エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

そして神戸・・・

実は兵庫県に住んでながら、京都・大阪に行くよりも時間がかかること
もあって、神戸には馴染みがあまりなく、ブログのアップも初めてになります。

神戸市立博物館
f0010195_1122439.jpg


昨今、民放のバラエティの低俗化が目に余るこのごろ。
癒されるのはNHKの教養番組(NHK大好きです!)

「その時 歴史が動いた」 「ダーウィンがきた」(日曜) 「世界遺産」(土曜)や
「NHKスペシャル」の大自然の特集(富山湾の時はほんと、感動した)
いらないタレントのコメントも、数字も気にしなくていいんで製作者の意思が
ひしひしと感じられ、こfだわりも大好きなんです!

今年の初夏に放送された「三大文明 インカ・マヤ・アステカ」
その展示会が「神戸市立博物館」であり、僕にとって久々の連休でもあり、行って
きました。(入場料は1300円。JAF割引だと300円引きでちょっとびっくり 笑)

マヤ文明・・・密林の王朝
自然と共生し、密林の中に育った文明。暦を支配するものが覇権を握った。
(作物の種付けや収穫の時期を指示した)また、幅広い交易も特色。

アステカ文明・・・湖上の大都市
湖の中、埋め立てでつくられた中心都市・テノチティトラン。
ここも自然と共生した文明があった(現在のメキシコシチーの場所)
諸民族の戦争の主因は「神に捧げる生贄の獲得」
捕虜となったものは、神殿の儀式で心臓を捧げられ、勝者の王権は神格化
され強化されて行った。
これらの儀式は、自然のサイクルと再生の原理を保つ「神々との契約」の
遂行のために行われた。

インカ文明・・・天空の都
高度な文明で知られたインカだが、文字がないとされてきた。
しかし「キープ」と言うロープ状の物に(結び目の位置やロープの色などで)
情報や数値を記憶させていた可能性も出てきたそうだ。
また「ミイラ」の習慣があり、非常に手入れが行き届き、リアルに残っている
のもびっくりしました(定期的に衣装など変えて、死者も共生している感覚。
生と死の境があまりない)

今回は特にインカのリアルな展示が良かったです。
今の私たちには理解できない習慣も、長年にわたり信念に基づき続けられて
きたわけです。





勝海舟が開いた「海軍操練所」跡の碑
f0010195_2135939.jpg

f0010195_2142428.jpg


メリケンパーク手前の顕彰碑
f0010195_21445100.jpg

f0010195_215862.jpg

勝海舟を始め、伊藤博文や陸奥宗光の名が刻まれている。


夕刻のポートタワー
f0010195_215255.jpg

[PR]
Commented by shinta-30 at 2007-10-22 18:50
こんばんは。
神戸に来られてたんですね。写真も綺麗に撮れてますねー。マヤ文明やインカ文明ですか。。。enokamaさんの歴史の幅広さに脱帽です。そして、やはり神戸といえば海軍操練所ですね。自分は神戸市内に勤めているのに、実は操練所跡いったことがないのです。メリケンパークか税関の辺りでしたっけ?
また神戸に観光で来られることがあれば、お勧めスポットお教えしますね。
Commented by enokama at 2007-10-22 22:44
>shintaさん
こんばんは!
この展覧会はテレビで見て、ぜひと思ってたんですよ。
ほんとミイラは圧巻でした。
神戸市立博物館は結構、いい企画が多いですよ!

海軍操練所跡の碑は税関とメリケンパークの間、ちょうど中間
あたりで「京橋」の交差点の南にあります(博物館からかなり近い
です) 跡地はほぼ、背景に見える阪神高速の用地になってると
のことです。
by enokama | 2007-10-21 01:25 | 散歩 | Comments(2)