エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

京の紅葉 東福寺あたり

(12月6日 撮影)
f0010195_4181895.jpg




方丈(八相の庭)
f0010195_423405.jpg

f0010195_4292377.jpg


西郷さんゆかりの即宗院。
1613年に島津家久によって再興されて以来、薩摩の畿内菩提所となっている。
常時公開ではないが、紅葉の時期等に期間公開されていて(入山料 200円)
下の写真は境内奥地に、隠れ家のような場所にあった「採薪亭」(さいしんてい)跡。
茶室として使用され、幕末には西郷隆盛と月照上人の謀議の場所ともされた。
確かに奥に何かまだあるのって感じで、もってこいの場所だっただろう。
f0010195_431273.jpg

採薪亭からさらに奥に登ったところにある、西郷隆盛自筆の「東征戦亡之碑」(524霊)
たくさんの戦死者の名前が書かれてあるが、北越戦線で戦死した実弟・西郷吉次郎の名が確認できた。
「兄弟は先に生まれた者を兄として尊敬し、後に生まれた者を弟として可愛がるのは世の常である。
これは先に兄が生まれて世間に通ずることが弟に勝るためである。
しかし今、自分を省みてみるに性質愚鈍で諸事凡てお前に劣っている。兄たる資格はない、
今日からお前を兄としよう」
6人兄弟の中で一番、信頼し期待をかけていた弟の死は深い悲しみとなった・・・
f0010195_4315397.jpg


龍吟庵
f0010195_4381139.jpg

f0010195_4405225.jpg

こちらも期間限定公開。この庭は昭和・戦後に作られた龍をかたどった庭。
[PR]
Commented by わだん at 2008-12-17 23:27 x
わぁ、訪れてみたい!!

けど期間限定か・・・もう今年はムリかな??
Commented by enokama at 2008-12-18 00:51
>わだんさん
また、来年行ってください!
それにしても京都にはまだまだ、幕末スポットがあるもんですね。
by enokama | 2008-12-17 04:41 | 私の好きな京都 | Comments(2)