エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

<   2007年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

冬の東福寺

たびたび京都のことを書かせてもらってます。
もちろん桜の時期や秋の紅葉の時も最高なんですが、ほんと地の底から冷える
ような今の時期の京都も、観光客のまばらなこともあり、素の部分が見られる感じ
もあるので結構好きです(今年は逆に寒くないのが物足らない感じ・・・)

そして、各季節ごとにある文化財の特別公開は冬にも行われています。
先週の21日のレポートです!

東福寺の東司(とうす)
f0010195_23155562.jpg

東司とはトイレのことです。
室町時代の建立で、最古で最大規模とされています。
写真から入った通路の両側に畝があって、その後ろに円筒状の筒が15個ずつぐ
らい並んでいて、確かにかなり大規模なものです(かつては現代の様に個室で仕
切られていた)隣接する禅堂から渡り廊下があって直接行けたそうです。大寺院で
修行僧も多く作法もあって修行の一環とされてました。
このような遺構も珍しく、貴重なものです。
ちょっとくさい話ですが、このトイレは僧たちはやはり粗食だったので、あまり匂わ
なかったそうです。一杯になったら、近隣の農家の肥になります。

東福寺の浴室
f0010195_23283876.jpg

浴室と言っても、お湯を張るのではありません。
入り口を入ると階段があって、サウナのような部屋が2つあります・・・と言うより
構造的にはサウナそのものであります。
床下で蒸気を発生させて(部屋の下がスノコになっている)発汗して、垢を出して
ふき取るそうです。当時もたくさんの修行僧がいて、お湯を沸かしていると薪で
たちまち周囲の山がはげ山になってしまうのでこの方式が取られたそうです。
4と9のつく日が入浴日だったそうです。
写真では新しく見えますが、昭和初期に解体修理が行われたそうです。
そこで、室町時代の建立と言うことがわかりました。


また、東福寺は紅葉の名所としても知られています。
定点対比で写真を貼ります!
f0010195_23252165.jpg
f0010195_23261010.jpg


f0010195_23271837.jpg
f0010195_23284225.jpg


この後は東寺に行きます・・・続く
[PR]
by enokama | 2007-01-29 02:57 | 私の好きな京都 | Comments(0)

新年会

添乗の会社の新年会です!
梅田の沖縄料理店です。泡盛うまかった・・・

森田さん。東京でもがんばってください。
皆さん。今の時期、朝早いのはちょっとつらいけど頑張ってください!

f0010195_0245542.jpg

[PR]
by enokama | 2007-01-26 02:26 | 総合 | Comments(2)

1・17

あの震災からもう12年になる(なくなった方は13回忌になる)

僕は半壊した武庫之荘の友人の部屋に地震の7時間前までいた。
そこは駐車場が1階で、崩れてそちらに落ち込むような状態になったらしい。
当時も1階が空いた構造の建物で被害が多かった(僕が小学校時代によく
行ってた、思い出深い阪急伊丹駅もその構造で崩落)
友人は幸い怪我なく、ドアが開かないので窓から脱出したと言う。
僕も二十歳そこそこで、よく泊まりに行ってて雑魚寝のような時も多かったから
もしそこにいて、何か落ちてきて打ちどころでも悪かったらと思うと・・・

たしか義援金は50万ぐらいって言ってただろうか。到底足りないし、建て替えで
2重ローンになった人も多かっただろう(友人は運良く県営住宅に当たったが)
災害は到底、自治体・国は当てに出来ず、日頃から自己責任で備えておかない
とダメだと思い知らされたのもこの時。
ラジオはこの時、貴重な情報源で役に立ったと言っていた。持ち出すものや
防災グッズ・タンス等の倒れ防止はやっておきたい。

でも、あの時は異様な光景だった。徹底的につぶれたところとまったく景色の
変わってないところがほんと隣接するぐらい近かったり(豊中でも被害のあった
ところが実際あった)道路が寸断されて行き場をなくしたトラックが、三田市附近
でもあふれかえっていた。「お風呂屋どこですか?1週間入ってないんです。
三田に3軒あるって聞いたもんですから。」
ほんと2、30キロの距離の違いだけで災害があったわけである。

でも月日がたつのは早いもので、今の高校生ぐらいだったら記憶にはない世代
になってきてるだろう。やはり体験したものが語り継がないと。
そう言えば、この友人がこの年の春に「ローリングストーンズ」のコンサートに
東京に行くはずだったのが(もう最後の来日と言っていた。10年経ってもまだ彼
らはやって来ている 苦笑)当然だめになっても、チケットがあるので僕が行くこ
とになった。そして、東京に行った3日ほど後に、あの「地下鉄サリン事件」
が起こったのである。日本もバブルがはじけたあとで、安定と安全も揺るいできた
と言われたころだった。

また災害は忘れたころにやってくるかもしれない・・・
[PR]
by enokama | 2007-01-17 00:35 | 総合 | Comments(0)

水仙

f0010195_19211829.jpg

[PR]
by enokama | 2007-01-14 19:21 | 旅行 | Comments(0)
黒岩水仙郷は天気のいいせいもあって、マイカーでいっぱいでした。
(崖っぷちのわずかな平地に集中してるんで、すごく混んでる感じがする)
入園は@500也(団体 15Up@450)

水仙と海と沼島
f0010195_19192690.jpg


まだ5分咲きぐらいだそうですが、きれいに咲いてました。
ブログでは伝わらないんですが、匂いがすごく甘くって最高でした・・・
一方通行で1周、30分ほどです。
まだまだ見れますんで、ぜひ訪れてほしいです(休日はちょっと車が渋滞気
味で大変ですが)

黒岩14時40分発。三原西淡IC経由IN・淡路ICOUTで松帆の湯へ。16時過ぎ
到着。湯は単純泉でこれって感じないんですが、明石海峡大橋を眺めての
露天風呂はいいもんです。

今日は天気で、この時期にしては暖かくてゆっくりすごせました。
お風呂もあって、弁当もあって、この値段でなかなか楽しめるいいコースです。
[PR]
by enokama | 2007-01-14 19:19 | 添乗報告書 | Comments(0)
2007年 1月14日(日曜)
名鉄観光 大阪
諭鶴羽(ゆずるは)山登山と黒岩水仙郷
参加費 7800円
参加人員 19名

今日は関西百名山の一つで、淡路島最高峰の諭鶴羽山(608m)に登って
今が見頃の黒岩水仙郷へ行き、帰りは温泉に入るコースです。

朝8時に梅田出発。1回休憩をはさんで、10時過ぎに北麓の登山口・諭鶴羽ダム
に到着します。
トイレ・体操後10時15分出発。尾根道に取り付くまで10分ほど急坂を登り
ほどなくしてこのあたりが山岳信仰の地でもあった名残でもある、神倉神社に
到着します(今日のルートは諭鶴羽古道とも呼ばれています)
この後はよく整備された尾根伝いの道を、1丁ごとのお地蔵さんを見ながら
緩い登りで50分ほど淡々と進みます。
そして、山頂へ11時30分過ぎに到着。ここまでの道中は景色はまったく開け
なかったんですが、今日は天気もよく、友が島から遠く和歌山市街地・沼島
(ぬしま)青い海が開けます!登ってきたかいがありました・・・

山頂
f0010195_1918962.jpg


一転してここからは下りに。アンテナや送電線の行きかう広めの道(赤い色
も鮮やかな寒椿も見られる)を20分ほど行くと11時50分、諭鶴羽神社に到着。広い境内でお弁当にします。
実は神社へは車道も通じていて、こちらからのアプローチも可能です。
(駐車場・広いトイレもあり)

ダムにマイカーを置いて登る場合はここで引き返すんですが、ここはバスツアーの
利点で、降り口に回送してくれてます。
12時35分、南麓へ下山開始。でもここからの下りが大変でした。急な下りの上に
木の枝や石がごろごろ。大雨で一気に流れるからでしょうか。
ようやく視界が開けてきて、みかん畑が見られると(なんか道沿いは猿?が取
るのか皮だけになってたものが多かった)13時30分海に出て、黒岩のバス停
に到着。
海沿いの道(車道)を東へ15分弱進むと黒岩水仙郷に着きます。

続く・・・
[PR]
by enokama | 2007-01-14 19:18 | 添乗報告書 | Comments(1)

携帯電話からの投稿

ちょっと問い合わせがあったんですが、このブログは本人以外でも携帯から
投稿することができます!

http//enokama.exblog.jpで接続する

記事を選択

記事の一番最後の「コメントする」を選択

「名前」と「削除用パスワード」(5文字程度の覚えやすい英数字で可)「コメント」
(非公開も可)を入力する

「コメント投稿」を選択すると送信されます!

また旅行等、出先からでもお気軽に投稿くださいね・・・
[PR]
by enokama | 2007-01-10 22:08 | お知らせ | Comments(1)
次の日は8時にホテルを出発して、天橋立に向かいます。
9時半過ぎには天橋立(傘松ケーブル下)に到着しました。
車椅子の方は、案内もしてくれる立寄り先の土産店の方がケーブル乗り場まで車
で送ってくれました。
また、ケーブルの乗車は丹海のスタッフの方が、4人がかりで車椅子を運んで
くれて、おじいさんは無事に傘松公園からの景色を眺めることができました!

11時前に天橋立を出発、実は今日の昼食の場所はバスが10台以上入ることに
なっていて、集中を避けるため、うちのバスは1時過ぎに入るよう指示がされていて
その間、丹後半島1周の上に、なぜか半島北端の「経が岬」に下車観光となって
いるのです。夏ならともかく今の時期に(強風とか吹いたら観光どころではない!)
下調べでも、売店は冬季閉鎖でトイレがあるのみ・・・
でも今は旅程保証の規定があるので、行程にある限りは基本的に行かないと
ダメなので(天候等の条件がある時はしょうがないけど、場合によっては返金が
生じることがある)
岬の駐車場に着きました。たしかにトイレのみ。
灯台へは早足で急坂を登って15分ほど。展望台と書かれているところに行った方
は展望が利かないと言ってましたし、景色的にも?で(冬季であまり、整備されて
ないこともあるようだが)10人弱が散策した程度で正直意味がなかった。
この前後に浦島神社(浦島伝説がある。公園も併設)や鳴き砂で有名な琴引浜の
資料館(行った日は休みだったみたいですが)もあるんで、そちらの方が皆さん
楽しめるんではないかと思いました。
まあ、企画担当者が地図だけみて、組んだのはみえみえなんですが(よくあること
と言えばよくあることで、添乗員の対処も大切)

間人(たいざと読む)から琴引浜・旧網野町の中心街を経て、今日の食事場所の
夕日が浦のホテルへ。
よく、こちらは新聞等でも宣伝してますが、たしかにボリュームがあって種類も
豊富で大好評でした。ホテルに入ったときは、12時ごろに入ったお客でかなり
ごったがえしてたんですが、食事場所も最上階の1フロア貸切状態で展望もよく
スタッフの方も我々のグループに専念できるので行き届いてました。
また、食事の終わるころは先着の団体がみんな帰ってたので、温泉に入る人・
コーヒーブレイクもゆっくりできたので、入りは遅かったんですが皆さん満足
されてました。

そして、ホテルから程なくして最後の買い物(海産物)の立寄り。
この店の道路を挟んだ向かい側を見たら「なんかみたことある光景だな・・・」
そちらが、ゆずぽんさんの酒店だったんです!!
地酒をたくさん揃えてあって、健康志向の食品もあり(お酒いただきました。
ありがとうございます!)きれいなお店でした。
また近くに行かれた方は立寄ってくださいね(笑)
この後は帰路につきます。

今回は前述のように、車椅子の方とご一緒だったんですが、関係機関の方の協力
もあって、スムーズに楽しんでただけたかなと思います。
車椅子用トイレ・スロープ、階段横のリフト等、実際に使われているのも、そう見た
こともなかったんで勉強になりましたし、数年前と比べてもバリアフリーはかなり
進んでいるようです(やはりうちに篭もるより、外で過ごせるようになったら楽しい
でしょうし)
いろいろと得たものも多い添乗でした。
[PR]
by enokama | 2007-01-10 00:44 | 添乗報告書 | Comments(0)
2007年 1月2~3日
読売旅行 大阪
若狭ふぐと夕日が浦のカニ
参加人員 45名

下記の九州へのウォーキングツアー(名鉄観光)で朝・神戸へ着いて、すぐに帰宅。
そして、11時30分に天王寺にスタンバイ(1年で1番忙しい時期なんで・・・)
ただし、今日はあと梅田・新大阪とお客さんを乗せて、若狭小浜へ行くだけ。

今回は実は一人、車椅子の方がおられたんです。なんと98歳の(!)大おじいさん
を囲んで12名のグループです。天王寺からの乗車でしたが、ここは集合場所とバス
乗車場所が離れている!でも、ちょっと下見してたら、しっかりとエレベーターと
通路は確保されてましたんで大丈夫でした。また高速のSAも車いす用のトイレと
通路はありますんで(たまにスロープ前に車を停める人がいるけど、ほんと使う人
がいるので止めてほしいと改めて思った)問題はありませんでした。

新大阪を1時前に出て、あとは小浜までずっと高速が開通してるんで、4時過ぎ
には着くことができます。食事は6時からにして、このホテルは市街地にあるので
まだ明るいうちにこの城下町の散策をおすすめしました。
2日の携帯写真は、このホテルのほど近くにある泉町と言う魚屋の集中する商店街
の中にある、京までさばを運んだいわゆる鯖街道の起点の印です。
また、この地の出身者で幕末に勤皇派の精神的支柱となった大物、安政の大獄で
吉田松蔭らと共に消された梅田雲浜(実はこの近くに雲浜と言う浜が実際にあって
・・・バス停もある。そちらからこの号をとった)と「解体新書」の蘭学者・杉田玄白
の像(小浜藩の藩医だった)もほど近く小浜病院の傍にあります(暗くなってしまっ
て撮れなかった・・・)
商店街は地の魚を食べさせる居酒屋や寿司屋がよく見受けられました。やはり、魚
がおいしいところのようです。

夕食はフグづくしです(地元で獲られた若狭産です)
正直、お客さんの中にはもっといろいろ出ると思ってて、物足らないって声もあり
ました。
まあ、大阪でもかなり全国のフグが集まって、おいしく食べれる店はありますし、
値段から言っても今回、2万円を切る料金だから(内容的にも)妥当かとも思うん
ですが。
萩とかで泊まってフグが出るところでも、ひどい所もありますしね(山口よりも大阪の
方がいい店が多いと思う)
また、露天風呂がありましたが(近くの鉱泉からお湯をもって来てるそう)終わり間際
に入ったら、ちょっと消毒くさかったのが残念でした(循環してるだろうから、しょうが
ない面もあるでしょうが)
ホテルは部屋は何部屋か回っても清潔でしたし、スタッフの対応も良かったんで
小浜で国宝めぐりや城下町を散策するのに、また泊まりたいなと思いました(食事
は街中でもいいし。あえて名前は出しませんが、興味ある方は検索してもらったら
すぐわかるかと思います。あと、完全バリアフリーです)

続きは後日・・・
[PR]
by enokama | 2007-01-09 01:03 | 添乗報告書 | Comments(1)

天岩戸~高千穂

てな訳で、元日は宮崎・高千穂で過ごしました。
南港18時50分に出て、別府に6時半過ぎに到着。
竹田から阿蘇の東端・波野村~高森を経て(凄い山道です。寝不足にはつらいし、
雪も残ってた)天岩戸神社へ9時45分ごろ着。

東宮と西宮があるのですが、一般的に西宮に行く方が多いです。
いつも、宮司さんに案内してもらっているのですが、拝殿を参った後に拝殿後方に
向かう戸を開けてもらって、聖域とされている「天岩戸」(洞窟がある)を遥拝するこ
とができます(案内を頼んだ時だけ開けてくれる。当然写真は不可) 実は
「天岩戸」にはだれも立ち入ることは出来ず、木の伐採等もまったくできないので
自然のままの姿で残されています。

通常、観光だったらここまでですが、今回はウォーキングのツアーなのでさらに
岩戸川沿いの上流にある天安河原(あまのやすかわら)まで行きます。
天岩戸神社から徒歩10分ほどで、ぽっかりと空いた洞窟があり鳥居と拝殿があり
ます。河原の石を積むと願いごとが叶うそうで、たくさん石が積んでありました・・・
f0010195_23513558.jpg


バスに戻って、10分ちょっとで高千穂神社へ。神楽も有名なところです。
お参りしてから、高千穂峡ウォークと行きたいところなんですが、毎年のように
くる台風のせいで散策道が通れない。一部車道を迂回して、渓谷~真名井の滝へ。
なんか昔の方がきれいだった気がする。実際地形も変わってしまったようなところ
もあるようですが。温暖化のせいもあるだろうけど、竹田あたりでも毎年のように
道が流される話も聞くし。どうにかしないと・・・

帰りは五ヶ瀬川沿いを下って延岡へ出て、大分東岸沿いより戻る。
延岡までの道はバイパスができて快走路。反面、赤字で廃止された第三セクター
の草生した線路が平行してます。
行きの山道よりも、こちらの方が楽で思いの他、時間も大して変わらなかった。

帰りは大分港より戻ります。
[PR]
by enokama | 2007-01-05 23:59 | 旅行 | Comments(4)