エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

<   2007年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

中岡慎太郎の言葉

先日放送されたNHKの「その時、歴史が動いた」で歴史上の人物の語った心に残る言葉の
特集をやっていました。
100の候補から(エンディング等で触れられているもの)HP上で投票をされたものですが
その中で私の好きな歴史上の人物の一人・中岡慎太郎の言葉が以外にも?
(地味なイメージがありますからね。まあ、私からみたら当然ですが!)上位に選ばれてました。

17位 中岡慎太郎
「志とは 目先の貴賤で動かされるようなものではない 今 賤しいと思えるものが
明日は貴いかもしれない
君子となるか小人となるかは家柄の中にはない 君 自らの中にあるのだ」
『中岡慎太郎全集(文久元年十一月二十六日 北川竹次郎宛手紙)』より

自分の信念は決して、回りに惑わされることの無く貫けば、結果は出てくるだろう。
また、彼はお上からの締め付けではなく、民衆からの声をくみ上げる土佐によく見られた大庄屋出身でもあり
身分うんぬんの考えはあまりなかったかと思います。
(のちの土佐の自由民権運動にもつながるった?)
また、このブログでもたびたび触れてますが、このころ見られた「実学」の考えも慎太郎の中では
大きかったんでしょう。
このあたりは松蔭門下で一緒に遊学したこともある久坂玄瑞や、奇兵隊の創設者でもある高杉晋作との
親密な交流にも現れているし、実務的にも彼の兵制改革論にのっとり、土佐は板垣退助によって
近代化され新政府軍の一端を担うまでになりました。

この言葉にあるような世の中には、明治になってある程度はなったかも知れませんが不十分な面も
多かったと思います。板垣の明治時代の活動は野に下ってのものでしたが、慎太郎がいれば
政府の中心にいての改革になっていたでしょう。当然、薩長閥のこだわりもなく、もっと能力のある者を
引き上げてたと思います。
(歴史に たら は禁句ですが・・・)

ちなみに1位は高杉の辞世の句
「おもしろきことも無き世を おもしろく・・・」
下の句は以前触れた野村望東尼がつけたものですが、コメンテーターの人はあまり好きではないようだし
司馬遼太郎も「道歌めいた・・・」と書いています。
まあ、その場に望東尼がいたことが意味のあったものだろうし
この句の痛快さが支持を得たんでしょうね!
[PR]
by enokama | 2007-03-31 00:57 | 中岡慎太郎関連 | Comments(6)

深夜の空間

しばらく、更新が滞ってました・・・
先週は土曜出勤して、夜飲みに行って、翌日は四国へ添乗(八十八ヶ所巡礼の
日帰り。里桜が、もうきれいに咲いてました!)と目一杯の予定。
飲みに行った後、カプセルに泊まって朝直行する算段だったんですが、行く
ところ行くところ尽く満室で(3月24日、春休みだから?こんなことは初めて 泣)
しばらく街を彷徨って、この歳になってインターネットカフェの初体験してきました。

なんかゲームセンターのレースゲームのコクピットみたいなブースがずらっと並
んでいて、その中にリクラインイングシートとテレビとPCがあり、コミック・雑誌と
フリードリンクも用意されていて、若い人に混じって、どうも泊まり損ねたっぽい人
も見受けられました。僕は疲れてたんで、そんなサービスは使う間もなく熟睡して
しまったんですがコミック・PCが2000円ほどで使い放題で仮眠できるってのは
魅力的なんでしょうかね。
僕の場合はコミック読まないし、喫茶店や図書館で読書三昧のほうが好きなん
で、今回は止む無く仮眠場所で使ったけど、そう居心地のいいもんでもなかった
です。(おかげでしばらく疲れが残った) 
まあ、今の時代のニーズには応えているのでしょね。
いっぽうで読書ばなれ・活字ばなれ、ってのにもなってきてるんだろうな・・・
[PR]
by enokama | 2007-03-30 23:57 | 総合 | Comments(0)
南禅寺からトンネルをくぐり、永観堂の山麓あたりから銀閣寺までの疎水沿い
がいわゆる哲学の道。まだ、桜の時期は未訪です・・・

銀閣寺を越えたあたりから方角を西へ変え、暗渠に入ったりしながら
高野川を渡ったあたりから、また疎水の流れが現れます。
こちらも知る人とぞ知る桜の名所です!
f0010195_132564.jpg


f0010195_0522281.jpg


f0010195_0525833.jpg


賀茂川沿いの桜
f0010195_0535788.jpg


(琵琶湖疏水関連記事・地名クリックで画像が出ます)
三井寺三井寺(12月)山科蹴上哲学の道疏水分水
[PR]
by enokama | 2007-03-29 00:54 | 私の好きな京都 | Comments(0)
第三トンネルを抜けました
f0010195_23452124.jpg


インクライン跡
f0010195_23454853.jpg


南禅寺・水路閣
f0010195_234615100.jpg

元祖・京の景観論争・・・
でも、設計の優秀さもあって、100年以上経った今はすっかり周囲に溶け込ん
でいます!

第五トンネル
f0010195_23463640.jpg

ここを抜けると哲学の道へ

(琵琶湖疏水関連記事・地名クリックで画像が出ます)
三井寺三井寺(12月)山科蹴上哲学の道疏水分水
[PR]
by enokama | 2007-03-28 23:46 | 私の好きな京都 | Comments(2)

桜の琵琶湖疎水~山科

明治維新を迎え、遷都が行われて(正式な発表はされてないらしいが)
京都の賑わいはすっかりさびしくなりました・・・

そこで産業を活発にし、往時の活気を取り戻すべく江戸期より構想のあった
琵琶湖の水をトンネルで京都市内に直接引く、琵琶湖疎水の建設が始まりました。
疎水は水源の確保にとどまらず、水運の交通路として、また発電所の建設も行われ
日本で始めての市街電車の運行へとつながりました。

疎水沿いには桜が植えられて名所となってます。
これからの季節、ゆったり散策もいいもんです・・・
上流から写真で紹介して行きます!


琵琶湖の三井寺付近から取り入れられた水は長等山をくぐりこちらに出てきます。
(第一トンネル西口)
f0010195_2356038.jpg


まだまだあります>>
[PR]
by enokama | 2007-03-20 23:53 | 私の好きな京都 | Comments(0)

京都の歴史散策に

桜の開花予想がコンピューターの入力の不具合で全体的に早く出しすぎたらしい。
以前は桜のつぼみを実際目視で見て予想してたんですが、なんでもかんでも
コンピューター頼みするのはどうかなと思います。

やはり、桜の季節は京都へ、って方も多いと思いますが、人の多い名所だけじゃ
なく「隠れた歴史史跡」と言うことでこちらを紹介します!

f0010195_061088.jpg

淡交社刊・1500円

京都の本屋で京都物を物色してて「あ、俺の趣味と合ってる」って買ってみたら
著者はたびたびご一緒させていただいてる、霊山歴史館の木村先生でした!
さすがな内容でした。

載っている中では、円山公園の東にある水戸藩ゆかりの長楽寺。古高俊太郎に
縁のある山科毘沙門堂(桜もいい) この本には載ってませんが銀閣寺近くの
年数日しか公開されない安楽寺。僕の好きな隠れたいい所です!
[PR]
by enokama | 2007-03-15 00:19 | 私の好きな京都 | Comments(4)
ホテルへは17時前に到着。
ホテル蘭風(らんぷう)」 おそらく、バブルどころか田中角栄の「日本列島改造論」
のあたりの建物だろうか(昔の土曜ワイド劇場に出てきそうな建物・・・)
1世代前のリゾートと言った感だか、その雰囲気もまたよろしい。
食事場所はステージがあって、それを取り囲むようにして席があり
「ブリ解体ショー」(あとで振舞われる) ~中国雑技団ショー(進行スタッフはみんな
ホテルの人。手作り感覚) 独特の雰囲気でした・・・
温泉は天然で泉質は良く、多種の露天風呂はなかなかのもんでした。

次の日は8時半発とゆったりめに。
佐世保の鹿子前桟橋より10時発の便で「九十九(くじゅうく)島めぐり」に向かい
ます。(約50分ほど。乗らない人は水族館等もある)

f0010195_023338.jpg


f0010195_043943.jpg


11時10分に佐世保をあとにして、1箇所カステラ屋で買い物立ち寄り(この行程
だと昼食がかなり遅くなってしまうので、試食等はうれしい!)
福岡・柳川へは13時45分の到着。
食事は旧柳川藩の庭園別邸の跡・御花で。実は今までは@1500で、うなぎの
せいろ蒸しと、庭園の見学を提供できていたのだがウナギの高騰とやらで?
@2200に。いったい何があったのだろうか・・・

柳川の町は「さげもん祭り」(このあたりの風習の吊り下げ雛)と言うこと
で、1年で最も華やかで多数の観光客で賑わう時期です。
食事が遅くなったけど、普通の時間に行ったらごった返してただろう。

f0010195_074683.jpg


f0010195_0124331.jpg


f0010195_025182.jpg


ここは城下町の掘割が残っていて、船頭さんの手漕ぎの船めぐりが有名(なかなか
トークもいい) で、例年さげもん祭りの前に堀の掃除がされ(掃除の間は30分弱の
ハーフコースとなる)るのですが、ちょうど2日前に終わっていて気持ちよく乗れまし
た。今回はなんと80歳(!)越えた船頭さんでしたが丁寧で、とても盛り上げてくれ
ました(60分弱) 
船に乗らない人は北原白秋の生家など(併設の資料館はかなりの展示がある)の
見学もいいです(各施設それぞれに、いろんなさげもんが飾られているのもよい)
16時に柳川を出て、小倉駅は18時過ぎ。19時40分の新幹線で帰途につきました。
[PR]
by enokama | 2007-03-10 23:53 | 添乗報告書・旅行業界 | Comments(2)
山鹿流兵法とは会津出身の山鹿素行が江戸時代初期に説いた
実践(実学)重視で道徳と兵学の一致を求め、古学回帰の面も持った兵法である。
朱子学の批判の内容もあったため、幕府には忌まれた。
素行の孫、高道がのちに平戸に移り住み藩に仕えたこともあり、平戸藩では藩学
として教えられ、全国の山鹿流兵法を学ぶ者たちが多く平戸を訪れた。
平戸城も山鹿流に沿った建て方をされているそうだ。
 
吉田松陰は生後まもなく、山鹿流兵法師範の吉田大助の養子となったこともあり
兵法をさらに学ぶためにこの地を訪れた。1850年、20歳の時である。
山鹿流兵法後継者の山鹿万助、高名な学者であった葉山左内(鎧軒・がいけん)
に学んだ。平戸での滞在は50日ほどにおよび、若き日の松陰が影響されたもの
は多く、のちの松下村塾での教えにもつながっただろう。
碑が立っているのは松陰の滞在していた旅籠「紙屋」の跡。
<このあたりのくだりは司馬遼太郎「世に棲むむ日日」の1巻にくわしく載って
いる>

このあとは長崎を訪れ、肥後にも行き、同じ山鹿流つながりでのちに池田屋で暗殺
される肥後勤王党の大物・宮部鼎蔵とも初めて会っている。
このあたりは「西遊日記」として記録が残されています。
[PR]
by enokama | 2007-03-07 00:53 | 歴史全般 | Comments(2)
2007年 2月24~25日
長崎・平戸温泉「ホテル蘭風」
参加人員 24名

2月の始めに、事務所のI君から「2月中に行ける日あったら山ありますよ?」
ってことで、3ヶ所ほどコース見せてもらって「熊野古道と南部の梅林」ってよさげ
だなと選び(ベテランの特権です!コース内容からも催行中止はないかと)
楽しみにしていたんですが、人数が集まらずにツアーキャンセルの憂き目に・・・

替わりに泊まりの観光がありますよってことで、自分自身まったく行ったことのない
このコースを選ばせてもらいました。
ここの旅行は「安くて楽しい旅行」がキャッチフレーズ。安い=薄利多売ってことで
普段はバスに40人以上積んでパンパンになることが多いんですが、この時期
はこの人数でも出すようです。でもほんとこれぐらいの人数が理想ですよ。休憩時
の乗り降りも早いし、ほぼ全グループ把握できて案内もしやすいし、バスも座り放題
ですしね。

新幹線・新大阪が朝8時前発で、京都先乗り8名・新大阪5名・姫路経由岡山が
11名。小倉駅よりバスで10時55分に出発。
佐賀の唐津で昼ごはん。道路はほんと整備が進んでいて、ほとんどが高速か有料
道路(福岡都市高速からの博多埠頭・福岡ドームあたりの景色は最高です)
この道に西鉄バスの市内仕様のバスが乗り入れて(普通の一般的なバス)立ち
客もあるのに平気で走っているのも独特の光景です。

唐津は虹の松原(松原が弓の様に曲がってるところで、少し高いところから見たら虹
にも見えるため)の至近の店で12時28分着(約50分滞在)
陶器で有名な伊万里焼会館に立ち寄り(14時10分~40分)

平戸大橋を渡って平戸島へ。城下町でもある平戸市街の桟橋の駐車場(15時37
分着) 日本に早くから進出していたオランダが1600年代初め、一番最初に商館
を置いたのがこの地でもある(のちに出島に移転。イギリス商館も平戸に建てられ
たが鎖国政策のため、ほどなく閉鎖)
平戸藩を治めていた松浦家は、平安時代の頃からこのあたりで勢力を持っていて
長い歴史があり、江戸時代を迎えても、領土(6万2千石)を安堵された。
前述の様に国際貿易港と言う側面もあって多いに栄えた時期もあったが、商館の
撤退後は活気が薄れ、その後は内政面の充実に力をいれた。
邸宅跡(明治時代の建屋)に、宝物類がそのままされた松浦史料博物館等、約1時間散策しました。
市制を引いてかなり経つ平戸ですが、思ったより市街地はこじんまりとしてのんびり
としたところでした(生月島と平戸口の田平等を最近合併したが、それでも3万そこ
そこの人口)

平戸桟橋から見た平戸城(模擬天守)
海も利用した守り!
f0010195_0253852.jpg


寺と教会の同景
f0010195_0341241.jpg


幸橋(江戸時代)
f0010195_111360.jpg


松蔭も来た・・・「吉田松陰 宿泊紙屋跡」
f0010195_0361582.jpg


ホテルへは約15分ほど、5時前に宿入りしました。

続く・・・
[PR]
by enokama | 2007-03-06 00:06 | 添乗報告書・旅行業界 | Comments(0)

トライアル真っ盛り

先週は1泊2日の添乗で、長崎の平戸~佐世保あたりを回ってきました。
普段の仕事もあり、準備・精算に泊まりの時は時間も取られてしまうんで
なかなかブログの更新ができない・・・
しかし、まあなかなかいいコースでしたんで、ぼちぼちアップしていきます!

競馬の方は回収率50%ぐらいで絶不調なんです・・・しかしクラッシクのトライ
アルも始まってますし、またいい馬を見つけられたらと思っています!

昨日は久しぶりにライブで阪神競馬場に行ってきました。
桜花賞に直結することも多いチューリップ賞の日でもあって、観客も土曜にしては
多かったです。この日はやはりウォッカでしょうか。馬体がとにかく男馬のようで
凄いです(カワカミプリンセスもそうですが)
はじめて見たのが去年のエリザベスの日の黄菊賞。スローで勝った馬が34.2で上がったレースで勝ちきれなかったんですが、これは物が違うって感じたもんです。

黄菊賞のパドック
f0010195_0155943.jpg


デヴュー2,3戦ぐらいから目をつけてどんどん強くなって行く(追っかけて行く)
のを見届けていくのは、ほんと競馬の醍醐味であると思います。もちろん3冠の
資格十分ありと思います!

チューリップ賞のパドック
f0010195_0184225.jpg


ドーントレダー こちらも、四位@角居
f0010195_020265.jpg


牡馬はローレルゲレイロ。勝ちきれないけど、本田騎手がいろいろ乗り方を試して
いるのもあって、僕なりにこうしたら勝てるってのが見えてきました(笑)
折り合いもつくんで距離の融通もきくし、先行できて抜け出すスピードもあり
それなりに切れる脚もある。ほんと仕掛け一つってとこでしょうか。次は藤田騎手
あたりにスイッチでしょうが、十分チャンスありと見てます!

本田騎手の引退はほんと残念ですが、いい転進でもあってよかったとも思います。
ほんと僕が競馬を始めた頃はまだ厩舎所属で、確実に勝てるレースは拾ってた
んでうまいなとは思ってました(1番人気でまず飛ばない)
やはりオーシャン以降できっかけを掴んだ感じですが(大西騎手のサニーブライ
アンのように)40歳超えてから重賞を毎年のように勝っているのは、フリー騎手や
エージェントが幅を効かして実力本位になってきた中で特筆ものだし、やはりうま
い人だったんです。騎乗もだれも行かないと思ったらすっとハナに立つし、ペー
スが遅いと思ったら迷いなく動くあたりの勝つ姿勢がほんと好感持てました。
(スタートが抜群にうまい・・・新馬戦の成績を見ても。いまいち差し馬を難なく好位
につけて、人気薄を連止まりじゃなくって勝たせるあたりも凄い)
僕の予想のスタンスは前に付けられるのが絶対有利と見るので、ほんと頼りになる
騎手でした。
そんな中で騎乗数を絞らずに調教師試験を受かったあたりも、たいしたもんだと思い
ます(加藤和宏・小島貞博あたりのダービージョッキーの調教師も、5年ぐらい
騎乗を減らして勉強していた)

カワカミプリンセス・・・去年のエリ女
f0010195_0225386.jpg


僕の競馬を始めたころの騎手がぼちぼち調教師に転身して行ってます。田島良師
や安田隆師あたりの現役は知らないんですが、最近の集める馬や騎手に関して
ドライな若手調教師が多い中で、南井師や河内師・西浦師の騎手出身者は昔なが
らの情ってのが残ってますよね。そういう人がいないと、後継者とかなかなか育たな
い面もあるでしょうし、本田さんにもそのあたり期待したいもんです。
さて、今後ですがいいお手馬がけっこういるんで誰が引き継ぐかでしょうか。
個人的にはもう一花、角田騎手にがんばってほしいです・・・

正直、本田さんが辞めたら馬券も減らそうかなと思ってたんですが、やっとお気に
入りの飯田騎手が今年初勝利したし(弱気に複勝・・・)
中京で田島裕騎手がびっくりの2戦2勝で(ほんと一騎入魂だ!)
また楽しんで行きたいです。
[PR]
by enokama | 2007-03-05 00:28 | 競馬 | Comments(7)