エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

改めて霊山へ~岩倉

予告どうり、今日も京都に行ってきました(笑)
今日は中岡慎太郎の命日。
その慎太郎との縁も深い、旧500円札の肖像にもなった明治の立役者・岩倉具視
のゆかりの地・岩倉を訪ねました。

岩倉へはいろいろ考えて、二条から地下鉄(私は山陰線なので)烏丸御池乗り換え
で国際会館下車。そこから「岩倉実相院」行きのバスで向かいました。
バスは20分ごとにあって、渋滞はなし。スムーズに着きました。

岩倉実相院
f0010195_2341358.jpg

由緒ある元天台宗の寺院。元々は御所の近くで古く、応仁の乱の戦乱を避ける
ためにこの地に移された。その後、皇孫の門跡が続いた名刹で古きよき宮廷文
化を伝えている。



石庭
f0010195_23422169.jpg

こちらのみどころは、古い襖絵・池泉回遊式庭園の他に「床もみじ」と呼ばれる
板張りの間に映し出される、朱の光景の鮮やかさで知られる(撮影はできない)
ただし、今回は紅葉の遅れがあり、まだまだ青く残念でした。
f0010195_23423829.jpg

縁側から庭の撮影はできる。
12月2日までは夜間拝観が行われている(1800~2100)
ライトアップされて、もっと紅葉が色づくころがいいかも知れません。

岩倉具視幽棲旧宅
f0010195_23425973.jpg

f0010195_23431698.jpg

実相院から5分ほど歩いたところ。
隣接して「対岳文庫」があり、貴重な維新遺墨が保管されている。
以前、紹介した慎太郎の「横山勘蔵」名義の岩倉宛書簡はこちらにあったもの
(横山勘蔵は陸援隊結成以後に主に使った変名)

岩倉は幕末の一つの流れ「公武合体」を推し進めるため、朝幕一致を図るために
皇女和宮と徳川将軍・家茂の結婚を進めた中心人物(和宮降嫁・幕府は幕威復権
を図り、逆に岩倉はこれを機に朝廷に主導権を移したいとの思惑もあった)
しかし、その強腕が逆に反感を呼び剃髪の上、洛外への追放という憂き目にあう。

そして、自身の苗字にもあるゆかりの地・岩倉(先祖・村上氏の別邸が岩倉の
地にあった。それを機に岩倉姓にした)に5年あまり幽棲した(1862年~67年)
しかし、この間に「王政復古」の意思を固め、慎太郎の盟友・香川恵三、大橋慎三
らの出入りもあり、慎太郎はこの岩倉と五卿の有力者・三条実美との提携に動いた
(この手の周旋は慎太郎の真骨頂と言える)

おそらく、慎太郎は幾度となくこの岩倉の地を訪れたことだろう。
死の間際「天下の大事は岩倉公の御力に頼っている」と言い、岩倉も彼の死後
「片腕をもがれた」と嘆いたと言う。それだけ両人の信頼関係も厚かった。
f0010195_23433484.jpg


帰りは、渋滞が怖いので電車一本で(岩倉駅まで歩いて10分強)
出町柳まで260円。乗り換え四条まで200円。ちょっと高いぞ・・・
えいでん
f0010195_234356100.jpg

[PR]
Commented by ji5isl at 2007-11-19 00:21
慎太郎も誕生日間際でなくなっていたのですねぇ。
龍馬の誕生日は知ってましたが・・・。
ところで龍馬記念館の「樋口真吉展」まま楽しめました(二時間ほ
どいました 笑)。研究者が出版もよているらしく楽しみです。
12月にはいると幕末写真展らしいです。
出尽くしてはいるでしょうが、これもワクワクしておりますー。
Commented by enokama at 2007-11-19 21:00
>ji5islさん
すいません、誕生日ではないです(本文訂正しました・・・)
4月の生まれです!
樋口は慎太郎の意向のもと、土佐での乾退助の討幕活動を支えた
同志ですね。また、出版される本も楽しみにしております。
Commented by ゆずぽん at 2007-11-23 18:28 x
こんばんは!岩倉卿関連の史跡も一度訪ねたいものです。
大橋慎三の説得を受けて、慎太郎が訪問したのですよね。
岩倉卿も慎太郎に絶大の信頼を置いていた・・。
↑↑jis5islさんの高知での「樋口真吉展」「幕末写真展」
どちらもすっごく良いですね~~♪♪見たい!!(笑)
Commented by shinta-30 at 2007-11-26 18:19
こんばんは。綺麗な写真ですね!見ているだけでもわくわくします^^17日はご迷惑おかけしました。近いうちにリベンジしたいと思っています。
Commented by enokama at 2007-11-27 00:10
>ゆずぽんさん
岩倉も良きパートナーでしたね。
龍馬にしろ、田中光顕・早川勇ら名コンビと言える関係で
数々の困難な周旋・工作を行ってます。
幕末でも人材発掘眼はピカ一だったでしょう!
Commented by enokama at 2007-11-27 00:14
>shinta-30さん
岩倉ってほんと何もないっていうか・・・そう言うところなんで
幽凄地となったんでしょうね。
夜陰にまぎれて、この地で密会する志士たちによって回天が
推し進められた事実があったんですね!
by enokama | 2007-11-18 23:44 | 私の好きな京都 | Comments(6)