エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

カテゴリ:総合( 163 )

それにしても地上波のコメンテーターやワイドショーの自称文化人っていう人の発言って、知性のかけらも感じられないのはなんでやろうね。報道ステーションの共同通信の記者なんて「解説」とちゃうやん。自分自身が「これはわからない、説明が足らない」って・・・そういうとこを視聴者に解説するのがあんたの仕事だろうが、解説しろよ。まだネット配信の若い女性コメンテータの方が何倍もいいこと言ってるよ。もうほとんど見なくなってるけど地上波はほんまに終わってるな・・・

最近、就職の決まった大学生に話する機会があると、やっぱり数年前とは雲泥の差だと言う。安倍さんや麻生さんのおかげかなと探りながら聞いてみると大概うなずいてくれる。よくシールズの学生とか大学教授とか「国民のことを考えない安倍政権倒せ」って声が多いってマスコミは報道するけど、実情は安倍政権になって改善されたんじゃないの? 就職氷河期にあった人からしたら「なんでやねん」ってレベルじゃないのか。大学側も就職が良い方がいいに決まってるのじゃないのか。新聞は「若者が右傾化」とか言うけれど自分たちの周辺が改善されてるのは事実だから、安倍さんを支持するのは当然の話。
わかっていないのは景気の関係ないリタイアの人たちと庶民の生活がわかってるようで分かっていないマスコミ。あなたたちは恵まれた時代の人たちなんだから、恵まれなかった世代から見たら言ってることが理解できないんだよ。
「将来にツケを回すな。今の生活を我慢して社会保障のために増税もしろ」なぜ現代の俺らが我慢しないとダメなんだ。緊縮して見た目だけ財政をよくしても金は回さないとダメ。「公務員の給与を下げる」とか耳障りはいいけど、それなりの給与でいい人材を集めていい仕事を国民のためにしてもらった方がいいじゃないか。民間の企業の給与を上げさせる意味もあって、それは今の内閣でしてないんだ。給与が上がったら、その分使うでしょう。そしたらいろんなところが潤う。江戸時代の各種改革を見てても、いい判断材料があるでしょう。
国の借金は国民一人当たり・・・ってのを鵜呑みにするのは間違い。国債を買う債権者のもの。日本が国として信用が無くならない限り大丈夫。ただ信用ってのが今の日本の有名企業の不祥事にもあるようにぐらついてるのが不安。新規採用を控えます・・・ってのを何年も続けて、人づくりよりも「コスト」ばかり考えてきた経営者の問題じゃないかな。学校でも習ったぞ「資源のない日本では人を育てて技術で売らないといけない」技術の継承もそうだし、まったくいない世代がどこの企業にもあることだし。関西系の家電メーカーの凋落もそれがあるんじゃないか。
だから教育の各種無償化大いに結構。親の収入の違いで受けられる教育が受けられないって点は問題だし、一番なくさないといけない。これで選挙の「大義」がないのか?
たぶん安倍さんの任期中は消費税上げない気がするんですがね。どこかの内閣のように「増税」の「ぞ」の字もないのにしてしまうより、逆だったらいいじゃないか。


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2017-10-18 20:06 | 総合 | Comments(2)
加治将一の記事がよく上がるなと思っていたら
加治将一が映画を作って一部新聞に広告が出てたそうだが、いい加減「真実」とか「新発見」とか
今までの日本史は嘘とか言うとか(まあ星亮一や原田伊織のトンデモ本でもよく使われるけど)宣伝するのはやめてくれ。
この人ね、今までの著書の内容見てても中岡慎太郎の事全然知らんやないか。古臭い平和主義者と武力討幕者の対立のくくりだけで慎太郎を語ってないわけ。
歴史上の人物を裁判にかけるやり方は古川薫先生がよく書いているね。

広告によると 
龍馬を新選組が守った? 大政奉還で同意ができていた?

明らかに当時の新選組は大政奉還阻止で幕府大政再委任派のはずなんやけど。
慎太郎と伊東甲子太郎は狙ってて、龍馬と対立軸にしたいのかな。
今までも触れてきたけど加治将一で許せないのは散々「薩長同盟」をフリーメーソンたらイギリスの背景って書いてるけど、薩長同盟の前提である長州征伐における長州の救済から復権に向けた福岡藩士の働きと尽力した慎太郎の動きを全然書いていないこと。
そこで龍馬暗殺のところで「武力討幕者だから」ってだけで龍馬暗殺の真犯人ってポコって出してくる。慎太郎のそこまでの背景はもっと書きようあるのに触れてないことが問題。
あと天満屋騒動で紀州藩士の三浦休太郎を警護してたのは新選組だけど、三浦は強硬な大政奉還反対派やね。陸奥宗光の父親の政敵だったし、龍馬の一件だけが動機じゃない。大政奉還で龍馬と新選組が同意してつながりがあったなら、警護もしないわな。

別に加治将一の映画の妨害をしたいんじゃない。一作品として楽しむのなら結構だし、別に見るなとは言わない。ただ「真実」って言って宣伝されるのが不愉快なのと見た人が「これが真実だ」と思われるのが嫌なだけ。あくまでフィクションとして見てほしい。


[PR]
by enokama | 2017-08-24 20:42 | 総合 | Comments(0)
また旅行社がつぶれて問題になってるけど、通常の交通費や宿泊代を計算してみてあまりにも代金が低い時は疑って知るべしだと思う。
ましてその代金の安さで一番手を付けるのは人件費の圧縮しかないから、裏でぎりぎりで受けている業者があってのことを認識すべし。安けりゃすぐに人材はいなくなるし、入れ替わりが激しくなるから「プロ」は育たない。利用客はまっとうな妥当な代金を払って、業者も社員に十分な報酬を払えることができれば「安全で確実、快適なサービス」は保証できると思う。
今は売り手市場だし、今までの値段では卸せないはずなので業者も値上げを求めるところで、従来通りの条件で求めてくるこの旅行社との取引も停止する。
別の業者に切り替えたら、まずコストに跳ね返ってくるところで、普通に代金を上げたらいいところだろうけど競争もあって「値段据え置き」でここまで追い込まれていった・・・ってこともあるかも。
そう言った背景も一考して、このあたりを一人でも認識を改めて行くことで少しでもデフレも解消するし、こう言った問題もなくなるのではないか。


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2017-03-28 22:24 | 総合 | Comments(0)
一方的に安倍夫人を擁護はしません。「私や妻がこの森友の土地問題に関わっていたら議員を辞める」って安倍さんが言ってたんですから、その時点で籠池側と接触なんていらぬ憶測を呼ぶだけですから止めてたらよかったんです。まあ、これだけマスコミがグルになって叩き続けるとは思わなかったかもしれないですけど。
あと脇が甘くって利用された感もあるけど「悪事に加担」ってことはないのはわかってます。すぐにこの行動ぶりだとばれてしまって隠せるわけありません。まあ、その存在だけで忖度されたとされるなら、議員だとしたらいっぱい辞めな行けない人がいます。一般人が陳情して動いてもらうのも罪になるのでしょうか。

今日、辻元が記者会見するようですが「事実無根」との言い分を、今の流れだとマスコミはそのまま流すだけでしょう。そしてテレビの報道こそが正しいと、ネットでデマを流した者が糾弾されるんです。そして民進党や共産党が政権を取ると確実にネット規制もするんでしょうね。今の政権を批判する人はいっぱいいますが、その批判が今自由にできていることは十分認識すべきです。政権が代わって、その規制が敷かれることが全くないとは言えないと思います。まあ、支持者は意見の違う者を封じることは賛成するかもしれませんが、それは「思想の自由」と言った憲法違反です。これも改正(改悪)するんでしょうか。この方たちの好きな護憲にはならないのでしょうか。


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2017-03-27 10:25 | 総合 | Comments(0)
ほんまに今の報道マスコミは最低最悪。
最初は籠池叩いて、途中で風向き変わったら籠池擁護で、証人喚問なんて肝心かなめな土地問題なんて何もしゃべらなくって何の成果もなかったのに(なんで枝野の時は打ち合わせたようにスムーズすぎたのか)唯一出してきた疑わしい(本当でも違法ではない)寄付金を大問題にしてまた喚問とか。
首相夫人が証人喚問で前代未聞ってことで叩くことでしか目的ないのはわかるやないか。全相究明なんかどうでもいいんやろ。いちいちこっち立てたからこっちもなんかしたらキリもなくなるだろう。別に国会で経費をいっぱい使ってやるもんでもない。
このことは別に書きたくもないし必死になることもないけど、くだらない問題で国会や報道が埋め尽くされて、国会の議案も全く止まるし、中国の侵犯も小さくしか取り上げない。北朝鮮もどないするねん。まあ、また何か大きなことがあったら「森友隠し」ってこだわるみたいで、スーダンの撤退も共同通信は「森友隠し」って書いてた。そんなことが国内の細かい事情で簡単にできるものなのか?ちゃんと防衛問題の専門家に聞いてからわかったこと言えや。


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2017-03-26 21:16 | 総合 | Comments(1)
先月になりますが「アメトーク」で鉄道芸人と言う企画を木曜深夜と日曜ゴールデンの連動でやっていた。
先に深夜でやってたんだけど(正直、深夜バージョンの方が面白かった)その中で「ホリプロマネージャー」南田裕介って人が無茶苦茶、面白くってね。
ゴールデンなんて宮迫が「この素人が」(タレントではないからね)って言いながら、いじりまくっていて(笑)なんなんやろ、この人物・・・
動画探ってたらいっぱい出てきて、発掘したのはどうやらタモリさんだったようで(さすがやな)
その中でマネージャーと鉄道タレントの融合?的な活動ってのが面白くって、著書の「マネージャーの鉄ちゃん」(2008年)も中古で買ってしまいました。
そちらにも少し書いてある内容です。



もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2017-02-15 09:10 | 総合 | Comments(0)
最近はyoutubeと言う便利なものがあるんで、無料で懐かしい画像や見逃した画像が見られるのでいい時代になったなと思ってるんだけど、最近はまっていたのが清水富美加とホリプロマネージャーの南田。
清水富美加は芝居もうまいし、トークも行ける。
なかでもラジオっていうツールは一昔前のアイドルなら誰でもやっていたんもんだけど、ネットもある今の時代にやっているのは珍しいなと思っていたら、本人が元からラジオ好きで自宅で自分で録音して作っていた「みなぎるPM」ってのを、そのまま本物のラジオ局(ニッポン放送らしく、ちゃんとパイロット版を作ってからレギュラー番組に昇格)で実現したもの。
コーナーもあるんだけど脱線して飛ばしたり自然に消滅したり、ありきたりの構成作家付のトークではないのでいろんな展開があって、本人が好きなだけあって、ラジオの原点的な面白さがよかったんやね。

彼女は節々に関西のアクセントが出るんだけど東京出身。なぜかと言うと寮生活してた時の同室の子が関西出身でその言葉が移ってしまったらしい。
一回、関西の子がゲストだったんだけどほんまにネイティブな関西弁でね、すごく親近感もあった。
趣味はギターで毎日弾くことと(テレビでセッションもできるぐらい)とにかくお酒を飲むことが大好きで、大阪に来たら天満でハシゴをしてたとか。

今回はこんなことになったけど、タレントの売り出し方として清水富美加は理想形やったと思うし、この業界もすぐ消えていくたくさんの人がいるなかで、普通に本人も事務所には感謝してたはず。
メインが女優にシフトして行ってていい仕事もして評価も受けていて、テレビ番組のMCもできる。
そして彼女のパーソナリティー性を出したラジオやギターを活かした仕事があり、本人が好きなこともできている(ように見える)。
またよく言ってたのが「マネージャーさんと二人でよく飲みに行ってる」仕事のフォローも十分されていたはずなんやけどね。
何が不満だったんだろうか、あるいは教祖様には逆らえないのか?

個人的には、宗教なんて「財産を身包み取られた」的なイメージも多いんやね。
僕自身は真言宗で弘法大師さんのことを調べて知ったり、西国三十三か所や四国八十八か所に行ったり、東寺の「弘法さん」に行ったりの程度だけど、宗教に入るってどんなことなんだろう。
それ以前にいっぱいキャンセルした仕事もあるのに、事務所の悪口も言わせて一方的に・・・何?この宗教。
引き受けるからには、本人の今後も考えて(ここが一番大事)傷つけないように「円満退社」で、やりかけの仕事もきっちりと終わらせるのも普通の社会人として当然であり、また「宗教者」の姿じゃないの。
逆に本人が今の仕事を投げ出してまでと言うのなら、ちゃんとやり遂げてからしなさいと言うべきじゃないの。
映画なんて大変な手間暇と人出がかかるんやで。ほんまに気の毒やわ。
このまんまゴタゴタしたら、この宗教はイメージダウンするだけやけどね。

まあ、この国は政治の選挙自体が与野党問わず「宗教頼み」だし、マスコミの広告にもいっぱい出してるから、このまま「信仰の自由」(「自由」っていい言葉のようで都合よく使われているだけ)ってきれいごと言って野放しなままだろうけど
その信仰のおかげで周りが困惑したり、財産失ったり、騙されたり・・・結構あるよね。ちょっとやりきれない気分だ。
僕としては、あのラジオが聞けなくなってしまうのが一番残念で、宗教の広告塔としてだけの女優業になってしまうのも辛いものがあります。

最後に事務所の先輩ユージさんのコメントがよかったので隠し記事に貼っておきます。


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2017-02-14 15:10 | 総合 | Comments(0)

靖国の参拝は譲れない

今日はラジオ聞きながら、年賀状やってたんだけど繰り返し、靖国参拝のこと伝えていた。
「A級戦犯が合祀され、中韓が非難している」・・・15年、20年ほど定型通りなコメントでひとっつも変わらない報道のように思う。ひどいのは遠まわしにアメリカも批判しているような解釈をしてるし・・・



もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2016-12-29 21:33 | 総合 | Comments(0)
以前から言ってましたが、今までブログ等に書いてきたことをまとめた
「中岡慎太郎の幕末史」が鳥羽伏見の開戦のところまで書き終わりました。
今年いっぱい推敲を進めて、完成したいと思います。
どうやって発表するのかは自分でもわからないのですが、ようやくブログも
再開できるかと思います

[PR]
by enokama | 2016-11-29 16:09 | 総合 | Comments(0)
ここで経緯は書きましたが、もう仕事を転職してから、一年になります。
まあ京都のいい面や悪い面や矛盾も多々感じることですが、いい勉強ともなっています!
役所仕事はよく理解できないことも未だに多いですがね。

京都に通いだしたのは思惑があってのことですが、未だに兵庫県と聞いて「遠いんと違う」って
言われるんだけど、通勤自体は全然問題ないのであります。
丹波が二府県に分かれた方が不自然で会って、歴史的・地理的にも京都に向かうのがやはり自然と思う。
神戸なんて二時間かけて行くこともないしね。
シフトもお互いに変えたら用事もできるし、元々が京都は月二ぐらい行ってたし
泊まり明けで大阪あたりに向かうのも、京阪電車が安いから行きやすいし。

まあ、いいように書きましたがイヤな面もあるわけで・・・

本題です>>
[PR]
by enokama | 2016-03-10 19:15 | 総合 | Comments(0)