpg

ちょうど、京阪淀屋橋の南東の出口をでたあたり。
戦災には巻き込まれず、隣接する愛珠幼稚園と共に奇跡的に残った
わが国に現存する唯一といっていい学塾の遺構である。

適塾について>>
[PR]
by enokama | 2007-11-10 20:51 | 緒方洪庵と適塾 | Comments(0)