エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

2017年 05月 07日 ( 1 )

造船の場所は牛ヶ洞(地図・紫印)となった。
廻船業で栄えていた戸田には多くの船大工がいたことも、この地が選ばれた理由であった。
もちろん洋式の船は初めてで戸惑う面も多かったそうだが、ロシア人もその仕事ぶりを高く評価し
異例とも思えるスピードの二か月半ほどで全長24.6m、100トン弱の洋式帆船が完成し、安政二年(1855)三月に進水式が行われた。
プチャーチンは建造に携わった人々に感謝して「ヘダ号」と名付け、二十二日になって乗組員47名と共にペテルブルグに向かって出帆した。
残る乗組員はアメリカとドイツの商船を雇って、ロシアへと向かった。

大正十二年になって、この地に「造船記念碑」が建てられた。
f0010195_19090109.jpg


もっと見る>>
[PR]
by enokama | 2017-05-07 17:55 | 歴史連載 | Comments(0)