エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

カテゴリ:幕府東国諸藩( 50 )

佐倉藩主堀田家菩提寺・甚大寺の南隣には佐藤泰然ら順天堂関連者の墓地がある。
f0010195_00113241.jpg



もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2016-02-02 23:06 | 幕府東国諸藩 | Comments(0)
昨年に訪れた佐倉のレポです。
まずは前回行かなかった城下町の史跡です。

麻賀多神社
f0010195_10492387.jpg

佐倉の総鎮守で現在の本殿・拝殿は天保十四年(1843)に堀田正睦により造営された。

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2016-02-01 12:08 | 幕府東国諸藩 | Comments(0)
佐倉での順天堂の門下生の名簿と言うものはあまり残っていないが
地元の佐倉藩の他に越前の各藩(福井、鯖江、府中(武生)、大野、勝山)の入門が目立っている。
橋本左内(弟・綱常が松本良順門下生)も入門者とする資料もあるようだが、これは今後の研究課題にしたい。

天保十四年(1843)の泰然の佐倉移住から、明治二年(1869)に後を継いだ佐藤尚中が上京し
東大医学部の前身となる大学東校での教授に任命されるまで、ゆうに千人は超えているとみられ
松前藩から佐土原藩まで全国からの入門もあり、西国からも丹後田辺・奥村祐斎(適塾にも在籍)
丹波篠山・渡辺万次良(時習堂にも在籍)越前大野・中村斎と言った名前も残っている。
f0010195_21332679.jpg


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2015-06-26 20:59 | 幕府東国諸藩 | Comments(0)
佐倉に来た一番の目的がこちら
f0010195_133255100.jpg

佐倉順天堂記念館は安政五年の建物が和室の主屋と洋風の付属室を中心として、今も残されている。
往時は2000坪の敷地で延べ1000人の塾生が学び「西の適塾。東の順天堂」とも称される。

幕末の藩主・堀田正睦は「蘭癖」と言われるほど、蘭学に傾倒した。
それを支えたのが年寄役・渡辺与一兵衛治であった。。。

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2015-06-20 22:31 | 幕府東国諸藩 | Comments(0)
堀田氏は譜代大名として幕府要職に就くことが多く
幕末の海外情勢にも長じて、海外知識の吸収や国防の重要性について関心が強かった。

「幕末維新」に関しては「幕府が守旧で長州等が革新」との認識は大間違いである。
幕府が長年かけて実現した「開国」だったが、井伊大老当時の自身に対する反対勢力の弾圧などで
幕府人事の継続性が途切れ(優秀な人物も罷免)諸外国との交渉で困難も生じ、始まった「貿易」に関しても、庶民にとっては「不利益」を蒙ることが多かった(コレラ等の伝染病もあったし、生活物資等が輸出に回され高騰)
そこへ水戸や薩摩・長州と言った尊攘勢力が世論も味方に、幕威の衰えもあって朝廷とも直接結びつき、幕府の施策に介入し「外国人や外国船を見たら、ただちに討つ」と言った攘夷過激派も出て、混乱に陥ったものである。
一方で開明的な政策を取って藩政改革にも成功した西国外様雄藩は独自の政策を取り、幕府の命令にも公然と従わず、薩摩を軸に一旦は戦争に負けた形だった長州を潰し切らなかった方針から、さらなる「倒幕」と言った方向性が西国の連合から出たものが「幕末維新」の結末であった。

日本国の外交に直接携わることの多い老中等を輩出した譜代藩では、蘭学(洋学)の導入には
積極的で教育熱も高かったのである。
人事にも門閥にはこだわらず、藩外でも優秀な人材と見ると積極的な招聘に動いた。
この姿勢からも、幕府が中心とした「維新」と言う方向も可能であったのではなかろうか。
もちろん従来の「幕政に携われるのは譜代だけ」と言った縛りはなくなっていただろうが明治維新後の「開国・富国強兵」と言った方向性は、阿部正弘当時の革新派官僚の目指す新しい国家像とは大差なかっただろう。

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2015-06-19 18:39 | 幕府東国諸藩 | Comments(0)
佐倉城大手門付近にあった藩校跡の碑
f0010195_13425130.jpg

f0010195_13444797.jpg

寛政四年(1792)に佐倉藩校は設立され、天保七年(1856)藩主・堀田正睦の時代に
この地に移り「成徳書院」となった。現在の佐倉高校の前身である。

続いて佐倉の城下町を巡ります。

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2015-06-12 20:38 | 幕府東国諸藩 | Comments(0)
今回の「蘭学を訪ねる旅」
昨年末に行った佐倉についての連載をしばらくしたいと思います。
北山の総合資料館で「贈呈」らしい、佐倉藩と順天堂に関するいい図録資料が見つかって
ネットで探しまくって、やっと手に入れることができたので
主にそちらを参照しながら紹介したいと思います!

佐倉への関西からの行き方は、色々と考えて品川で新幹線で降り(東京駅だとかなり地下に下りない
とだめなようなので)総武快速線で船橋まで、京成本線に乗り換えて京成佐倉まで行きました。
佐倉はJRと京成の二つ駅があるけど、台地上の城下町は京成の方が回りやすいのです。
佐倉の手前ぐらいから、さすがにのどかな雰囲気になってきて、人口は18万ぐらい(伊丹と同じぐらい)だけど市街地が一極集中ってわけでなく、分散している(佐倉駅も二つあるし)ので京成佐倉からの街並みは5万人ぐらいの都市の感じでありました。

駅近くでレンタサイクルを借りて出発!


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2015-06-06 20:30 | 幕府東国諸藩 | Comments(0)
幕末の船絡みの記事が増えてきたので、まとめてみました。
今回は幕府編ですが、諸藩編もまとめ中です。。。
原史料自体が怪しいものもあるので(数字あたり)
また随時、追記訂正して行きますので
情報等いただけたらうれしいです!


(嘉永六年(1853)九月 「大船建造禁止令」廃止以降)
        
鳳凰丸(帆船) →記事 その1その2その3その4その5その6
 嘉永七(1856)五月・浦賀奉行所 
 慶応2年に石川島造船所で大修理 明治元年九月、仙台藩貸与時に榎本艦隊に合流

昌平丸(帆船)
 安政元(1856)十二月・薩摩藩が「昇平丸」として建造 安政二年七月、幕府へ献納し「昌平丸」と改名
 初めて日本国旗として「日の丸」を掲げたとされる
 
旭日丸(帆船)→記事はこちら
 安政三(1856)水戸藩・石川島造船所(石川島播磨重工の前身)幕府へ献納 
 慶応二年、第二次征長(芸州口)輸送船 

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2015-03-08 21:31 | 幕府東国諸藩 | Comments(0)

家近良樹「徳川慶喜」

BS歴史館が終わって、今の「英雄たちの選択」に代わってからは
何だかパネラーの人数ばっかりが多くって、まとまりのないような構成に感じて
前みたいに番組の感想的な記事は書けなかったんですが
今回は家近良樹さんが満を持して登場って感じで(病気されていたようで少し痩せられたかなって印象でしたが)
しっかりとご意見番的な立場で中心となって、よくわかるお話をされていてよかったです。

以下は番組の感想と家近さんの著書からまとめてみたいと思います。
f0010195_16259.jpg


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2014-07-15 23:52 | 幕府東国諸藩 | Comments(0)
最近「BS歴史館」と交互にやっている番組ですが、阿部正弘を取り上げていました。
「開国」に揺れる時期ころの幕府宰相ですが
ペリー来航に関してはいわゆる「ぶらかし策」(一気に通商は認めなかった)で対応して
「和親条約」を取りあえず結び、国内の体制・世論を固めた上、次の段階で通商条約(「通商修好条約」と
して実現)と開国を実現しようとしました(だから二種類の条約があった)
体制としては蕃書調所と言う教育機関を設け、長崎海軍伝習所では海軍の人材養成をしました(→こちら

前任の老中首座・水野忠邦や、のちの大老・井伊直弼(堀田さんは無視でしたが 苦笑)は言論弾圧を行ったが
阿部の場合は、逆にあらゆる層の意見を聞いて(挙国一致を図る)政権運営を進めました。
阿部の人柄は陳情に大勢来る人々の意見にはしっかりと耳を傾け
その座の跡はべっとりと汗が残っていたと言い、なんかそこまでしたら、命縮めてしまうよなって
思ってしまいました。

阿部がもっと生きていれば>>
[PR]
by enokama | 2014-02-28 21:19 | 幕府東国諸藩 | Comments(0)