エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

夏の京都~伏見2

伏見奉行所跡
f0010195_1322672.jpg

ごのあたりで激戦があった!



古くからある料亭(魚三楼)
f0010195_1382894.jpg

伏見奉行所ほど近く。弾痕の跡が残ってる・・・

龍馬通り
f0010195_1322697.jpg

f0010195_1322621.jpg

ちょっと、お盆で休みが多かった。
メインの大手筋からやや下がったあたりで「龍馬館」と言う店もある。

寺田屋附近
f0010195_1322674.jpg

f0010195_1322644.jpg


あと、大国寺(薩摩寺)の寺田屋九烈士の墓も行きたかったのだが
時間が遅かった・・・
[PR]
Commented by あさぎ at 2008-08-26 09:57 x
「伏見奉行所跡」の石碑、見ると以前、あの辺りで迷ったことを思い出します。あと、、あ、雨にも降られたっけ~

あの石碑(でいいんですよね?)って、「えっ?こんなとこに?」って思うようなとこに有りますよね(苦笑)

それから、、御香宮の御香水、飲んでみられました?
私が行った時は、数名の方がお水を汲みに来てらっしゃったのですが、ちょっと横入りさせてもらって、飲みました。
味は、、そう思って飲んだからかな?まろやか!って思ったんですけど?
Commented by enokama at 2008-08-27 22:11
近鉄の駅から高架下を南に歩いた団地のあたりですね。
奉行所の南端は宇治川の辺りまであったようです。
「鳥羽伏見の戦い」の折、この地に向けて、かつて伏見城のあったあたりの高台から大砲が打ち込まれて、旧幕軍はかなりの打撃を受けています!新撰組の奮戦も伝えられる場所ですね。

水飲みましたよ。ちょっと硬めかなとも思いましたが、口当たりは良いですね!黄桜の酒蔵のあたりにも湧水があって、皆さんボトルに汲んでいました。
ちなみに近鉄の高架は開通当初からの古いもので、戦前では珍しいものなのですが、普通に地平に線路をつける工事をするには、貴重な酒造りの水脈を切ってしまうおそれがあると言うことで、建設費がかかってでも、高架にしたって話を聞いたことがあります。
歩いて見て位置関係からしてなるほどと思いました。でも、すぐ近くの京阪電車は普通に地平を走ってるんですがね・・・
by enokama | 2008-08-23 01:32 | 私の好きな京都 | Comments(2)