エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

カテゴリ:戦国ネタ( 12 )

今の大河ドラマ「官兵衛」は一応、見られる時は見ているって感じで見続けています。
僕は伊丹出身なんで、小学校の時から「有岡城」「荒木村重」については名をよく聞いてたんで
(有岡城は当時、ほったらかしだったな。。。村重自体はあまり知らなかったけど)
結構、俳優さんも個性がいい感じなので、これからの展開をどう見せてくれるか楽しみにしてます。

先日、歴史仲間の方と今の大河の舞台になっている三木市付近を巡ってきました!
まず、三木城の別所氏攻めのために築かれた平井山の山城跡です。
麓には広い駐車場(バスも来るとか)と仮設トイレ・案内板も整備してありました。
こんな感じの道を10分ほど登ります。。。
f0010195_11354580.jpg


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2014-05-01 23:00 | 戦国ネタ | Comments(0)
今晩はたまたまか?二つ信長特集をやっていました。
歴史秘話ヒストリアは、おそらく「大仏開眼」にお金が回っていたのか?(1回目面白かったです!)
再放送が続いてましたが、やっと続けて新作が放映されるようです。
今日は「本能寺の変」の前後の動きについてで、このあたりは去年、桶狭間に言った時にも
お聞きしたんですが「信長公記」が一番しっかりしているようで、参考にされていました。

本能寺は、実は堀もある砦のような建物であったこと。
しかしながら攻められるとは夢にも思わず、初動の警戒がおろそかになった。
個性豊かな小姓の森蘭丸や弥助(アフリカ人らしい)そして自らも弓・槍で最後の抵抗を試みたこと。
しかし「是非に及ばず」と言うよく知られた言葉を残し、死を共にすると言った女子供を逃がした上で
自害したことや、かつての領民を思いやった言動や家臣らに人情味のあった行動の数々が
紹介されていました。


10チャンネル(関西)では、もし信長がもっと長生きしていたら、日本はどうなっていただろうとの内容。
ちょうどヒストリアからチャンネル変えて、タイミングよく始まってました。
あまり期待はしてなかったんですが、専門の歴史家が座談をするような内容だったんでよかったです。
「世界をリードする国家になっていただろう」とまとめられてましたが
確かにそれだけのスケールの人物だっただろうな。。。
完全能力主義になるだろうし、貿易もバンバンやって外国人もいっぱいやってきて
みんなバイリンガルになるかもってことで(笑)
でも、その逆の政策を取った徳川幕府が300年近く続くんだから(まあ、その時期の世界の動きにも
助けられた面があるようですが)歴史は面白いものです!
いつになるか知らないけど、また「信長公記」はじっくり読んでみたいです。。。
こう書いてきても、光秀は嫌いではありません(念のため)

また、この項目の前は「龍馬が生きてたら」ってやってたらしい・・・
ヒストリアと重なってたし見られなかったけど、僕としてはあまり変わらなかっただろう。
むしろ慎太郎が生きてた方が、世の中変わっていたと常々思ってるんであまり興味なかったんです。。。
まあ、ちょっと気になるんでごらんになった方、さらっと内容教えてくださいませ(笑)


来週のヒストリアは、松蔭先生登場ですよ!
しっかり録ろう。。。

阿弥陀寺に行ってきました(墓所画像あり)>>
[PR]
by enokama | 2010-04-07 23:33 | 戦国ネタ | Comments(4)
もう時間も正午を過ぎてお腹も空いてきたので、関ケ原駅北側周辺で行われている
「合戦まつり」の会場へ。
いい天気でもあって、ものすごい人出でした!
ちょうど「鉄砲隊演武」の実演が行われていて、その爆音が大地を轟かせていました。。。

こちらは別のイベント
f0010195_1435597.jpg

「戦国グッズマーケット」全国の代表的な戦国グッズ専門店が10店出店。
さすが、なかなかの各店の品揃えですが、やはり土曜日からやっているんで売れ筋はかなり売れて
しまっているものもありました・・・
腹ごしらえをした後、今度は徒歩で回ります!

床机場(徳川家康最終陣跡)
f0010195_1471495.jpg

首が・・・

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2009-10-22 23:22 | 戦国ネタ | Comments(0)
松尾山を後にして、黒血川(ちょっと恐ろしい名だが、やはり壬申の乱で流血が川を染めたことから
との言い伝えから・・・)沿いの名神高速沿いに脇坂安治陣跡へ。
西軍を裏切った小早川軍に呼応する形で合流、大谷の陣へ攻め入った。
f0010195_054924.jpg
 
中山道を越えて藤古川西岸の藤川台と呼ばれる高台に、大谷吉継ら配下の諸隊6000の陣があった。
f0010195_071547.jpg


続く>>
[PR]
by enokama | 2009-10-21 23:43 | 戦国ネタ | Comments(0)
18日の日曜日。いいお天気の中、歴史好き五人で関ヶ原に行ってきました!
f0010195_2222457.jpg

京都駅、ちょうど8時の新快速で米原8時56分。
JR東海の電車に乗り換え9時14分発、関ヶ原9時42分着。
やっぱり、今日は多いんだろうか?
噂通り、歴女って実際多いんだ(笑)降りてくるほとんどが2、3人の若い女性グループなんですね。。。

駅前で名古屋のSさんが車で待ってくれてました。
まず、少し離れた松尾山(小早川秀秋の陣)に同乗していきます!
ここに停めて歩いて40分!・・・
f0010195_22241083.jpg

まあ、今日は城めぐりの達人メンバーが揃ってますんで、ちゃっちゃと行けば30分ぐらいかな
と思ってたんですが、これが甘かった・・・

続き>>
[PR]
by enokama | 2009-10-20 22:56 | 戦国ネタ | Comments(2)
今年も明日、10月17日(土)・18日(日)の2日間「関ヶ原合戦祭り」(→こちら
が行われます。


17日は二大歴ドルの美甘子さんと小日向えりさんが参加して
「関ヶ原バトルトーク」「関ヶ原東西合戦ゲーム」「クイズ関ヶ原王決定戦」など。
歴者アーチストで女性ボーカルデュオ「さくらゆき」のライブもあります。
18日はかつて石田三成を演じた俳優・加藤剛氏によるスペシャルトーク。
関ヶ原合戦甲冑劇「闘将・大谷吉継」、関ヶ原歴史行列。

両日通じては古戦場ラリー「関ヶ原五大義将をさがせ!」
10店の出展による屈指の規模で行われる戦国グッズマーケット。。。これが楽しみだ!

僕も18日にマイミクさんと行って来ます!
いつも通過はするんですけど、ちゃんと回ったことがなかったんでほんと楽しみです。。。
笹尾山の三成の陣、家康最終の陣。大谷吉継の終焉の地、ちょっと遠いけど松尾山の小早川秀秋
の陣にも行って見たいと思っています!
[PR]
by enokama | 2009-10-16 21:42 | 戦国ネタ | Comments(0)
今回、桶狭間へ再び出向いた理由はイベント内容が大変濃く(資料展示、史跡めぐりツアー、講演会
慰霊式典&万灯会)
ほんと満喫できそうな内容だったからです。

でも生憎の天気で、荒天の場合できないイベントも出てくるのでは・・・
新幹線乗ったらそんなに時間はかからないけど、やっぱり遠い所なんで徒労になるのもいやですし
とり合えず当日は京都駅8時にタイミングで自宅を出て、携帯での天気チェック&外の様子で判断
(行かない場合は、淀に行って飯田君の応援でもしようかなと思ってた・・・)
降水確率60~70%で終日推移してなんとかなりそう・・・
新幹線に飛び乗って名古屋へ。
名鉄線で急行・鳴海まで、普通に乗り換えて有松まで行く。このあたりは慣れたものです(笑)

駅に9時半過ぎに到着。でも「桶狭間古戦場まつり」って、のぼりとか案内はまったくなくって
「有松絞りまつり」(再来週。こちらは結構有名です)の方の、のぼりだけしか見られないんですね。。。
豊明のまつりの方は他地域からの入り込みもあるようですが、こちら緑区のまつりは地元の方中心の
手作りのまつりでした。またそれはそれで、ふれあいもあり、いろんなお話もできてよかったです!

桶狭間地区(ちなみに桶狭間の地名は豊明にはない)は駅からは徒歩15~20分。
「桶狭間太鼓」の演奏が聞こえ、今川義元討死の場所とされる田楽坪(桶狭間古戦場公園)で
慰霊式典が始まりました。
f0010195_2233295.jpg

来年は戦いから450年になります。
駿公墓・・・(駿河の義元の意。建立年は不明)
f0010195_061964.jpg


続き>>
[PR]
by enokama | 2009-05-19 23:41 | 戦国ネタ | Comments(2)

桶狭間古戦場まつり2009

桶狭間古戦場まつりに行ってきました!
一般的に検索をかけたら豊明市の祭り(6月初旬)が出てきますが、今日は名古屋市緑区桶狭間地区
のまつりです(最寄は名鉄有松駅です。中日新聞の記事

今回も以前こちらを散策した時に、ご一緒したdohalandさんに大変お世話になりました。
侍好きのG・ルーカス監督に、愛知舞台で映画を撮ってもらうべく巻物への署名活動と
愛知案内のための「プレミアム観光BOOK」を作成(中)されています。
今回、こちらの会場でも署名をお願いしてきました。あたたかい声をたくさんかけていただいて
一緒にいた僕もうれしかったです。。。
ありがとうございました!
(愛知侍プロジェクトHP)
f0010195_23364394.jpg

こちらの地域との関わりの経緯は過去記事を貼っておきます(僕には珍しい戦国ネタですが)
豊明と緑区の「二ヵ所の桶狭間史跡」についても触れてます!
一部、今回の再訪で加筆訂正しました・・・
2006年5月
2008年4月 その1
2008年4月 その2
2008年4月 その3
2008年4月 その4

一応、予習ってことでお読みください(笑)
また今回の記事、順次更新して行きます!
[PR]
by enokama | 2009-05-17 20:15 | 戦国ネタ | Comments(0)
古戦場公園から東へ15分ほど歩くと、豊明市の「桶狭間古戦場伝説地」と、義元本陣跡とされる
高徳寺に出る。
一般的に「桶狭間古戦場」として、よく知られているのはこちらのことで
江戸時代は東海道沿い、現在は国道1号のすぐ横で訪れやすい場所でもある。

また、昭和12年に国史跡とされている。
この件についてはいわれがあって、当時から現在同様、緑区と豊明の2カ所の「古戦場伝説地」
が知られていた。風雲告げるこのころ、軍部の意もあったようで「国史跡」として両者に打診がされた。
この際、豊明側は町の象徴的な場所として積極的に動いたが、名古屋側は市域の外れと言える場所
でもあり、史跡指定の必要性も感じなかったそうで、結果は豊明側となった・・・

こちらにもある義元の墓
f0010195_2348406.jpg

いくつか年代の違う墓標があるが、一つは「今川上総介」と信長の家来の名に
なっていて間違っている・・・

2つの桶狭間>>
[PR]
by enokama | 2008-05-02 00:36 | 戦国ネタ | Comments(2)
(2009年5月17日再訪。加筆訂正)

「おけはざま山」今川義元本陣
f0010195_193694.jpg

愛知用水を越え200mほど南に歩くと、周囲を見渡せる小高い丘となる。最近、 案内板が設置された。
豊明の本陣説だと谷になるが、標的になりやすいので不自然である。
こちらは丘陵地で(標高45m)巻山・幕山・高根山の自陣もしっかり見渡せることができる。
また、さらに高いこの山頂付近だとする(64.9m)説もあるが元来、道のない所で今川義元は輿で
移動しており、急峻な登りを無理して登ることは考えられない。

このあたりに1560年5月19日、沓掛城を午前8時ごろ出発した20000を越える今川軍は正午すぎに
この地で休憩を取る。
このころ織田軍は、高根・幕山と言った今川軍の砦に、攻めては引くと言ったゲリラ戦で敵の兵力を
分散させる一方、敵の10分の1に過ぎない約2000の本隊は武路釜ヶ谷に潜み機会を伺っていた。
そして、天候がにわかに荒れ風雨が強まる時、本陣に向け織田軍は駆け始めた・・・

桶狭間の戦い>>
[PR]
by enokama | 2008-05-01 02:31 | 戦国ネタ | Comments(0)