エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

<   2007年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「上下議政局を設け、議員を置きて、万機を参賛せしめ、万機宜しく公議に
決すべし」
「有材の公卿・諸侯及び天下の人材を顧問に備え、官爵を賜り、宜しく従来
有名無実の官を除くべきこと」

坂本龍馬が大いに絡んだと伝えられる「新政府綱領八策」のうちの二条。
幕末期、近代国家にはかかせないことでもある議会開設についての一番有名
な文である。すでに二院制のことに触れられている。
いわゆる「公議論」であり「開国論」と共に、横井小楠~松平春嶽の構想に
沿うものになっている。
すでに横井小楠は「外様・譜代に限らず賢を選んで正官となす」
「上院は公武御一席。下院は広く天下の人材活用」と構想を持っていた。

また、大政奉還の直後でもあり、やはり徳川の実権がある程度残る可能性も大いに
あった時期で、事実このころ欧州洋行の経験が豊富で徳川慶喜のブレーンと
なっていた西周(にしあまね。津和野藩出身)は上院を万石以上の大名、下院
は各藩の藩士を当て、欧州流の二院制とするが、その上に絶対的権力の「大君」
(当時のフランス皇帝・ナポレオンの絶対主義的政治。徳川将軍がこれに当たる)
とする案も示していた。また、天皇は象徴的存在として朝廷の影響を排除、三権
分立も唱え、なかなか慶喜も侮れない考えをもっていた。
また、欧州の議会はまず特権階級のものであったが、民主政治の進展により
庶民の議会が始まり(下院) 徐々にそちらに優越されるようになり、改めて
「上院」はチェック機関的な存在となっていったが、日本では長い間の封建制度
もあり、一般庶民の政治参加の考えには触れられていない。

最後に開明派大名の松平春嶽は、小楠の意見も取り入れつつ自らも議会制度を
調べていたと言う(文久期の政治総裁職のころ)
海外文献の「大英国志」によるもので、解釈に関しては長州・桂小五郎との交流
もあった(桂の人脈は意外に調べてみると幕臣にもあったりする。春嶽の人物
と見たら、身分にこだわらない姿勢がここにもある)
イギリス議会の二院制に関することで上院「巴刀門(ハルリモン)」下院「高門士
(タカモンス)」の記述があり、上院が幕臣・諸侯、下院が諸藩の藩士を当てると
ある。上院を諸藩の藩士で当て、下院を農商の一般庶民としてもいいと、当時と
しては飛躍した思い切った考えも持っていた。また「天子将軍」よりも議会を最優先
させるとあり、かなり進んだ構想であった。

維新後、上院にあたる貴族院が設置され、文字どうり貴族層や学者等が当てら
れた。ただし、その構成もあり「大正デモクラシー」の民主運動はどうしてもストッ
プをかけざるを得なかったと言う。
現在でも、存在価値やその機能としての問題が挙げられている。
個人的には構成や選挙制度もあるが理想とする「良識の府」とは遠くかけ離れて
いる現実(議員の顔ぶれをみても)に見えて、無駄にしか思えない。
また、国会開設時の理想を改めて考えて見直すのも大事と思う。
[PR]
by enokama | 2007-07-27 23:18 | 横井小楠の周辺 | Comments(5)

幕末の二院制論

参議院の選挙に行ってきた。
投票日を待たずにと言うことで「期日前投票」となる。
最近は、ほとんど投票日に行ったことがない。自分の出かける予定もあるし
添乗に出ていることも多い。
人の外出することの多い時期に投票すると言うことは、やはり投票率を下げる
ためと勘ぐられても仕方の無いこと。税のかからない施設で運動を行い、ノルマを
課して署名や行動を行う団体の思う壷で、その票読みを利用する政党や広告攻勢
で何も意見しないマスコミ・・・

こんなのもらった
f0010195_1185094.jpg


本来、二院制を取る各国の上院は「良識の府」とされている。
衆議院で当選できなくなって、参議院に回って解散のない任期6年をぬくぬくとして
いるような候補。労組丸抱えやプロ市民の代表の候補。現実的でない政党候補。
残念ながら、それにふさわしい人物はいないので白票にした。
利益団体の代表はどちらかの議院に絞るべきではなかろうか。同じ様な構成の
議院が二つあるだけと言うのは無駄なだけだ。
比例代表の方(実質、昔の全国区に戻っているが)は某馬主さんに入れた。
馬主は保有財産はもちろん、企業等の経営をしている場合も健全でなければなら
ない。事業を順調に行っていて、多額の納税をしている。企業の経営者ももっと国政
に入っていいと思う。
戦前の貴族院は「多額納税者の枠」があったそうだ。それが現代にあってもいいん
じゃないだろうか。税金対策を取らずに堂々と多額納税する替わりに、口を出すこと
が出来る。当然「良識の府」にふさわしい人物審査は行う。

ほんと、解散なしで6年も任せる人物の選挙だから、選ぶ人物がいないとしても
「権利」は行使すべきと思います。白票でも意思を示したら、その議院のシステム
や選挙制度が悪いってことで伝えることができます。
棄権はほんとかっこ悪いことです。

龍馬の「二院制論」のこと書こうとしたんですが長くなってしまって。
また改めて・・・
[PR]
by enokama | 2007-07-25 01:13 | 横井小楠の周辺 | Comments(2)

乗峯会

昨日の夜、飯田騎手のファンと言うことでお付き合いさせていただいている
スポニチ大阪の競馬コラムでおなじみの「乗峯栄一先生応援」のオフ会
があり、久しぶりにファンの方皆さんとお会いしました。
乗峯先生はコラムの内容を何倍も膨らました、それこそ「乗峯ワールド」全開で動物
ネタ・そっちのネタ・・・ほんと至福の時でした(笑)
○○さんの「大スポで買った亜鉛を飲んで、精子が濃くなった・・・」
最高に笑いました。さすがに先生の読者です!

また、同じスポニチコラムの的場弁護士も来られていて、お仕事や趣味のお話
聞かせていただきました。穏やかに話されてましたが、職業柄怖い目に会うことも
あると思います。さすがに大きい事件をされている方だなと思いました。
また、国家試験を目指して頑張って折られる方も何人かおられまして、地縁や
会社とまったく違ったもの同士、ネットならではの集まりは私も刺激になりました。

的場先生と乗峯先生
f0010195_022956.jpg


今週の競馬、その飯田騎手が2週間の騎乗停止明けで復帰。
土曜は1番人気2鞍でしたが、いずれも4着で馬券に絡めず(むっちゃもどかしい・・・)
今日のメインも期待してたんですが(乗峯先生のコラムは飯田君じゃなくって
タニノローゼだったんで、この単勝も行ってたんですが・・・)
ン万円行かれた・・・ファンは、でも応援してますんで、ぜひ取り返してください!
[PR]
by enokama | 2007-07-23 00:12 | 総合 | Comments(7)

霊山の幕末グッズ

台風どうなるかと思ってましたが、進路がはるかに南だったので、
大事に至らずに済みました。
しかし、被害にあわれた方もいらっしゃいます。お見舞い申し上げます。

一応、3連休ですが、当初は日月と立山登山の仕事が入ってたのですが
定員割れでツアーキャンセル(どっちにしろ、各主催ツアーとも3連休の分は
台風で中止になったと思います。各旅行社や関係機関、かなりの痛手です)
土曜の夜は飲み会が入ってたんですが、台風で見送り・・・
ひたすら、家で梅雨無関係の函館競馬&読書にいそしんでおりました。

土方歳三のエコバック
f0010195_22554556.jpg


僕は京都・霊山歴史館の友の会会員になって長いんですが「永年会員」
みたいな感じで送ってきました。
たまにレアな特典があります!また、興味ある方はお問い合わせください。
(今、紹介の新規入会で館内商品券の特典が付いていてくるんで、僕経由で言って
いただけるとうれしいです。笑)
[PR]
by enokama | 2007-07-15 23:18 | 歴史全般 | Comments(4)

今季 最後のあじさい

京都府福知山市・観音寺(7月8日撮影)
f0010195_0254015.jpg


関西花の寺・第一番。
100種・一万株のあじさいが植えてあります!

いろんなあじさい>>
[PR]
by enokama | 2007-07-10 00:51 | 北摂丹波 | Comments(4)

三国を訪ねる

三国漁港
f0010195_22581511.jpg

三国は越前大野のはるか上流を源とし、福井県中央部を流れる九頭竜川の
河口に広がる、かつての越前の玄関口とも言える港町。
河川水運により越前国内の物資の集散地となり、日本海回りの北前船の寄港地で
もあり、諸国との交易の拠点となって、明治の鉄道開通まで多いに栄えた。
明治以降は漁港へとシフトしていった。
三国港駅周辺は漁港の他、ビーチや温泉・旅館等レジャーの拠点ともなっている。
あと、2キロほど歩けば東尋坊にも行ける。

三国を歩く>>
[PR]
by enokama | 2007-07-08 00:37 | 旅行 | Comments(0)
福井市内で宿泊して、2日目は朝一で橋本佐内の墓参り。
そのあとは表通り、フェニックス通上を走る福井鉄道の路面電車
で中心街北端の田原町まで向かう!
フェニックスと言うと「不死鳥」の意。福井市も戦時中第二次大戦で空襲を受け、
さらに終戦数年後には大地震があり、大きな被害を受けた。
その復興のシンボルとして、電車の走る中心となる道路が拡幅されてこの名が
付けられ、平和を祈る思いが込められているのである。

なお、この電車は路面電車と言っても、福井市街地をしばらく南下したところ
で普通の専用軌道になっていて、南部の武生(今は「越前市」と言う味気ない
地名になってるらしい)まで走っている。
足羽山のふもとの電停から乗ったが、乗降口にポンとステップが出てきて
路面電車の2両編成版と言った風情で、関西で言うとかつての京津線のようだ。
f0010195_21345758.jpg


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2007-07-07 21:37 | 旅行 | Comments(0)
f0010195_22534259.jpg


霊山歴史館の会報にも発表されました。
中岡慎太郎館の学芸員・豊田さんの手記が載っています。
特別展に関する史料を探していて「岩倉具視関係文書」の中に、慎太郎の変名
の一つ「勘蔵」(横山勘蔵)の項目や後藤象二郎らの記述があり、筆跡や文面か
らの鑑定の結果、慎太郎本人のものと確認されたそうです。
なお、確認されている書状のうちの大半が、よく知られた代表的な変名「石川
清之助」で、彼の生涯の最後1年ほど使っていた「横山勘蔵」名義のものは初め
てだそうです。

内容はいわゆる「薩土盟約」のこと。薩摩は長州との討幕路線も取りつつ、大政
奉還論の土佐とも連携し「大政奉還の建白→将軍・慶喜の拒否→討幕の実行」
と言った等の流れを作り、合法的に討幕を起こす名分も考えていた。
土佐にとっても薩摩との連携で「大政奉還論」を軸に主導権を握りたいことと、
乾(板垣)退助、谷守部らの上士でさえ、徹底討幕論に傾いている点もあって
直ちに兵を土佐から出す条件で「盟約」が結ばれた。

土佐の藩主・山内容堂はさらに「大政奉還論」を推し進めるが、藩兵の派遣で
薩長に討幕に利用されるのも察知していて(結局、乾の独断で出兵するが)
断固反対し出兵が進まず、薩摩が「盟約」の破棄を切り出していた状況で、
その経過と打開策に関しての岩倉への書状が今回のものでした。

内容的にも幕府の終焉も近く、いろんな微妙な流れがあるなかで、生々しい
貴重な史料とも言えます。

書状の公開は夏は高知にて
秋には、京都・霊山歴史館にも展示されます。

おまけ
霊山歴史館の幕末グッズ。通販も行けます!
[PR]
by enokama | 2007-07-04 00:15 | 中岡慎太郎関連 | Comments(6)

橋本左内のゆかりの地

生誕地の碑
f0010195_22482126.jpg

天保5年(1834)3月11日、福井城下・常盤町(現春山町)に藩医の長男として生まれる。
15歳にして「啓発録」を著し、大坂の蘭学塾であり医塾であった適塾に学ぶ(→関連記事
この間、横井小楠や梅田雲浜と言った諸士とも交わる。 
(昨年の7月にも左内の記事書いてます。ご覧ください!)

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2007-07-02 22:55 | 福井藩 | Comments(0)