エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

ナベツネ氏とFAと中選挙区

また、この人ですか・・・
そもそもY新聞って「世界一の発行部数」とか言ってるけど、ただ押し売りみたい
な拡販に支えられてるだけです。
僕も一人暮らししてた時、よく新聞勧誘来たけどやっぱ一番しつこかったもん。
まあ「3ヶ月だけ」とか景品目当てで取ったけど、スポーツ欄の偏向記事とか
見てたら、それだけで気分悪かった。
ほかの記事は印象残ってない(体制寄りは確かなようですが)しそんな程度です。

そのメディアを使ったY旅行の仕事も行きますが、その数で押し切って「安かろう、
わ・・」 値段安いけど食事はほとんどOP。それを勧めるのがTCの仕事だけど
(裏ありますから)正直、おいしいってもんはほとんどないですわ・・・
どうしょうもないのは正直に言ったりもしてます(一応、押し売りにならないようって
マニュアルにありますから)
ほんとはちゃんとおいしい店をチョイスして、ツアーに組み入れるのが本来の姿
と思うし、企画者の腕のみせどころなんだろうけどね。
ツアー自体は 「安いからしょうがない」って納得してきてる人も多いけど、ごちゃ
ごちゃ文句言う客もいるんだ。どうしてこの値段でこれだけの旅行ができるのか
考えてみてよ。
(でも、いいコースはあるんです。そんなのは報告書に載せてます)


今回の政権大連立の件、こんな考えもありとは思うけど
メディアのトップがどうかなと・・・以前、批判の記事も書くべき立場のこの人が、J党
の幹部と一緒にいたりしたけど、いいのだろうか。
新聞の1面開くでしょ→ほらS会の広告が、しっかり連立してますよ。
宗教を信心するのは自由、でもそれぐるみで選挙ってどう考えてもおかしいでしょう。
まあ、広告出して受けた点で負けです。

でも選挙を「中選挙区」に戻すって言ってるのは賛成です。
この記事を載せてた雑誌の連中は「今更、戻せっても。政権交代がしやすくなるよう
に小選挙区にしたのに」
僕らの受けた教育は正しかったです。
「選挙は政策で選びなさい」 「大選挙区と小選挙区では不公平が多い。だから
日本は中間を取った選挙制度にしている」
極端な話、選挙に出る連中は2つの党のどちらかに属して通るだけのことを考えりゃ
いい。そんな色々ある個々の考えが裏か表かの違いでまとまるわけない、理念・
政策の色は出せないですよ。
「今の選挙制度おかしい」ってほとんど取り上げるところないですよね。
導入当初は騒ぐけど。


FAもYの天下。
日本のプロ野球の完成って、79・80年の「近鉄ー広島」の日本シリーズだったん
じゃないだろうか。万年下位のチームにやっと優勝の順番が回って・・・
ほんとYの今のチーム構成もある意味見事だ。でもほんと金々でうんざりnnn
でも、Yのファンてやっぱり離れて行ってるし確実に減ってます。
ドラフト以後でもいいチーム作ってた時があったのにね。
桑田・槙原・斉藤の20代先発トリオ、駒田・岡崎・川相・村田の高卒の叩き上げ・・・
あのころは良かった。
あと一方、ナベツネ氏は「黒い霧事件」で消された、元西鉄ライオンズの池永投手
の復権に「鶴の一声」って感じで尽力すると言った一面もあります。

ある意味Yグループとナベツネ氏は現在の日本の縮図ですね!
[PR]
by enokama | 2007-11-09 23:36 | 総合 | Comments(0)