エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

2017年 08月 07日 ( 1 )

昨年夏、もうちょうど一年前になりますが大分県の佐賀関に行ってきました。

ピンと来る人は幕末に中岡慎太郎や西郷隆盛の立ち寄った場所で御存じでしょうが、僕は全然知らなかったんだけど勝海舟と坂本龍馬が立ち寄った場所と言うこともあって地元の方でも盛り上げられているということでした。
詳しくは中岡慎太郎を書いた原稿と大阪龍馬会の会報で書かせていただいてますので、こちらではその他のポイントを中心に書きたいと思います。

今回はボランティァガイドさんを依頼しました。
オーダーは慶応元年五月に西郷や慎太郎を乗せた薩摩船がどのあたりの入港したのかと言うことと、慎太郎の泊まった「大島屋」の場所がどこなのか?ということでした。
本来なら幸崎駅(もしくは大分駅から直行)から路線バス利用なんですが、ちょうどガイドさんが駅の近くにお住まいと言うことで、駅から車で乗せて行っていただけることとなって、幅広い範囲を回ることができました。
(団体案内なら一人300円だそうですが、個人案内は無料でされているということで何から何までお世話になりっぱなしで感謝でありました!)
ちなみに地名は神崎(こうざき)だけど、先に佐賀の神埼駅があったためにこちらの駅は「幸崎」になったと言う事で、現在は神崎と幸崎の名が混在しているようです。




もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2017-08-07 23:08 | 歴史連載 | Comments(0)