エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

2007 霊山墓前祭

霊山護国神社
f0010195_22111192.jpg

てな訳で今年も行って参りました!

今回はこの夏の尾張への霊山歴史館のツアーがきっかけで、知り合った
名古屋で坂本龍馬や新鮮組・幕末の珠玉の一言等の卓上カレンダーや
歴史好きの間で最近、話題になっている「龍馬検定」などの歴史関連グッズを
企画製作されているコミュニティネットの冨永さんとお会いしました。

とくに待ち合わせとかは決めてなかったんですが、10時40分ぐらいにJR京都駅
に着いて電話をしたら、ちょうど冨永さんも着かれたとこで!
霊山に着いたら、ちょっと昼を食べに行きにくいんで(坂の上ですし)
早めの昼食を取って、いろいろ自己紹介・ビジネスの事などお話ししました。
やはり歴史好き同士ですんで、話も弾みます。

12時から冨永さんは、霊山の木村学芸課長と打ち合わせされるということで
再度、霊山で合流しようとお話して、私は京都国立博物館の「狩野永徳展」
を見に行こうとしましたが・・・



平日なのにびっくり・・・列に並んで入場するまでがこの時間!!
f0010195_23403528.jpg

正倉院展のピークなみ。今日は辞めです・・・
金土日は夜8時までらしいんで、夜間が逆に行きやすいかとも思いますが
(18日まで)どんなもんだろ。

六波羅密寺~六道の辻(六原という地名になっている)あたりを歩きました。
六波羅密寺は500円払って、宝物館へ。ずっと空也上人像が見たかったんです。
今の時代にも通用しそうなデザイン・・・感動しました!
他に平氏ゆかりの地でもあって、平清盛像もありました。

幽霊飴?なんなんだろう
f0010195_22135369.jpg

六道珍皇寺
f0010195_2214814.jpg

このあたりは平安時代、死者を葬る地だった鳥辺山への葬列の道があった。
「六道の辻」とも呼ばれ、この寺はあの世とこの世の境とも伝えられる場所です

清水寺
f0010195_22142515.jpg

f0010195_22145128.jpg

紅葉はまだまだ・・・

清水を降りたところ。西郷隆盛や月照ゆかりの人物に由来する「舌切茶屋」
この名には壮絶な意味が込められている。
f0010195_2215991.jpg


霊山では、講堂で木村先生の講演を聞いて(龍馬暗殺)
冨永さんも、霊山歴史館のスタッフの方と共に講堂前で、直接販売に立ち会って
おられました。
龍馬検定は充実した内容ですが、ちょっと値段的なものもあって
買っていく人の反応とか、マーケティング的には興味深いものがありました。
f0010195_22152824.jpg

中岡慎太郎館の学芸員・豊田さんにも久しぶりにお会いしました。
実はこのブログをたまに見られてるってことで、おちおちいい加減なことは書けま
せん(笑)
この夏の合同展の裏話や、北川村の村おこしの話とかお聞きしました。
墓前祭は少し遅れて4時前に始まり、今の時期は日没が早いこともあって
スピーチ等も早めに進められました(内容は去年とほぼ同じ)
毎年、改めて考えさせられる日であり、今の世は両人にとって理想の国なのか
はたまた失望しているのだろうか・・

今日、お会いしたみなさん。興味深いお話ありがとうございました!
また、これからもよろしくお願いします。

また私は17日・慎太郎の命日に再度、参拝いたします!
[PR]
Commented at 2007-11-16 00:40
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enokama at 2007-11-16 19:05
>鍵コメさん、こんばんは!
そうですね。立場上、研究家はやはり徹底的に追及しますけど
博物館には営業的なものがありますしね。
たとえば、坂本龍馬にについても、かなり横井小楠の思想が影響し
てたり(船中八策)薩長同盟も7割ぐらい、慎太郎の功績ですよ。
霊山歴史館の学芸員さんも、ちゃんと認識されてますけど
あまり言うのも夢をこわすって言うか・・・

あと京都なんで人気のある2大テーマの「龍馬」「新撰組」
で「新撰組」のイベントがしばらくなかったとすると、いろんなとこ
からクレームがくるとか。いろいろと運営される側も事情ありますしね。
司馬さんの作品でも2割ぐらいフィクション入ってますよ。
要は最初は歴史・幕末に興味をもってもらうため。そして深く追求し
たい人は真実を求めたらいいと思います。
あまり、対立するほどってのも、いかがなものかと思いますけどね。
Commented by 龍馬と夢紀行 at 2007-11-16 20:02 x
昨日はお疲れさまでした。楽しいひと時をありがとうございました。
国立博物館の混みは凄い状況でしたね。それにしてもあの時間で舌切茶屋などいろいろと巡ってみえたのですね。さすがの一言!!
これからも大の歴史ファンといことで、お付合いの程宜しくお願い致します。
Commented by enokama at 2007-11-17 07:10
>龍馬と夢紀行さん
こちらこそ、ありがとうございました!
ビジネスの方、なかなか興味深いです。またの展開期待しております。
あと、慎太郎ファンとしても何か企画してもらえたらうれしいです(笑)

私、今日も改めてお参りに行ってきます!
それでは、これからもよろしくお願いします・・・
by enokama | 2007-11-15 22:15 | 私の好きな京都 | Comments(4)