エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

<   2007年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

三岡八郎と挙藩上洛計画

三岡八郎(旧名、石五郎。維新後、由利公正)は越前福井藩士の中でも、
横井小楠の直弟子と言ってもいい存在で、福井藩では藩主が率先した開国論に乗り、長崎を通じての
「海外貿易」を行い、生糸等の輸出で成果・利益をあげる。
「富国富民」の策では、物産総会所を開設して藩札(国債的なもの)の発行で低利の融資
を行い殖産興業の振興を計り、そうした輸出商品の売価で正貨に交換していった。
従来の藩営の専売産業では藩のみが儲けのほとんどを懐に収め、一生懸命働けども生産者に還元される
ことはなく、段々と庶民の生産意欲もなくなり結局は失敗に終わることが多かった。
そこで小楠の理論にのっとり、働いた分の利益もしっかり生産者に還元し、生産意欲を高めた
上で税を取り、生産性の向上を図った。

この福井での経験を基に新政府に入った彼はまず「太政官札」の発行で、大坂
豪商の資金を得て、無一文だった新政府に与えた。また「五箇条の御誓文」は
小楠の思想を以て、三岡が起草したものである。

県庁(旧福井城・南堀端) 横井小楠と三岡八郎の旅立ちの像
f0010195_23078.jpg


この三岡にも辛い時期があった。
物産総会所の運営が軌道に乗り国防等の充実も図られたころ、京では攘夷派による
暗殺・幕府の弱体化による治安の悪化や、不平等な開国により物価上昇が著しく
一部の目聡い商家以外にはマイナスの面も多く、多くの庶民からも「開国」への抵抗感に強いものが
出始めていた。
1863(文久3)年4月に小楠を中心とする改革派は、4000人規模の「挙藩上洛計画」を計画した。
(前年は薩摩・島津久光が1000人規模で上洛し、朝廷の後ろ盾を得て、さらに江戸へ行き、幕政改革を迫り
慶喜・春嶽の登用を実現した。経過で寺田屋騒動を引き起こしたが、十分なアピールはできた)
上洛し朝廷・幕府・諸藩に現状の打破を訴え藩論でもある「公武合体論」により、幅広い意見を求め
過激な攘夷論を封じ込め、この危機を開国論で表に出して、挙国一致で乗り越えて行こうと言うもの。
三岡は長谷部甚平とともに、一番の推進派であった。

前藩主・春嶽も一旦は賛意を示すが、上洛の際に同調できる他藩(肥後・薩摩等)の足並みが揃わ
なかったことと、京での朝廷等の動きで「今動くべきでない」との報告や、藩内保守派からの
「親藩の行う行動ではない」の意見。
春嶽は反対する中根雪江を一時、謹慎させる決意も持ったが、結局は7月に計画は中止となってしまう。

そしてその動きの間隙を突く形で翌8月に薩摩・会津が組んで、京の攘夷派・長州藩と長州寄りの
公御の追い出しを図り、クーデターが起こる。
結局、福井藩はこの件で機会を逸し、幕末の局面から一歩後退する格好となり
このころは、まだ「公武合体論」だった薩摩ものちに長州と結び、幕府と対峙する路線を取ることとなる。
また、このころ京で情報収集に当たっていた藩士・村田氏寿は薩摩・吉井幸輔や坂本龍馬とも接触し
彼らも「挙藩上洛」に大賛成で多いに期待していたそうである。

この後、改革派は一斉に職を解かれ三岡、村田、長谷部らは謹慎処分に。
居場所のなくなった小楠も肥後に帰国し、またもや困窮の生活を送る。
春嶽としては「親藩」であることの活動の限界もあっただろう。ただし、維新まで
「公武合体」と「開国論」は終始曲げずに、必死の周旋を続けることとなる。

龍馬と三岡の会談場所「たばこ屋旅館」の跡地
f0010195_230463.jpg


謹慎から4年、処分を受けた同志が次々と公務に復帰して行くなか、最後まで三岡の処分は解けなかった。そんな中、龍馬が福井を訪ねてきた。新政府の役人としての誘いで、お金のわかる人間はいつの時代も
重要なのである。
龍馬の死後、三岡は召集されるが、藩との溝は広く、あくまで「新政府の役人」としての復帰となる。
その後の活躍はよく知られた話だ。

また、中根雪江とはこの後も対立した関係だったらしいです。いろんな書物を読ん
でみましたが、どちらの味方に立ったかでまったく視点が異なってくるのも興味
深い点です。

福井藩の話、あと1回。「挙藩上洛計画」の時、彼ならどうしてただろう
・・・橋本佐内。
[PR]
by enokama | 2007-06-26 01:12 | 福井藩 | Comments(2)

養浩館庭園と福井城

養浩館庭園
f0010195_6231062.jpg

福井城本丸より、北400mの位置にある江戸中期に作られた別邸。藩の迎賓館等として使用された。
水上に屋敷のある「御泉水屋敷」(回遊式林泉庭園・養浩館の名は明治以後で松平春嶽が命名)

幕末の福井藩について >>
[PR]
by enokama | 2007-06-23 06:26 | 福井藩 | Comments(4)

足羽山と橘曙覧

昼3時前に福井に到着しました。京都からだと1時間半を切るぐらいで到着
となります。約5年振りの訪問、やはり幕末・雄藩と言われたところは訪れてみたいとの思いが
あってのことです。
まず、駅・お城から見て南西方向、市の中心部・足羽川を渡ったあたりに連なる
市街を一望できる足羽山に向かいました。

足羽山トンネルの上にある、あじさいロード(市花でもある)
f0010195_0435823.jpg

f0010195_0482486.jpg


足羽山を歩きます>>
[PR]
by enokama | 2007-06-22 01:45 | 福井藩 | Comments(2)

法金剛院

先週、土日は久しぶりにじっくり、京都~福井と回ってきました!
まだ、ブログがすっきりしてないみたいなんでチビチビと更新して行きます。
(また、消えたら怖いし・・・)

6月16日 右京区・関西花の寺第13番 法金剛院(ほうこんごういん)
f0010195_22565493.jpg

関西花の寺は二十五ヶ所あり、鶴林寺・観心寺・般若寺と言った名刹も含まれ
季節の花と共にゆったりと過ごします!

花の寺を拝観します>>
[PR]
by enokama | 2007-06-19 23:00 | 私の好きな京都 | Comments(0)
介護サービスの「コムスン」の不祥事が発覚しました。
まあ、ここのオーナーはたくさんある関連会社の中での出来事としか思って
ないんでしょうね。「ビジネス」といって憚らなかったですし・・・
介護の現場も実際行ってるんだろうか?ちゃんと知ってたら、ちゃんとスタッフも
大事にするだろうし、金儲け主義のこんな醜い事態にならなかったはず。
気の毒なのは介護される方とヘルパーの方々。日頃のつながりも並大抵のこと
ではないだけにしっかりフォローしてほしいし、官庁もこういう時こそ仕事のしどころ
だと思います。

ちなみに今回の責任逃れっぽい「会社ころがし」は元の大手派遣会社「クリスタ
ル」の改称会社(吸収されてたとは知らなかった・・・) この「クリスタル」も池乃
めだかがCMをしてたりしてたけど(CM同様に)中身があやしく、わかりにくく
胡散臭い部分もあった。
ちなみに、どういう理由かわからないが「南海観光バス」「神戸観光(名鉄系)バス」
「東京近鉄観光」と言った電鉄系のバス会社を買収して「クリスタル観光」と言うバス
会社を作って、従来の各社のカラーのままに「CRYSTAL」と言う文字を付けただ
けの不ぞろいなバスを走らせていた。そんな人間のやることだから待遇が良く
なるわけはないわけで、結局今は再度「クリスタル」の手を離れて
他の系列になっているらしい。こんなにころころ変わって、乗務員さんも安全にしっ
かり落ち着いて仕事できるとは思えない。親切な人の多かった「神戸観光」のドラ
イバーさん、バスガイドさんは今どうされているのだろうか。

でも、「グッドウィル」にしても「クリスタル」にしてもなんか子会社をいっぱい作っ
たり名を変えたり吸収したり、現場もへったくれもなく、ただ「机上の計算」だけ。
(先日放送のツアーバス会社も、現場より机上の計算だけ)
自分たちはいいけど、今後の各分野の人材とか育ちませんよ。「少子化」って、
この彼らの業界が肥大するのと平行して起こってる現象。派遣を依頼する側
も、使うのはいいけど個々の不祥事の内容はちょっとね・・・
ちゃんと、しっかり仕事を技術を持つ人に報われるような世の中にならないと。
「もの作り」の給料が少なくって、金や会社を転がす方が大儲けするってのも
変だ。そう言えば「グッドウィルドーム」「フルキャスト宮城」どっちも派遣会社。
馬主の「マエコウ」「フサイチ」もアウトソージングときたもんだ・・・

ちなみに僕の添乗の仕事も派遣会社。ツアーって、閉散期と繁忙期で催行数が
大変変わってくるわけで、派遣会社なしでは成り立たない面がある訳です。
ただし、本業でしている人はほんと不安定な面が多い業界。
だから、僕みたいに本業があってしている人も結構多いわけで(当然、皆資格持
ってます)ある程度趣味で割り切る面もないとやっていけないんです。
[PR]
by enokama | 2007-06-08 01:23 | 総合 | Comments(2)

安田記念の予想

土曜は家族に腸風邪をもらってしまって寝込んでました・・・
昼から、ちょっとましになってきたら競馬がしたくなりまして(中京わけわからん!)
事実上ダートの3歳チャンピオン戦になっているユニコーンS。
G1にするぐらいの路線整備をしてほしいもんです。500万の抽選待ちごろごろじゃ
ちょっとね。NHKマイルは廃止にしてもいいでしょう。

ダービーのウォッカは凄かった。去年からずっと追っかけてたわけですが、今回
は軸にして流すことはしなかった(ダービーの1番人気が長年、飛ばない傾向も
あったし) せめて単勝だけでも買うのが礼儀ですね、ほんと反省。
陣営の自信は本物だったんだな・・・

◎エアシェイディ
○ダイワメジャー
▲スズカフェニックス
△コンゴウリキシオー

横山典Jがこの春で1番、G1で色気を持ってる馬らしい。
もう荒れないだろ・・・
[PR]
by enokama | 2007-06-03 11:20 | 競馬 | Comments(0)

大分・久住登山~続き

避難小屋から30分ほど上り、久住山山頂へ(1787m)風が強かった・・・
天気はいいんだが、霞んでいて阿蘇の展望は利かなかった。
f0010195_10245095.jpg


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2007-06-03 10:46 | 旅行 | Comments(0)