エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

<   2007年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

大分・久住登山

先週の25~27日にかけて、名鉄観光のツアーで(往復・フェリー利用)
大分県・久住山に登ってきました!

夕方、18時50分に大阪南港発の関西汽船(直行便)で別府まで向かいます。
翌朝6時半過ぎに到着。迎えのバスに乗り(6時50分出発) 大分道を一区間
だけ乗って(別府~湯布院) やまなみハイウエイ・飯田(はんだ)高原~長者原
経由で今回の登山のスタート地となる牧の戸峠には8時10分すぎに到着。
(ちなみに今回、久しぶりにやまなみハイウエイを通ったわけですが、今大人気
の「九重の大吊り橋」は飯田高原から10分ほど入ったところで、看板がたくさん
立っていました)
ここで現地ガイドさんが合流。豊後大野市(旧三重町)から来られたKさんで、70歳
とお聞きしたが大変若々しく、山岳パトロール等、山の知識も豊富で(山の遭難等
があったら、救助隊から携帯で道を訪ねられることもよくあるとか・・・)
今回は22名と言うことで(これぐらいがちょうどいいかも。団体で30人とか越えたら
道のすれ違いも気を使うし)ゆっくりじっくり案内していただけました!

トイレ・体操を済まして、8時25分出発。しばらくはコンクリ舗装の急坂だが.4,
50分ほど歩いて1箇所鎖場を過ぎれば、後は尾根伝いに歩き、アップダウンも少
なく標高のわりには、道もよく整備され気軽に山の自然を楽しむことができます。
f0010195_23202661.jpg


平原に出てきます。周囲は山々がつながります!
f0010195_23221245.jpg


f0010195_23253365.jpg


出発から、約2時間。火山の風情も見せてくれます。
だから、避難小屋も設置されています。公衆トイレもあり、こちらでしばらく休憩して
山頂を目指します!写真はその姿の通り、三俣山。
f0010195_23315585.jpg

[PR]
by enokama | 2007-05-31 23:22 | 旅行 | Comments(2)
高知新聞に載っていた、中岡慎太郎から岩倉具視宛の書簡発見のニュース
ですが、やはり京都では記事になっていないようです。
あと、京都新聞「中岡慎太郎」で、くぐったら2件出てきました。

クリック→霊山歴史館・木村先生の新著
「暗殺の指揮は幕府監察で、龍馬ではなく中岡慎太郎を狙った」との新説も?

クリック→時代祭2006秋
 中岡慎太郎はもちろん、橋本佐内らも・・・
[PR]
by enokama | 2007-05-31 01:36 | 中岡慎太郎関連 | Comments(7)

大臣の死

先週の週末は九州の山に行ってました。
準備やら、疲れも出たりして更新がまたまた滞ってました‘‘
また、ぼちぼち画像もアップして行きます!

現役の閣僚が自殺するという衝撃的な出来事が起こった。
まあ、疑惑の数々には責められる点もあるが、農林関連に精通していて後任も、
世界貿易機関(WTО)の多角的貿易交渉が本格化する中で「複雑な交渉を
理解しているのは松岡氏のほか数人しかいない」ことや、中国への米輸出の計画と
言った政策を立案実行できる点で、人材がいなく苦悩していると言う。
十分、仕事ができる人だっただけにまた「出る杭を打たれる」「脇が甘く、不器用」
と言ったことで責められて、志半ばで無念じゃないだろうか。

以前、柳沢氏の件でも書いたが、総理が松岡氏を守ったのは任命責任者として当
然のこと。農相就任の際もバカなマスコミが「族議員を使っていいのか」と言ってい
たが、何も知らない奴が大臣になってもしょうがないし、論功行賞と言った声も、実
際に仕事ができるひとじゃないと任命できませんよ。

総理が、九州へ最後のお別れをしたかったそうだが、野党のストップがかかって
行けず。その党首討論も実もなにもなし、選挙に備えた世論対策のみ。
その参議院の選挙も「良識の府」とは程遠い、わけのわからないタレントや、圧力
利益団体の代表が、比例代表と言う民意の届かない制度で勝手に通りよる。
たぶん、こんな状態だったら選挙行く人も少ないし、僕自身も入れたい人がいない。
でも、行かないのは特定の団体の思う壺になってしまうし・・・
また白票だけでも入れに行かないと思っている(投票率にはカウントされる)

鈴木宗男氏のHP・日記
松岡氏へのコメントや、参議院の改革論はなかなかうなずける点が多い。
それにしてもほぼ毎日、更新している。タフな人ですね・・・
[PR]
by enokama | 2007-05-31 01:02 | 総合 | Comments(2)

ダービーの予想

◎ヒラボクロイヤル
○フサイチホウオー
▲サンツェッペリン
△ヴィクトリー
×ウォッカ

ヒラボクはローテーション好感と、レースぶりがだんだん良くなってきたことで買い。
皐月上位馬と牝馬・ウォッカが押さえ。
[PR]
by enokama | 2007-05-25 01:42 | 競馬 | Comments(0)
ji5isl さんのブログで「高知新聞」にこの記事が載っていたそうです。
我々からしたら大発見なんですが、関西でこの事を記事にしていた新聞なかった
んじゃないでしょうか。発見場所は京都の洛北・岩倉具視の幽棲地なんですがね。

開国をめぐる対応で威信の落ちた幕府は、14代将軍・徳川家茂に皇室から
和宮を側室に迎える工作をはかり(和宮降嫁)公武合体を推し進めようとした。
その中心的な役割をしたのが岩倉具視で、その動きを尊王攘夷派に警戒され
て洛北・岩倉の地で幽閉される。
のち、時代の流れに岩倉も討幕の意思を強め、その強腕を買った中岡慎太郎が
まず岩倉の元を訪れ、討幕の表舞台(最初は立場上、秘密裏だったが)に引っ張
り出す。薩摩の大久保利通との数々の討幕工作(表沙汰にできないことも多か
ったらしい)はよく知られたことで、維新後も多大な影響力を持ち続けていた。
中岡が亡くなる時、岩倉に後事を託していたことでも二人の信頼関係を感じる。

土佐の上士だった板垣退助にも意見を異にしながら、人柄を見込んでその懐に
飛び込んで同志となったように「相手を変える」強い意志と信念があったんでしょう。
ちなみに2人ともお札になってます(岩倉・500円。板垣・100円)
その両人を変えた中岡慎太郎が明治以降、生きてたとしたら今のお札が福沢諭吉
ではなく、彼だったかもしれません!

中岡慎太郎館にも記事
なお、この手紙は7月28日から高知県立歴史民俗資料館において展示予定。
[PR]
by enokama | 2007-05-20 22:11 | 中岡慎太郎関連 | Comments(2)

オークス予想&結果

◎ラブカーナ・・・先行できるし、切れもある安定感。
○ベッラレイア・・・力は1番だが、ゲートの不安で印を下げた。
▲ハロースピード・・・コース・距離向。鞍上の勢い。
△ミルクトーレル・・・折り合いに徹して嵌れば。
×ミンティエアー ・・・オークス狙いの仕上げ・ローテ。厩舎も過去、勝利。

実馬券は◎の単複、◎○から3連複・2頭頭の3点流し、◎からの馬連4点で。

◎はレース後の調教師のコメントにもありましたが、もう少し前でもよかったんでは。
確かに一瞬勝ったと思った・・・複勝だけゲット(このレース分、チャラぐらい)
○はゲートちゃんと出たし、1番人気だったから早めに抜け出すのはしょうがな
いところ。秋山騎手もチャンスだっただけに残念だろう。

勝った馬は重賞では、掲示板には乗るが決定的な差があるのと、勝ったオープン
でも他馬を妨害して勝っているだけに(降着ぎりぎり)微妙に勝負弱いと思い無
印に。結果オーライの面もあったようだが、鞍上の持つ運も見方したようだ。
ザレマは人気だったが、初遠征だし今までとは相手が違う。
カタマチボタンは戦歴を見ても、完全に桜狙い。お釣りはなかったか。
なかなか、すっきりとは取れません・・・

この時点で、PATはラブカーナの複勝分のみに・・・
4千円程度あっても、どうせダービーには足らないしと思って最終で全部ぶち込み!
最近は関東遠征の昆厩舎の馬券を続けて買ってるので(藤田・松田騎手が騎乗。
例年この厩舎は府中に馬を持って行くのが好き)
藤田@昆から3連単勝負・・・久しぶりに嵌りました(笑)
とりあえず残りの春のG1は買えそうです・・・
[PR]
by enokama | 2007-05-20 20:20 | 競馬 | Comments(0)
明神から徳沢方面
f0010195_0195238.jpg


河童橋から焼岳
f0010195_0214115.jpg

f0010195_0222718.jpg


今日も快晴!
朝10時半に上高地を後にします。
すれ違うバスがたくさん通って、今からたくさんの人が入ってきます・・・

引き続き高山へ>>
[PR]
by enokama | 2007-05-19 00:35 | 添乗報告書 | Comments(2)
2007年 5月3~5日
朝日旅行 大阪
奥上高地と高山
費用 39800円
参加人員 10名

行きは新大阪発22時30分と、夜行の出発。朝食は上高地より西の安房トンネル
入り口に当たる平湯バスターミナルで4時前に到着、仮眠後、6時より。
今回はごらんの通りの参加人数だったので、中型バス一人二席でありました・・・
今は上高地へは、通年マイカーは通れなくなっていて、西から入るルートだと
こちらで駐車場に停めて、バスに乗り換えて行く形になっていて、もう6時前ぐらい
から運行してますので、朝のすがすがしい時間帯に入ることが可能です。

私達も7時半ごろには上高地バスターミナルに到着。写真を撮るには朝のこの時間
が一番きれいなんです。有名な河童橋もまだ人まばらですし。
今回の宿泊はこちらから3キロほど上流に上がったところ、明神池畔にある
山小屋に宿泊にします。実はかなり前から、こちらと朝日の付き合いがあって私も
2回目となります。携帯もつながらないし、自家発電なんで夜9時消灯。もちろんテ
レビも見れない。でも、たまにはこんなとこで過ごすのもいい感じです。
宿入りは昼3時となってそれまで散策となりますが、時間もあるので身軽になりた
いと言うことで、バス到着時に小屋の方が車で荷物を引き取りに来てくれます(お
客さんにはいつも、喜ばれます)

河童橋から岳沢・奥穂高方面
f0010195_0342386.jpg

雪は今年は少なかったが、3・4月と低温であまり融けず、例年並みとのこと。

もう自由散策となるので添乗員は楽なもんです(実は2つほど問題あったんですが
解決しました。お客さんはもちろん知りませんけどね・・・)
時間はほんとたっぷりで、一般の観光ツアーで周辺からの宿から入ろうとすると
11時ぐらいとなって、人も多くって立ち止まって写真とか獲れないし、昼過ぎると
ガスが上がったり逆光気味になったりするんですが、このコースだとほんといい時
間帯に満喫できます!でも雨だったら大変だろうな・・・ほんと天気様様です。

明神橋から明神岳方面
f0010195_0345812.jpg


穂高神社奥社・明神池
f0010195_0351859.jpg


4時ごろにはみなさん、宿に入りました。たぶん14,5キロぐらいは歩いたかと(私も
ですが)でも、じっくり景色をみながらですし、十分楽しめました。
食事して、9時消灯。ひたすら寝ます・・・
[PR]
by enokama | 2007-05-17 00:35 | 添乗報告書 | Comments(0)
先週はとんでもない馬券が出てましたが、そんなレベルの馬しか出れない
もうG1の格とは言えないレースです。
過去数年の連対した馬ってほとんど消えてるでしょう。勝った馬も力ないのに
G1馬と言われ、斤量背負われて、いいことないです。
今回勝った馬も失礼ですが、おそらく今回だけでしょう。
NHKマイルと、枠の有利不利も多い高松宮杯はもう買いたくないし、買ってません。
売り上げの落ちたレースは格下げにする。それぐらいの施策をしてほしい。
あまりにもG1が多すぎる。

やっと買う意欲のあるレースがきたので、久しぶりに予想を!

◎カワカミプリンセス
○アグネスラズベリ
▲アドマイヤキッス
△デアリングハート
×スイープトウショウ

◎は「そんなにプレッシャーのかかる馬じゃない。負けることを考えなくていいから」
と言う本田師の言葉に表れている通り。
馬体重増えてたら、化け物だ・・・磐石の態勢。
○は去年も好走、オープンで積んだ経験を上積み。良馬場希望。
▲はこれぐらいの人気だったら、鞍上も気楽に乗れる。
△はマイルベスト目標戦。
スイープトウショウは敬意を表して。
[PR]
by enokama | 2007-05-13 08:23 | 競馬 | Comments(0)

嵐山散策

f0010195_13522072.jpg


大河内山荘下より


嵐山到着、予定より30分早い11時30分より昼食。
この後は自由散策後の「嵯峨野トロッコ列車」となるわけですが、連休中等のピ
ーク時はいきなり個人で行っても乗れなくって、ツアーの予約の強みがある
(黒部のトロッコも朝行って、夕方って言われるのはざら)わけですが、それでも
手配力の違いもあり、最終16時50分発となってしまいます(逆に今日みたい
な雨だったら、個人予約なしでも早い便にすっと乗れるわけですが)

嵐山で雨ってつらい。箱物でもあったら(美空ひばり記念館は閉館したらしい)
雨よけになるんですが、歩いてなんぼって所ですし・・・
でもじっとしてても仕方ないんで(お客さんもそう言って散策してました)
嵐峡の公園、周恩来の碑~門倉了以の銅像(たしか、高瀬川の水路を開いた実
業家)あたりをぶらっと回って、大河内山荘へ。入場料1000円でも、TCはただで
いいってことで(自由散策時でも、入場施設の料金は基本的に添乗員は要り
ません!)見せてもらいました。
大河内山荘はかつての映画スター、大河内伝次郎がギャラの大半を使ってまで
心血注いで造営された庭園で、単にスターの別荘と言うレベルでなく、それがいき
がいでもあった創作の場であります。小倉山の斜面を生かした庭園は、借景庭園
であり本来は京の街・嵐峡の眺めが抜群だそうです(今日は天気がすべてで、霞
んでもいたし・・・) 高めの入場料がうなずけるスケールの大きい庭園でした。

この後、落柿舎や野宮神社を回って渡月橋近くの再集合場所へ。
まだ1時間ほどあったけど、もう戻って来てるお客さんも(苦笑)
歩いてたの、遠方から予定立ててきた人と、ツアー客ぐらいかな。雨が恨めしい・・・

トロッコの駅に移動して、定刻通り出発。雨がやっと止んできて、空いていたオー
プン客車(屋根なし)を解放してもらいました。トンネル通過時は迫力あります。
最終で好き勝手に走れるから、いろんなところで止まってくれて、こちらもサー
ビス満点でした!

今日はあいにくの天気だったけど、関係機関の人はその分楽しませてくれました。
これで、天気の時にまた来ようって気持ちになったらいいですしね。
お客さんもまずまず楽しめたようです。
なんか、ほっとした・・・
[PR]
by enokama | 2007-05-06 13:52 | 私の好きな京都 | Comments(0)