エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

カテゴリ:中岡慎太郎関連( 98 )

8月になりますが猛暑だったり、相変わらずの最近の異常気象での豪雨であったり
本当にお見舞い申し上げます。。。
そんな中ですが、各地でいろいろな興味深い展示があるようなのでチェックしておきたいと思います。


まずは北川村の中岡慎太郎館
開館20周年記念特別展「禁門の変-中岡慎太郎と二十三士の明暗を分けた事件-」
特別展の展示は京都大学や国会図書館からも借りられたと言う
慎太郎の貴重な遺墨が揃えられているそうで、足を運んでみる価値がありそうです。
新聞記事にもありましたが、曲直瀬道策の名が入った乾退助宛の書簡が初公開です→関連記事
(開催期間 7月26日(土)~8月25日(月) )
時間の都合がつけば僕も、久しぶりに北川村に行って見たいと思っています。。。
22日から24日のあたりで検討して、顕彰会事務所で先生ともお会いしたいものです。

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2014-08-03 23:40 | 中岡慎太郎関連 | Comments(0)
か今年も11月15日となりましたので、この話です。。。

まずは歴史に無知な作家(研究者じゃない)連中が知ったかぶりしている記事から
(中村=中村彰彦・半藤=半藤一利)
f0010195_123727.jpg

中村の言う「西郷は恐ろしい」ってことだけど
孝明天皇も赤松小三郎も坂本龍馬も暗殺にはみんな絡んでいて、江戸では強盗強姦の凶悪事件で
恐怖に陥れて幕府を挑発させたってことで「暴力革命」って言ってること(→関連記事
あんたの気に食わない「豪放磊落な人物として定着」はもうしてないよ。
赤報隊の一件も含めて「陰謀にまみれた真っ黒な人物」って、僕の周りも定着している(苦笑)
それらを実証する史料も見たことないし、作家のネタにすぎないと思うけど
何人も何度も繰り返して「キャンペーン」貼られると「本当」のようになってしまうから恐ろしいもんです。
あと「薩長の流れ」と言うけど、薩摩でも「慶喜を加えた新政権」を構想していた人もいます(→こちら

磯田氏の「龍馬史」は叩きたい人が多いようですね。
それで半藤が「鞍替え」って、あんたの言う「歴史探偵」ってそんな程度か・・・ってあきれてしまう。
(以前、11月15日に薩摩から入京した大久保が「間に合う」とか言って「龍馬暗殺の黒幕」ってした
この人の珍説もあった 苦笑)
そんなもので歴史を語られるのもどうだろうか?
f0010195_1232430.jpg

それで半藤が「論破してください」って言っても、いつもと同じ「歌会ネタ」ですわ。
そんなもんでどうやって、論破できるかって言うねん。
研究者に対して失礼すぎるだろ・・・
中岡慎太郎については「時勢論」を読みなさい(後述)

加治将一の本「龍馬の黒幕」>>
[PR]
by enokama | 2013-11-15 23:19 | 中岡慎太郎関連 | Comments(0)
今日の記事は情報のみですが、まず庄内関連の番組が二つあります。

BSフジ 今晩22:00 「鳥海山」→こちら
BSNHKプレミアム 土曜日朝11:00から 「こころ旅」  →こちらこちら
 平日版は見落としてしまったんですが、週末版でぜひご覧ください!
 酒田から遊佐・吹浦まで火野正平さんが走ったようです。。。
 僕の行った時はまったく鳥海山が見られなかったので画像が皆無なのですが(泣)
 じっくり見てみたいです。楽しみです!

11月15日と17日>>
[PR]
by enokama | 2013-11-08 20:53 | 中岡慎太郎関連 | Comments(0)
おそくなりましたが、お盆休みに行った長府~下関のレポです。

一番の目的は「長崎丸事件」の検証だったりするのですが(田野浦や前田砲台にも行ってきた)
史料の読み込みもあるので、もう少し後になります。
薩摩のレポも残ってるのが「薩英戦争」なんですが、こちらも改めてです。。。

こちらでも書きましたが、長府博物館に行ってきました。
三吉家のお宝が寄託されることとなったので、貴重な展示物(坂本龍馬・西郷隆盛・中岡慎太郎など)が
常設展の入場料で見ることができました。
慎太郎の手紙も3通あったし、西郷さんと慎蔵関連も、みな展示してあったので大満足でした(嬉)
館長さんにも久しぶりにお話が聞けて、いろいろと確認することもできました。
ありがとうございました!

あと、新博物館の建設工事が始まっていました(2015年10月・完成予定)
まずは発掘調査からのようです。。。
f0010195_11402731.jpg

場所は功山寺の一番下の門前、旧山陽道を少し東に行ったところです。
新館移動時期には休館もあるので、ご確認いただきたいです。

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2013-09-06 23:41 | 中岡慎太郎関連 | Comments(0)
いよいよ早いもので8月となります。

時期的に「終戦特集」って出てくるんですが
昨日、NHKで「はだしのゲン」を特集していて、紛争地も含む世界各地に向けて翻訳がされて
原爆の悲惨さを、多くの人に読まれて伝えていると言うことでした。
たぶん、僕らより下の世代の人もほとんど知ってるはずだけど
改めてwikiなんかで解説を見てみると、過激な話もあったりするんだよね。
たぶんドラマやアニメになった部分は、ジャンプに連載していたころの友子が亡くなるあたりまでだと思うけど
後半は某政党関連雑誌の連載に移ったりして、かなり色も付いていたようだ。
(隆太って、あんな結末になったんだね)
話的には政党の色が付いたりしたんで、否定的な面もあると思うけど
実際の被爆体験者が、現実にあったことに基づいた作品が発表されたこと自体、良かったと思う。
色々と現代は、外交の面でも問題も多いけど、戦争体験者がだんだんと減ってきている今こそ
もう一度「あのころ実際に何があったのか」報道や出版で、少しでも紹介されるべきじゃないだろうか・・・

あとくぐっていたら、主人公の中岡元(ゲン)の中岡って「中岡慎太郎」から取ったんだそうです。
中沢さんすごい・・・知らなかったな!→こちらの記事

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2013-07-31 23:26 | 中岡慎太郎関連 | Comments(0)
中岡慎太郎年表→こちら

まだ先週の大河が見られていないんですが
なぜか「松平春嶽」のキーワードで、アクセスがむっちゃ多いのであります。。。
また何かやらしたんだろうけど、アクセスは多くってもコメントないし
「あんな卑怯な人」って印象で来た人には、物足らないようでどうもすいません・・・

まあ、僕はあまのじゃくな者なので、嫌われ者は弁護したくなるし
人気のある人物は否定にかかる性分ですので、到底理解してくれとは言えませんが
嘘な歴史を並べて、上辺だけの印象だけで巷に溢れるような書物や作家がいやなんです。
これでも古川薫先生みたいに(あえて司馬御大とは言わない)実証に基づいて近づけたような
物書きになるのが夢だったりするわけですが、絶対に売れないのは確実だな(苦笑)

大河でも「孝明天皇崩御」のころのようですが
「毒殺説」ってのも根強いようですね。。。
一番、主張してた佐々木克先生は「前言を撤回されました」ので、今は学説ではどうなってるんでしょうか。
まあ、本屋に並ぶようなものは決まった人物なんで、そうなってしまうわけなんですけど・・・

>>慶応2年後半~慶応3年正月
[PR]
by enokama | 2013-04-25 23:55 | 中岡慎太郎関連 | Comments(0)

土佐藩白川邸と陸援隊

中岡慎太郎年表→こちら

引き続き、佐佐木高行の日記からです。

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2013-03-01 23:11 | 中岡慎太郎関連 | Comments(0)
最初にここここをごらんください

昨日、ちょっと予告貼りましたが今日、放送がありました。
童門だけかと思ったら、加治も性懲りもなく、また出てやがった(怒)
BS歴史館の童門と大石学以来の最悪な絵面やった・・・

内容は両演者の妄想と空想のオンパレード。
大して面白くないし、教養番組の教養にもならない推論なぞ、いらんちゅうねん!

「平和革命」VS「武力革命」、「倒幕」VS「討幕」そんな枠組みなんぞ、歴史学会では相手されません・・・
龍馬は隠密で偽装脱藩、慎太郎が龍馬暗殺の真犯人 まあいつもの通りです。

慎太郎関連の映像は全部、去年の「NO2」の使い回しでした。
まあ今回も取材求められたとしても、断られて当然の仕打ちをしているわけですからね。
テレビマンユニオンのプロデューサーは同じ人でしたから、もちろん話は行ってるでしょうが
加治がまた出るってことは、言っておられたのでしょうか?

番組もくだらんですね。こんな低レベルの話で判断くだす高橋秀樹さんも辛かったんと違います!
TBSなんてとっとと潰れてしまえ・・・

内容がなかったんで、今日はこれでおしまい!


(追記)
おっさん、こんなツイッターしてやがった(苦笑)

加治将一‏@kaji1948

来週加治がTVに出演。30日夜10時の一時間、BSーTBS「ライバルたちの光芒」司会は高橋英樹さん。
加治は龍馬の暗殺犯が中岡慎太郎だと明言。驚く高橋さんと、鼻で笑う先輩歴史小説家。

確かに鼻で笑ってたって言うか、あきれ返ってるって言うか・・・
でもくぐったらまだまだ、加治の説はすごいってブログの記事がなんぼでも出てくるんやね。
いっぺん、しっかりとした反論記事も書かなあかんな。
それで、それらのコメント欄に尽く貼り付けてやろうか(やりすぎ?)
でも、それぐらいやらないと気が収まらん・・・
まあ、それ以前に本人も俺のことは知ってるだろうけど。
喧嘩売られても勝てるぞ、バカヤロー!
[PR]
by enokama | 2013-01-31 00:20 | 中岡慎太郎関連 | Comments(0)
BS-○○○(一番大嫌いな放送局)の明日10時から
ライバルなんちゃらってので「慎太郎と龍馬」をやるそうです。
解説が聖徳太子から明治維新まで、あらゆる時代の多数の著書で知られる童門冬二氏です。

まあ、慎太郎のことについてはロクに調べもせず知らないくせに、適当に言いたいだけ言ってますので
信用なされないようにお願いします!

また加治の時みたいになるのがいやなので下記記事、前もってご覧いただければと思います。

板垣退助編中岡慎太郎編
[PR]
by enokama | 2013-01-29 23:49 | 中岡慎太郎関連 | Comments(0)
ブログの方は久しぶりに更新となります。
平日は残業してるし、休日は歴史行事か村の用事以外は、行楽シーズンで添乗がびっちり
入ってるんで、ゆっくり出来る時間がないんですよね。。。
(結局、今年の京都のG1競馬は一回も行けなかった・・・)
 
そんなこんなですが、今年も近江屋事件と慎太郎の命日となってまいりました。
で11月14日の当ブログのアクセスですが、またボンと上がってきまして
なぜかなと解析を見てたら、また加治がふざけたことをBSの番組でぬかしたらしい(苦笑)
テレビ欄にあったのは知ってたけど、内容はわかりきってるんでアホらしいと見なかった。
でも、また騙され人が増えただろうと思うと、ちゃんと見て批評した方がよかったかもしれない・・・
加治が1回出るごとに本が100冊ぐらいは売れるんだろうな。
どんなコネを持っているのだろう・・・

今年も15日は有休を取って霊山に行ってきました。
メインはどっちかと言うと「佐藤政養」の講演だったりするんですけどね(また別記事にします)
紅葉は、だいぶいい感じになってました。

もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2012-11-18 23:04 | 中岡慎太郎関連 | Comments(2)