エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

カテゴリ:筑後・佐賀藩( 6 )

真木和泉は藩内抗争のあった久留米藩において、城下から12キロ離れた水田八幡宮(→HP)に蟄居した時期があった。
こちらも公共交通機関では行きにくい場所なので、行ってきました!
f0010195_11371557.jpg



もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2016-08-13 11:45 | 筑後・佐賀藩 | Comments(0)
八月の一週目に九州に行ってきました!
久留米に行くのは三年ぶりのようであります→前回の記事

今回は久留米でレンタカーを借りて、公共交通機関では行きにくい場所にも行ってきました!
まずは水天宮からと思ったら、ちょっと様相が変?
駐車場がいっぱいだし・・・
f0010195_11321856.jpg


「水天宮」の揮毫は東郷平八郎によるもの
f0010195_1138115.jpg


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2016-08-12 11:32 | 筑後・佐賀藩 | Comments(0)
久留米は有馬氏の城下町で大河・筑後川の流れる平野の恵みと、水運を生かした(天領日田と
大川若津を結んだ→こちら)恵まれた環境で発展し、現在ではブリジストンタイヤに代表されるゴム製品を
中心とした工業都市として知られています。
f0010195_003085.jpg

また多数の芸能人を輩出し、豚骨ラーメンの発祥とも言われているところです。
f0010195_043583.jpg

上の写真は五穀神社近くの大砲ラーメン本店(味は懐かしい素朴な感がありました)

市街地は福岡(天神と博多)同様に西鉄とJRの駅があり、その二つの駅間、東西に「明治通り」「昭和通り」
(福岡にも同じ名前の通りがある)が結び繁華街(六ツ門あたり)となっていて、西鉄が東・JRが西
(これは位置関係が逆)で距離的には天神~博多と同じぐらいで、西鉄バスが頻発していることも
何かしら類似性を感じるところです(岩田屋も西鉄の駅前にある)

町の賑やかさでは圧倒的に西鉄駅の方が上で、JR駅は新幹線が通ったものの
ブリジストン工場が近いぐらいで、少し寂しい感じがします。
ただ昔の城下の雰囲気が残るのは、水天宮や城跡もあるこちら側のエリアかもしれません。
また櫛原(西鉄久留米から一駅北)は寺町となっていて、こちらも風情が残るところです。
この寺町にある遍照院には、今回は行けませんでしたが、憂国の士・高山彦九郎や幕末長州の尊攘志士・
大楽源太郎(明治になってから、久留米藩での抗争に巻き込まれ、暗殺された)の墓もあります。

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2013-01-22 22:23 | 筑後・佐賀藩 | Comments(0)
「佐野常民記念館」のある川副町(かわぞえまち)へは
佐賀市内から約1時間おきに出ている、佐賀市営バスで30分ほどかかります。
かつては単独の自治体で、今は佐賀市に合併されてますが以前から市営バスが
市域を超えてあったようです。

このあたりは筑後川の河口に近く、古来から筑後平野の産業を支える水運が盛んな地域でした。
そして有明海に入ってきた海船は、若津港(福岡県大川市)まで筑後川をさかのぼって入ってきて
そこからは川船に接続するようになっていました。
流域各地の米や日田の木材も筑後川を使い運ばれ、若津港付近の大川周辺では日田杉を使った
家具製造が盛んになって、日本でも有数の家具産地となっていたのです。

赤印の位置の大川側が若津港で、昭和の初めごろまでは船の出入りが盛んにありました。
このころ(昭和10年開通)佐賀~大川~柳川~瀬高を結ぶ、国鉄佐賀線の建設が決まり
この若津付近で架橋されることとなりましたが、船舶の運航と筑後川の干満差が激しいこともあって
架橋計画も大型蒸気船舶の運航を妨げないような工夫が必要とされました。

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2012-06-09 16:24 | 筑後・佐賀藩 | Comments(0)
続いて万部島(まんぶじま)に行きます!

このあたりには、佐賀城東濠(昭和になってから埋め立てられた。現在の好生館病院のあたり)に隣接した
かつては川の中州であった「万部島」と言われた地域であった。
f0010195_2201680.jpg

このあたりは名残りらしき水路が、あちらこちらにあります。

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2012-06-06 22:06 | 筑後・佐賀藩 | Comments(0)
続いて佐賀行きのレポです。
メインは川副町にある「佐野常民記念館」でしたが、アプローチが佐賀と柳川の中間あたりとなるので
先に佐賀市内の史跡めぐりもしてきました。

前回の2009年・佐賀レポ→ 江藤新平/種痘と佐野常民/佐賀城

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2012-06-05 22:53 | 筑後・佐賀藩 | Comments(2)