エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

<   2006年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

京都の休日

今日は淀に行く前に、久しぶりに霊山歴史館から円山公園あたりを散策してきました。
霊山は5月7日まで「吉田松陰と幕末の英雄」展。
松陰は長州に成功者が多く出たんで、よく語られすぎ(長井雅楽や村田清風あたりの開国貿易論を否定して攘夷に走っときながら、維新後の欧化政策をした連中がちょっと好きじゃないこともあるけど・・・結果的に前原一誠はそれで消された)とも思ったけど、いろんな個性をもった連中が持ち味をいかして、活躍する場を与えていったと言う意味では改めて大きな存在だったんだなと思いました。
処刑寸前に書かれた絶筆(急かされて一部、省略されている) 高杉晋作の駄賃帳(金を浪費してたイメージがあるが、実は几帳面に収支を付けていた) 禁門の変で亡くなった、久坂玄瑞・入江九一の詩書。あの黒船ペリーの日本を紹介した遠征記(挿絵がよかった)あたり印象に残りました。

f0010195_23153715.jpg
しばし散策、桜は散ったけど緑も気持ちいい。
知恩院に行くと年2回ほどの三門の開放日だったんで昇ってみる。普段は普通の門に見えてても、門上にはしっかりしたお堂があって仏像が20体近く祭られている。景色ももちろんいいんだけど、門から景色を撮るのも撮影禁止ってことでちょっと残念だった。

f0010195_2316626.jpg

ちょうど額の裏あたりがお堂になっている。この手の山門(三門)は東福寺・南禅寺あたりも有名

このあとは祇園白川あたりを歩いて京阪電車に・・・
[PR]
by enokama | 2006-04-30 23:20 | 私の好きな京都 | Comments(0)

春天の予想

今日の競馬は僕の最近気になってる馬が結構出ていて、それなりに結果を出していた。
青葉賞・マイネルアラバンサ。新馬の時からダービーを意識していた佐々木晶@哲三のおなじみのライン。また陣営も言ってたけど、まだまだ若さの見える面も多い。だけど今日は、勝ち馬にしっかり付いて行って権利取り(2着)に成功。勝った馬は次回もこんな展開にはならないだろうし、今回叩いた伸びしろも多いだろう。ダービーではここ3年ほど健闘している哲三と、十分にダービーに向けた調整を知っている佐々木晶厩舎。注目したい!

東京の準メーンは、シルクタイガーが骨っぽい相手に勝利。切れは元々鋭かったし、マイルの距離と府中コースも合ったんだろう。休養して身も入ったようだし、オープンでも十分期待できるんじゃないだろうか。

洛陽Sはアグネスラズベリが昇級もなんのそので勝利。結果も本田→福永の典型的なレース展開(少し早く抜け出し、追い込み届かず)サンバレンティンの回避もあったけど、着差以上の順当勝ちかも。使い込めるようになったのも大きいし、またオープンでもそれなりに行けそう!
西浦@本田ラインは、明日のオークストライアルでカワカミプリンセス。輸送がどうでるか心配だけど、力でねじ伏せるような競馬ができたら本番でも楽しみになってくる。

明日は淀で春天をライブで見る予定。いくら早く行っても座席は確保できそうにないんで(去年の菊で懲りた・・・)昼から観戦する。パドックに早めに行ってスタンド前に流れ込みで。
それでは予想を

◎リンカーン・・・鞍乗は横典が一番合ってると思う。去年の有馬もうまく乗れてたら、差のない競馬で逆転の目も。騎乗を2鞍だけに絞って横典も懸けている。
○ディープインパクト・・・改めて言うことも・・・
▲ナリタセンチュリー・・・ポン駆け巧者。鞍乗を固定してたらもう1つ2つ重賞も勝ってた。去年出てればとも思うけど、それなりに結果は出してくる。
△トウカイトリック・・・スタミナ1番
×マッキーマックス・・・あれだけアイポッパーに懸けてた藤田がこちらに騎乗。ただでは終わらないはず。
[PR]
by enokama | 2006-04-29 18:58 | 競馬 | Comments(0)
2006年4月16日(日曜)
朝日旅行(旧朝日旅行会大阪)
原谷苑のしだれ桜と松山閣の湯葉料理(京都) 

天王寺朝8時00発・新大阪8時45発(参加16名)
参加費 16400円

大阪を出てまずは世界遺産、御室・仁和寺へ。こちらは今回、桜がメイン。
桜開花情報を見たらよくわかるんですが、ここは京都市内の他所と比べても1週間程度遅い。御室桜と言われる地の桜で(里桜の感じで低木)独特のもの。ほんとは例年、4月第3週は1番の見頃のはずなんですが、全体に開花が遅れていることもあってつぼみ~3分咲きと言った感じでちょっと残念だった。国宝の金堂・五重搭(江戸時代の再建なので重文)をバックに桜。ほんと満開の頃は最高でおすすめです。今回は道がスムーズで早く着き、あまり昼ごはんが早くなりすぎるのも何なんで、時間を11時出発まで65分ほど取った。こちらは他に国宝がずらりの宝物館や御室八十八か所(四国八十八か所のミニチュア版・所要約2時間)もあってゆっくりのんびりできます(ちなみに新聞では木曜ぐらいに満開になってました)
f0010195_064869.jpg

この後バスは仁和寺留め置きで、食事場所のマイクロバスで隠れ里・原谷へ(仁和寺から細い道が原谷を回って鷹峯まで続いている・・・いわゆる原谷道を通るため)
松山閣(しょうざんかく)湯葉の料理。今回の料金が高い訳はここにあります。お客さんの中にはこちらの食事を取るために毎年このコースに来ている方も(ちなみに今回は男性1名で他は女性)こちらの桜はとてもきれいに満開でした。

f0010195_093724.jpg

松山閣より今回のコース名に入っている原谷苑は目と鼻の先。ここは個人の方がいろいろな桜を集めて公開されてます(入場料は桜の咲き方による時価。最低でも1000円は取るようですが)ここも一番の見頃でたくさんの人。足場は昨日の雨ですべりやすく、トイレも行けそうにないくらいに人人・・・でも初めてきた人はほんとよかったとおっしゃってました!(約70分の滞在)
ちなみにツアーでは今回みたいなマイクロバス乗り換えか、バスの駐車場よりタクシーの分乗の形になります。マイカーは駐車場がないのでダメ。路線バスは本数なさそうで使いにくく、前述の仁和寺から原谷道を歩く(2、3キロぐらい)パターンも多いようです。
f0010195_011537.jpg

仁和寺、バスに戻って3ヶ所目の花見、平安神宮・神苑へ。こちらは今年の開花の遅さのおかげで逆に満開だった。人もたぶん先週がピークだったようで、思ったよりゆったり見れてよかった。
f0010195_014873.jpg

今回は3ヶ所の花見だったが少しづつ開花時期がずれていて、全部が咲いてないということはまずないコースです。ちょっと料金は高いけどゆったり春の休日を楽しむにはうってつけです。
[PR]
by enokama | 2006-04-25 00:02 | 添乗報告書・旅行業界 | Comments(3)

4・25

土曜日は仕事の後、旧友たちと集まって宝塚・伊丹あたりで飲み歩いていた。
某工業高校を出て最初に就職した時の寮の仲間。横浜から来てたT君や名古屋のO君もきていて(彼らは1年ほど寮にいて地元に戻って行ったが)あれやこれやと・・・
あのころはほんとバブルのころで休みもほんと土曜だけって感じだったけど、まだ給料も安くって、ほんとオンボロ車で海や山に行ったり、夜通し遊んだり・・・
その後は「失われた10年」ってことで大半は僕を含めて転職して行ったが、今はほんと景気が持ち直しているようで皆忙しくがんばっているようだ。
だいたい1,2年に一度集まっている。たまにハメを外すのをいいもんだ!

夜は4次会(!)まで行って、某健康ランドで泊まり。ゆっくり寝て朝飯食べて解散したが、乗った電車の沿線の雰囲気が違う。4月23日、あの例の脱線事故から約1年経ったのだ・・・
僕は以前は電車で通勤していたが、今の職場がちょっと駅から離れてしまったんで今は月5、6回ほど乗っている。また一応僕の住んでるところは梅田から60分(今は5分以上延びたが・・・)ってことで意外にも通勤圏にも入ってるんだけど、ほんと不通になってた時(宝塚で阪急に乗り換え)は大変だったそうだ。
あれからダイヤは遺族らの要望ってこと等でスピードダウン(初めて乗る人は事故現場でこれ見よがしに、スピードを落とすんでよくわかると思います) 以前はほんと余裕のないダイヤだったのは事実で、乗降を急かすアナウンス(定時運転に協力をってことで)が結構あって、その上に阪急から客を取ろうと快速の停車駅を所要時間を落とさずに追加したり、尼崎での東西線と東海道線のタイトな接続(以前はほんと同時到発着って感じで。今は東西線に入る電車は5分ぐらい余裕取っているようだ)伏線は今考えるといろいろあったと思う。

でも事故の以前の数々のスピードアップで恩恵はだいぶ受けたんで、今のスピードダウンやATSの兼ね合いだったと思うが、旧型のボロイ電車が復活してたり(スピード出さなくていいこともあるのか?)報道で言われてた過密ってのも相変わらず、阪急との平行区間だけで、それ以北は快速・日中30分ごとで4両という現実(反面、宝塚までは7両で空いてる電車が15分ごと)
いろいろJRも安全対策で考えてるとは思うけど、新聞に載ってる遺族は「まだまだ不十分」ってコメントは究極的には路線廃止するぐらいにならないと消えないんだろう。
あと事故原因はある程度はっきりしないと(これも遺族が納得しない理由か)事故を起こした207系はJRの少し狭い線路(1067ミリ)に対して、車体幅がかなり広いんで転覆しやすい形状だってことはわかるし、多分初期の車両かもしれないけど振動がかなりする車両もあるし。

今は車社会で鉄道会社もなかなかしんどいと思うし、儲かる要素も少なくなってるかと思うんで効率化を進めないときついだろう。でも今はガソリンが高騰してるし、高齢化も進んでるし安全なしっかりした大量輸送機関はやはり不可欠なんで、信頼を回復する対策をしっかりとってもらいたい。
[PR]
by enokama | 2006-04-23 22:06 | 総合 | Comments(0)

皐月賞

今日は添乗で京都に行っていた。
例年、4月上旬は花見の日帰りが多くて、桜花賞の日は競馬場ライブで見るので、必然的に皐月の日は添乗になることが多い。4月3週目はもう散りかけで遅咲きの桜が満開となり、そのようなコースが多いんだが、やはり全体に1週間程遅れている感じです(また後日アップします)

皐月賞はスプリングS組を重視した買い方だったんだけど、ドリームパスポートは内枠の追い込みということで、どうかなと見送ってました。ほんと高田君の好騎乗でした(2着に突っ込んで来なかったら、ムーンをちょっとだけ押さえてたから3連単・3連複取れてたんだけど・・・不思議とあまり腹も立たない)

サムソンは時計の早い馬が強いと言う僕なりの理論で本命にした。今の中山の馬場もこの馬向きだったと思う。馬券は単勝800円だけ取りましたが、おんなじような騎手が勝つよりもこういう年は後々まで記憶に残るような気がします。ほんと石橋騎手と人馬一体って感じでいいですね!

ダービーはおそらく狙ってくるジャリスコを中心に考えてます!
[PR]
by enokama | 2006-04-16 23:05 | 競馬 | Comments(3)

皐月賞予想

皐月賞はあんまり相性のよくないレースで、アグネスタキオンの勝った時の安い馬連とタイガーカフェの複勝(この時は自信満々で流してたのだが・・・相手が)を取ったぐらいだったんだけど、去年はシックスセンスがらみの3連単でびっくりするぐらいの配当が取れた(もちろんダービーも世話になった。引退がほんと残念)
中山は相変わらず、先行有利のようで予想を。

◎メイショウサムソン・・・レコード2回は本当に強い証拠。このメンバーなら単でも!
○フサイチリシャール・・・2枚腰、前回はサムソンにうまく乗られた、逆転も。
▲フサイチジャンク・・・自在脚。2000の実績。
△スーパーフォーネット・・・鞍乗2回目。前走は少し不利も。矢作師の強気に乗る!14番も○
[PR]
by enokama | 2006-04-14 22:11 | 競馬 | Comments(0)

桜花賞

なんとか体調も持ち直して阪神競馬場へ行ってきました!
最寄駅を6時30分に出て、競馬場着が7時40分。ほんとは余裕見て、もう15分早い電車に乗りたかったんだけど、行列は思ったより少なく、開門も8時過ぎで余裕で3Fの直線坂前の椅子席を確保。朝食を取りながら、場内に過去の桜花賞のビデオが流れていて、特に外枠の馬の好走時のレースをチェック。やはり外枠は2コーナーまでに好位を取るには脚を使ってしまうんで、不利はありありと見受けられた(その点、去年のラインクラフトはかなりの能力の高さを感じる)このオムスビ型のコースも今年で見納めだ。
 
f0010195_22534493.jpg


朝1から早速参戦。全体に芝・ダートともに前残りで時計が掛かってる。単勝やワイドでなんとか先行馬で回収しながらトントンのペースで。忘れな草は、どスローで2分5秒0。これと言って印象残る馬はなかった(3年ほど前のユウキャラットは時計もよかったけど)

8R快勝アグネスラズベリ、オープンの器
f0010195_2254352.jpg


桜花賞パドックはアドマイヤキッス。馬体重減も前回見てないんで、縦の比較はできないんだけどそう気になるほどにも見えなかった。栗東調整のコイウタの出来の良さが目についた。
馬券的には惨敗・・・またレース後のコメント聞かないと、どう言いようもないけど(パンドラ・・・)

今日の収支はメーンまでトントンで、最終の武豊の断然人気の最内枠の追い込み馬がいいカモに感じて、個人的にダートでは日本一うまいと思ってる横典の単勝と馬単で勝負。これが、はまって今年初の万馬券(3番人気→4番人気で!)
帰りは久しぶりに友人におごらせてもらいました(笑) これでまだしばらくは安心して競馬できそうです。
[PR]
by enokama | 2006-04-09 22:51 | 競馬 | Comments(1)

桜花賞前日

今日は黄砂で霧のように霞んでいた。
僕も昨日は風邪で昼から会社早引け、病院で点滴のハメに・・・ちょっと季節の変わり目で鼻・喉には注意したいところ。
今日1日寝て、いくらかましに。明日はライブで桜花賞に行く予定、早めに寝よう。
初めて行ったのはファイトガリバー田原の勝った年(なぜか複だけ買っていた)それ以来ずっと現地で見ている。今年は桜がちょうど満開のようだ!

◎フサイチパンドラ・・・角田も手の内に入れたか。思い切った騎乗を期待!
○テイエムプリキュア・・・竹園さんの相馬眼には恐れ入る。熊沢に戻って。
▲アドマイヤキッス・・・能力は相当。好枠でレースもしやすい。
△ダイワパッション・・・4連勝は伊達じゃない。
×タッチザピーク・・・長い末脚。大外枠がマイナスで印を下げた。

◎○はトライアルの終わった時点で決めてた。4,5番人気ぐらいで配当も4000円ぐらいかなと思ってたけど、意外にも人気していて。でも関西人としたら角と熊で決まってほしいんでは!
[PR]
by enokama | 2006-04-08 20:56 | 競馬 | Comments(0)

おすすめ書籍

先週の日曜は夕方から用事があって、それまで久しぶりに梅田をブラブラしていた。
エスト1改めエストが改装したとあって、少し覗いてみた。ほんとたくさんの人だったけど、少し東に伸びた感じ。とりあえず僕がよく行っていた店はどうなったかなと思って見たけど、撤退したようで・・・レディスの店が圧倒的になったようで(どこもその傾向だが)もうここには用がなくなったかな。

そのあとは本屋を何軒か回って、「精選 日本の名城」(歴史読本 創刊50年記念出版 新人物往来社 2000円・・・古写真が豊富でわかりやすい説明)と「中岡慎太郎伝 大輪の回天」(松岡司著<佐川町立青山文庫館長> 新人物往来社 ちょっと値は張るが3800円・・・なかなか中岡慎太郎のことを書いたものは少ないので、またこれからゆっくり読みます)を購入。
また中公文庫で限定復活文庫が出ていて、去年末に講演を聞きに行ってこのブログにも書いた「堺事件」のことを描いた「堺港攘夷始末」(大岡昇平著・・・僕は10年ほど前に購入、地形図や表が豊富でよく調べてある。お勧め)も復刻していた。


f0010195_20563450.jpg

また堺事件については司馬遼太郎の異作「俄~浪華遊侠伝」(講談社文庫)にも面白く触れられています。
[PR]
by enokama | 2006-04-06 20:57 | 歴史全般 | Comments(0)